Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月31日

島の電気&インターネット&通信事情

Long Bay internet.jpg


旅に出るとき気になるのが、現地の電気や通信状況。空港もない島って電気が通ってるの?インターネットは使える?と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

ご安心ください! 島では一部の隔離されたビーチを除き、島には電気が通っています。

ボートでしかアクセスできない北東部の秘境のビーチなどでは公共の電気が通っていないところもあり、自家発電でまかなっていたりします。たとえばボトル・ビーチの場合夜の決まった時間だけ発電するというシステムになっています。おそらく自家発電には相当のお金がかかるのだと思います。

時々地域的に停電することがありますが、たいてい数分から1時間くらいで元に戻ります。電圧は220V、50Hzで、プラグの形状は複数ありますが、いずれも日本と異なるので、日本の電気製品は使用できません。

パソコンは世界各国の電圧に対応しているタイプがほとんどなのでプラグのみ購入すればOK。ドライヤーなどは変圧器とプラグの両方が必要になります。プラグは家電量販店などで数百円で入手できますが変圧器は意外と高価。たとえばドライヤーならば外国の電圧対応タイプ(4000円程度~)を購入したほうが割安です。電気製品は島では一部の隔離されたビーチを除き、島には電気が通っています。時々地域的に停電することがありますがバンコクで現地調達もできますが、パンガンでは入手するのが難しく、種類が選べなかったり割高だったりします。

国際電話はリゾートまたはインターネットカフェ、公衆電話でかけることができます。インターネットカフェでは日本までは1分50~80B程度です。


rainbow internet.jpg
PCはウィンドウズのXPが主流です

インターネットカフェはリン・ビーチ、トンサラ、シャロックラム、バンタイなどに多数あり、1分2Bが相場です。ほとんどがADSLでの接続なので速度も問題なし。高級リゾートではインターネットルームを備えているところが多くあります。パソコンにより日本語が読み書きできるものとできないものがあるので、言語バーに「JP」と表示されているものを選びましょう。なお、客室内でネット接続ができるリゾートは現在パンガンブリ・リゾート&スパのみとなっています。

buri%20pc1.jpg
パンガンブリのエクスクルーシブ・ルームのPC


インターネットカフェには、時々地元の子供たちが遊びに来てメールやゲームをしていることがあります。お金を払っているのはあまり見たことがありません…。太っ腹な店主! 旅行先でネットを賢く利用して、旅の様子や写真を友達に送ったり、最新のニュースをチェックしたり、上手に使えば旅の醍醐味も広がりますよね!

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 11:24 | コメント (0)

2007年03月30日

島内最新最大のスーパー「ビッグA」

BIGA (1)GAIKAN.JPG

トンサラとハードリン(リンビーチ)を結ぶビーチ沿いのメインロード沿いに堂々と建つスーパー「ビッグA」。タイ全土に展開するチェーン「ビッグC」とは関係のない地元のオーナーの店舗ながら、在住外国人や旅行者が重宝するアイテムがたくさんつまった便利で楽しいお店です。

BIGA (3)ENT.JPG
お客さんの人数を数えるために設置してあるのか、なぞのバーを押して店内へ

営業時間は8時から22時。アクセスはトンサラ港から徒歩3分程度、メインロードのトンサラ側の終結点ふきんに位置しています。ここのオーナーははす向かい、信号のある交差点前の昔からのスーパー「リンピポン」と同じ方。リンピポンも十分大きな店舗ですが、こちらはさらに敷地が大きく、輸入品が充実しています。


BIGA (8)GLASSES.JPG
ワイングラス、ウィスキーグラスなどなど大小さまざまな品ぞろえ


BIGA (9)KITCHEN.JPG
キッチン用品も充実。日本製品を見かけることも


OSARA.JPG
お皿は白いシンプルなシリーズでいろいろな形・サイズがそろってなかなか便利


BIGA (27)promotion-39B.JPG
今日の安売りコーナーではパスタを39B(約140円)で販売


BIGA (31)ketchap.JPG
ケチャップやチリケチャップなど。タイ語表記ですが絵でどのような商品かすぐに分かります


コンビニや地元の商店ではなかなか購入できない輸入品がそろうのもココの売り。スモークサーモンやステーキ、各種ハム、冷凍のフライドポテト、ワイン、輸入菓子やドリンクなどがずらりと並んでいます。


BIGA (28)okashiuriba.JPG
ずらりと並ぶ国産&輸入お菓子売り場


BIGA (30)wine.JPG
ワインは1本250B程度から2000B以上の高級品まで

biga-niras.JPG
島の人気ベーカリー「ニラズ」のパンも販売

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 14:03 | コメント (0)

2007年03月26日

オーナーのこだわりに満ちた好立地のリゾート

シー・ガーデン
Sea Garden 


南東部 リンノク(サンライズ)・ビーチ

sea garden m-304 suite (1).JPG
ラグジュアリーなシー・ビュー・スイート

リン・ビーチの繁華街に位置するガーデンリゾート。フルムーンパーティ会場へも至近で、徒歩圏内にレストランやショップが集まっているので便利です。客室はリーズナブルなファンルームからゴージャスなスイートまでバラエティ豊か。

ホテルタイプとバンガロータイプがあり、いずれも繁華街の中にありながら広い庭の中に建てられているのでとても静かでリラックス感があります。1室1室オーナーがアイデアを出し、ゲストが快適にステイできるようにこまめにチェックを行っているため、どの部屋もとてもきれい。バスタブやDVDデッキのある客室もあり、好みに合わせて選べます。

sea garden m-304 suite (6).JPG
シー・ビュー・スイートにはエアコン、TV、ホットシャワー、ミニバーを完備


sea garden m-304 suite (7).JPG
シー・ビュー・スイートには流し台とバーカウンターも


sea garden m-304 suite (8).JPG
シー・ビュー・スイートの大きなジャクージ


リーズナブルな料金ながら朝食もついており、とってもおトク! リンビーチの老舗クラブ「ドロップイン」から約100mほどで、パーティで疲れてもすぐに寝心地のよいベッドにたどりつけます。夜遊び好きには絶好のロケーションです。


sea garden a-2 (5).JPG
デラックス・バンガローのルームNo.A2には
エアコン、TV、ホットシャワー、バスタブを完備


sea garden a-2 (6).JPG
バルコニーのついたデラックス・バンガロー


sea garden vip201.JPG
デラックス・ホテル・ルームは2室のみ。
エアコン、DVDデッキ、TV、ミニバー、ホットシャワー、バスタブを備えています


sea garden vip201 (4).JPG
プチセレブな気分になれるホテル・ルーム201号室のバルコニー


sea garden vip201 (11).JPG
ホテル・ルーム201号室のバスタブ


seagarden202-205 (3).JPG
ホテル・ルームは202〜205の4室。
ファン、TV、ホットシャワー付き


sea garden bungalow outside.JPG
スタンダードバンガローはファン(扇風機)つき


sea garden bar.JPG
素敵なスツールのバーカウンター


sea garden restautant.JPG
レストランのシートはオープンエアー


sea garden information.JPG
リゾートの中心にはインフォメーションカウンターが


sea garden path.JPG
広々とした庭はいつも美しく手入れされています


owner seagarden.JPG
とても親切なオーナーのターさん。インフォメーションカウンターで旅の相談などにもこころよく応じてくれます


シー・ガーデン
Sea Garden 

Address:137 Moo6 Rinnok Beach
客室数:約40室
オープン:2000年
チェックアウト:12:00
使用できるカード:Amex,Diners,Master,VISA
アクセス:ハードリン港から徒歩3分、トンサラ港から車で約30 分
※ ハイシーズン(フルムーンの7日前から2日後)は、最低宿泊日数5泊、フルムーンパーティの5日前にチェックイン

詳細はこちら


ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 11:33 | コメント (0)

2007年03月25日

リン・ビーチの個性派ショップをチェック!

フルムーン・パーティの行われるリン・ビーチは島で一番の繁華街。この数年でアクセサリーや水着、ファッション雑貨、スイーツなどのショップが登場し、お買い物の楽しみも増えました。ここに集まる欧米人の旅行者をターゲットにしているので、若者向けのショップが多いのが特徴。洗練された欧米のセンスとエスニックでミステリアスなタイのセンスが融合した興味深い品々に出会うことができます。今回は人気のセレクトショップとビキニショップをご紹介します。

一番人気のセレクトショップはワンピースからTシャツ、ビキニ、アクセサリー、化粧品、バッグまでなんでもそろう「ナポポ」。旅好きのイスラエル人女性オーナーがイスラエル、イタリア、インドなど世界中から選び抜いたアイテムが並んでいます。


napopo+(13).jpg
すぐにビーチで着たくなるようなビキニもいっぱい! 上下組各1600B

napopo+white.jpg
デニムのパンツにぴったりのカットソー650B


napopo-flower.jpg
燦燦と照る太陽の下でますます元気になれそうなカラフルなキャミも多数


napopo+salebox.jpg
全商品が150Bのお得なセールボックスが出現することもあります


もっとエスニックでエネルギッシュなテイストが好みなら「アマゾナス」もおすすめです。ディティールにこだわった洋服をはじめ、ハンドメイドのレザーグッズやアクセサリー、帽子などがぎっしりと並んでいます。アクセサリーのデザイナーで、バンコク近郊に工房を持っているオーナーは、とってもキュートでセクシーなタイ人女性。「アマゾナス」とは「ジャングルの女王」という意味で、5年前にこの店をオープンするときに南米に住む彼女の友人がこの店名を付けてくれたのだとか。


amazonus+(5).jpg
刺繍の入ったキャミは500B程度〜


amazonus+(3).jpg
インディアンテイストのアクセサリーは250B前後

そしてタイで絶対手に入れたいのが、ビーチライフを彩るビキニ。2005年4月にオープンした「ライフィズ・ア・ビーチ」では、オーストラリアから輸入した最新スタイルを中心に、数え切れないくらいのビキニが並んでいます。タイ製のものは350B程度〜、オーストラリア製のものは3000B程度〜となっているので、本命のほかにチープな品をいくつか購入しておくのも手。


lifes+a+beach.jpg
サイズごとに棚が分かれているので選ぶのも楽々


lifes+a+beach+(3).jpg
オーストラリア製2005年最新コレクションのビキニ


lifes+a+beach+(9).jpg
貝殻やラインストーン付きのものも人気です


lifes+a+beach+(11).jpg
香港から買い付けたキュートなドレスも多数そろいます


napopo+gaikan.jpg

ナポポ
Napo-po
営業時間:11:00〜21:00(金曜は〜18:00、土曜は18:00〜23:00)
定休日:無休
アクセス:ハード・リン港から延びる一本道を約80m直進、道沿いの右側


amazonus+(13).jpg

アマゾナス
Amazonas

営業時間:11:00〜24:00
定休日:無休
アクセス: ハード・リン港から延びる一本道を約200m直進、セブンイレブンを越えた一つ目の十字路(チキン・コーナーというファーストフード店が目印)を右折。約100m直進し道沿い左


lifes+a+beach+(13).jpg

ライフィズ・ア・ビーチ
Life's a beach

営業時間:14:00〜22:00
定休日:不定休
アクセス:ハードリン港から延びる一本道を100m程度直進、一つ目のT字路を左折。約50m
先を右折してすぐ、道沿いの右側


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 11:23 | コメント (0)

2007年03月22日

眺望抜群のマッサージ&ヨガ・センター

サイアム・ヒーリング・センター
Siam Healing Centre

リンナイ・ビーチ 

siam healing 1.jpg  

リンナイ・ビーチを望む崖の上に位置する「サイアム・ヒーリング・センター」は、マッサージを受けるだけでなく、技術を学ぶこともできる総合ヘルスケアハウスです。

マッサージは伝統的なタイマッサージ(200B/1時間)のほか、オイルマッサージ(250B/1時間)、リフレクソロジーフットマッサージ(250B/1時間)、スポーツマッサージ(350B/1時間)がそろっています。


siam healing2.jpg
丁寧にポーズを教えてくれるので初心者でも安心

朝9時からヨガやメディテーションのレッスンを行っており、笑顔がキュートなタイ人女性のオーナー、ジェップをはじめとする技術力の高いインストラクターがあなたの健康をトータルにサポートしてくれます。


siam healing view.JPG
ビーチを望みながらレッスンが受けられます


マッサージのレッスンは、タイマッサージ、オイルマッサージ、フットマッサージの3種類があり、いずれも30時間で3500B。滞在期間に合わせて1日3時間のレッスンを10日間とか、集中的に1日5時間のレッスンを6日間受けるなどや自分のペースで習えます。

最近「カップルマッサージ」が静かなブームとなっているようですが、本やDVDから学ぶより、やっぱりインストラクターに教えてもらったほうがスムーズにコツをつかむことができます。プロのセラピストのようにマッサージができたら素敵ですよね。

また、市場での買い物から始まるタイ料理のクッキングクラスも催行しているので、ヘルシーなタイ料理を身につけたい人は必見。3種類のベーシックなタイ料理のコースは500Bです。

体と心の求めることに耳を傾け、自分自身にあった癒しを手に入れてください。


siam healing sign.JPG
手付かずの自然が残るエリアに位置しています


siam healing pict.JPG
壁に飾られたペインティング


サイアム・ヒーリング・センター
Siam Healing Centre

Address:154 Moo 6 Rinnai Beach
Tel:077-375-450
営業時間:9:00〜22:00
休業日:不定休
アクセス:ハードリン港から車で約3分

※掲載のコースや料金は予告なく変更になる場合がございますのであらかじめご了承下さい

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 13:26 | コメント (0)

2007年03月21日

何ができるの?トンサラの広〜い謎の空き地

thonsalaakichi.JPG

トンサラの港からのびるメイン通り沿いに、近頃とっても広い空き地が出現しました。以前はインターネットカフェやレストラン、雑貨店など小さなお店が軒を列ねていたエリア。さてさて、次はなにができるのでしょう。

ここはトンサラ港の国王の肖像があるタクシーコーナー脇のロータリーからまっすぐ伸びる目抜き通り沿い。この辺りには地元の旅行会社やカフェ、コンビニ、レストラン、タイマッサージショップ、インターネット、銀行の両替えなど旅行者に便利な設備が揃っています。「新しいショッピングセンターかな?」「ホテルかも!?」「スーパーマーケットの可能性も、、」など、広い更地の行く末についてはおしゃべりで噂好きのローカルのあいだで話題になっています。


さらに見のがせないのがこの付近に停車しているトラック。荷台にたくさんのフレッシュなフルーツを載せて販売しています。農家の直売なのでとても新鮮でしかもリーズナブル。マンゴーやランブータン、ロンコンなどを量り売りで買えます。


買い方は2パターン。自分の欲しい分だけビニール袋に入れ重さを計ってもらうか、何kg欲しいかを伝えてお店の人に詰めてもらうというパターン。1kgの値段を表示してある場合もありますが、ないときは「(ヌン=1)キロ タウライ?」と聞いてみて下さい。

fruitshopthosala (16).JPG
ランブータンはタイ語で「ンゴ」。中身は白い半透明でさっぱりとした甘さ


今の季節はランブータンが甘くて激安! 1kg20Bくらいなので、日本円にすると75円ほど。南国のフルーツを思う存分味わって下さい。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 20:28 | コメント (0)

2007年03月20日

GWにおすすめのガーデンリゾート

今年のゴールデンウィークは4月28日から5月6日まで、3日の有給休暇を取ると9日つながる大連休です。5月1日にはフルムーンパーティも開催予定。今フルムーンパーティの前後にはスイミングプールパーティやレゲエパーティ、バーンサバイのアフターパーティなど楽しいイベントがめじろ押しです。本日は貴重な9日間をめいっぱい楽しんで、有効に使うのにおすすめのリゾートをご紹介します。

広々とした白砂のプライベートビーチでくつろげる「ロング・ベイ・リゾート」は、島のメインタウンであるトンサラから車で15分ほどと便利な立地なうえ、リゾートの目の前の海はサンゴ礁が広がり、南国の木々に囲まれたすばらしい環境を誇っています。地元の店でのショッピングや屋台グルメもパーティも堪能し、暮らすようにすごせるのが魅力です。

ロング・ベイ・リゾート
Long Bay Resort

北西部 ヤオ・ビーチ

Long Bay Resort 058pool.jpg
ユニークなシェイプのメインプール。左脇には子供用プールも


北西部のリゾートからハーフムーンパーティの会場へは車で10分ほど、リン・ビーチへは40分ほど。
車で5分ほど北上したところにある漁師町シャロックラムでは屋台グルメやタイマッサージのほか、ローカルの利用する八百屋や魚屋などが連なっています。ヨガスタジオも至近なので、9日間タイマッサージとタイフードとヨガで体の中から生まれ変わるリセットバカンスを計画するのもおすすめです。

Long Bay pool&villa.jpg
プールでも客室でも常に海を身近に感じられます


このリゾートの魅力は、敷地の広さと島内でも抜群の設備&サービス。美しく整えられた鮮やかな緑の庭園に36棟のコテージが点在し、リゾートだけでもひとつの村のようになっています。敷地内にはビーチフロントのレストランとバーのほか、タイマッサージセンター、ショップ、インターネット、メインプール、子供用プールなどがあり、便利なリゾートライフを過ごすことができます。


Long Bay Resort 015garden.jpg
ヤシの木が茂る敷地内のガーデン


Long Bay Resort 030massage.jpg
ボディマッサージ250B/1時間、マニキュア150B


Long Bay Resort 001PC.jpg
フロント脇にはインターネットを完備


Long Bay Resort 049superior bed.jpg
スーペリアルームの広々としたベッド


Long Bay Resort 038superior TV.jpg
CNNやMTVなど50チャンネル以上が見られるテレビとミニバーを全室に完備


Long Bay Resort 042superior closet.jpg
デラックスとスーペリアには室内にセイフティボックスがあります


long bay ac deluxe (2).jpg
南国の陽光が差し込むデラックスルームのベッド


long bay ac deluxe (11).jpg
デラックスルームのバルコニー


long bay ac deluxe (12).jpg
庭に面したデラックスルーム


またエレファンとトレッキングやボートトリップなどの島内ツアーをはじめ、隣の島タオ島へのトリップ、航空券までなんでも親切に手配してくれるツアーデスクも備えています。リゾート所有のバイクのレンタルも行っているので、自分で運転して島内を探検してみるのも楽しい経験です。


Long Bay Resort 059restaurant.jpg
プールから橋でつながったビーチフロントのレストラン


Long Bay Resort 063 menu.jpg
新鮮な魚介類を使ったメニューが日替わりで登場。
フライド・バラクーダ(カマス科の白身魚)パイナップル添えは90B(約260円)とうれしい価格


Long Bay Resort 064rest-inseide.jpg
南の島らしいウッドスタイルの天井が高いレストラン


フルムーンパーティの行われるリン・ビーチへは車で40分ほど。島内の各ビーチへリゾートの車で送迎してもらえます(時間、場所、人数により異なる、1人100B程度)。パーティの前後はリゾート気分を満喫してゆったり過ごしたいという方におすすめです。


Long Bay Resort 071beach.jpg
目の前のヤオ・ビーチは人もまばらでプライベート感抜群!


lbr suite.jpg
広々としたバルコニーを備えたビーチフロントのVIPルーム
1室のみなのでご予約はお早めに


GW前後のパーティスケジュール
4月24日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
5月1日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
5月9日 ハーフムーンパーティ @バンタイ

ロング・ベイ・リゾート
Long Bay Resort

Address:58/5 Moo 8 Yao Beach
エリア:北西部
客室数:32室
オープン:2001年4月
アクセス:トンサラ港から車で約15分
料金:1500B〜
詳細はこちら

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 10:11 | コメント (0)

2007年03月18日

サンゴ礁と魚たちの楽園サラド・ビーチ

salad-march2.JPG


海の黒くなっているところはサンゴや海草のある地帯。ここに色とりどりの魚たちが暮らしています。遠浅なのでビーチから20mほど歩いた膝が浸かるくらいのエリアにも魚がいっぱいです。

salad-newgarden.JPG
プール周辺のガーデンにはかわいい置物がいっぱい


beachfrontbun-sal.JPG
たった2棟だけのビーチフロントバンガロー


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 12:07 | コメント (0)

2007年03月17日

サンダルぜーんぶ69B(約250円)!

sandal69.JPG


南国ビーチに必需品といえばビーサン。ブランド物や繊細な飾りのついた物、革製品などは日本のデパートなどで驚くほど高価格です。いいものはもちろん素敵ですが、何も気にせず毎日履けるチープな品も持っておきたいもの。トンサラのメインマーケットではビーチサンダルが69B均一で手に入れることができます。


yellowsimple.JPG
シンプルなデザインはイエロー、ピンクなど各種そろいます

気になる品質はというと、ちょっとサンダルの底の厚みが薄め。デコボコのところを歩くと軽く足の裏にそのデコボコをマッサージのように感じるような感覚です。トング部分は以外にしっかりしています。縫い付けているのではなく、底まで貫通してとめられているので引っ掛けて壊す心配があまりありません。


greyhybiscus.JPG
トロピカルなハイビスカス柄


日本の夏以外の時期には日本ではビーチサンダルを販売しているお店も少ないはず。そんなときは現地調達を! おまけの情報ですが、島ではヴィトンやグッチなどのコピー商品も入手する事ができます。価格は大体200Bくらいからです。

pinkmouse.JPG
ファンキーなキャラクター柄もなぜかタイでは人気


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 11:03 | コメント (0)

2007年03月16日

パンガン島の周辺には何があるの?

20anthon.jpg
島の約25km西にあるアントン・マリン・ナショナル・パーク

パンガン島周辺にはアントン・マリン・ナショナル・パーク(国立海洋公園)、タオ島などの島々が点在しています。快適なフェリーが運行しており、日帰りツアーなども催行しているので気軽に訪れることができます。

●アントン・マリン・ナショナル・パーク  Angthon Marine National Park
パンガン島の約25km西にある大小40以上もの島々が連なる国立海洋公園。自然の浸食作用により形作られたユニークな形の無人島や生息する動物や魚たちを見ることができます。シュノーケリングやカヤックを楽しむのに最適です。パンガン島からはサムイ島経由で日帰りツアーが催行されています。所要時間はサムイ島経由で約1時間30分。入場料200B。
フェリー会社のシートラン・ディスカバリーがツアーを催行しています。トンサラ港から出る朝7時のソンサム・フェリーでサムイのナトン港へ向かい、8時半にナトン港を出てアントン群島へ。シュノーケリングやカヤックを楽しみ、ビューポイントへ向かいます。17時ごろにサムイ島のナトン港へ帰港。火・木・土曜催行、ランチ・シュノーケリング&カヤックのレンタル・ライフベスト・タオル・入場料込みで大人2800B、子供(12歳以下)2300B。
・ウアタラップ島 Koh Wua Ta Lap
海洋公園の事務所やインフォメーションセンターのある拠点。レストランや数件のバンガローもあります。険しい山道を歩いてビューポイントへ到着すると、目の覚めるようなパノラマ風景を堪能できます。
・メコ島 Koh Mae Ko
インナー・シー(エメラルド・レイク)と呼ばれるエメラルド色の海水湖がある島。キャンピングができるエリアもあります。

●タオ島
パンガン島の北側にあるダイバーに人気の島。西部のメーハード港を中心に、バンガローやレストランなどがあり、素朴な雰囲気。西北岸沖にはナンユアン島があります。トンサラ港からフェリーで所要約1時間。

◆フェリースケジュール◆
パンガン島トンサラ港→タオ島メーハード港
フェリー会社  出発時間
ロンパヤ     8:30
          12:30
シートラン    8:30
ソンサム     12:00
バトサパマニー 8:30

タオ島メーハード港→パンガン島トンサラ港
フェリー会社  出発時間
ロンパヤ     9:30
          15:00
シートラン    15:00
ソンサム     15:00
バトサパマニー  14:45


また、長期滞在の方やせっかくの海外旅行だからショッピングも楽しみたいという方には、やっぱりお隣のサムイ島がおすすめ。大型スーパーのTesco Lotus や、おしゃれな雑貨やスポーツブランドの店が集まるショッピングセンターIyaraなどが人気の買い物スポットです。

iyarashop2.jpg
チャウエン・ビーチの北端にあるIyara shopping center

iyarashop1.jpg
オリエンタルなタイ雑貨がいっぱい


サムイ島に関しては、タイ政府観光庁公式サイト(日本語)をご参照ください。

Tourism Authority of Thialand公式サイト スラタニ県マップ(英語・タイ語)

写真提供:Tourism Authority of Thailand 無断転載禁止


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 18:06 | コメント (0)

2007年03月15日

パンガン島超ローカル!ヤシの木に囲まれたお寺のお祭り

CHALOK-FEST.JPG


島の北部の漁師町シャロックラムでは3月6〜10日の間人々の心のよりどころでもあり、井戸端会議の大切な舞台でもあるお寺でお祭りが開催されました。ヤシの木の茂る広い敷地を持つお寺が地元の人々でとてもにぎわっています。古着屋さんやらおもちゃやさん、虫の屋台まであるので一周するだけでも面白いお祭りです。

fest-mushi.JPG
まずはジャーン!虫の屋台です


fest-amaguri.JPG
タイではお祭りのメニューとして定番の甘栗。
日本と同様栗はちょっとだけ高級で特別なイメージ


現在は島の子供たちも夏休み期間。現在は雨がほとんど降らず暑い時季なので、夏休みの夜祭といったところです。子供たちは毎日ウキウキ!毎日通う勢いです。


fest-flower.JPG
信心深いタイの人々はお花とお線香を買い


fest-omairi.JPG
おやしろに供えておまいりをします

fest-lookchin.JPG
1本10バーツの串揚げ屋台。魚のすり身やソーセージなどいろいろ。
甘辛いタレにつけて食べます


fest-yamaha1.JPG
ヤマハのバイクのブースも。
いまは中心のピンク色の「フィーノ」というニューモデルが大人気

noodle-yatai1.JPG
ヌードルも食べられます。汁あり・なし、焼きそばもOK


観光客の多いリン・ビーチとは島の北と南で対極に位置しており、このあたりは昼間のビーチもとても美しく静かなエリア。お祭りに訪れる人も99%が地元の人々なのでタイのローカルの雰囲気を堪能できます。屋台での注文は値段程度は英語でやり取りできる場合もあります。

zoka1.JPG
造花&陶器のお店。造花のリアル感がゼロなのがタイらしいところ…


fest-fruit.JPG
フルーツは現在マンゴーが旬!左の薄い黄緑のものはグァヴァ


fest-omocha.JPG
おもちゃの屋台は日本のお祭りのよう


osasihu-kosui.JPG
150B均一のお財布や香水のお店。
なんちゃってブランドなのかどうなのかも微妙な品がずらり

FEST-STAGE.JPG
夕方ステージではリハーサルが行われていました。
本番は一番盛り上がる日が暮れた後


FEST-USEDCLOTH.JPG
古着屋さんにはレディース、メンズ、子供用、赤ちゃん用まで勢ぞろい。
日本製や韓国製、アメリカ製のものも多いんです

FEST-ZOU.JPG
18時半ごろ象さんも登場!

roadtotemplefrom7.JPG
アクセスはシャロックラムのセブンイレブンから西側メーハード、サラド・ビーチ方面へ約200m。道路沿いに電飾がされているので目立ちます

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 10:05 | コメント (0)

2007年03月12日

バンタイビーチに沈む?大きなヤシの木

cocoyashi1.JPG


島の南西部バンタイ・ビーチに大きなヤシの木が倒れていました。曲がった幹が一度砂に沈んでもう一度砂の上に顔を出しています。

cocoyashi-ne.JPG
砂地でも生きられる強い根に生命力を感じます


ヤシの木は学問的には「単子葉植物綱、ヤシ亜綱、ヤシ目、ヤシ科」と分類されています。南国のビーチで最も目にする機会の多いヤシはご存知の通り、ココナッツの実をつける「ココヤシ」。南の島の風景には欠かせないアイテムです。

このココヤシはココナッツの実を食べるだけでなく、木は材木として、葉は屋根として使われます。葉の繊維からかわいらしいカゴなども作ることができます。また実を食べた後の殻は観葉植物のポットになったりさまざまな入れ物に加工されているのもご存知の通り。ヤシに捨てるところなし、といったところです。


cocoyashi-tree.JPG
ヤシの花言葉は「勝利」。12月14日の誕生花です


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 10:10 | コメント (0)

2007年03月11日

トンサラの街を豪快な車でお掃除

thonsala-rdcl1.JPG


ある日の昼過ぎ、トンサラ港に立派な赤い消防車のような車が乗り付けました。人々が不思議そうに「何々?」と見つめる中、その車は道路のお掃除を始めました。

消防車のように見えたのは色が赤いことと巨大なホースを搭載していること。ホースからは水圧の高い水が放射され、砂と泥がみるみるうちに洗い流されていきます。


thonsala-rdcl2.JPG
大きなホースを骨格の小さなタイ人男性が数人がかりで動かします


この掃除は誰が頼んだの?と疑問に思う方も多いでしょう。私もその一人。お掃除をしているスタッフの一人に尋ねてみました。するとこれは公共事業でもなんでもなく、トンサラのホテルがオーダーしたのだそう。やはりホテルの目の前の道しかお掃除していません。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 16:45 | コメント (0)

2007年03月08日

引き潮の西海岸でみんな遊ぶ!遊ぶ!


bantai=beach-shallow.JPG

島の西海岸は現在夕暮れ時に引き潮になります。遠浅のバンタイ・ビーチは100mほどの沖まで歩いていけるくらい。子供たちも旅行者も近所の犬たちもここぞとばかりに普段は行けない海の向こうまで遊びに出かけています。

時々ビーチが小さなシャベルで掘り起こされているのを見かけます。最初は子供の砂遊びかと思っていましたがある日目撃したのは大の大人3人が必死に砂を掘り起こしている光景でした。バケツを携えていたのでおそらく貝を探している模様。いわゆる「潮干狩り」ですね!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 11:18 | コメント (0)

2007年03月03日

国王の肖像が鎮座するトンサラ港のロータリー

thonsala-king.JPG

パンガン島の玄関口トンサラ港のロータリーには大きな国王の肖像が飾られています。タイではレストランでも一般家庭でも皆こぞって国王の写真や肖像画をかざっています。島の正面玄関、いわば顔となる場所に国王を配したいのはタイ国民の国王を尊敬する心の現われともいえます。

トンサラ港にはフェリー会社により3箇所の桟橋に分かれていますが、このロータリーはラジャ・フェリーの桟橋の正面に位置しています。


king-up.JPG
タイ国民の尊敬を集める国王


タイの現在の王朝は「チャクリー王朝」といい、国王の名前はプミポン・アドゥンヤデート(ラマ9世)です。バンコクのドゥシット宮殿にお住まいになっており、宮殿内には水田や野菜畑、果樹園、家畜場、魚の池、精米所、酪農場等があるそうです。


プミポン国王は歴代の国王の中でも即位以来60年と在位期間が長く、国民に愛されている素敵な国王です。なんと出生地は米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、スイス・ローザンヌ大学で政治学と法学を学ばれています。またサックスの名手としても有名です。いまは体調が優れずあまり外出はされないようですが、これまでタイの地方の貧困地域へご訪問され、 1952年以来3000 を超える王室プロジェクトが実施されています。


国王が唱えている概念に「足るを知る経済( Sufficiency Economy )」哲学というものがあります。これは経済開発・成長の適度さを重視し、自立的・持続的な経済成長をめざすという考え方。国王陛下のプロジェクトは、開発は地理的・社会的条件に合わせて行われなければならないという原則に基づいて行われています。この理論はアフガニスタン復興支援指針において、持続可能な農業支援の手段として利用されているようです。

2007年は日タイ修好120周年。1887年に日タイ修好宣言が調印されてから120年を経たことを祝し、タイ日本両国でさまざまな行事化開催されます。記念事業・イベント情報の詳細は外務省のHPをご参照ください。

thonsala-taxeco.JPG
ロータリーの脇にはタクシーコーナーが


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 16:02 | コメント (0)