Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2005年07月 | メイン | 2005年10月 »

2005年09月19日

中秋の名月とフルムーンパーティ

MOON.jpg


旧暦8月15日は中秋の名月と呼ばれ、昔から日本ではお団子とススキを供えお月見をする習慣があります。今年は、昨日の9月18日がその日にあたり、秋の夜空に輝く美しい満月をたくさんの人が愛でたことでしょう。東京で中秋の名月が雨や雲に邪魔されずに見えたのは、過去10年のうち4度目だったようです。


1年に何度もある満月のうち、この満月だけが特別扱いされるのは、実りの季節である秋に収穫を祝う行事であったという説が有力です。中秋の名月は「十五夜」「芋名月」とも呼ばれており、奈良時代にはお団子ではなく芋をお供えしていたと伝えられています。秋の澄んだ空に浮かぶ月の美しさは、古くから日本人の美意識をくすぐっていたようです。

パンガンで初めてのフルムーンパーティが行われたのは1987年ごろとされています。月明かりの元に数人が集まって楽しんだフルムーンパーティは、いまや約1万人規模へと発展しました。初めてパーティを行われたとされるリン・ビーチのパラダイス・バンガロー前には「FULLMOON PARTY」と金の文字でかかれた石碑が建っています。最初のフルムーンパーティがなぜ、どのように行われたのかは今や誰も知りません。満月が人を惹きつける力には不思議がつき物のなのですね。


FULLMO~rock2.JPG
パラダイスバンガロー前の石碑


今回のフルムーンパーティは、日本の祝日に重なったこともあり、足を運んだ方も多かったようです。気温は26,7℃のはずですが、会場のリン・ビーチは盛り上がった人々の熱気でいっぱい。リン・ビーチの満月が日本で見る満月よりも大きく見えるのは気のせいでしょうか。


FULLM~cuctus-tate.JPG
毎回一番人気のクラブ、カクタス。この日は最近日本でも人気の「ロマロマイェ♪」のフレーズでおなじみ「恋のマイアヒ」などが流れていました


FULLM~vinyl.JPG
トランス系サウンドのヴィ二ル


FULLM~orchidclub.JPG
たくさんの人でにぎわうオーキッド・クラブ


BODYPAINT.jpg
最近ビーチで流行っているボディペイント。好みの柄をペイントしてもらえます


FULLMO~bucket.JPG
フルムーンパーティ名物のバケツカクテル。バケツに入ったボトルのお酒やジュースをミックスして作ってもらいます。ストローをたくさんさして皆で回し飲みするのがおきまり


次回のフルムーンは10月18日。ハーフムーンパーティは9月26日、ブラックムーンパーティは10月3日です。


投稿者 aya : 11:07 | コメント (0)

2005年09月11日

リン・ビーチ・エリアでおさえておきたいレストラン6件

om-top.JPG


9月18日はフルムーンパーティ。今回は日本の連休と重なったため、パーティに参加しようと思っている方も多いようです。そこで今回はパーティ会場周辺のレストランをクローズアップ。

数年前までは昔ながらのタイ料理や、バッグパッカー向けの簡素なレストランしかなかったこの島にも、今ではオリジナリティあふれるレストランが数多くオープンしています。本格的なイタリアンから、100種類以上のパンがそろうベーカリー・カフェ、プラスαの楽しみがあるレストランまで、おすすめレストランをご紹介します。(各レストランの詳細はこの記事の下部をご参照ください)。

緑の繁る一軒屋スタイルのイングリッシュ・パブ「アウトバック・バー」は、リン・ビーチのパーティへ出かける前のお決まりの溜まり場のような場所です。テーブル席とカウンターのほか、タイスタイルの座敷席もあり、好きな場所で思い思いにくつろぐことができます。


outback-garden.JPG
店内には小さな池も

outback-bar.JPG
キャッシュオンデリバリーなのでこのカウンターでオーダー


人気のセット・メニュー「コンボ・フォー・トゥー」は、ガーリックブレッドとオニオンリング、チキンウイング、カラマリ(ヤリイカ)のフリッター、リブ、ポテトウェッジ(ポテトのロースト)が付いて200Bとお得。シーザーサラダ(90B)などサラダのメニューも豊富で、ピザも100Bから各種そろっています。また、毎週土曜には勝ち抜き戦のビリヤード大会が開かれ、一段と盛り上がります。


outback-pool.JPG
ビリヤードはいつでもプレイ可能。ビールを飲みながら腕試しを!


outback-outside.jpg
うっそうと茂った草に被われたアイランドスタイルのイングリッシュ・パブ


パンガン島に本格的なイタリアン・レストランを作るため、お母さんを連れて島に移住したイタリア人オーナーによる「アル・コロッセオ」は、東京でもなかなか味わえないくらいの極上イタリアンを堪能できる店です。本場イタリアのマンマの味をオードブルからパスタ、ピザ、デザートまで、心ゆくまで楽しめます。


ALC-SIGNE.JPG
ローマの神殿をモチーフにした看板が目印


人気メニューは、タイの新鮮なシーフードをふんだんに用いたシーフードのリゾット(300B)や、ムール貝のタリアテッレ(320B)など。食材や調味料、ミネラルウォーターにいたるまで、納得のいくものをイタリアから仕入れているというこだわりが、世界中から訪れるグルメの舌を120%満足させています。おなかいっぱいになってもなぜか食べたくなってしまうと評判のティラミス(150B)もぜひ味わってみてください。


alc-orner.jpg
オーナーのエンリコ氏。お母様直伝の料理には絶対の自信があるとか


ALC-INSIDE.JPG
エンリコ氏の故郷であるローマをイメージした石造りの店内


alc-outside.JPG
ビーチから徒歩1分の小道に位置しています

100種類以上のできたてパンが味わえる「ニラズ」は、毎日朝早くからたくさんの人々が集まる島一番のベーカリー・カフェです。イギリス人オーナー自慢のバラエティ豊かなベーカリー・メニューに加え、各種サンドイッチやデリ、フルーツ・シェイクやカクテルなどもそろいます。24時間営業なので、小腹が減ったらいつでも気軽に訪れることができるのも人気の秘密です。


nira-variousbread.JPG
ずらりと並んだパンのなかからお気に入りを見つけてください


nira-bar.JPG
バーカウンターでカクテルやフルーツ・シェイクをオーダー


nira-outside.JPG
旅行者の情報交換の場としても有名


プリプリのカニやエビ、魚を見事に料理したタイ料理が味わえる「ラッキー・クラブ・レストラン」は11年前から続く人気店。タイのNo.1ビール「シンハー」を片手に、地元のシーフードをリーズナブルな価格で楽しむことができます。


lucky-kanban.JPG
かわいいカニがトレードマーク


車えびの一種である大きなエビを使ったベイクド・キング・プラウン・イン・バターは4ピース400B。季節の魚の揚げ物(240B)は、好みの味付けで仕上げてもらえますが、タイならではのレモングラス味が一押しです。


lucky-inside.JPG
木の素朴なイスが並んだ店内


そのほか、イタリアンやメキシカンのメニューもあり、タイ料理がちょっと苦手という人も安心。130種類以上のカクテルが100Bからそろえているので、お酒好きにも好評です。


lucky-liquer.JPG
壁にずらりと並んだリキュールで自在にカクテルを作ってくれます


ハード・リン港の目の前にある「オムガネシュ・インディアン・レストラン」は、ローカルにも人気のインド料理レストランです。チキン、ラム、魚、エビなどバラエティ豊かな食材を使用した本格的なインドカレーが自慢の店で、タイ料理とはまた一味違うスパイシーな料理の数々が魅力です。


om-curry.JPG
ガーリックナンはカレーにベストマッチ


om-inside.JPG
1階と2階にテーブル席があります


おすすめのコース(2人前)は、カレー、サフランライス、ガーリックナン、チャパティ、スパイスやヨーグルトに漬けて焼いたチキンティカなどが付いて300B。多種のスパイスとハーブが利いた骨付きチキンをタンドーリで焼き上げたタンドーリチキンも人気です。鶏の骨が苦手という人には骨なし鶏のチキンカレー(110B)、日本でも話題のヘルシーな羊肉を用いたラムカレー(130B)など好みのカレーをモチモチのナンまたは薫り高いサフランライスともに味わってみてください。


om-outside.JPG
左がレストラン、右がショップ


また、オーナー自らが直輸入する美術品とオリエンタル雑貨のショップを隣接しており、おなかいっぱいになった後、ショッピングも楽しめます。2階には布に描かれた掛け軸のような仏画「タンカ」(2000〜80000B程度)やヒンドゥー教の像(800〜2000B程度)、1階はアクセサリーからサンダル、お香などの雑貨が置かれています。


om-shop.JPG
ほとんどが貴重な手作りの一点もの


om-tanka.JPG
ヨガの世界でも注目されているタンカ


om-statue.JPG
掌サイズの置き物も多種そろっています


そして、リン・ビーチの街からフルムーン・パーティの行われるビーチへと向かうメインロードの交差点にあるのが「Mr.K チキン・コーナー」。パンガン島で知らない人はいないというくらい有名な、リン・ビーチの顔ともいえるサンドイッチ店です。パーティに出かける前の腹ごしらえはもちろん、はしゃぎ疲れて小腹が空いたときも、パーティ明けの朝ごはんにも、待ち合わせ場所としても活用できるパンガン島らしいファスト・フードです。


CHICKEn-outside.JPG
サンドイッチのほか、クレープなどのおやつもあります


シチュエーションや気分に合わせて、滞在中いろいろなレストランにトライしてみてください。

アウトバック・バー
Outback Bar
営業時間:9 :00〜23:30
定休日:不定休
交通:ハード・リン港から徒歩1分

アル・コロッセオ
Al Colosseo
営業時間:13 :00〜翌2:30
定休日:無休
交通:ハード・リン港から徒歩5分

ニラズ
Nira's
営業時間:24時間
定休日:無休
交通:ハード・リン港から徒歩3分

ラッキー・クラブ・レストラン
Lucky Club Restaurant
営業時間:8:30~24:00
定休日:無休
交通:ハード・リン港から徒歩1分

オムガネシュ・インディアン・レストラン
Om Ganesh Indian Restaurant
営業時間:8:00〜24:00
定休日:無休(9月のネパールの祝日2日間は休み)
交通:ハード・リン港から徒歩1分

Mr.K チキン・コーナー
Mr.K Chicken Corner
営業時間:24時間
定休日:不定休
交通:ハード・リン港から徒歩3分

投稿者 aya : 20:21 | コメント (0)