Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月31日

別荘感覚で暮らすように過ごすバカンスを

ガーデン・ロッジ
Garden Lodge


南西部   バンタイ・ビーチ   高級

img_big-gardenlodge.jpg


リゾートにゲストとしてとまるのではなく、南の島に溶け込んで暮らすようなバケーションを過ごしてみたいと思いませんか?そんな願いをかなえてくれる別荘感覚のリゾートがパンガン島にはあります。広々としたリビングスペース、テレビ、DVDプレーヤー、コーヒーセット、冷蔵庫、ワイヤレスインターネットまで完備しているヴィラでのプライベートタイムは格別。長期滞在者やリピーターに人気の西部バンタイ・ビーチのガーデン・ロッジをご紹介いたします。


ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

このリゾートの魅力
●プール付きの別荘にステイしているような感覚でくつろげるスモールリゾート
●新設のタイガーデンヴィラはオリエンタルなインテリアが魅力
●ゆったりとしたソファを配したリビングスペースを完備
●衛星放送の視聴できるテレビ、DVDプレーヤー、コーヒーセットなど充実の設備が好評
●島の生活の中心地トンサラへは車で5分と至近
●ビーチへは南国のガーデンを抜けて約50m


gardenlodgethigardenvilla.jpg
長期滞在者にも人気のタイガーデン・ヴィラ


gardenlodge-tahigarden2.jpg
タイならではのインテリアで統一


gardenlodge-dining.jpg
タイガーデン・ヴィラのダイニングキッチン


garden lodge (1).jpg
潮風が通り抜けるガーデン内のプール

ガーデン・ロッジ
Garden Lodge

Address:Bantai Beach
客室料金:1600B(約5600円)~

詳細はこちら

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 13:34 | コメント (0)

2007年08月29日

8月のフルムーンパーティ最速レポート!!

tommy07-2.JPG


昨晩は欧米の夏休み期間とあって、予想通り大大大盛り上がりのフルムーンパーティ。アフターパーティに流れた人はまだまだ踊っている最中ですが、早速パーティレポートをお届けいたします。パラダイスアイランドのスーパーパーティをご堪能ください!

bucket-c.JPG
バケツカクテルを回し飲みして踊るのがパーティの基本。
中身はタイのウイスキーやウォッカベースのカクテルです。
甘くてのみ安い味ですがアルコール度数はかなり高いので要注意!


beach-chillout.JPG
フルムーンパーティの夜は長丁場。チルアウトする時間も必要です

cactus-07aug.JPG
ビーチのセンターに位置するクラブ「カクタス」は親しみやすいサウンドでいつも大人気


benches.JPG
カクタスの前にはたくさんのベンチとビーチテーブルが


tommy07.JPG
ビーチの北側にあるトミーズはパンガン島リピーターや在住の外国人に人気


tsuno-megane.JPG
蛍光のめがねやヘアアクセサリーなど日本の縁日で売っていそうなパーティグッズをつけておおはしゃぎ!


tsuno-shop.JPG
ビーチに座り込んで角のカチューシャを販売。
このお店が大人気でした!


zoomdrop.JPG
激しいトランスのズームとR&B中心のドロップイン


sunrisebeachclub.JPG
新しくできたトランス系クラブ「サンライズビーチ」も人気が出てきました


fullmoon-food.JPG
ビーチ沿いにはスナックの屋台もいっぱい。
小腹が減ったらソーセージやクレープ、春巻き、魚のすり身上げなどでパワーアップを!

bodypaint07.JPG
ボディペイントも相変わらずの人気


bidypaint-stick.JPG
おじさんの持っている棒で好きな柄を指さすか、お好みの言葉も可能


sleepingspace.JPG
疲れてしまった人、酔っ払ってしまった人はスリーピングエリアで休憩を


seven0aug.JPG
ビーチ沿いのローカルコンビニ「セブンゼロ」はどう見ても「セブンイレブン」のぱちもの!
本家セブンイレブンはビーチから歩いて3分ほどの街中にあります。
セブンゼロは多少本家より高めなのでローカルにはちょっと不人気…


original-paradise.JPG
20年前にフルムーンパーティを始めたバー「パラダイス」前


fullmoonrock.JPG
フルムーン発祥の地を示す石碑


full-yoake.JPG
そろそろ夜が明けてきました


fullmoonmorning.JPG
パーティの後の朝はビーチがとても特別な雰囲気。
大仕事を果たした後の達成感のようなものが漂っています

P マイクロソフト株式会社

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 19:24 | コメント (0)

2007年08月22日

フルムーン&ハーフムーン&ブラックムーンパーティ

fullmoonjan-zenkei.JPG

満月の夜のフルムーンパーティで有名なパンガン島ですが、実は半月と新月の夜にも大規模なパーティが行われています。本日はサウンドや会場のロケーション・雰囲気などそれぞれが異なる魅力を放つ、島の三大パーティをご紹介いたします。

fullmoonstonne.JPG
フルムーンパーティ発祥の地、パラダイス前にある石碑

島内の最も大きなイベントはフルムーンパーティ

満月の夜に島の南端のリン・ビーチで行われ、ファイヤーショーもあちこちで見られます。ビーチ沿いのクラブではR&B、トランス、ヒップホップ、レゲエ、ドラムンバスなどさまざまな音楽を流しているので、好みのサウンドを見つけるまでクラブホッピングできるのもこのパーティの醍醐味です。毎月1万人ほどのパーティピープルがビーチを彩り、パンガン名物バケツカクテルを片手に踊り狂います。


tommyfullmoon2.JPG
深夜2時を過ぎると人々の興奮も絶調に


地平線の向こうから壮大な朝日が昇るのを見るのがパーティのラストシーン。ところが、太陽が昇ってもまだまだこのイベントは静まりません。9時頃にパーティがフィニッシュしたら今度は丘の上のクラブ「バックヤード」かバンタイ・ビーチ沿いのパーティスペース「バーンサバイ」へ。興奮冷めやらぬ屈強なパーティトラベラーたちがまだまだ踊っていたり、パーティの余韻にひたりながらゆっくりしている人々がいたり……パーティアイランドが盛り上がるのは夜だけではないのです。

backyard (2).JPG
2階建てのクラブ「バックヤード」はリンビーチサンセットを望む最高のロケーション


フルムーンの半月後には、ブラックムーンパーティが開催されます。

balckmoon2006ap (51).JPG


島の西部のバンタイ・ビーチのマックス・ベイ・リゾートという場所がパーティの舞台。サムイ島を臨む静かなビーチがパーティの夜だけは大きく様変わりし、選び抜かれた人気DJやUVデコレーションアート、ファイヤーショーが会場を盛り上げます。入場料金は300Bでワンドリンクつき。サンドイッチや春巻きなどスナックも販売しています。


そしてもうひとつのパーティはハーフムーンパーティ

halfmoon-top01.JPG

フルムーンパーティの1週間前と1週間後、半月の日にバンタイ・ビーチ付近のジャングルで行われます。山の地形をいかして作られたパーティ会場は鬱蒼と茂る自然のなかに立体的に溶け込んでおり、ビーチパーティとは一味違う魅力があります。入場料は300Bで、ワンドリンクつき。ハーフムーンはブラックムーンと同様DJブースがひとつで、サウンドはハードなプログレッシブとトランスです。


halfmoon-djs.JPG
ビールをあおりながらのパワフルなプレイ!


ブラックムーンとハーフムーンの翌日もバンタイ・ビーチのバーンサバイでデイパーティが行われています。またパーティの2日前にはトンサラ・ビーチのウェンタイ・リゾートでスイミングプールパーティが、また不定期でバンタイのジャングルを舞台とするシバムーンパーティ、隠れ家ビーチのチャオパオで行われるムーンセットパーティもあります。


今年のパーティのスケジュールは以下のとおりですが、タイは熱心な仏教国なので、仏教の祝日やイベントにより、パーティのスケジュールは前後します(通常祝日の翌日に繰り下がります)。


fullmoon.JPG
フルムーンパーティ

フルムーンパーティの前はリン・ビーチ付近をはじめ人気リゾートが2、3ヶ月ほど前から満室になることも多く、リン・ビーチ付近(リーラ・ビーチ、バンカイ・ビーチ、バンタイ・ビーチなど)のリゾートは最低宿泊日数(5泊程度)やチェックイン日(フルムーンパーティの数日前など)に制限があります。それ以下の宿泊日数の場合はフルムーンパーティまで乗り合いタクシー(50~100B/人)やリゾートの送迎車にてアクセスすることになり、帰路もパーティ会場付近に24時間乗り合いタクシーが待機しているので安心です。


リゾートのご予約・検索はこちら


fullmoonmornig.jpg
フルムーンパーティの夜明け

今後のパーティスケジュール
2007年
8月28日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
9月5日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
9月11日 ブラックムーンパーティ @マックス・ベイ・リゾート(バンタイ・ビーチ)
9月19日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
9月26日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
10月4日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
10月11日 ブラックムーンパーティ @マックス・ベイ・リゾート(バンタイ・ビーチ)
10月19日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
10月26日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
11月3日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
11月9日 ブラックムーンパーティ @マックス・ベイ・リゾート(バンタイ・ビーチ)
11月17日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
11月24日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
12月2日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
12月9日 ブラックムーンパーティ @マックス・ベイ・リゾート(バンタイ・ビーチ)
12月17日 ハーフムーンパーティ @バンタイ
12月24日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
12月31日 カウントダウン&ニューイヤーパーティ @リン・ビーチ


2008年
1月22日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
2月22日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
3月21日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
4月20日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
5月20日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ
6月19日 フルムーンパーティ @リン・ビーチ


※パーティのスケジュールは天候やそのほかの理由により予告なく変更される場合があります


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 12:02 | コメント (0)

2007年08月20日

魚たちの楽園&隠れ家パーティも!チャオパオ・ビーチの魅力

chaopaobeach1 (1).JPG


島の北西部にひっそりとたたずむチャオパオ・ビーチは静けさの広がる癒しの空間。お隣のヤオ・ビーチとスリタヌ・ビーチは有名ですが、意外と知られていないこのビーチは穴場のシュノーケリング&くつろぎスポットです。海賊の難破船のようなオンザビーチの隠れ家バーでムーンセットパーティが開かれることもあります。

chaopaobeach1.JPG

チャオパオ・ビーチはトンサラから車で約10分、リンビーチから約40分程度。リゾートの数も比較的少なくひとつひとつが広々としているので、壮大な景色。都会で縮こまってしまった心を解き放ってくれます。

chaopaobeach1 (2).JPG


不定期で開かれるムーンセットパーティはビーチの南端にあるパイレーツバーが会場です。船の形のバーを中心に

moonsetshivamoon (11).JPG
ダンススペースにはときおりレモングラスの香りのミストが噴射


moonsetshivamoon (1).JPG
どくろマークの看板から先は木の橋を通ります

moonsetshivamoon (5).JPG
海風にフラッグがはためきます


moonsetshivamoon (6).JPG
チルアウトスペースも

このビーチのおすすめリゾート
img_bigsunsetcove.jpg


サンセット・コーヴ
Sunset Cove

北西部     チャオパオ・ビーチ    高級


美しいサンセット、色とりどりの魚たちとサンゴ礁に囲まれたパーフェクトなロケーション。ウッドデッキと竹のひさしの散歩道でつながれたタイスタイルのデザインヴィラがオープンしました。ヴィラはオーナーの祖母の家をモチーフに丹精込めて造り上げられたもの。リゾートの随所にこだわりが感じられます。

リゾートの詳細はこちら

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 19:57 | コメント (0)

2007年08月15日

セブンゼロでお買い物!

sevenzero.jpg


島でもっともにぎやかなビーチ、リン・ビーチ・サンライズにあるローカルコンビニ「セブンゼロ」。ロゴは「7 0」。あれれ? どこかで聞いたことのある名前です!

そう、セブンイレブンではなく、セブンゼロ。セブンイレブンより夜遅くまで空いているのでもっと便利?? パチものの多いタイならではのパチコンビニです。 店内はコンビニというよりも、もっとローカルな感じの雑貨屋という印象です。


ドリンクやタバコ、お菓子など品揃えは豊富ですが、「ロープライス」と銘打っている割には、「あそこって割高だよね」というのが地元の評判です。割高といっても30円のはずが35円になっているくらいのレベルなので、ビーチ沿いにあって便利ならまぁいいか、という意見もあります。


ちなみに本家セブンイレブンはビーチから徒歩2分ほどの街の中にあります。 ここではタイ全土のセブンイレブンのなかで売り上げナンバーワンだそうです。日本で言えば六本木のコンビニのような集客力で、消して広くはないスペースながら、24時間アルコールやタバコをバシバシ売り上げています。バンコクの一等地などに比べ、家賃は安いはずですので、一坪あたりの売り上げはきっとすさまじいはず。もちろんここでは、全国共通お決まり「サブンサワディッカー」の挨拶で店員さんが迎えてくれます。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 13:30 | コメント (0)

2007年08月13日

今夜はリン・ビーチのファイヤーリンボーに挑戦!

rinbochallenge (1).JPG

フルムーンパーティの行われるリンビーチサンセット(別名リンナイビーチ、ハードリンサンセット)では、誰でも参加できるリンボーを行っていることがあります。場所ビーチの中心部にあるカクタス前。見事通り抜けるとビールがもらえます。

rinbochallenge.JPG
はじめは棒が高い位置にあるので割と簡単


夜が更けるとともに次第に棒の高さが低くなっていき、商品のビールも1本から2本に増えます。手をつないで二人で通り抜けたり、女の子も果敢にチャレンジしています。ファイヤーショーを見るのも楽しいですが、こんな参加型の火遊びも面白いですよね!


rinbochallenge (2).JPG
背中と首の柔らかさが勝負!


rinbochallenge (4).JPG
ひざを突いてしまうとNG

rinbochallenge (3).JPG
チキンコーナーからビーチへ出たところにあるクラブ、カクタスで行われています


cactusnights100.JPG
クラブの中も盛り上がっています


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 12:36 | コメント (0)

2007年08月12日

隅々まで写真満載!新しくなったサムイ空港徹底レポート

newsamuiap (48)kassouro.JPG

南国の香り漂うサムイ空港はパンガン島へ向かう旅人の空の玄関口です。2007年に大幅なリニューアルを施された新空港を到着から順に徹底レポート。はじめて訪れる方も安心です!

サムイ空港はバンコクエアウェイズのプライベートエアポート。バンコク、プーケット、パタヤのほか、シンガポール、香港などからの便も発着するミニ国際空港です。バンコクからの便は1日20便ほど、所要約1時間で運行されています。

newsamuiap (72)tram.JPG
キュートなトラム

飛行機を降りてからの簡単な手順は以下の通りです。
到着→タラップを降りる→トラムに乗車→バッゲージクライム→トラムに乗車→ミーティングポイント

まず小さな飛行機からタラップを10段ほど降りてサムイの地面を踏みしめます。と思ったら、すぐに遊園地にあるようなかわいいトラムに乗車し、トランクをピックアップするためバッゲージクライムへ向かいます。


newsamuiap (54)gate4.JPG
今回はアライバルゲート4に到着

newsamuiap (55).JPG
バッゲージクライムへ。建物の中にはとてもきれいなトイレもあります

newsamuiap (58)sign-baggage-c.JPG
バッゲージクライムはひとつのゲートにひとつだけなので番号などはありません


newsamuiap (43)water.JPG
無料の飲料水も設置


newsamuiap (42)baggage-cart.JPG
荷物の多い方はカートをピックアップ

newsamuiap (41)to-baggage-c.JPG
さらに10mほど進んだら


newsamuiap (35)baggageclaim.JPG
おなじみベルトコンベヤーで荷物が出てきます

newsamuiap (62)path.JPG
荷物を受け取ったら奥の廊下を通り

newsamuiap (64)sign-exit.JPG
「Exit」のサインに従い歩いて建物の中を100mほど移動


ココでの注意点は、空港内は大きくアライバルホールとミーティングポイントの二つに分かれていること。ホテルの送迎車はバッゲージクライムのあるアライバルホールの建物からさらに移動した「ミーティングポイント」のほうで待っています。実際ほとんどすべての旅行者がミーティングポイントへ向かうことになります。


newsamuiap (30)sign-exittomeet.JPG
「EXIT TO MEETING POINT」のサインに従って進みます

newsamuiap (23)hall.JPG
途中にはタイらしいワイルドな植物を配した中庭も

newsamuiap (22)taxi-minibus.JPG
タクシーや乗り合いタクシー(ミニバス)、パンガン島へ向かうフェリーのチケットはココで


パンガン島へのロンパヤ、シートランなどフェリーのチケットはアライバルホールの出口付近にあるカウンターで購入できます。港までの送迎がセットになったお得なチケットが購入できます。そのほか周辺にはレンタカーのカウンター、サムイのフリーペーパーが入ったラックなども。

newsamuiap (68)sign-to- meeting.JPG
ミーティングポイントの方向を指示する日本語のサインも


ミーティングポイントの建物へは100mほどと近いのですが、ここにもトラムが待機しているので利用しない手はありません! すでにとランクなどを受け取っているためかなりの大荷物になっているはずですが、空港のカートが使えるのはココまで。荷物もこのトラムに一緒に乗せ変えなければいけませんが、付近の空港スタッフが助けてくれるので心配はありません。


newsamuiap (14)atm.JPG
ミーティングポイントにはATMがあり、シティバンクなどPLUSマークのついた国際キャッシュカードが使用可能


空港内はまだ工事中の部分があるほどできたてほやほや。今回取材した限りでは両替カウンターがありませんでしたので、両替は乗り継ぎの際にバンコクの空港でされることをおすすめいたします。フェリーチケット分のバーツがある方はパンガンでもバンコクと同様の銀行の両替カウンターで両替可能です。

newsamuiap (8)ent.JPG
草葺屋根のミーティングポイント


newsamuiap (2)meetingpoint.JPG
たくさんのイスが並んでいます

newsamuiap-baiten.JPG
売店もありアイスクリームやドリンク、スナックを販売


newsamuiap (21)delay.JPG
到着時間を示す電光掲示板


ご覧の通り30分程度の遅延がよくあるので、フェリーの時間に間に合うよう余裕を持ってスケジュールを組んでください。サムイ島の港はフェリー会社ことに多数あります(下記)ので、それぞれの空港からの所要時間をご確認ください。サムイ島は道路が1車線のため、事故が起きたときや朝と夕方の通勤時間帯などに渋滞が発生することもありますので注意が必要です。











フェリー会社

 港  空港からの距離

シートラン
 バングラ港  車で5分

ロンパヤ
 メナム港  車で30分

ハードリンクイーン
 ビッグブッダ港  車で5分

ソンサム
 ナトン港  車で45分 


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 13:35 | コメント (0)

2007年08月09日

シーカヤックでビーチ散歩

seakayak10.JPG


ダイビング、シュノーケリングと並ぶ島の人気アクティビティはシーカヤック。二人乗りのものが標準型で、波の静かなパンガンにぴったりの乗り物です。ビーチから沖へ出てみるだけでなく、体力があれば隣のビーチまで遊びに行くこともできます。

seakayaksalad11.JPG

サラド・ビーチではサラド・ビーチ・リゾートでシーカヤックの貸し出しを行っています。宿泊客以外でも利用できるのでぜひ一度訪れてみてください。シュノーケリングスポットとしても人気のスポットなので、少し漕ぎ出せばカヤックの上から色とりどりの魚たちを見ることができます。

seakayak-carry.JPG


レンタルをするとセイフティジャケットもついてくるので安心して遊べます。日焼け防止のため日焼け止めはばっちり塗り、水着の上にTシャツを着たりするのもひとつの手です。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 10:58 | コメント (0)

2007年08月07日

パーティの後はバックヤードでとことんパーティ!!

backyard.JPG
リンビーチサンライズからリーラビーチ方面へ向かう途中に案内看板が


8月のフルムーンパーティは28日。夏休みの締めくくりに南国で月夜のオールナイトビーチパーティはいかがでしょうか?フルムーンパーティが終わった後もまだまだはしゃぎ足りなかったら、リンビーチの丘の上にあるバックヤードへ。 フルムーンの熱気の余韻に包まれながらチルアウトしたり、美しいリンビーチサンセットを眺めたり、もちろんここでも踊り狂ってください!

backyard (3).JPG
フルムーンパーティが終わる朝9時ころから盛り上がります

backyard (2).JPG
2階建てのクラブでリンビーチサンセットを望む最高のロケーション


backyard (1).JPG
まだまだ踊り足りない屈強なパーティトラベラーでいっぱい


backyard (4).JPG
入場料金は100B。再入場する場合は手にスタンプを押してもらいます


backyard (5).JPG
2階で踊る人々ときれいな海をボーっと眺めるのも◎


今後のパーティスケジュールはこちら


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 13:21 | コメント (0)

2007年08月06日

どれから食べる? 魅惑のタイスイーツ

thaisweets102.jpg


ご存知の通り、タイには女心を刺激する伝統的なスイーツの数々が旅人を待っています。色彩はピンクやパープル、グリーンなどカラフルですが、自然の食材の色なので心配なし。ココナッツミルクや南国のフルーツ、豆などを使ったものがバラエティ豊かにそろっています。


日本のお汁粉にそっくりなものもあります。細い形のタイ米のもち米に小豆を甘く煮たものをかけて食べますが、温かくないので「冷やし汁粉」といった感じです。豆はつぶれるまで煮ないので形がそのまま残っており、塩味も効いて引き締まった味付け。やっぱり餡の独特な香りは日本人の味覚にぴったり合います。


thaisweet101.jpg


買うときはそれぞれのおなべに刺してあるお玉でかき混ぜて中に入っている具を物色してみましょう。手前の薄い紫のものはココナッツミルクのなかにフルーツや卵などが入っていました。右手前の緑色のものは意外とよく見るタイプで、タピオカにコーンの粒が混じった甘みの抑えられたもの。これに甘~いココナッツミルクをかけて食べます。


このスイーツはサムイ島のテスコロータスという大きなスーパーのフードコートで撮影しました。パンガン島のあちこちにも地元の人々がお店を出しています。各お店5種類くらいのスイーツを並べていて、1食10B。テイクアウトも可能で、タイの屋台でおなじみのあのビニール袋に入れてくれます。ココナッツの入ったものはあまり日もちがしないので、直射日光を避けできるだけ早めに食べてください。


また、器に入れて食べるこれらの水系スイーツのほか、手でつまんで食べる系のスイーツもなかなかです。ココナッツのケーキのようなものやプリンぽいものなど、こちらも種類は豊富。トンサラの街中のセブンイレブンわきの屋台村にいつもあるので、ぜひ一度トライしてみてください。

※トンサラ付近の地図はこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 16:09 | コメント (0)

2007年08月05日

ガラス張りのヴィラで海の音を聞きながらマッサージ

4green-papaya.JPG

グリーン・パパイヤ・リゾート
Green Papaya Resort

北西部サラド・ビーチのグリーン・パパイヤ・リゾートにはビーチを臨むガラス張りのマッサージサラがあります。タイマッサージの腕も折り紙つきなので、宿泊しなくても訪れる価値ありです。タイ人のご主人とフランス人の奥様が丹精込めて作り上げたこのリゾートはナチュラルな中に美しい色彩と高級感が散りばめられており、他のどのリゾートにもない空間をかもし出しています。

saladfromgreen.jpg
美しい海とマッサージの両方に癒されます

このサラ(タイ式の東屋)で受けられるのは、タイマッサージやふっとマッサージといった限られたメニューのみ。何しろガラス張りなので、アロマオイルのマッサージやラップなど服を脱ぐ系統のものはありません。その代わりタイマッサージの伝統技術を日々磨いているスタッフの腕前は抜群。海の音を聞きながら最高のリラクゼーションを体験してください。

greenpapaya100.jpg


人気があるので、8月、年末年始などの繁忙期は予約をしたほうが無難。事前に電話をかけるか、直接カウンターへ向かって美しいビーチを眺めてカクテルを飲みながら待つのも悪くはないものです。


green-p-villa.jpg
ゆったりとしたヴィラが並ぶリゾートです


greenpapaya_rooms04.jpg
木のぬくもりを感じるデザイン


greenpapaya_rooms05.jpg
バスタブつきの客室も


greenpapaya_rooms06.jpg
リビングスペースが贅沢にとられたラグジュアリーなヴィラ


グリーン・パパイヤ・リゾート
Green Papaya Resort


北西部 サラド・ビーチ 高級
アクセス;トンサラ港から車で15分、ハードリン港から車で45分
Tel. (66) 077 374 230

詳細はこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:18 | コメント (0)

2007年08月02日

カップルのためのロマンティック・パッケージ byマンダライ@シャロックラムビーチ

manjac.bmp


シャロックラムに今年オープンしたヒップ&クールなホテル「マンダライ」は恋人同士のステイにうってつけ。見えるものすべてがかわいく、不思議と体の力が抜けていくようなリラクシングな空間で、リーズナブルに素敵なひとときをすごすことができます。本日はカップルのお客様のためのお得でロマンティックなパッケージをご紹介いたします。

2泊3日のビーチフロントスイートご宿泊(2名様1室)と、サムイ空港からの送迎(往路)、優雅な客室でのスペシャルブレックファスト、ロマンティックディナーがセットになったお得なプランです。ウェルカムドリンク、ウェルカムフルーツバスケット&フラワー、チョコレート&クッキーまでついてサービス満点!お一人様5750B、オプションでスパでの1時間のマッサージ(2名様分)またはボトルビーチまたはメーハードビーチへのサンセットボートトリップのいずれかをつけるとお一人様8000Bとなります。


manpoolnight.bmp


☆マンダライ・ロマンティック・パッケージ(2名様分の料金)
ビーチフロントスイート  お一人様5750B(オプションつきは8000B)
プールビュースイート  お一人様5150B(オプションつきは7400B)

man1001.bmp
サムイ空港からの送迎(往路、公共のフェリー利用)
客室内ブレックファスト
ロマンティックディナー
ウェルカムドリンク
ウェルカムフルーツバスケット&フラワー
チョコレート&クッキー

【オプション】
スパでの1時間のマッサージ(2名様分)またはボトルビーチまたはメーハードビーチへのサンセットボートトリップ(天候によりボートが出航できない場合もございます)


manbed.bmp


マンダライ
Mandalai

北部 シャロックラム・ビーチ 高級

mandarai^top.JPG

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

【Rate】

                     ローシーズン   ハイシーズン    ピークシーズン
                  (5/1~10/30)   (1/16~4/30    (12/20~1/15)
                               11/1~12/19)
ビーチフロントスイート       4600B      5600B         6600B
(キングベッド、1階、シービュー、2人用ジャクージ、7.65×3.95m)

プールサイドルーム         3250B      3500B         4200B
(キングベッド、1階、プールビュー、5.9×3.9m)

プールビュースイート        4000B      4200B         5600B
(キングベッド、1・2階、プールビュー、1人用ジャクージ、7.38×3.55m)

マウンテンビュースイート      3750B       4000B         4600B
(キングベッド、2階、プールビュー、1人用ジャクージ、7.38×3.55m)

ガーデンビュールーム       2250B       2750B          3250B
(クイーンベッド、1階、4.85×3.8m)

※コンチネンタルブレックファストつき
※チェックアウト12:00

投稿者 aya : 15:03 | コメント (0)