Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月28日

パンガン島ニューオープン☆2007年人気ナンバーワンのリゾート☆期間限定割引実施中!

manjac.bmp

 今年パンガン島にオープンした2つのリゾートは、かなり個性的で思い出に残るステイを約束してくれる珠玉の空間。ワールドワイドチェーンの五つ星ホテルはちょっと物足りないという方、今までにないような体験をしたいという方にとてもおすすめです。特に女性の心をくすぐる仕掛けがいっぱいで、カップル&女性のお客様に大人気。名実ともに2007年人気ナンバーワンのリゾートです。
 いまなら12室のみのこだわりのブティックリゾートマンダライとボートでアクセスする秘境のビーチにたたずむパリヤ・ハード・ユアンがパンガントラベラーだけの特別プロモーション価格にてご利用いただけます。

2007年10月31日までにご予約の方に限りご宿泊料金が5%オフ、5日以上のステイでパンガン島内の港からの送迎が無料!(年末年始は除く)


12月31日のカウントダウンパーティはパンガン島が一年で最も盛り上がるとき。「パーティも楽しみたいけれど、リゾートはきれいな海に面した静かなところが良いな」という方に最適な2つのリゾートです。年末年始のお部屋が込み合ってまいりましたので、お早めにご予約ください。

p_16mandalai.jpgp_01mandalai.JPG

マンダライ
Mandalai

北部   シャロックラム・ビーチ   高級

旅慣れた大人のためのスタイルのあるリゾート

北部シャロックラムののどかな漁師町に確固たるスタイルのあるリゾートがオープンしました。スタイリッシュな人気レストラン「シーシャ」の英国人オーナーのこだわりがつまった、12室のみの白亜のブティックリゾートです。リゾート所有のクルーザーでフィッシングやシュノーケリング、サンセットディナーを楽しむプライベートクルージングも(2500B~、行き先・料金など詳細はお問い合わせください) 。年末年始は3250B~。

pariya_01.jpgp_08pariya.jpg


パリヤ・ハード・ユアン
Pariya Haad Yuan

南東部   ユアン・ビーチ   高級

隔離された秘境のビーチで楽しむパーフェクトな青い海

車道が通っていないためボートでアクセスするプライベート感あふれるリゾート。トロピカルフォレストとクリスタルブルーの海に囲まれ、最上級のサービスと設備のなかで最高のバケーションを堪能できます。三角屋根のヴィラのデザインは涼しげでヒップ&コージー。プライベートジャクージのあるヴィラや、ハーバルスチームを備えた本格派スパも完備しています。 年末年始は4250B~。


パンガン島が1年で最も盛り上がるカウントダウンパーティはフルムーンパーティのリンビーチで開催されます。入場料は無料のビーチレイブです。
countdown.jpgcountdown (5).jpg

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 19:08 | コメント (0)

2007年09月27日

会えたらラッキー!動く古着屋台

USEDCLOTH (4).JPG


フルムーンパーティから一夜明けた今日、なんだか街が静かだなと思えば、今日はタイのお彼岸にあたる日だそう。みんなお店を閉めて朝からご先祖様のためにお寺に参り、タンブンと呼ばれる寄付をします。家の仏壇にとびきり美しい蘭をお供えしたり、もち米や卵で特別なお菓子を作ったり一家が盛り上がる楽しい一日です。

さてトンサラの街に日が暮れたころ、ときおりジーンズやぬいぐるみ、Tシャツなどさまざまなものを並べた古着屋さんがオープンしました。タイ本土からトラックごと船に乗りやってきた古着屋さんの巡業です。いつ来るのか、いつ去っていくのか、それは気の向くまま。掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

USEDCLOTH (5).JPG
ジーンズのなかには約100年前のビンテージものもあるとか
値段はリーバイスのビンテージで1000B(3000円)程度


USEDCLOTH.JPG
なかには修繕したものなどもあるのでよくみて買うことが大切です。
タグや縫い目などを見て価値のわかる方はぜひ!


USEDCLOTH (1).JPG
リメイクのバッグもキュート


USEDCLOTH (3).JPG
大きなぬいぐるみは子供たちに大人気


USEDCLOTH (2).JPG
大小さまざまな靴も販売


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 19:10 | コメント (0)

2007年09月23日

みんな大好き!パンガン島の超ローカル夕方おやつ

oyatsu-girl.JPG

タイのおやつといえばココナッツミルクに入った甘ーいものなどが有名ですが、ローカルの子供たちは甘くないおやつも日常的に食べています。10B(約35円)で味わえる小さな幸せ。学校が終わる15時頃に開店するおやつ屋台をのぞいてみましょう!

harusameoyatsu.JPG
春雨かインスタントヌードルでつくるヌードルおやつ

直径10cmほどの小さなプラスチックのボールに何やらいろいろなものが入っています。メインはヌードルで、ねぎや揚げた小魚などとナンプラーやライムといった調味料をあえて作ります。

oyatsu-ball.JPG
黒豆をココナッツミルクで煮込んだものなど甘系おやつがボールの中に

おやつ屋台はたいてい4、5個のボールを店先に並べていて、その日によってラインナップが異なります。ボールの中をのぞいてみて、なんだかわからなかったらスプーンでかき混ぜて具を調べるのもアリ。シロップで煮たカボチャはあとから甘いココナッツミルクをかけて食べます。

f-drink-^oyatsu.JPG
鳥や魚のすり身団子(10B)屋さん

もうひとつ甘くないおやつの定番はすり身団子。魚のすり身やウインナーなどをその場で串揚げにして食べる一品です。タイではどんな時間でも街を歩いていて何かを食べている人を見かけないときがないといわれていますが、本当にその通り。子供だけでなくもちろん大人も好きな時間にちょこちょこっといろいろなものを口にしています。ひとつひとつのボリュームが小さいので、つまみ食い感覚でいろいろ試せるのもタイのおやつのいいところです。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 18:02 | コメント (0)

2007年09月19日

タイのテレビドラマあれこれ

パンガン島の家庭からは夕方になるとこぞって同じテレビの音が流れてきます。そう、島の人々は老若男女が大のドラマ好き。ゴールデンタイムにはメロドラマとコメディを足して2で割ったようなわかりやすーいテンポの遅いドラマが主流で1日2時間、2日連続放映されるのですが、幼稚園生もラーメン屋のおじちゃんもみんな真剣に見ています。 そしてなぜか同じチャンネルにはいつも同じ俳優陣が出演、ぼかしも随所に入ります。そんな不思議でファンキーなちょっと気になるタイのドラマ事情をご紹介しましょう!


タイのドラマを見ていると手元にぼかしが入ることがよくあります。これは、銃やナイフを用いた暴力的なシーンを子供に見せないためだそうです。さらにお酒を飲むシーンやバーなどの風景ではすべてのお酒のボトルにモザイクがかかります。 外国からの映画を修正するためにぼかすのは分かるのですが、自家製のタイのドラマならナイフや銃を使わないで表現するという手はなかったのかな…なんて思ったりします。クライマックスに銃撃シーンが来る場合は一番大切な場面なのにも関わらずあちこちにぼかしが。あれれ??ぼかしが入ることを分かった上でドラマを作っているはずなのに……。


チャンネルのセレクションは日本と同様、特別に衛星放送などを契約しなければ5、6チャンネルほど。そのほとんどがゴールデンタイムにそろってドラマを放映するのですが、家々から聞こえてくる音から察するとチャンネル7が一番人気のようです。ちなみに4、6、8…と偶数チャンネルの日本とは異なり、タイでは3、5、7と奇数のチャンネルです。


tahihome.JPG
パンガン島の一般家庭。どこの家もバルコニー&軒下が広く、
昼間風通しのいい場所でくつろぎやすくなっています


タイのドラマの王道のパーターンは、大富豪の御曹司と気の強い女の子との恋だったり、三角関係だったりで、いわゆるメロドラマの種類に入る印象です。しかしどんなにシリアスで悲劇的なストーリーでも必ずコメディタッチの場面が何度も挿入されるのはいかにもタイの国民性を現しているのではないでしょうか。出演者はハーフだったり、少し西洋風の顔の方が多いような…。言葉が分からなくても、とても分かりやすい演技で笑ったり泣いたりしてくれるので、だいたいあらすじがつかめてしまいます。

そのほか最近は中国や韓国からのドラマも人気。時代劇ものが多く、アクションシーンもふんだんに盛り込まれています。タイ語の吹き替えで、チャイナものは字幕に中国語がついていたりするので、漢字を追っているとなんとなく雰囲気がわかることもあります。

あるタイ人の女の子は日本ドラマファン。その理由は、タイや中国のドラマでは女の子はひたすら恋する存在として描かれていることが多いけれど、日本ドラマの女の子はかっこいい職業で働いていたり、夢に向かって努力していたりするからだそうです。以前菅野美穂と本木雅弘主演の「幸福の王子」や米倉涼子の「奥様は魔女」、上戸彩と内野聖陽の「エースをねらえ!」などが放送されていましたが、中国ものに比べると数は少ないほうです。タイ語に吹きかえられた日本のドラマはなかなかおもしろい雰囲気なので、滞在中ちょっとタイのローカルテレビをご覧になってみてください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 23:29 | コメント (0)

2007年09月16日

年末年始の旅行にも使える!新着ナチュラルリゾートが5~10%オフ!!

raiwin01.jpg


ライウィン・ビーチ・リゾート&スパ
Raiwin Beach Resort & Spa

北東部    トンナイパンノイ・ビーチ     ランク:☆☆☆(高級)


「すべての雑音から解放されて自由になりたい…」
忙しい日常から抜け出してナチュラルヴィラで休日を過ごしませんか? 新着リゾートのライウィン・ビーチ・リゾート&スパは、全室プライベートテラス付きのナチュラルスタイルヴィラ。山道を通ってアクセスする自然に囲まれた静かなリゾートでプライベートな極上バカンスを堪能できます。美しいサンセット、透明度の高い海、あたたかなサービスが新鮮なシーフードや本格イタリアンが楽しめるレストランも人気です。


ただいまパンガントラベラーだけの特別プロモーションを実施中。2007年9月31日までにご予約の方に限りご宿泊料金が5%オフ、5日以上のステイで10%オフになります。


ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

raiwin11.jpg


☆このリゾートの魅力☆

●海辺のヴィラが1900B(約6000円)からとリーズナブル!
●ニューオープンなので客室はピッカピカです
●まさにパラダイスといわんばかりの美しいビーチに面しておりハイクラスのサービスがハネムーナーに人気です
●ココナッツやバンブーツリーに囲まれた癒しのマウンテンスパにはジャクージやプライベートトリートメントルームも
●オンザビーチの「ビーチラブレストラン」はプレミアムバージンオリーブオイルを使用したイタリアンメニューが好評です
●バンコクエアウエイズの機内誌でもフューチャーされた美麗なビーチに面しています
●フルムーンパーティの喧騒から離れた静寂のバカンスをお望みの方にぴったりです


raiwin07.jpg


リゾートの詳細はこちら

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

【Rate】
☆2007年9月31日までにご予約の方に限りご宿泊料金が5%オフ、5日以上のステイで10%オフ!!☆


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 13:08 | コメント (0)

2007年09月12日

9・10月限定 4泊の滞在で1泊無料キャンペーン

サンティヤ・リゾート&スパ
Santhiya Resort & Spa

北東部  トンナイパン・ビーチ

p_06san.jpg



トンナイパン・ビーチのパノラマビューを堪能できる、モダンタイスタイルの高級チーク造りのヴィラリゾートが4泊のご滞在で1泊分無料に(2007年9月1日~10月31日ご滞在分限定)。お好きな客室をお選びいただけます。

さらにサムイ島からリゾートのプライベートスピードボートによる無料送迎、フルブッフェブレックファスト(無料滞在日も含む)、ウェルカムドリンク、サンティヤ・レストンの10%割引という特典付きです。パンガンを代表する最高級リゾートにお得にご滞在ください。

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

SeaviewvillaRoom3.jpg


このリゾートはプライベートプールやオープンエアのバスタブつきのヴィラや、2室のベッドルームを備えたヴィラを擁する島内ナンバーワンのリゾートです。海を臨むオープンエアのサラ(タイ式の東屋)でトリートメントが受けられるスパもとてもロマンティックです。


VillaRoom6.jpg

☆期間限定!4泊のご滞在で1泊分無料プロモーション☆

Special Benefits
・ご到着時ウェルカムドリンク
・無料ご宿泊分も含む毎日フルブッフェブレックファストつき
・客室に無料のコーヒー&紅茶セット完備
・サンティヤ・レストランにてお食事&ドリンク10%ディスカウント
・サンティヤ・レストラン・エリアでの無料のワイヤレスインターネットアクセス
・サムイ島からプライベートスピードボートにて無料往復送迎

Conditions
・すべての客室カテゴリーで適用可能(空室状況による)
・1室2名様以上のご滞在は超過人数分のフルブッフェブレックファスト料金、サムイ島からの往復送迎料金(2000B、4~12歳のお子様は1000B、3歳以下は無料)をチャージ
・天候条件やスピードボートの技術上の問題などの事情により無料送迎は公共のフェリーとサンティヤのプライベートカーに変更になる場合がございます
・2007年9月1日~10月31日ご滞在分限定


DeluxeRoom5.jpg


客室料金は4920B(約1万8000円程度)~で、5/1~6/30はローシーズン料金の適用なのでとってもお得。全客室にバスローブやビーチサンダル、ヘアードライヤー、DVDプレーヤーなどを備えており、リビングスペースも広々。すべての建物や家具が高級チークで造られており、リゾートの門をくぐった瞬間から別世界での夢のようなバケーションを過ごせます。


リゾートの目玉の一つであるスイミングプールは大きな滝を配したワイルドな設計。こちらも島内最大の大きさを誇り、自然を生かした立体的なつくりとなっています。夜はライトアップされてさらにムーディーな雰囲気に。プールサイドでトロピカルカクテルをくゆらせるのも一興です。

p_02santhi.jpg


3santhiya.jpg


p_01santhiya1.jpg


4deck chair.jpg


5bed.jpg


13bathrobe.jpg


14bed2.jpg


1santhiya.jpg

17bedo yoko.jpg


15bed detail.jpg


18bath.jpg


20villa outside.jpg


21villa glass bari.jpg

サンティヤ・リゾート&スパ
Santhiya Resort & Spa

リゾート詳細ページ

Address:22/7 Moo 5 Thonnaipan Beach
オープン:2006年2月
アクセス:トンサラ港から車で約40分、ハードリン港から車で約40分

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 17:33 | コメント (0)

2007年09月11日

白&茶のパンガン島パトカーがゆく!

phangan-police.jpg

空港のない小さなパンガン島ですが、ちゃんとパンガンポリスがいます。メインオフィスはトンサラ近くにありますが、島にはボックス型の交番がないのであまりピンときません。移動もバイクが基本のようで、パトカーを目にする機会はなかなかありませんが、こんな色だったのですね!

フルムーンパーティの際にリン・ビーチの入り口で交通整理や検問をしているのを見かけた方もいらっしゃるかもしれません。悪いことをしていなければ恐れることはありませんが、やはり誰でも警察を見るとちょと緊張してしまうもの。パンガン島には信号が1箇所にしかありませんが、ここの信号無視を見張っている警官がいる場合もあるので要注意です!


タイの警察について悪いうわさを聞いている方も多いかもしれません。全員ではありませんが、確かに罰金を懐に入れる警官もいます。パーティではめをはずしすぎて御用!とならないようにしたいものです。

パンガンポリスの電話番号は077-377-114。トンサラのオフィスには通常英語OKの警官がいるので、万が一盗難や事故にあったらこちらへ連絡し、レポートも作ってもらうようにしましょう。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 19:30 | コメント (0)

2007年09月10日

パンガン島のビーチで出会える貝殻たち

shells.JPG


月の満ち欠けに呼応して満ちたり引いたりする島のビーチ。引き潮のときにビーチを散歩するとたくさんのかわいらしい貝殻に出会えます。

現在は朝が引き潮で夕方になるにつれ満ちてくる季節です。涼しい朝方にビーチを歩いて自分だけの思い出に貝殻を集めるのも素敵な体験。お部屋のドレッサーや窓際などに置くだけで南国の雰囲気が漂うはずです。

島ではさまざまな貝殻を使ってアクセサリーを作るアーティストがいます。アクセサリーショップをのぞくと光沢のある貝殻やピンクのキュートな貝殻、七色に色が変わる貝殻などいろいろなものを巧みに使った品々が並んでいます。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 14:16 | コメント (0)

2007年09月09日

港でフェリーを待つときのお楽しみ

thonsala-stand.jpg


サムイ島やタオ島、本土へのフェリーが発着するトンサラ港には、フェリーの到着時刻に合わせて移動式のスナック屋台が顔を出します。フェリーを待っている間、海を眺めながらアイスクリームやポテトチップを食べるのは、世界共通のお楽しみです。

thosala-snacks.jpg

この屋台で販売しているのは、ワールドスタンダードのお菓子たち。チョコレートチップクッキーやメントス、タバコなども販売しています。凍り水の中でつめたーく冷えたお水は10B。甘いお菓子を食べるときには欠かせません。

seatran-ferry101.jpg
シートランがやってきました

アイスは大きさや種類によって10~25B程度。タイならではのココナッツ風味やとうもろこしの粒が入った香ばしいものもあります。

lomprayaferry101.jpg
タオ島からパンガン経由でサムイ島へ向かうロンパヤ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 14:30 | コメント (1)

2007年09月07日

ジム&タイマッサージでヘルシーバカンス

ミルキー・ベイ・リゾート
Milky Bay Resort

南西部 バンタイ・ビーチ  高級

milkybay (13).jpg
リゾートの中心に位置するスイミングプール


せっかくの休日だから、楽しみながら健康になって見違えるようにきれいになりたい!そんな人におすすめなのが、このミルキー・ベイ・リゾート。南アフリカでリゾートを経営していた夫妻がこの島に魅せられ、2004年にオープンしたブティック・リゾートです。ビーチを望むスイミングプールや設備の整ったジム、タイマッサージスペース、ビリヤード台を完備しており、まさにかゆいところに手が届く充実ぶり。ご主人のクリスさんが自らデザインやレイアウトを考えてつくられたというだけあって、随所にキュートな置物などがあり、癒しの雰囲気に満ちあふれています。

リゾートの名前は目の前のビーチの波がミルクのように繊細で美しかったことから名づけられました。客室料金は1200B(約4000円)~とリーズナブルなのも魅力のひとつ。オープン直後から予約が取りにくいほどの人気で、リピーターも多いリゾートです。

ウォークインのゲストも無料でプールやジムを利用できます。プールサイドにはシャワールームもあるので、ほかのビーチにステイしていても、バンタイ・ビーチを訪れたらココに立ち寄るのがおすすめです。


人気の客室は2007年に新設されたデラックス・ビーチフロント・ステュディオ。美しいビーチが間近に迫る絶好のロケーションにたたずむ2階建てのステュディオ・ルームです。広々としたバルコニーにはジャクージを備えており、絵に描いたような南国バカンスが過ごせます。


mb-beachfrontst.JPG
デラックス・ビーチフロント・ステュディオの静かなビーチを眺める広々としたバルコニー


mb-beachfrontst (1).JPG
バルコニーにはジャクージを完備


mb-beachfrontst (3).JPG
寝心地抜群のダブルベッドとのんびりできるタイの三角枕

mb-beachfrontst (6).JPG
ベッドから清々しいシービューを楽しめ、目覚めた瞬間から南国リゾートの雰囲気に包まれます

mb-beachfrontst (8).JPG
調度品もとってもキュート。すべてオーナーのアイデア


mb-beachfrontst (11).JPG
ドリンキングウォーターやコーヒー・紅茶が無料

mb-beachfrontst (16).JPG
タイの花々が香るリビングスペース


マッサージや夜遊びに旅の予算を使いたいので、滞在するヴィラはリーズナブルなほうが…という方もご心配なく!フレンドリーな価格のヴィラも用意しています。


milkybay (16).jpg
木の風合いが生きた素朴なコテージ


milkybay (41).jpg
タイマッサージで心身ともに健康に


milkybay (2).jpg
カントリー調のレストランではタイ料理のほか西洋料理も豊富です


milkybay (4).jpg
ビーチサイドでバーベキューを行うことも


milkybay (14).jpg
さわやかな空気のなかでビリヤードも楽しめます


milkybay (15).jpg
昼寝スペースもあちらこちらに


milkybay (21).jpg
トロピカルカクテルもお手ごろ価格で各種そろえています


milkybay (29).jpg
美しく整えられた庭にはこんな彫像も


milkybay (30).jpg
バンタイ・ビーチはサンセットの美しさでも有名


milkybay (35).jpg
アイランドスタイルのパラソルの下でくつろげます


milkybay (42).jpg
リセプション脇にはハンモックが


milkybay (43).jpg
最新の機器がそろうフィットネスセンター


room.jpg
シングルベッドが二つのタイプの客室も


ミルキー・ベイ・リゾート
Milky Bay Resort

Address:102 Moo1 Bantai Beach
客室数:17室
オープン:2004年
アクセス:トンサラ港から車で10分、ハードリン港から車で20分(到着時無料送迎あり)
料金:1200B~(アメリカンブレックファースト付き)

詳細はこちら

お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 19:48 | コメント (0)

2007年09月06日

本当に人気のローカルフードはコレ!

kaikieaomuu.JPG


タイ料理といえばトムヤムクンやカレーが最初に思い浮かびますが、地元で人気のメニューは実はまた別のもの。本日はガイドブックが教えてくれない本当の人気メニュー&タイの家庭の台所をご紹介いたします。


まずは豚肉入りタイ風オムレツの「カイキアオ・ムーサップ」。「カイキアオ」とはオムレツ、「ムーサップ」は豚のひき肉の意味で、丸いオムレツの真ん中に味付けされた豚のひき肉が入っています。タイ風のオムレツは焼くというよりも揚げるに近く、厚さは薄めです。味付けはされていますが辛味はゼロ。好みでケチャップやスイートチリソースをかけてもおいしく召し上がれます。スパイシーな料理と一緒に食べるとお口の中をマイルドに調和してくれます。


簡単そうに見える料理ですが、実はシェフの腕の見せ所。脂っこくなく、ふわりとした食感に仕上げられるシェフはそう多くはありません。シンプルな料理なので、そのシェフの個性が表れるため、いろいろなレストランで試してお気に入りを見つけてください。


padpaktalay.JPG


もうひとつの人気メニューは「パッパクタレー」、シーフードと野菜の炒め物です。島でとれるイカやエビと小松菜のような青菜などをマイルドな味付けで炒めてあります。シーフードのセレクションは自由ですので、その場でどんなシーフードがあるかを聞いてオーダーするのも◎。なにも言わなければシェフがセレクトしたものになります。味付けはオイスターソースベースのことが多く、シーフードの旨みと絡まってなんともいえない香りと味を醸し出します。多少トウガラシが入ることもあるので、辛さが苦手な人はオーダー時に「マイサイ・プリック(トウガラシを入れないで)」と伝えてください。


日本のタイ料理店ではココナッツミルクやレモングラス、唐辛子、パクチーといった、いかにもタイらしい料理が人気ですが、このようにタイの食卓には中華料理のような味付けの料理がたくさん並びます。タイの家庭では夜に魚のカレーと鳥のバジル炒めを作り、次の日の朝にはオムレツ(カイキアオ)を作って昨日の残り物とともに食べ、昼はカレーがなくなったので新しく作り……というように、1品を作って食べきるというのではなく、たくさんの料理を少しずつ食べるスタイルが普通です。


namtyum100.JPG
タイの家庭では生野菜をディップとともにいっぱい食べます


また上の写真のようにキュウリやナスなどを生でナムチュム(ナムチュップ・ナムチュッブと聞こえることも)というタイ風ディップにつけて毎食のように食べます。このディップは、唐辛子やエビのペーストなどさまざまなスパイスを小さな石臼のような調理具で砕いて混ぜて作るもの。それぞれのお母さんがそれぞれの配合をするので、外食で家と同じようなナムチュムに出会うとタイ人は家が恋しくなるくらいです。


ナムチュムは旅行者をターゲットにしたレストランではあまり見かけませんが、ローカル向けのレストランでは無料でつけあわせとして出てきます。タイの台所には必ず石臼があり、タイの料理人なら必ずナムチュムを作ることができるはずなので、けしてメニューにはない料理ですが、リクエストしてみてください。「パック(野菜)・カップ(&)・ナムチュム」で通じると思います。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 14:00 | コメント (0)

2007年09月05日

パンガン島の不思議な木

hushiginaki.JPG


一見何の変哲もない普通の木。パンガン島のビーチ脇に生えているのですが、近づいてよーく見ると「あれれ?」なんだか葉っぱが変なんです。

木の根もとの辺りを見るとふたつに分かれているのですが、見かけも木の肌質もまったく同じ。ところが葉っぱを見ると右と左の枝の葉がまったく違うのです。

leaf2.JPG
木の幹は同じに見えるのに違う葉っぱがついています

leaf-right.JPG
右側の木の葉っぱ

leaf-left.JPG
大きさも形も異なる左の葉


nemoto.JPG
根元


パンガン島はちょっと散歩に出れば10回は「サワディッカー(こんにちは)」をいうくらいほのぼのとしたところです。たくさんの豊かな自然に出会えるとともに、たくさんのフレンドリーな人々と出会えます。


リン・ビーチ付近は旅行者も居住者も移り変わりが激しいのですが、そのほかの地域はみんなが知り合いといった感じ。井戸端会議をしていて見慣れない人が通ると、「あの人誰だろうね。どこに住んでるんだろうね」なんて話題になるくらいです。道端から「どこからきたの?」と知らない人に声をかけることもしばしば。タイ人はあまり人見知りや物怖じをしません!


また島にはタイ人だけではなく、パンガン島にはロングステイの欧米人も多く住んでいます。普通のリゾートのバンガローをマンスリーで安く借りたり、キッチン付きのレンタルハウスを借りたりして、ローカルと同様に八百屋さんで買い物をして生活している人も多いのです。


ちょっとお散歩に出れば知り合いにたくさん出会います。都会では忙しい町に買い物に出ても、一度も知っている人に会わず、一度も「こんにちは」の挨拶をせずに帰ってくることも多いはず。地下鉄の切符だって飲み物だって自動販売機で買えるので、ちょっとした買い物をするときも無言ですよね。ここではたとえ一人旅でも寂しいことはありません。周囲とのふれあいの中で人のあたたかさを感じながら生活できます。


パンガン島にいらしたらぜひ一度早朝の散歩に出てみてください。ローカルに人々は涼しい朝が好きなのでこぞって早起きで、6時頃にはもう友達の家に来て朝ごはんを一緒に食べていたりします。しかも食事をするのも会話をするのも家の中ではなく、家の前の軒下のような場所や簡単な屋根の付いた小屋で行うのが島流。気持ちのいい風の吹く場所でサバ~イ(気持ちい~い)ときを過ごすのがパンガンの暮らしなのです。


ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 14:08 | コメント (0)

2007年09月03日

本日のパンガン島 南東部 ヒンロー・ビーチのビューポイント

viewfromtomyum.JPG
海の向こうにサムイ島を臨むヒンロー・ビーチ

本日のパンガンはくもったり晴れたりの繰り返し。昨晩は19時頃に10分ほどのスコールがありました。さて、トンサラ・バンタイからリン・ビーチへ向かうアップダウンの激しい崖沿いのメインロードに「トムヤムクン」というビューポイントレストランがあります。実はこのレストラン、今年で閉鎖となり、リゾートへと生まれ変わることになりました。


メインロード沿いの大きな一軒家は島の誰もが知っている名物的存在でした。まだまだ建てられて日は浅いのですが、改築されることになります。テラスには水場やタイ式の東屋「サラ」があったりと、ユニークでリラクシングな空間でしたが、ここでくつろげるのもあと少しです。


tomyumhouse.JPG
オープンエアのタイ式の東屋(サラ)形式の素敵なシートも


tomyumpond.JPG
店内にはかわいい水場も


viewfromtomyum2sala.JPG
テラスからの眺めは最高!崖の上なので高所恐怖症の方にはつらいほどの迫力です


とてもおいしいドイツ料理とタイ料理を作っていたシェフは建設中、料理修行をする予定だそうです。生まれ変わってパワーアップした料理に乞うご期待!


トムヤムクン
Tom Yum Kun

南東部   ヒンロー・ビーチ   タイ料理
営業時間 ;9:00~23:00
オープン年 ;2005年
定休日; 不定休
使用できるクレジット; 使用不可
アクセス; ハードリン港から車で10分(リン・ビーチとトンサラを結ぶ西海岸のビーチに沿った大通り沿い)

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:55 | コメント (0)

2007年09月01日

プライベートクルーザーで道のないワイルドビーチを探検!

4peopleboat.JPG

2007年オープン話題のヒップリゾート「マンダライ」は、見目麗しいプライベートクルーザー「エントゲン号」を所持しています。もとはオーナーのプライベートでのクルージングのため、テレビやDVD、シャワーなど贅沢な装備で作られた快適なクルーザー。宿泊をしなくても格安価格で利用することができます。道がなく海からしかアクセスできない秘境のビーチを巡ったり、クルーザーからフィッシングやシュノーケリングを楽しんだり、サンセットディナーもおすすめです。今回はこのクルーザーでのパンガン島東海岸秘境のビーチ巡りを写真たっぷりでレポートいたします。

このクルージングのため、まずは前日にスタッフと相談。シュノーケリングで魚と戯れたり、人の少ない穴場ビーチを訪れたいという希望を伝えると、海を知り尽くしたエントゲン号のキャプテンMr.レックが、「明日はきっと西海岸沖の波が高めになるから、東海岸がいいよ。ボトルビーチはいま魚が少ないけれど、タンサデットあたりにはたくさんいそうだよ」とのアドバイス。海の男は頼りになります!というわけで行き先は東海岸のビーチめぐりとなりました。


今回は日本人、スウェーデン人、デンマーク人の友人と母、タイ人の夫、3ヶ月のベビーとのプライベートのクルージング。デッキに出てはしゃいだり、景色を見ながらビールを飲んだりお菓子を食べたり、みんなそれぞれの楽しみ方。ベビーを連れていても安全で快適に過ごせるのはエントゲン号ならでは。通常のスピードボートや木製のロングテイルボートでは、水しぶきがかかったり日に焼けてしまいますが、エントゲン号ではそんな心配もなくゆったり過ごせます。


4thonnaipan.JPG
5つ星リゾートからチープなバンガローまであるトンナイパン・ビーチ


パンガン島の東海岸は周囲が国立公園に指定されているエリアが広く、未開の自然が残っている場所です。最近バンコクエアウェイズの機内誌でもフューチャーされていた「クリスタルクリアウォーター」の美麗なビーチ、トンナイパンをはじめ、絵から抜け出してきたような景色をたくさん見ることができます。


1rocku-mountain.JPG
東岸はビーチよりも岩場が多いワイルドな地帯です


クルーザー「エントゲン号」は12時にシャロックラム港を出発し、10分ほどでボトルビーチに到着。今でも電気は自家発電ですが、昔ビール瓶をランプ代わりに使っていたことからこの名前がついたとか、ボトルが流れる方向をたどっていったらこのビーチにたどり着いたなど、その名の起源は諸説あります。かなり険しい山道しか通っていないため、物資を運ぶのもロングテイルボートで行っています。ここはビーチから数メートル離れると楽に泳げるくらいの水深で、遠浅の北西部のビーチとは異なります。残念ながら波の具合で魚があまり泳いでいないのでここではちょっとビールを飲んで次のビーチへ向かいます。


withcaptain.JPG
パンガンの海のことなら何でも知っているキャプテンとの楽しい航海!


4santhiya-float.JPG
トンナイパンの海に浮かぶサンデッキ


さて、ボトルビーチを離れ、トンナイパンへ。ここは東海岸で最大のビーチ。島内唯一の5つ星リゾートサンティヤ・リゾート&スパがあり、壮大な緑とクリアな海の両方を十二分に満喫できるエリアです。トンサラやハードリン港からつながる道は最近改善されてきたものの、まだまだでこぼこ。バンピーロードを楽しみながらのジャングルドライブもなかなか雰囲気のあるものですが、サンティヤに宿泊すると無料でサムイ島からスピードボートで送迎してくれます。ここも陸路より海路のほうがスムーズにアクセスできるビーチです。


hadsadet.JPG
国王に愛されたサデット・ビーチ。ビーチから徒歩1分の場所に滝が


トンナイパンを去って、サデット・ビーチへ。ここは奴隷制度を廃止したことで有名な、タイで最も尊敬されている王様、ラマ5世が幾度も訪れた場所。周囲のタンサデットと呼ばれるエリアは国立公園に指定されており、美しい滝や花々、珍しい鳥も見ることができます。


サデットのすぐ隣はトンレン・ビーチ。サデットもこぢんまりとしたビーチですが崖沿いに少々危なく感じるような木造の簡単なバンガローが並んでいます。トンレンはさらに静かで相当旅慣れたトラベラーや瞑想などを好むトラベラーが滞在しています。


7namtok-beach.JPG
人影が見えない静かなビーチです。ディカプリオの映画「ザ・ビーチ」を思い出しました


次はナムトック・ビーチ。ナムトックはタイ語でウォーターフォール(滝)の意味。タンプラウェット滝のそばにあることから名づけられた小さな小さなビーチです。もちろん車道は通っていないため、数軒のローカルバンガローがあるだけでひたすら静寂が広がっています。


5dream-is-kayak.JPG
ビーチ間をカヤックで移動するのも楽しいもの。トンナイパンなどでレンタルできます


小さなヤーン・ビーチを過ぎてヤオ・ビーチ・イーストへ。西岸のヤオ・ビーチと区別するためこう呼ばれています。こちらは今年フルムーンパーティ20周年記念のブルームーンパーティが開かれたビーチですが、およそ100mほどの長さで普段はなにもない静かなところです。


6cave.JPG
途中にある洞窟を発見!早速探検に。
気になったところで自由にとまって遊べるのはプライベートクルージングならでは

6cave-captain.JPG
中にはこうもりが住んでいてちょっと怖い!数メートルしか進めません
キャプテンMr.レックも助けに来てくれました


ワイナム・ビーチを過ぎてティエン・ビーチへ。ここはパンガン最初のヘルスリゾート「サンクチュアリ」があり、山の中でファスティングや超内洗浄、ヨガ、ピラティスなどをして過ごす旅人が集まり、長期で滞在する人が多いのが特徴です。もちろん日帰りでヨガやピラティスのクラスに参加したり、レストランでヘルシーメニューを食べるのもおすすめです。

yuan-beach.JPG
ユアン・ビーチ

次のユアン・ビーチは今年大注目のエリア。もともと車道がないこともあり、美しいビーチながら人の少なかったこの場所に今年美しいリゾートパリヤがオープンしました。大自然の中に溶け込むナチュラルテイストのヴィラがとってもキュートで、スパだってあるんです。日が暮れればボートの往来もなくなり、陸の孤島といった感じ。とてもロマンティックでプライベート感があふれます。


9hadrin.JPG
リン・ビーチ


ユアン・ビーチの次は最南端のリン・ビーチ・サンライズ。そう、フルムーンパーティで有名なビーチです。ここから船は引き返しシャロックラムへと帰路につきます。12時に出発してシャロックラム港に着いたのは18時頃。半日チャーターでめいっぱい楽しく過ごせました。釣りを楽しんだりゆっくりとパンガン島の周囲を一周したい方は1日のチャーターがおすすめですが、シュノーケリングをしながら東岸のビーチを巡るなら半日でも十分です。


半日、1日のチャーターのほか、シュノーケリングスポットのメーハードビーチ&マー島へのトリップ(2500B)やサムイ(7500B)、アントン国立海洋公園(12000B)など行き先も使い方もさまざま。
マンダライリゾート付属のシーシャバーよりお好きなお料理やドリンクを用意することもできます。(料金やメニューは記事の末尾をご覧ください)


view-from-entho.JPG
エントゲン号の設備


船は屋外のデッキと席のある屋内に分かれます。海風の気持ちいい屋外は10人で使っても広々。屋内には座り心地のよいクッションを備えた席があり、テーブル&いすの形にしたり、寝転べるようにベッドの形にしたり思い通りに動かすことができます。DVDを見たりお好みのCDを聞いたりすることもできます。
また、海底の魚を探知するレーダーもある最新鋭の設備。釣竿も備えているので魚を見つけたら釣りをする人あり、シュノーケリングする人ありで自由に楽しめます。


sink-entho.JPG
何かと便利なシンク。船の中でも手を清潔に保てます


toilet-entho.JPG
清潔で気持ちのよいトイレ


hotshower-entho.JPG
海水がべたべたするのが気になればホットシャワーで流しましょう


lifebest-entho.JPG
ライフベストのカラーもキュート


ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ENTHOGEN BOAT HIRE


料金
(シャロックラムからの往復)
ボトルビーチ  2500B
トンナイパン  4000B
メーハード(マー島)  2500B
アントン国立海洋公園  12000B
タオ島  12000B
サムイ島  7500B

半日 5000B
1日 10000B


※ボトルビーチ、トンナイパン、メーハード(マー島)は、3名様以上の場合+300B/人。片道の場合は1割引。3名様以上の場合+270B/人

※アントン国立海洋公園、タオ島、サムイ島は、7名様以上の場合+300B/人。片道の場合は1割引。7名様以上の場合+450B/人


マンダライリゾート付属のシーシャバーよりお食事・飲み物のご用意が可能です。
(メニュー例)
パッタイ 130B
トムヤムクン 130B
パッシーユー 130B
グリーンカレー 140B
マサマンカレー 165B
タイスタイル・フライドライス 130B
ソムタム 195B

シーシャ・プラッター・フォー・トゥー(海草とシーフードの春巻き、エビの春巻き、フィッシュケーキ、サモサ、バナナのベーコン巻き)225B
コンチネンタル・チーズ・プラッター(エダム、チェダー、デニッシュブルー、ブリー・チーズとオリーブ、グレープ、セロリ、クラッカーとあたたかいバゲット)545B
シーシャ・スモーク・サーモン(ノルウェーサーモン&クリームチーズ。あたたかいバゲットとケッパー、フレッシュライム添え)310B
ニュージーランド・テンダーロイン・ステーキ(マッシュポテトまたはフレンチフライ、ハウスサラダつき。ブルーチーズ、ペッパーコーンまたはマッシュルームソース)630B
シーシャ・ペンネ(グリーンピース、チェリートマト、唐辛子、パルメザンチーズのソース)170B
ホール・フィッシュ(新鮮な魚1匹を蒸し物、揚げ物、炒め物などお好みのスタイルで)345B
プラウン・カクテル 195B
カプレーゼ 225B

ベリーニ(シャンパン、ピーチネクター、レモンジュース) 290B
ブルーマルガリータ(テキーラ、ブルーキュラソー、トリプルセック、ライムジュース、ソルト) 255B
カイピリーニャ(カシャカ、ブラウンシュガー、ライム) 190B
ワイン ハウスワイン(グラス160B・1ℓ535B)、ボトル1030B~(赤:ハーディーズ・シラーズ・カベルネソービニョン2002  1030B、キンブルフィールド・ホークスベイ・カベルネソービニョン2002  1750B    白:ハーディーズ・スタンプ・シャルドネ・セミニョン2003  1340B、キンブルフィールド・ホークスベイ・ソービニョンブラン2003  1750B
シャンパン 5250B
ビアシン 70B
ビアチャーン 65B
バカルディブリーザー 140B
ハイネケン 90B
コロナ 195B
ホームメードレモンティー 95B
モカ 175B

P マイクロソフト株式会社

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 12:47 | コメント (0)