Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月29日

ハードリンの臨時ポリスボックス

haad rin pier & town (9).jpg

トンサラ、バンタイ方面からハードリン(リン・ビーチ)に入る交差点にあるこの簡易な小屋。フルムーンパーティのときに稼動するポリスボックスです。車の出入りを制限したり街の安全を守っているのですが、近くのバーでビールを飲み飲みお仕事をしているのがなんともパンガンスタイルです。

ハードリンの道幅は軒並み狭く、ほとんどが車一台がやっとという具合。フルムーンパーティ開催時はバイクも街の中に乗り入れることができません。ただしハードリンの街の中に家のある住人などやむをえない事情の人には乗り入れを許可します。このポリスボックスの脇の道には仕切りがしてありますが、警察官の判断でOKになったら仕切りをあけてもらえます。


rinnok.JPG
フルムーンパーティの行われるリンノク・ビーチ(ハードリン・サンライズ)


昼間はレンタルバイクで移動している旅行者もパーティには乗り合いタクシーでくるのがスタンダード。フルムーンの際にバイクで来るのはほかのビーチに住むタイ人がほとんどです。ということは、同じタイ人でもリン・ビーチに住んでいる人とそうでない人を警察官が見分けているということ!? 小さい島なので警察官は住んでいる人の顔を大体覚えているのかもしれません。


rinsunrisenoon.jpg
昼間のリンノク・ビーチは日焼けをしたりビーチバレーボールなどを楽しむ人でにぎわいます


rin-cuctus.jpg
ビーチ沿いにオープンエアーのクラブが軒を連ねるリンノク・ビーチ


パンガンではみんなが誰かの友達の友達、といった印象。初めて会う人でも友達を2,3人つなげば「あ~、あの子の友達ね!」といった具合になります。欧米からの移住者を含め、みんなで仲良くしようよ!楽しもうよ!というのがパンガンスタイルです。


リン・ビーチからボートでアクセスするヤオ・ビーチ(西岸と東岸にふたつのヤオ・ビーチがありますが、こちらは東のほうです)で3日間にわたり行われた、フルムーンパーティ発祥20周年記念ブルームーンパーティに続き、本日はリン・ビーチで恒例のフルムーンパーティ開催です!

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 11:34 | コメント (0)

2007年06月27日

男性用優位!女性用は……タイのかみそり

kamisori1.JPG


女性が開放的なファッションになると必要になるアイテム、かみそり。男性は年中ひげそりに欠かせないものですね。本日はタイのかみそり事情をお届けいたします。

kamisori-men.JPG
メンズは多種多様な品ぞろえ


なんとタイの女性は腕や足の脱毛をしない人が多いよう。日本人よりも毛が柔らかくて細いせいか、かみそりで剃るという習慣がないのです。そのせいかかみそり売り場には女性用が品薄。男性のひげそり用かみそりはたくさんの種類がそろっています。


razor-pink.JPG
女性用はピンクで分かりやすい!


セブンイレブンや雑貨屋さんならばどこでも購入できます。セブンイレブンは安全のためか棚に並べずタバコのようにレジの後ろに並べてあります。


gillette290.JPG
ジレットのちょっとハイグレードタイプは290B(約1000円)


kamisori-ha.JPG
替え刃もさまざまな種類がそろいます

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 10:11 | コメント (0)

2007年06月24日

エキゾチックなメキシカン‘バンブーズル’

bamboozle1.jpg

バンブーズル
Bamboozle

エリア:リン・ビーチ    ジャンル:メキシカン・レストラン&バー

メキシコはタイから遠く離れたきっと縁もゆかりもない国。しかも島でメキシコ人の方を見かけたことはありません。ですが、メキシコ料理はパンガン島で意外な人気もの。今日は昼も夜もゆ~ったりくつろげるメキシカンのお店「バンブーズル」をご紹介します。オリジナルのメキシカン料理のほか、タパスやタイ料理とのフュージョンメニュー、オーガニックサラダまであるんです!

bamboozie2.jpg
かわいらしい作りの2号店

もともとリン・ビーチの繁華街のゲストハウス、バーンタレー隣にあったお店ですが、好評につきハードリン・サンセットのオムガネシュ付近に2号店がオープンしました。


テラコッタ風の壁が周囲でも一際目を引き、ついつい立ち寄ってしまうお店です。昼の12時から深夜まで営業しているので、ランチはもちろん昼間にビールを飲みながらチルアウトする場所としても人気。特に居心地のよいウッドチェアがおかれたテラス席もあります。


トルティーヤやナチョスなど、タイ料理とはまったく違った感覚の料理がちょうどいいアクセントになっています。タイの素材をうまく使ったフュージョン料理など、技ありのメニューも豊富です。ビールを飲みながら気軽につまめるおつまみも多種あり、健康志向の方にはオーガニックサラダもおすすめです。

バンブーズル
Bamboozle

Tel:09-529-3997
営業時間:12:00~深夜


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

 iTunes Music Store(Japan)

投稿者 aya : 14:00 | コメント (0)

2007年06月20日

タイの雑誌をのぞいてみよう!

thai-magazine.JPG


タイでもセブンイレブンなどのコンビニで手に入る雑誌。若い女性がターゲットのものはヘルス&ダイエット系のものも多く、もともとスリムな体系のタイ人の女の子ですが、やっぱりダイエットには興味津々なのだな、とわかります。芸能人のゴシップものもなかなか人気で、島では誰かが買うと古くなっても回し読みしていたりします。

ティーン向けファッション雑誌は日本を意識したものも多く、モデルさんが日本人だったりもします。タイ人モデルさんもとても色白で、ちょっと和風だったり、欧米系のハーフ風のことがほとんどです。男性も負けず劣らずの美白ぶりで、日本のジャニーズジュニアのような線が細い都会的な人が人気のようです。


広告はダイエットものや美白ものが目白押し。ほっそりとしていて色白なことが美の基準なのは日本と同じですね!


そしてタイの雑誌を見ていて感じるのが季節感のなさ。日本では夏前には水着、冬前にはコート特集など表紙を見るだけでどの時期に発売されたものか見当がつくものです。が、もちろんタイは常夏。一年を通じてモデルさんが夏服を着ています。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 23:02 | コメント (0)

2007年06月18日

10Bで大満足!香ばしいタイの炭火串焼き

kushiyaki-baking.JPG


道路沿いの屋台からもくもくと上がる煙、ジュワジュワと焼ける音、そしてなんともいえないいい香り……もう買うしかない!そうこれは屋台のB級グルメの定番、串焼きです。魚のすり身やウインナー、鶏のミートボールなどを炭火でじっくり焼いています。日本では高級の代名詞「炭火」焼きも、島では1本10B(約35円)で食べられちゃうんです!

kushiyaki-girl.JPG


豚肉に香辛料やお米を入れて数日寝かせて作るソーセージは酸味があるのが特徴。ソーセージが酸っぱいと、初めはちょっと驚きますが、やわらかい食感がなんともいえない味わいです。


さっぱり味がお好みなら白くて丸い魚のすり身がおすすめ。プリッとした歯ごたえと程よい塩味で、日本人の味覚になじみやすい逸品です。魚のくさみはまったくなく、子供にも人気があります。


甘辛いタレももらえるので、一口目はそのまま、二口目はタレにつけて味わってみてください。タレは好みでつける人とつけない人がいるので、購入の際にタレを入れるかどうか聞かれる場合があります。店員さんがタレを指差して??という顔をしていたら「サイ」といってみてください。「サイ」はタイ語で「入れる」の意味。とっても簡単です! ちなみに「サイ」の後ろに女性は「カ」男性は「カップ」をつけると丁寧になります。


kushiyaki-up.JPG
おいしく焼けました!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

 iTunes Music Store(Japan)

投稿者 aya : 22:33 | コメント (0)

2007年06月16日

日本製も人気!タイの日焼け止め事情

hiyakedome1.JPG


待ちに待ったトロピカルバケーション。「水着OK!タオルOK!帽子OK!あれっ日焼け止めを忘れちゃった!」そんな方も安心。パンガン島でもさまざまな日焼け止め&アフターサンローションを購入することができます。

bioreuv.JPG
日本からの輸入品も。200B代はタイにしてはちょっとお高め…。プチ高級品です。


biorethai.JPG
こちらは同じビオレですがタイ語表記なのでおそらくタイで国内製造されたタイオリジナル品。
こちらは100B以下で購入できます。


島のおしゃれなタイガールは日美白には熱心ですが、意外と日焼け止めを塗っていない子が多いもよう。タイの一般的な感覚では「色白=美人」なので、みんなそろって色白になりたがるのですが、タイの美白の基本は日焼け止めではなくアフターケアの美容液のようです。


sunblock-us.JPG
南国のサンシャインにはSPFの高いものが必要


パンガン島の紫外線は強烈。1時間、いや30分ビーチにいるだけで水着の跡がくっきりと肌につきます。ちょっと肌をこんがり焼いてみようかな、という方も何も塗らないのはあとでひりひりする危険がありますので、サンローションを塗ったり、度々日陰に入ったりしてください。

hawai-aftersun.JPG
日焼け後はアフターサンローションも必須。これは輸入品

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Music Store(Japan)

投稿者 aya : 13:30 | コメント (0)

2007年06月12日

リン・ビーチへの道がなかった頃……

hinlor2.JPG
パンガン島西岸のこぢんまりとしたヒンロー・ビーチ

フルムーン・パーティのあるリン・ビーチへの1本道は、アップダウンの激しさが島の名物になっているほど。去年コンクリートの舗装が完了しましたが、それでもビーチに沿った崖の道は慣れていないとちょっと怖いくらいです。十数年前はこの道がなかったので、リン・ビーチへ行くには南西部のヒンロー・ビーチから砂の上を延々と4kmほど歩いていたそうです。

hinlor1.JPG
ヒンロー・ビーチ


同じ4kmの道のりでも、土の上を歩くのと砂の上を歩くのは大違い。ちょっとしたトレーニングのようですが、昔は老若男女がビーチを歩いてリン・ビーチへアクセスしていました。島のおばあちゃんも「リン・ビーチで結婚式があったとき私も歩いて行ったよ」なんて話していました。


パンガン島の人口は現在約1万人ほどですが、昔はもっともっと少なく、当然電気も水道も通っていませんでした。サムイ島など周辺からバーベキュー用具やお酒、ラジカセなどを持ち寄って、リン・ビーチでパーティをしていたそうです。どんなにアクセスが困難でも、リン・ビーチにはパーティー好きを引き寄せる何かがあるのでしょう。


ヒンロー・ビーチへはビーチに沿った車道沿いにあるトンヤン・バンガロー付近から階段を降りていきます。現在はハーモニーというリゾートがたたずんでいます。

hinlor from resort.JPG
急な階段をぬけるとすばらしい眺めが広がっています


hinlorbeach1.JPG
透き通ったビーチに心が洗われるよう


harmony1.JPG
美しい花々に囲まれたハーモニー・リゾート


harmony hammoc.JPG
心地よい木陰に竹製のハンモックがあります


hinlor from resort.JPG
レストランでフルーツシェークを飲みながらこの眺めを堪能ください


harmony flower1.JPG
ハーモニーからの眺め


samui from hinlor.JPG
サムイ島も見渡せます


地図はこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード


投稿者 aya : 11:13 | コメント (0)

2007年06月11日

当たれば1億円!タイの宝くじ熱

lottery.JPG


タイ人は宝くじが大好き。政府公認宝くじの抽選日は毎月1日と16日で、月末や15日ごろになると宝くじの話題でそわそわする人が増えます。くじは街角で販売しており、組数は2桁、番号は6桁で大当たりすると3000万バーツ(約1億円)です。

日本のように宝くじ売り場ボックスのようなものはありません。商店の前のガラスケースに入っていたり、市場や港など人々の集まるところに歩いて売りに来たりします。通常同じ番号が2枚1組で90B。元の値段が80Bで、10Bが宝くじ屋さんのコミッションになります。2枚1組とはいえばら売りもOK。ただ安価なので2組ずつ買っておくと当たったときに大きいですよね!


くじ関連の長者話は数知れず。「あそこのうちはロッタリーに当たったお金で建てたんだよ」「サムイの工事現場作業員の人が大当たりしたらしい!」などという話に花を咲かせるのです。


当選金は小額の場合売り子さんに換金してもらえます。日本と同様最下位は下2桁賞で、当選金額は1000B(約3300円)。まずはここからトライしてみたいですね。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 11:48 | コメント (0)

2007年06月04日

パンガンの隠れた名品 手作りハンモックのお店

hammmok home.JPG


パンガン島はハンモックに寝転がってのんびりするのに最適の場所。ビーチ沿いの木陰で、ヴィラのバルコニーで、崖の上のビュースポットで……自分だけのサバイ(タイ語で「気持ちいい」の意味です)な場所を見つけるのはとっても簡単です。本日はトンサラの街外れにある手作りのハンモックショップ「ハンモック・ホーム」をご紹介いたします。

ハンモックは基本的に1人用、2人用の2サイズあります。素材は布、ナイロン、竹や木などさまざまですが、こちらのお店では手染めの布製タイプを販売しています。すべて島の人による手作りで作られており、色のバリエーションがとても豊富です。


hamook home2.JPG
2人用の大きなタイプで300B


くるくると折りたたむと持ち運びも簡単なので、おみやげにもおすすめです。


hamook process.JPG
製造工程の写真が見られます


ハンモック・ホーム
Hammok Home

南西部 トンサラ
アクセス:トンサラのタクシー乗り場から正面の大通りを直進、クルン・タイ銀行を右折して約100m


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Music Store(Japan)

投稿者 aya : 18:23 | コメント (0)

2007年06月01日

リン・ビーチの本格派スパ

パンガン・リーラ・スパ
Phangan Leela Spa

南東部 リン・ビーチ

leela spa (16).jpg

2006年リン・ビーチにオープンした「パンガン・リーラ・スパ」。プーケットで技術を磨いたセラピストがパンガン島に魅せられてつくりました。いま人気のハーバルボールや自然のハーブを用いるスクラブやマッサージなど、クオリティの高いメニューが目白押しです。

leela spa.jpg
ハードリン港近く、アウトバック・バーの裏手にあります


leela spa (3).jpg
ゆったりとした造りのリセプション


leela spa (17).jpg
メニューが決まったらトリートメントルームへ


leela spa (18).jpg
ラグジュアリーな気分になれるトリートメントルーム


leela spa (8).jpg
さまざまなスパ・プロダクトを販売しています


いまバンコクの高級スパで人気のハーバルボールのトリートメントが受けられるのはおそらく島内でここだけ。ハーブを入れた布のボールを蒸して、体にやさしく当てていくことで、ハーブの有効成分が直接体に浸透しのコリや痛みを和らげます。ハーブの香りで心身ともにリラックスできるのも魅力です。

leela spa (9).jpg
バンコクの駐在マダムに人気のハーバルボール


leela spa (10).jpg
換えのハーブも購入すれば家で何度でも楽しめます


leela spa (11).jpg
タイのナチュラルハーブを使った贅沢なトリートメントがいっぱい


leela spa (12).jpg
程よいあたたかさで入りやすいハーバルスチームルーム


leela spa (13).jpg
サウナ入り口


leela spa (15).jpg
ドライサウナ


leela spa (14).jpg
サウナの前後はアウトサイドシャワーですっきり


leela spa (24).jpg
予約制の料理教室もあります。スタッフにご相談ください




leela spa (2).jpg
パンガン・リーラ・スパ
Phangan Leela Spa

南東部 リン・ビーチ

営業時間:10:00~22:00
定休日:無休


【主なメニュー】
ボディー・トリートメント
リーラ・サンバーン・トリートメント   60分800B
エッセンシャルオイルやアロエベラジェルにより南国の激しい紫外線で痛んだボディをいたわります

リーラ・タイ・ボディ・スクラブ   90分900B
死海の塩またはタイハーブ、肌の代謝を促進するウコンなどお好みのスクラブによるマッサージ

フェイシャル・トリートメント
ル・ソレイユ・フェイシャル・トリートメント   90分900B
AHAやコラーゲンマスクを使用する、疲れた肌や日焼け肌向けのジェントル・トリートメント

スキン・ピューリファイイング・トリートメント   90分900B
一人一人の肌の状態を判断し、キュウリマスクやオイルマッサージなどを行います

ハーバル・フェイシャル・マッサージ   90分1200B
タイのナチュラルハーブを用いるトリートメント。パパイヤのクレンジングからタマリンド・スクラブ、蜂蜜マッサージなどのフルコースです


パッケージメニュー
リーラ・フルムーン   180分2700B
ハーバル・スチームサウナまたはタイハーバルボール約30分、リーラ・タイ・ボディ・スクラブ60分、タイ・アロマテラピー・ハーバル・オイル・マッサージ90分のパッケージ

リーラ・タイ・パラダイス   240分3900B
ハーバル・スチームサウナまたはタイハーバルボール約30分、リーラ・タイ・ボディ・スクラブ60分、リーラ・スウェディッシュ・ハーバル・オイル・マッサージ90分、フェイシャルマッサージwithハーバルボール60分のパッケージ


 


【マッサージ・スクール・コース】
タイ・トラディッショナル・マッサージ    30時間4000B
フット(リフレクソロジー)・マッサージ   30時間4000B
スウェディッシュ(オイル)・マッサージ   30時間4000B
バック・ショルダー&ヘッド・マッサージ   20時間3000B
※通常5日間で終了、旅程に合わせたオリジナル日程可能

※コースおよび料金は変更の場合がございますのでご了承ください

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 20:15 | コメント (0)