Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月31日

お客様の旅行記② 「いつもと一味違う旅 はじめてのパンガン島」 byMacoさん

macosanryokoki (20).jpg


G.W.のお休みに有給をちょっと付け足して、パンガン島旅行を決行しました。行きは一人旅で、3日遅れで来る高校時代の友達と現地で待ち合わせ。計8日間の旅でした。

1日目は真夜中にバンコクについて市内のホテルで爆睡。朝早起きしてバンコクエアーウェイズでサムイ島へ向かいました。まずは、都会的なバンコクの空港とサムイの空港のギャップにびっくり!草葺の屋根で1階建てで、のほほーんとした力の抜けたかわいい空港です。パンガン島はこれよりもナチュラルなんだろうと思うとわくわくです。

macosanryokoki (1).jpg


いままでマレーシアやらイギリスやらチベットやら、いろんな国へ旅行してきた私ですが、一人旅は初めて。作りこまれたリゾートではなくて、日本人の少ない穴場のリゾートを狙ってパンガンを選びました。フルムーンパーティはないけれど、滞在中ハーフムーンパーティがあると聞き、ずーっと楽しみにしていました。


macosanryokoki (18).jpg


さて、空港から乗り合いのバンで港まで行って、そのままパンガンへ。ステイしたのはリーラ・ビーチサリカンタンです。到着日は前日からの眠気もあって、本当に何もせずに就寝。明日はビーチで泳いで、スパに行って、タイフードにもいっぱいチャレンジするぞー!

友達が来る前に一人遊びを楽しもう、ということで早速本を持ってリゾートの前のビーチへ。お日様がかんかん照り過ぎて本が読みずらいので放棄。昼寝に転向です。そばでキャッキャッと騒ぐ超キュートなフランス人?の子供の声に起こされ、起きたついでにサリカンタンのなかにあるスパへ行きました。これぞタイのスパという感じの素敵なスパで全身モミモミしてもらうともう最高です。いつまでもここにいたい―

macosanryokoki (13).jpg


macosanryokoki (14).jpg


macosanryokoki (15).jpg

すごく楽しかったのは友達が到着した翌日に島のビーチめぐりをしたことでした。一応マニュアルの免許は持っているけど、ここで運転するのはちょっと気が引けたので1日タクシーを借り切りました。トンナイパン・ビーチ、ヤオ・ビーチ、サラド・ビーチ、シャロックラム・ビーチ、バンタイ・ビーチを回って思ったことは、ビーチって一言で言ってもそれそれ違うんだなぁということ。ビーチの長さも、砂の色も、波の勢いや音も、ぜーんぜん違いました。

macosanryokoki (22).jpg


macosanryokoki (6).jpg


ハードリン
ではローカルなお気に入りのバーを見つけました。その名も「ローカルバー」で、客層はローカルと旅行者が半々くらい。ドロップインリゾートの側にあります。バーのオーナーの友達がほのぼのトランプしていたり、なんだかタイらしいバーでした。そこでシーシャという不思議なタバコのようなものにトライしました。注文したのではなくて、ほかの人が注文したのをちょっとわけてもらいました。ラッキー!


macosanryokoki (10).jpg

ハーフムーンパーティはほんとに初めての体験。日本でクラブによく行くわけではないけれど、日本よりクラバーとそのほかの人が分け隔てないのが居心地よい感じでした。ほんとうにふつーの人がふつーに楽しんでいて、すっごくなじみやすかった。

macosanryokoki (23).jpg

ハードリンではファイヤーショーをござに座って見たりしました。うまい人と下手な人がいてけっこうおもしろいんです!

macosanryokoki (3).jpg


macosanryokoki (4).jpg


macosanryokoki (11).jpg

島で食べたものは、うーん。数え切れないくらい。でも辛いのがあんまり得意じゃない私にもすごくおいしかったです。そして安い安い!屋台でラーメン食べたり、バナナの揚げたものを食べたりしたのもいい思い出です。

macosanryokoki.jpg

島ではいっぱいかわいいタイの子供たちを見かけました。みんな無邪気な笑顔がかわいくて抱きしめてあげたくなっちゃうくらいです。でもこんな島で育つとかなりワイルドな大人になりそう―。


macosanryokoki (21).jpg


macosanryokoki (2).jpg


日に日にいごごちがよくなってきて帰りたくなくなっちゃいそうになりました。楽しいときは過ぎるのが早い!!! 今度はブラックムーンとフルムーンパーティに行きたいけど、両方見るには2週間の休みがなきゃだめです。いつ次の休み取れるかな、と思い巡らせながら帰途へ。次の旅行のために仕事がんばろーっと。


Profile
東京都在住 コンピューター会社勤務 Macoさん (25)
旅行期間:2005年5月1日~8日
利用航空会社:JAL、バンコクエアウェイズ


◇◇◇パンガントラベラーよりお知らせ◇◇◇
パンガントラベラーではお客様の旅行記を随時掲載いたします。
形式やボリュームなどは自由です。
差し支えなければ、お名前(ペンネーム)、お住まい、旅行期間、利用航空会社
をお書き添えください。
パンガン島の旅の思い出のほか、パンガン島やフルムーンパーティにまつわるエピソード、
インドのゴア、スペインのイビザなど各地のビーチパーティのレポートなども歓迎です。
写真をお送りいただく際には、1度に1MBまでを目安に添付ください。
あて先はこちら
phangan-traveler@phangan-traveler.com です

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 09:30 | コメント (0)

2006年05月29日

フルムーンパーティ会場に徒歩30秒の人気リゾートを徹底解剖

ディライト・リゾート
Delight Resort


南東部    リンノク(サンライズ)・ビーチ    高級

delight-new-img_big.jpg


フルムーンパーティに行きたいけど、会場から歩いて帰れるところがいいいなあ。リン・ビーチの繁華街にあって、買い物にも食事にも便利で、プールがあってリゾートらしいところに泊まりたいな。そんな願いをかなえてくれるリゾートがあります! フルムーンパーティ会場から徒歩30秒という好ロケーションです。

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ここは2005年、リンナイ・ビーチ(ハードリン・サンセット)の繁華街にオープンしたロケーション、設備、サービス、客室ともに二重丸のリゾートです。新鮮なシーフードが味わえる人気レストラン「ディライト」とお土産から日用雑貨、電化製品までがそろうショップを併設しています。今日は人気リゾートの内側を徹底解剖いたします。


delightresortnew (2).jpg
自慢のスイミングプール


おすすめの客室はモダンタイプとウッディタイプのふたつのテイストが選べるエクスクルーシブルーム。クールでシンプルなインテリアがお好みならモダンタイプ、ナチュラルで素朴な客室でリラックスしたいならウッディタイプをお選びください。


delightresortnew (3).jpg
エクスクルーシブ・ルームのモダンタイプ


delightresortnew (4).jpg
エクスクルーシブ・ルーム・モダンタイプのリビングスペース


delightresortnew (5).jpg
エクスクルーシブ・ルームのドレッサーなど


delightresortnew (6).jpg
エクスクルーシブ・ルームにはバスタブもあります


delightresortnew (14).jpg
エクスクルーシブのウッディタイプ


delightresortnew (15).jpg
調度品もナチュラル志向で統一


delightresortnew (16).jpg
エクスクルーシブ・ウッディタイプのバスタブ


delightresortnew (17).jpg
バスタブつきで2890B~という料金はお得です


delightresortnew (18).jpg
エクスクルーシブ・ウッディタイプ


delightresortnew (19).jpg
ドレッサーもワイルドな木で作られています

delightresortnew (7).jpg
スイミングプール入り口


delightresortnew (10).jpg
タイ風の彫刻からは涼しげに水が噴射されています


delightresortnew (11).jpg
ラグジュアリーなデッキチェア


delightresortnew (12).jpg
スイミングプールを囲むように客室が配置


delightresortnew (13).jpg
プール脇のマッサージゾーン


delightresortnew.jpg
リゾートのエントランス


ディライト・リゾート詳細はこちら

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 09:35 | コメント (0)

2006年05月23日

ショッピングセンター併設のクール&シンプルビューティルーム

パンガン・センターポイント
Phangan Centerpoint


南西部    トンサラ    中級

P4260033.JPG


トンサラ隋一のショッピングセンターを擁するニューリゾート。レストランなどが集まる島の生活の中心地に滞在し、徒歩でアクティブに行動したいトラベラーにおすすめです。客室はクールでシンプルなデザインで、居心地抜群です。

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

☆このリゾートの魅力☆
●トンサラきってのショッピングセンターを併設するモダンリゾート
●徒歩圏にコンビニやレストラン、バー、屋台、旅行会社、インターネットカフェ、マッサージ店などがそろいとても便利
●シティクオリティのシンプル&モダンな客室はとても快適
●ムエタイやヨガのクラスもあるスポーツジムの向かいに位置しています
●地元の人々の生活の中心地で、ローカルの生活を体験できます
●ショッピングセンターにはコスメやアディダスなどのスポーツショップ、アンダーウェアなどさまざまな店があります
●トンサラ港から至近なのでサムイやタオへの移動に便利です

phangan centerpoint (17).jpg
客室は2階部分に位置しています


phangan centerpoint (18).jpg
ツインベッドの客室


phangan centerpoint (26).jpg
開放感のある吹き抜け


phangan centerpoint (29).jpg
ダブルベッドの客室


phangan centerpoint (30).jpg
衛星放送の見られるテレビも完備


P4260034.JPG
アディダスなどのアイテムがそろいます


P4260037.JPG
コスメ&ドラッグストア


phangan centerpoint (2).jpg
ガラス張りのカフェでくつろぎのひとときを


phangan centerpoint (15).jpg
リセプション


パンガン・センターポイント
Phangan Centerpoint


南西部    トンサラ    中級

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

住所:26/6 Moo 1, Talad Thongsala
客室数:23室
オープン:2006年
チェックアウト:12:00
使用できるカード:使用不可
アクセス:トンサラ港から徒歩3分、ハードリン港から車で約20分(到着時トンサラから無料送迎、トハードリン港からは100B/人、前日に要電話予約)

料金:1200B(ダブルベッドまたはシングルベッド)
※料金は1室1泊分2名様朝食付き、税・サービス料込み、タイバーツで表示しています
※エキストラベッドは600B(朝食込み)
※キャンセルはチェックイン日の31日前まで。それ以降は全額チャージ
※フルムーンパーティ期間は最低宿泊日数3泊
※クリスマス期間は最低宿泊日数3泊、12月23日以前にチェックイン
※年末年始は最低宿泊日数3泊、12月31日以前にチェックイン
※料金はリゾートの事情により予告なしに変更になる場合がありますが、万一表示料金に変更があった場合はご予約・お問い合わせのメールをいただいた際にお伝えいたします。


客室設備
エアコン
ホットシャワー
アメニティグッズ(シャンプー、ソープ)
タオル
電話
テレビ
衛星放送


施設&サービス
レストラン&カフェ(タイ&インターナショナル)
ショップ(ショッピングセンター)
レンタバイク
インターネット
港からの送迎(到着時トンサラから無料送迎、トハードリン港からは100B/人、前日に要電話予約)
タクシーサービス(島内各地)
ランドリーサービス
フロント内セイフティーボックス


アクティビティ
スイミングプール
ボートトリップ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 09:54 | コメント (0)

2006年05月19日

パーティトラベラーに人気!イベントが目白押しのリゾート

コーラル・バンガローズ
Coral Bungalows

南東部   リンナイ・ビーチ   高級   1室1泊約4,500円~

img_bigcoralbungalow.jpg

リーズナブルな料金でフルムーンパーティの会場近くにステイできるのが魅力。海を臨むプールでくつろげます。ビーチ沿いにDJブースも備え、フルムーンやハーフムーンなどのパーティ当日は夕方からリゾートでウォームアップパーティを開催しています。

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

★このリゾートの魅力★
●サムイ島を望むビーチフロントのプールと波の静かなビーチでくつろげます
●フルムーンパーティの会場へ徒歩5分、ハーフムーン・ブラックムーンパーティ会場へも至近です
●ショップ、インターネットルームなど便利な施設がそろっています
●海辺のレストラン&バーにはDJブースを備え、パーティも開かれます
●フレンドリーなスタッフが好評で、リピーター率が高いリゾートです
●マー島やボトル・ビーチなどの島内名所を巡るオリジナルボートトリップを開催
●系列のムエタイスタジアムでフルムーンパーティの2日前にムエタイのビッグファイトを開催するなど、イベントが目白押し

リゾート詳細ページ

coral bungalows (2).jpg
ウッディな客室内にはドレッサーも完備


coral bungalows (7).jpg
ダブルベッドとシングルベッドが1台ずつ


coral bungalows (9).jpg
南の島の緑に囲まれた客室棟


coral bungalows (10).jpg
プールの周囲にはゆったりとしたデッキチェアが


coral bungalows (11).jpg
美しい海とサムイ島を眺めながら極上のひとときを


coral bungalows (18).jpg
リゾート内にはビキニショップ


coral bungalows (22).jpg
のどかなリンナイ・ビーチに面しています


coral bungalows (23).jpg
ロングテイルボートがちらほら


coral bungalows (24).jpg
テーブル席と座敷席のあるレストラン&バー


coral bungalows (27).jpg
サンセットを眺めながらカクテルを


コーラル・バンガローズ
Coral Bungalows

南東部   リンナイ・ビーチ   高級

住所:70/8 Moo6 Rinnok Beach
客室数:50室
オープン:2000年
チェックアウト:11:00
使用できるカード:使用不可
アクセス:ハードリン港から車で約3分、トンサラ港からタクシーで約15分(到着時ハードリン港から無料送迎)

料金
客室タイプ  オールシーズン
ACルーム   1500B        
*フルムーンパーティ期間(フルムーンパーティの7日前~)は1600B

※料金は1室1泊分2名様朝食付き、税・サービス料込み、タイバーツで表示しています
※エキストラベッドは不可
※キャンセルはチェックイン日の31日前まで。それ以降は全額チャージ
※フルムーンパーティ期間は最低宿泊日数3泊、フルムーンパーティの2日前以前にチェックイン
※クリスマス期間は最低宿泊日数5泊、12月23日以前にチェックイン
※年末年始は最低宿泊日数5泊、12月28~30日にチェックイン
※料金はリゾートの事情により予告なしに変更になる場合がありますが、万一表示料金に変更があった場合はご予約・お問い合わせのメールをいただいた際にお伝えいたします。

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


客室設備
エアコン
ホットシャワー
タオル


施設&サービス
レストラン&バー(タイ&インターナショナル)
ショップ(日用品、おみやげなど)
レンタバイク
インターネット
港からの送迎(到着時ハードリン港から無料送迎、トンサラ港からは100B/人、前日に要電話予約)
タクシーサービス(~22:00、島内各地)
ランドリーサービス
フロント内セイフティーボックス

アクティビティ
スイミングプール
ボートトリップ

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 09:18 | コメント (0)

2006年05月17日

ボートトリップで北東部の秘境ビーチを探検③

③トンナイパンでリラックス編


thonnnaipan100.jpg
タンサデットやボトル・ビーチより長いのが特徴のトンナイパンノイ・ビーチ

ボートトリップ特集3回目の今日は「クリスタルクリア」と称される美麗なビーチトンナイパン。プライベートプールのあるラグジュアリーなリゾートから、1000B以下の素朴なバンガローまでそろう注目のビーチです。

トンナイパンは島を訪れる旅人に昔から人気の高いスポット。長く続く白砂のビーチはとてもソフトで、足をやわらかくマッサージしてくれます。ここはリン・ビーチのようなパーティトラベラーは少なく、のんびりとビーチリゾートライフを楽しむカップルや家族連れ、年配の方が中心となっています。

thonnaipan101.jpg
訪れた時刻は引き潮で浅くなっていましたが十分海水浴ができます


thonnai-deckchair.jpg
デッキチェアでくつろいだり、本を読んだりするのにも最適の場所


stonebeachrestaurant.jpg
トンナイパンノイビーチの南端にたたずむストーン・ビーチ・レストラン
もちろん水着での入店OK

stonebeachnagame.jpg
レストランからはすばらしい眺めを堪能できます


santhiyathonai.jpg
2006年6月にグランドオープンのサンティヤ・リゾート&スパ
家具会社が母体のリゾートで、高級チークの内装が目を見張ります


車で訪れる場合はバンタイ・ビーチ付近から北上する道を約30分ほど。以前より道はだいぶ改善しましたが、途中からコンクリートの道は途切れ、山道となります。アップダウンがあり、雨などにより道に穴が開いていたりするので、初めての方や夜間はバイクで訪れるのは避けたほうが無難です。


【トンナイパン・エリアのおすすめリゾート】
サンティヤ・リゾート&スパ2006年4月オープン!注目のラグジュアリーリゾート

トンナイパン・ビーチ・リゾート&スパ
クリスタル・ビーチにたたずむタイスタイルのヴィラ

バーン・パンブリ・ヴィレッジ
ジャングルを越えて訪れる自然派ヴィラリゾート

セントラル・コテージ・リゾート
1kmの純白ビーチに見とれながらサンベイシング


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 09:04 | コメント (0)

2006年05月16日

ボートトリップで北東部の秘境ビーチを探検②

thansadet100.jpg
約100年前、ラマ5世もこのビーチをとても気に入り何度も訪れました

ボートトリップ特集2回目の今日は、ボトル・ビーチ~タンサデットの模様をお伝えいたします。フルムーンパーティの行われるリン・ビーチとは対極にある静けさを求めてさあ出発!

thansadet zenkei.jpg
ボトル・ビーチから約10分ほどでタンサデットが見えてきました


thansadet101.jpg
ビーチに到着。両端を岩場に囲まれた約100mほどの静寂のビーチです


thansadetbungalows.jpg
素朴なバンガローが切り立った崖に立ち並んでいます


タンサデットは国立公園にも指定されている自然の美しいエリア。チュラロンコーン王の名で知られる、今でもタイ人に人気の高いラマ5世も家来を連れて何度も水浴びに訪れたそうです。


thansadetstone.jpg
ビーチから100mほどの場所にラマ5世が残した石碑が建っています


tyansadet river.jpg
石碑の横には美しい川のせせらぎが。
ラマ5世に愛されたことから「ロイヤル・ストリーム」と呼ばれています

タンサデットは車でもアクセスすることができます。バンタイビーチ付近から約20分ほど。はじめはコンクリートの道ですが、だんだんとでこぼこ道に変わってきます。レンタルバイクで行かれる方は、運転に十分ご注意ください。普段日本の道をバイクでよく走っているという方でも、舗装された日本の道とパンガン島の山道はまったくの別物に感じられるかと思います。特に雨の後は土が崩れて大きな穴が開いていたり、滑りやすくなっていますので注意が必要です。暗くならないうちに帰れるようお早めにご出発ください。タクシーをチャーターする場合は往復で1000Bほどです。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 10:10 | コメント (0)

2006年05月15日

ボートトリップで北東部の秘境ビーチを探検①

①シャロックラム~ボトル・ビーチ編

chalokto bottle (4).jpg
シャロックラムの港からロングテイルボートで出発

島の北東部は最も未開の自然が残るエリア。岩場が多く山がちなため、ボートでしかアクセスできない秘境のビーチがたくさんあります。今日から3回シリーズ、北部の漁師町シャロックラムから出かけるボートトリップをご案内いたします。航路はシャロックラム~ボトル・ビーチ~タンサデット~トンナイパン・ビーチ。1回目の今日はシャロックラムからボトル・ビーチまでをお伝えいたします。

昼下がりからシャロックラムのロングテイルボートをチャーター。夕暮れまでの5~6時間で1人600Bでした。必ず出発の際にライフジャケットが装備されていることを確認してください。

chalokto bottle (5).jpg
定員8名程度の簡単な長細いボートです。
安全性に問題はありませんが水しぶきがかかることはあります


chalokto bottle (9).jpg
きりたった岩場にもかわいいバンガローが建っていました
誰が住んでいるのでしょう??


bottle beach100.jpg
10分ほどでボトル・ビーチに到着


ボトル・ビーチは透明度が抜群で、お魚がたくさん泳いでいることでも有名。シュノーケリングを用意してトロピカルフィッシュと戯れましょう。シャロックラムの町で購入する場合は約400~600Bです。ボトル・ビーチにはレストランやバンガローがあるため、飲み物などは用意していかなくてもOKです。現地でつめたーいビールやフルーツシェークをご堪能ください。

また、シャロックラムの各ダイビング・ショップでもボトル・ビーチやアントン諸島などへのボートトリップを開催しています。ボートトリップには興味があるけれどロングテイルボートはちょっと怖いという方は、おきなダイビングボートで出かけるこちらのトリップを利用するのがおすすめです。時期や行き先により料金は異なりますが、シュノーケリング、ランチなどがセットで1日1000B程度が目安です。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 09:41 | コメント (0)