Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月26日

静寂のビーチに突っ伏すアレは何者??

beahsandhuman.JPG


バンタイ・ビーチの夕暮れ時、誰もいないビーチにうつぶせに寝転んで動かない何かが! 近づいてみるとそれは砂の像。まるで本当に寝転んでいる人間に砂を薄く張ったようなリアルさです。

お知りのふくらみ具合、ふくらはぎの筋肉のつき方、ひじやひざの関節など、素人とは思えない完成度の高さ。中には誰もいないと知りつつ何だか不気味な感じがぬぐえない作品です。見つけたときには作者はもういませんでした。きっとなにかのアーティストだろう、とみなの意見が一致するようなすばらしい作品でした。


bantaisunsetjan07.JPG
バンタイ・ビーチの夕暮れ。カイトサーフィンを楽しむ人が彼方に


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 14:22 | コメント (0)

2007年01月16日

サムイの極上リゾートバレンタイン特別パッケージ&割引情報

H0C5IL0L.jpg
アウトドアジャクージがついた贅沢なヴィラ


サンティブリ・ゴルフ・リゾート&スパ
Santiburi Golf Resort & Spa

エリア:サムイ島 メナム・ビーチ

「南の島にゆったりとたたずむ極上のコースでワンランク上のゴルフバケーションを楽しみたい――」そんな願いがかなってしまうスパ&ゴルフリゾートがあります。タイ湾に浮かぶ3つ子の島サムイ、パンガン、タオのなかで唯一ゴルフコースを所有するこのリゾートのロマンティックなバレンタインパッケージと直前予約・期間限定の特別割引をご紹介いたします。

バレンタインパッケージ
お一人様 22222B
 ガーデンヴィラでの2泊のご宿泊(ベッドでのロマンティックブレックファストつき)
 ご到着時にウェルカムドリンク、タイのフレッシュフラワーの花輪、フルーツバスケット
 サムイ空港からの往復ご送迎
 フィットネスセンター、サウナ、モーターを使用しないスポーツが無料でお楽しみいただけます
 スパークリングワイン1本 
 ヴィラのプライベートテラスでのプライベートバーベキューまたはキャンドルライトディナー(バトラーサービスつき)
 リラクシングボディマッサージ・フォー・カップル(90分まで)
 
〈オプション〉
ガーデンヴィラのご延泊は1泊17500B〈フルブッフェブレックファストつき)
ガーデンヴィラジャクージへの客室アップグレードは1室1泊5000B

〈ご宿泊規約〉
2名様~
2007年2月11~17日ご宿泊限定
客室がなくなり次第終了
料金はすべて税・サービス料込み

ラストミニッツプロモーション〈直前予約限定割引)
2007年1月16日~2月15日ご宿泊限定

デュプレックス・スイート     14,670
(1ベッドルーム) 全8室
ガーデン・ヴィラ          17,550   
(スタンダード、ガーデン内に位置、プライベートテラスつき)  全28室
ガーデンヴィラ           23,580
(アウトドア・ジャクージつき)
ビーチフロント・ヴィラ        23,580
(スタンダード)
ビーチフロント・ヴィラ       29,520
(アウトドア・ジャクージつき)

〈ご宿泊料金に含まれるもの)
ウィマンメークレストランでのフルブッフェブレックファースト
税・サービス料
ウェルカムドリンク、コールドタオル、毎日お届けするフレッシュフルーツバスケット
テニスコートとスカッシュコート無料で使用可能
モーターを使用しないスポーツが無料でお楽しみいただけます
ビジネスセンター無料で入場可能
サムイ空港からの往復ご送迎

※3名様1室の場合プラス2500B〈税・サービス料、朝食こみ)

〈ご宿泊規約〉
2007年1月16日~2月15日
客室がなくなり次第終了

santiburispa_pic1.jpg
体も心も心から癒されるスパ


santiburispa_pic2.jpg
スパ王国タイはマッサージの技術力が高く、料金はリーズナブルです


H0C5IL0E.jpg
大人の休日のすごせるメナム・ビーチ。
パンガン島への快適なフェリー「ロンパヤ」もこのエリアから運航しているので移動も便利

H0C5IL0O.jpg
プライベートな空間で日ごろの疲れもあっという間に癒されます


H0C5IL0H.jpg
海を身近に感じられるビーチフロントヴィラ


garden villa.jpg
豊かな自然に囲まれたガーデンヴィラ


bedroom villa.jpg
ガーデンヴィラのベッドルーム。禁煙ルームもあります


bathroom villa.jpg
ラグジュアリーなガーデンヴィラのバスルーム


H0C5IL0K.jpg
ビーチに面したリゾート。奥にゴルフ場があります


pool_santi.jpg
50mという大きなプール

santiburi-g1.jpg.jpg
南国の香りあふれるゴルフリゾート


H0C5IL08.jpg
リゾートの目の前のビーチでハンモックに揺られるのは極上のリラクゼーション


パンガン島の南に位置するサムイ島は「ココナッツアイランド」の愛称で親しまれています。空港のない静かなパンガン島と異なり、ショッピングセンターなどもある若干‘busy’な島ですが、南部のメナムビーチの広い敷地を使ったサンティブリ・ゴルフ・リゾート&スパは、別世界のような空間になっています。


santiburiclubhouse_pic.jpg
高級感あふれるクラブハウス


オリエンタルなど世界のラグジュアリーなホテルだけが名を連ねる「ザ・リーディング・スモール・ホテルズ」ブランドのひとつで、2年ほど前にサムイ島で初めてのゴルフ場も造られました。南国ののどかな景色を生かしつつ、上級者にも満足のできる細やかな設計が好評です。2006年のワールド・トラベル・アワードではタイランズ・リーディング・ゴルフ・リゾート賞を受賞しています。


santiburi-g2.jpg
南国の木々が気分を盛り上げてくれます


プレーフィーは通常3350B、カート代250B、キャディーフィー750B。宿泊者はプレーフィー、カート、キャディ込みで3500B(約10500円)に割引になります。(1B=約3円)


santiburigoft17hole_pic.jpg
名物の17番ホール


2006年6月8~11日にはアジアツアー、バンコク・エアウァイズ・オープンも開催されました。このトーナメントは昨年に引き続き2回目で、賞金総額はUS$28,000,000、優勝賞金US$300,000という立派なものでした。ゴルフ場のホームページ(英語)はこちらです。

ゴルフのほかにもテニスやスカッシュ、ダイビングなどざまざまなアクティビティを楽しめ、インストラクターの手配も行っています。ゴルフの後にディナークルーズでゴージャスにパーティなども簡単にアレンジできます。


tangaroa_pic.jpg
リゾート所有のセイリングボート


H0C5IL0N.jpg
ハネムーナーやファミリーにも人気


H0C5IL0P.jpg
広いリゾート内を散策するのも◎


パンガントラベラーでお申し込みいただきますと、滞在中2名様分の朝食、インターネット、テニス、スカッシュが無料となり、毎日午後のティータイムにペストリーと紅茶・コーヒーがサービスになります。また毎日フレッシュフルーツと英字新聞がお部屋に届けられます。空港~ホテル間の送迎もサービスとなります。

サンティブリ・ゴルフ・リゾート&スパ
Santiburi Golf Resort & Spa

住所:12/12 Moo1, T.Mae nam, A. Koh Samui
アクセス:サムイ空港から車で約15分


客室料金
                  4/20~7/21   7/22~9/5   9/6~10/15  12/23~1/5
        10/16~12/22     1/6~3/31
デュプレックス・スイート     12,500     18,600      15,100     22,200
(1ベッドルーム) 全8室
デュプレックス・スイート     14,600     20,400     18,000    25,400
(2ベッドルーム) 全4室
ガーデン・ヴィラ          14,600      20,400      18,000      25,400
(スタンダード、ガーデン内に位置、プライベートテラスつき)  全28室
 ガーデンヴィラ           19,600     26,400      24,200     31,600
(アウトドア・ジャクージつき)
ビーチフロント・ヴィラ       19,600      26,400      24,200     31,600
(スタンダード)
ビーチフロント・ヴィラ       24,200      32,400      30,300      37,800
(アウトドア・ジャクージつき)
サンティブリ・ヴィラ        34,200      44,400      42,800      56,400
(2ベッドルーム、アウトドアジャクージつき)

※ 料金は1室1泊分、税・サービス料込み、タイバーツで表示しています
※ 2名様分の朝食つき
※ 料金はリゾートの事情により予告なしに変更になる場合がありますが、万一表示料金に変更があった場合はご予約・お問い合わせのメールをいただいた際にお伝えいたします。

客室設備
プライベートテラス(オーシャンビューまたはガーデンビュー)
アメニティグッズ
ヘアードライヤー
ミニバー
客室内セイフティボックス
テレビ(衛星放送)
DVDプレーヤー、CDプレーヤー
紅茶&コーヒーメーカー


設備&サービス
サラタイ・レストラン―タイ宮廷料理
ガーデンカフェ―地中海料理
リムタレー・ビーチ・レストラン
サンティブリ・スパ
ビジネスセンター
無料インターネットアクセス(ワイヤレス&2ステーション)
美容院
ブティック
ランドリー&ドライクリーニングサービス
空港からの送迎
レンタカー
両替
レジデントナース(医師の呼び出しも可)
生花店
サウナ


アクティビティ
スイミングプール(50m)
子供用プール
ジャクージプール
テニス
スカッシュ
卓球
ゴルフのパター練習場
ウインドサーフィン
セイリング
シーカヤック
クルーズ(原則毎日催行、天候により出向できない場合もあります)
映画&ミュージックライブラリー
ダイビングスクール


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 15:55 | コメント (0)

2007年01月13日

ハードリンのおしゃべりカフェ

maddys-bar.JPG


マッディズ・キッチン
Maddy's Kitchen

フルーツシェークやコーヒーでゆっくりおしゃべりがしたいというときにうってつけのレストラン&カフェ「マッディズ・キッチン」。ハードリン港から徒歩約2分の好立地にあり、メイン通りから奥まっているので静かにリラックスできる雰囲気が好評です。

maddy-sankakumakura.JPG
三角枕に寝そべったり寄りかかったり思い思いにくつろげます


フルーツシェークはタイのフレッシュなバナナ、オレンジ、レモン、パイナップル、ココナッツ、パパイヤ、ストロベリー、スイカなど選りどりみどりで各30Bとお得。屋台で購入する値段と変わらない良心価格です。


maddy-bartender.JPG
フレンドリーなバーテンダーさんとの会話も楽しいもの


コーヒーのメニューの豊富さはまるでスターバックスのよう。エスプレッソやカフェラテのキャラメルやへーゼルナッツフレーばー、モカなど好みのスタイルで楽しむことができます。タイの暑い気候にぴったりなのがオリジナルスタイルのアイスコーヒー(80B)。エスプレッソのショットを氷の上に注ぎ、アイスクリームと詰めたいミルクをかけた一品で、特に女性の客様に人気です。また大人のコーヒー「コレット」(130B)はブラックコーヒーに好みのリカーのショットも一押し。おいしいからといって飲みすぎて、コーヒーで酔っ払うということがないように要注意です!


maddy-paint.JPG
店内にはサイケデリックなアートも

「キッチン」という名前がついていることからも分かるようにもちろんお食事メニューも豊富。スパゲッティやステーキなどの洋食からパッタイなどのタイ料理まで多種多様にそろいます。鶏肉にハムととろけるチーズをはさんで揚げたコルドンブルー・フレンチフライ添え(160B)、スパゲッティ・ボロネーゼ(120B)などがおすすめです。

アクセス;ハードリン港からリンビーチ・サンライズへと続くメインどおりを100mほど直進、2つ目のT字路(アウトバックバー)を左折、徒歩約50m。パンガン・リーラ・スパ向かい

主なメニュー

【インターナショナル料理】

Potato dishes
ジャックポテト・野菜添え  70B
ジャックポテト・チーズ/豆腐/チキンのいずれか添え  90B
 
Spaghetti
(すべてのスパゲッティメニューはガーリックブレッドつき)
スパゲッティ・ボロネーゼ  120B
スパゲッティ・カルボナーラ  120B
スパゲッティ・シーフード  120B

Special dishes
(グレービーソース/レッドワインソース/マッシュルームソースのなかからお好きなものをお選びください)
コルドンブルー・フレンチフライ添え  160B
ステーキ・フレンチフライ添え  180B
チキンシュナイツェル・フレンチフライ添え  140B
ポークスープ・フレンチフライ添え  140B
シャクショカ・トースト添え

【タイ料理】

Noodle dishes
パッタイ ベジタブル50B、チキン/ポーク60B、エビ/イカ70B、シーフード80B
フライドグラスヌードル(春雨) ベジタブル60B、チキン/ポーク70B、エビ/イカ80B、シーフード90B

Rice dishes
プレーンライス  20B
チキンまたはポークのオムレツ  70B
フライドベジタブル  60B
野菜とカシューナッツ炒め  80B
おかゆ  チキン/ポーク60B、エビ/イカ70B、シーフード80B
野菜スープ  50B
トマトクリームスープ(チキンまたはマッシュルーム)  50B
ヌードルスープ ベジタブル50B、チキン/ポーク/豆腐/卵60B


【デザート】

Dessert
バナナスプリット  100B
プレーンパンケーキ(厚さを選べます)  40B
パンケーキ・アイスクリーム2スクープ添え   80B
パンケーキ・フルーツ添え  60B
バナナフリッター  50B
パイナップルフリッター  50B
アイスクリーム(バニラ/チョコレート/ストロベリー)  20B

【ドリンク】

Coffee
エスプレッソ  35B
カプチーノ  50B
カフェラテ  60B
カフェラテキャラメル  65B
カフェラテヘーゼルナッツ  65B
ロングモカチーノ  55B
モカ  60B
アイスコーヒー  80B
コレット   130B


Chocolate
ホットチョコレート  40B
アイスクリーム・チョコレート  70B


Tea
ジャスミンティー   25B
アールグレイティー   25B
イングリッシュブレックファーストティー   25B
ジンジャーティー   25B
レモンティー   25B
レモングラスティー   25B

Fruit drink
フルーツシェーク(バナナ、オレンジ、レモン、パイナップル、ココナッツ、パパイヤ、ストロベリー、スイカ、チョコレート、コーヒー、オーバルティン)  各30B
フルーツジュース(オレンジ、パイナップル、レモン、スイカ、トマト)  各30B

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 14:49 | コメント (0)

2007年01月12日

フェリースケジュール

ferryoutside.JPG
パンガンへと向かうハード・リン・クイーン号


空港のないパンガン島へのアクセスは、サムイ島または本土のドンサック港、スラタニ港からフェリーを利用します。島には西部のトンサラ港とハード・リン港のふたつがあり、フェリー会社により到着港が異なります。スケジュールをチェックして、賢い旅の計画を立ててください。


islandfromferry.JPG
ハード・リン・クイーン船内からみたパンガン島南部

サムイ島にはナトン港、メーナム港、ビッグ・ブッダ港の3箇所にパンガン島へのフェリーが発着する港があります。ナトン港からはソンサムとシートラン、メーナム港からはロンパヤ、ビッグ・ブッダ港からはハード・リン・クイーンが出航しています。サムイ空港からの所要時間は、ナトン港まで車で約45分、メーナム港まで車で約30分、ビッグ・ブッダ港まで車で約10分となっています。

サムイ空港のバッゲージクライム前のカウンターで、島内各所行きのリムジンや乗り合いバンの手配を行っています。もっともリーズナブルなのは7~8人乗りの乗り合いバン(ワゴン車)ですが、ある程度人数が集まるまで出発しないため、フェリーの時間まで余裕がない場合はタクシーを利用するほうが安心です。カウンターで、「●時発のフェリーに乗るために●●港へ行きたい」と伝えるとスムーズでしょう。

samui-airport limo.JPG
サムイ空港のリムジンカウンター

サムイ島→パンガン島

フェリー会社別スケジュール

ハード・リン・クイーン  (ビッグ・ブッダ港→ハード・リン港、所要約45分)
10:30  
13:00    
16:00
18:30   

ロンパヤ         (メーナム港→トンサラ港、所要約30分)    
8:00    
12:00
17:00

ソンサム        (ナトン港→トンサラ港、所要約45分)        
11:00
17:00

シートラン        (バングラ港→トンサラ港、所要約30分)
8:00
13:30


パンガン島→サムイ島
フェリー会社別スケジュール

ハード・リン・クイーン (ハード・リン港→ビッグ・ブッダ港、所要約45分)
9:30
11:40
14:30
17:30

ロンパヤ        (トンサラ港→メーナム港、所要約30分)
7;00
11:00
16:00

ソンサム        (トンサラ港 →ナトン港、所要約45分)
7:00
12:30

シートラン        (トンサラ港 →バングラ港、所要約30分)
11:00
16:30

lompraya outside.JPG
メーナム港に到着したロンパヤ


lompraya tv.JPG
ロンパヤの船内では最新の映画を上映


lompraya seat.JPG
座り心地のよいロンパヤのシート。エアコンも効いています


lompraya info.JPG
メーナム港のロンパヤ乗り場にはインフォメーションセンターが


lompraya car.JPG
メナム港からサムイ空港まで各地に無料シャトルバスが連結しています


ferryinside.JPG
ハード・リン・クイーンの1階室内席。
2階にはクーラーのきいた室内席とデッキがあります


ドンサック港→パンガン島(トンサラ港)、所要約2時間40分
ラジャ・フェリー
7:00,10:00,12:00,14:00,16:00,18:00発

パンガン島(トンサラ港)→ドンサック港、所要約2時間40分
ラジャ・フェリー
6:00,7:00,10:00,13:00,15:00,17:00発

スケジュールはすべて2007年1月現在のデータです。季節や天候により変更になる場合がありますのでご注意ください。

投稿者 aya : 14:24 | コメント (0)

2007年01月10日

格安航空券利用!バンコク~スラタニ経由の航路でパンガンへ

raja ferry (3).JPG
スラタニ港ドンサックとパンガンのトンサラを結ぶラジャ・フェリー

最もスムーズにパンガン島へアクセスする方法は、バンコクからサムイ島までバンコクエアウェイズでアクセスし、そこからフェリーに約30分乗るというもの。交通費を安く抑えたいならバスや電車などでもアクセスできますが、時間がかかってしまうのが難点。今回は料金も時間もその中間の、バンコク~スラタニを航路、そこからパンガンまでバスとフェリーで移動するアクセス方法をご紹介いたします。

バンコク~スラタニ間はエア・アジアオリエント・タイ航空タイ航空が運航しています。

2006年4月よりこの路線に参入した格安航空会社「エア・アジア」が最もリーズナブルな料金設定。所要時間は約1時間15分、国際線の発着する新スワンナプーム空港からの発着です。

バンコク~スラタニ間、席数限定の片道399BのIフェアというプロモーションチケットを購入すると、諸税が片道約616.43Bで、片道1015.43B、往復2030.86B(約6180円)となります。ただしこのチケットは搭乗者を予約後に変更することができません。(諸税は燃料サーチャージなどを含むため時期により変更あり)

2007年1月10日~19日に予約、4月1日~10月27日搭乗限定のWフェアを利用するとなんと航空券料金が0B。諸税などを負担するだけで旅行ができてしまいます。このプロモーションは70のルートで100万席の無料チケットを提供するというもの。シートがなくなり次第終了するのでお申し込みはお早めに!


プロモーションの適用されない期間やプロモーション分の席が満席の場合はAフェア片道699B、Vフェア片道899Bなどのチケットを利用することになります。ウェブでの予約は48時間前まで、各プロモーションは座席数に限りがありますのでご注意ください。

サムイ経由で移動する場合は通常往復約7000B(諸税を除く)。早朝深夜のプロモーションを利用した場合は4000B(諸税を除く)ですので、スラタニ経由のほうが時間はかかりますがリーズナブルになります。


2007年3月24日までのフライトスケジュールは毎日
バンコク→スラタニ FD3183  10:50発 12:05着
スラタニ→バンコク FD3182  12:30発 13:40着
2007年3月25日~10月27日までのフライトスケジュールは毎日
バンコク→スラタニ FD3183  09:00発 10:15着
スラタニ→バンコク FD3182  10:45発 11:55着

※スケジュールは変更になることもありますので、公式ウェブサイトのフライトブッキングエンジンでご確認ください。

予約はエア・アジア公式ウェブサイト(英語)から。VISAまたはMasterカードでのオンライン決済になります。

エア・アジアではそのほかバンコク発、チェンライ、チェンマイは各799B、クラビー、プーケットは各999B、国際線ではバンコク発シンガポール、ペナン(マレーシア)は各899Bとなっています。


オリエント・タイ航空も1日1便運航しています。料金は片道1700B(約5000円)。空港税50Bと燃料サーチャージ約400Bが含まれています。ただし、指定のピーク&ホリデイ・シーズンは追加料金となります。

申し込みはHPの予約ページから行え、支払いはMasterまたはVISAのクレジットカードとなります。オンラインでの予約は出発の24時間前までとなります。
毎日24時間受付のコールセンター(バンコクから1126、そのほかの地域からは1146-1126)もあります。

2007年5月27日までのフライトスケジュールは毎日
バンコク→スラタニ OX291  13:40発 14:50着
スラタニ→バンコク OX292  15:25発 16:35着
※スケジュールは変更になることもありますので、公式ウェブサイトのフライトブッキングエンジンでご確認ください。

タイ航空は1日2便往復しており、料金は往復6280B、諸税が1060Bで、往復7340Bとちょっと高め。この料金だとバンコク~サムイ島間のバンコクエアウェイズの料金(有効期限6ヶ月のもので約6570B)とあまり変わらず、スラタニからのフェリー代や所要時間を考えるとあまりお得感はありませんがスターアライアンスのマイレージサービスが利用できるのがメリットです。


2007年5月7日までのフライトスケジュールは毎日
バンコク→スラタニ TG253  10:20発 11:35着、TG277  17:15発 18:30着
スラタニ→バンコク TG254  12:10発 13:20着、TG278 19:15発 20:25着
※スケジュールは変更になることもありますので、公式ウェブサイトのフライトブッキングエンジンでご確認ください。

スラタニ県のドンサック港からパンガンへは1日6便のフェリーが運航しています。空港から港へはバスが運行しており、スラタニ市外経由で所要約1時間半~2時間が目安です。ドンサック港発ラジャ・フェリーは毎日
ドンサック→パンガン島 7:00,10:00,12:00,14:00,16:00,18:00
パンガン島→ドンサック 6:00,7:00,10:00,13:00,15:00,17:00
のスケジュールで運行しています。所要時間は約2時間40分です。料金は片道200B、港とスラタニ空港・市街を結ぶバスは片道120B程度です。


donsak-surat-bus.JPG
空港と港を結ぶバス。エアコンつきで快適


フェリーは乗客はタイ人や在住の外国人が多く、フルムーンパーティの前後には欧米人バックパッカーの姿も多く見られます。車やバイクも積むこともできます。テレビや売店もあり、船内はエアコンつきで快適。それではフェリーの中を詳しく見てみましょう。


raja ferry.JPG
シートは大きめで、向かい合って座れる席もあります


raja ferry (1).JPG
ちょっと小さめですがテレビが見られます


raja ferry (5).JPG
エアコンつきの室内シートは禁煙


raja ferry (2).JPG
お菓子やコーヒー、ビールなどのドリンクを販売。カップラーメンも人気です


raja ferry (7).JPG
コーヒーを注文するとインスタントの粉1パックに砂糖とミルクが2パックずつついてきます。
タイ人はあまーいコーヒーが大好きなのです


raja ferry (4).JPG
車やバイクがたくさん積まれています


raja ferry (6).JPG
本土からサムイを横に見ながらパンガンへ向かいます


busatdonsak.JPG
ドンサック港に待機しているバス。帰りはフェリーを降りたらこのバスで空港へ


fullmoonbus-donsak.JPG
フルムーンパーティのラッピングのバスも

donsaksanbashi.JPG
ドンサックの桟橋。かなりローカル色が濃いフェリーです


※そのほかパンガン島へ運行する各種フェリーの詳細はこちら

サムイ島からの場合、バンコク~サムイ島間の空路約1時間、そこからパンガンへのフェリーの所要時間は約30分ですので、フェリが苦手な方、最短時間でアクセスされたい方にはサムイ島経由がおすすめです。時間にゆとりのある方、新しいルートを試してみたい方、リーズナブルに移動したい方にはスラタニ経由が利用価値アリです。

そのほか島へのアクセスについてはこちらをご覧ください。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 16:40 | コメント (0)

2007年01月08日

丘の上のレンタルハウスでスピリチュアルな休日を

丘の上のスピリチュアルハウス

北西部 シャロックラム

chaloklum house (13).JPG


大自然に囲まれた丘の上にたたずみ、背後には澄みきった小川が流れるという、桃源郷のようなレンタルハウス。小さなプールも備えており、家を囲むように造られたL字型につくられたバルコニーはホームパーティができるくらい広々としています。

基本は1ヵ月単位ですが、ピークシーズン以外は1週間単位でのステイも可能です。体の中をクレンジングしてくれるようなおいしい空気を吸い込めば、ストレスや悩みを吹き飛んでしまいます。まさに自然に還るようなスピリチュアルなバカンスになること間違いなし!

料金:13000B/月

HOUSE DATA
建物面積約30㎡
土地面積約100㎡
13000B/月(長期割引、週単位のレンタルあり)
築:2002年


設備
コールドシャワー
トイレ
ベッド(クイーンサイズ)
シンク(コンロなし)


ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


chaloklum house (3).JPG
かわいらしいベッドと小窓


chaloklum house (2).JPG
全6棟が共同で使用するプールも完備


chaloklum house (4).JPG
裏庭にせり出すように造られたシンク


chaloklum house (5).JPG
清潔感のあるバスルーム


chaloklum house (6).JPG
シャワーはコールドウォーターのみ


chaloklum house (7).JPG
バルコニーでパーティが開けるくらい広々


chaloklum house (8).JPG
大通りから200メートルほど奥まった小高い場所に位置


chaloklum house (9).JPG
すぐそばに住んでいるオーナーのジャップさんはとってもフレンドリー。
旅の相談にも気軽にのってくれます


chaloklum house (10).JPG
すぐ横に小川が流れており、ここでの水浴びも最高!


chaloklum house (12).JPG
バルコニーから島の自然を見渡せます


chaloklum house (14).JPG
小道を登った上に位置。車は通れませんがバイクはOK


chaloklum house.JPG
シャロックラムののどかなエリアに位置しています


chaloklum house (15).JPG
少し小さいタイプの家もあります


chaloklum house (1).JPG
こちらも広々としたバルコニーが好評


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券


投稿者 aya : 23:00 | コメント (0)

2007年01月06日

フルムーン会場至近のアクセサリーショップをCheck out!

ポワハ
Powaha

powaha (15)display2.JPG

フルムーンパーティの会場、リンビーチサンライズから徒歩10秒の位置にあるハンドメイドのアクセサリーショップ「ポワハ」。ローカルのアーティスト兼オーナーのレックさんが作り出す南国の香りあふれるアクセサリーはかわいいだけではなく、クオリティも抜群と早くも評判です。 

ビーチ沿いの小道にあるショップには、貝殻やビーズなどを巧みにあしらったブレスやピアスが並んでいます。とにかくものづくりが大好きだというレック氏が使用している石などについて説明してくれるので、気軽に尋ねてみてください。パーティアイランドのパンガンらしく、ビーチパーティにぴったりなベリーチェーンやアンクレットなどキュートでセクシーなアイテムがそろっています。

店内にはアクセサリーのほか本革の小物も充実。ベルトやバッグなど革ならではの風合いを生かして一つ一つ手縫いで作り上げた世界に唯一つの品々が並んでいます。


powaha (3)shell brace.JPG
島の貝殻で作ったブレスは光沢感がすてき

powaha (10)display1.JPG
ブレス、ネックレス、ピアスともに300B程度~が目安

powaha (17)leather belt.JPG
ハードなテイストの革ベルトは欧米人旅行者に人気

powaha (22)tana.JPG
羽毛のピアスや手作りのキャミソール、スカートも

powaha (23)shiva eye.JPG
パンガン島在住の人気アーティストのブランド「シバ・アイ」のアイテムも


ポワハ
Powaha

Address;Haad Rin Sunrise
Tel;07-885-2098
アクセス:ハードリン港から徒歩5分


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 02:18 | コメント (0)

2007年01月04日

新年初のフルムーンパーティレポート

fullmoonjan-zenkei.JPG

1月1日のカウントダウンパーティの興奮冷めやらない昨日3日、新年最初のフルムーンパーティが開催されました。潮の満ちひきの具合でいつもより広くなったリン・ビーチ・サンライズに各国からのパーティトラベラーとローカルが集い、パーティを盛り上げました。

kikyu1.JPG
タイスタイルの小さな熱気球を飛ばして新年を祝います


kikyu2.JPG
大空へと飛び立ちました


fullmoonstonne.JPG
フルムーンパーティ発祥の地、パラダイス前にある石碑


fullmoonsign1.JPG
パラダイス前にはフルムーンの電飾も


paradisefull.JPG
早い時間から元気に踊る人々でいっぱい


therockfulloon.JPG
リンビーチ・サンライズの南端の岩の上にあり、パーティ全体を見渡せる「ザ・ロック」
深夜1時頃までの早い時間帯はゆったりしたDJなのでパーティを見ながらくつろぐのに最適


tommyfullmoon.JPG
海外からのDJもプレイするトミーズは日本人の音感覚にもぴったり


tommyfullmoon2.JPG
深夜2時を過ぎると人々の興奮も絶調に


fulhanabijan.JPG
2007年初のフルムーンを祝う花火が上がりました


sleeparea.JPG
踊りつかれたり酔いつぶれた人専用のスリーピングスペース。
ライフガードが目を光らせており、無防備に寝てしまった人や具合の悪そうな人を担架で運んだりもします

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 16:50 | コメント (0)

2007年01月01日

最速!パンガン島のカウントダウンパーティレポート

明けましておめでとうございます。新年よりパンガントラベラーをご利用いただきましてありがとうございます。今年もエキサイティングなパーティと美しい自然の共存するパンガン島の魅力をお伝えできますよう努めてまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


hadrincd06.JPG


さて、昨日は年に一度の大イベント、カウントダウン。バンタイのウェンタイ・リゾートでのスイミングプールパーティと花火の連射と気合の入ったDJで最高に盛り上がったハードリン(リンビーチ)でのカウントダウンの模様をお送りいたします。

21時頃、まずはウェンタイ・リゾートへ。レストランやバーなどの集まるトンサラから車で約3分と便利な立地です。早い時間から飲み始めている人が多く、この時点でパーティはかなりの盛り上がりよう。プールに入って遊びながらカクテルを飲んでいる人もいれば、ビーチを臨むシートで潮風を感じながら音に身をまかせる人も、プールサイドでダンスに興じる人もいて、自分の好きなように楽しめる雰囲気です。


weang-bar1.JPG
屈強な男性陣がなんともかわいいビキニ姿に


ウェンタイ・リゾートでは名物のスイミングプールパーティのカウントダウンスペシャルバージョンが開催されました。ビキニ着用の女性はワンドリンクがサービスされるセクシーなパーティですが、今回は男性スタッフが大サービスでビキニを着用。お化粧まで施して接客です。


weang-partydecpool.JPG
ビーチを臨む大きなスイミングプールがパーティ会場


weang-bar3.JPG
プールサイドのバーカウンター

weang-bar2.JPG
ひときわメイクの濃かったスタッフ。「Do you have girl friend?」と声をかけるファンキーなお客さんにちょっと照れた表情

23時頃、カウントダウンはパーティのメッカ、ハードリンで迎えるため車で10分ほどの距離を移動。乗り合いタクシーで1人50Bです。この日は一年で最もタクシーが忙しい日。タクシーはトラックの荷台に2列に席が着いたタイプの車で通常12人ほどが腰掛けられますが、今日は車からあふれそうなほど人々が鈴なり状態に。ハードリンまでの道はアップダウンが激しいのでしっかりつかまらないと危険!


hanabi1.JPG
カウントダウンを待ちきれないかのように24時前からリンビーチの各所で打ち上げ花火が


カウントダウン前から爆竹を鳴らしたり花火が上がったり、人々の興奮は絶好調に。それぞれのDJがかなり気合の入った音作りをしているのがひしひしと伝わってきます。特に人気クラブのカクタス付近は移動するのが困難なほどの込み合いっぷり。見知らぬ人同士が「Happy New Year!」「サワディー・ピーマイ(タイ語の明けましておめでとう)」と声を掛け合うハッピーなひと時です。


hanabi2.JPG
カウントダウンの瞬間は花火の数も絶調に


もちろんカウントダウンの瞬間を過ぎても人々の興奮は収まらず! サンライズの後もダンスに興じる人でビーチは熱気に包まれていました。明け方近くになると西洋人の男性がたくさんビーチで寝転がっている姿を目にします。貴重品は大丈夫なの?息してる?とちょっと心配になってしまいます。

hadrincd2.JPG
各国からのパーティトラベラーで埋め尽くされたリンビーチ・サンライズ


hadrincd3.JPG


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 23:45 | コメント (0)