Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月29日

南の島の必需品は現地でゲット!かわいいビキニに会いに行こう

life's a beach (4).jpg

ここ3日間ほど今の時期にしては珍しく雨がちな天気が続いていましたが、今日はピーカンの晴れ。ビーチには日の光を浴びてきらきら光る海で遊ぶ人々のはしゃぎ声が聞こえます。

ところでパンガン島を楽しむための必需品はなんと行っても水着。これにサロンをはおれば町だって歩けちゃいます。なんでもリーズナブルなタイを旅するなら、荷物は少なく現地でいろいろ調達したいもの。なにしろ日本の冬には水着を売っている店を探すのは至難の業ですよね。常夏の島でトロピカルなビキニを探してみませんか?激安を狙うならタイ製品、最新のデザインをゲットしたいならインポートものもそろいます。

リン・ビーチで一番人気のセレクトショップ「ナポポ」はワンピースからTシャツ、ビキニ、アクセサリー、化粧品、バッグまでなんでもそろっています。イスラエル人女性オーナーがイスラエル、イタリア、インドなど世界中から選び抜いたアイテムが並んでいます。全商品が150Bのお得なセールボックスが出現することもあるので見逃せません。


napopo (13).jpg
すぐにビーチで着たくなるようなビキニもいっぱい! 上下組各1600B


オーストラリアの最新コレクションがそろう「ライフ・イズ・ア・ビーチ」も必見のショップ。びっしりとビキニが並んだ店内は何時間いても飽きないほど。タイ製のものは350B程度〜、オーストラリア製のものは3000B程度〜となっているので、本命のほかにチープな品をいくつか購入しておくのも手です。

life's a beach.jpg
サイズごとに棚が分かれているので選ぶのも楽々

life's a beach (3).jpg
オーストラリア製のビキニ


life's a beach (12).jpg
香港から買い付けたキュートなドレスも多数そろいます

napopo%2Bgaikan2.jpg
ナポポ
Napo-po

営業時間:11:00〜21:00(金曜は〜18:00、土曜は18:00〜23:00)
定休日:無休
アクセス:ハード・リン港から延びる一本道を約80m直進、道沿いの右側

lifessabeach2.jpg
ライフィズ・ア・ビーチ
Life's a beach

営業時間:14:00〜22:00
定休日:不定休
アクセス:ハードリン港から延びる一本道を100m程度直進、一つ目のT字路を左折。約50m
先を右折してすぐ、道沿いの右側


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 13:01 | コメント (0)

2008年02月26日

孤高のアンティークヴィラでリゾート以上のラグジュアリーを堪能

white-bedroom-dressor-tate.JPG
ホワイトベッドルームのドレッサー。
女性ならば一度はここで朝を迎えてみたいと感じるヴィラです


パンガン島の静かなビーチに一軒のアンティークヴィラがあります。元アンティーク商で建築家のオーナーが丹精こめて造り上げたヴィラはまるで別世界のような幻想的な雰囲気。

ホワイトベッドルーム、チャイニーズベッドルーム…と4寝室をすべて異なるコンセプトで仕上げています。美しいビーチへはスイミングプールつきのガーデンから裸足で飛び出せるのも魅力。世界にひとつだけの特別なヴィラでリゾート以上の贅沢に浸ってみませんか?

純白の2階建てのヴィラは島の北部の小さな漁師町シャロックラムの静かなビーチフロントにあります。4ベッドルーム(5ベッドルームですが1室はオーナーの持ち物を収納するスペースとなっています)、4バスルーム、ダイニング、リビング、キッチン、スイミングプールを完備しています。


seondfl-tate.JPG
女心をくすぐるかわいらしい装飾がいっぱい。
スリランカやインドネシア、ミャンマー、タイ北部などアジア各地から集められたものです

フランス人のご主人と日本人の奥様。ご主人は建築家として理想の家を描き、最高の場所、最高の家具とともに造り上げました。ガーデニングを趣味とする奥様は庭のデザインを担当。夫妻の素敵なアイデアがヴィラの隅々に散りばめられています。


entrance.JPG
エントランスをくぐると…


statue-gennkan.JPG
そこはアンティークな別世界


さて、リゾートとバケーションヴィラの違いは何でしょうか? リゾートの場合、レストランやスイミングプールなどの施設がそろっていたり、車やツアーの手配などのサービスが受けられるという利点があります。バケーションヴィラ(貸別荘)は敷地内でほかのゲストに会うことがなくプライベート感を満喫でき、広い一軒家で暮らすような感覚で滞在できるのが利点です。


日本のバケーションスタイルにはバケーション(ホリデー)ヴィラをレンタルする旅はまだまだ定着していませんが、豪華なホテルに泊まるだけではもう物足りないと感じている方、特別なバケーションを過ごしたいと考えている方におすすめのトラベルスタイルです。


ヴィラヴァディにはスイミングプールもあり、専属のハウスメイドが毎日ベッドメーキング&クリーニング。ヴィラ内でのプライベートダイニング(朝食・昼食・軽食・夕食)も用意できます。さらにご滞在中はパンガントラベラーによるサービスが日本語でご利用いただけるので安心です。ヴィラに設置された電話からいつでも日本語でご連絡ください。島での生活の楽しみ方や各種アクティビティ、お買い物やfレストラン、パーティ情報など何でもお気軽にご相談いただけます。


bed-and hune.JPG
漁師町にちなんだ船の置物も。
海を肌で感じるバケーションが実現できます


このヴィラの名「ヴィラヴァディ」はタイの海辺によく咲いている白い花「プルメリア」を意味するタイ語「リーラヴァディ」と「ヴィラ」をミックスして名づけたそうです。美しい花のように海辺に香る「ヴィラヴァディ」。ヴィラではさまざまな彫像や置物が迎えてくれ、中を探検するだけでも楽しい体験です。

vila-swimming pool.jpg
自然をできるだけ生かして設計されたヴィラ。
スイミングプールではかわいいカエルの噴水も


1階にはふたつのベッドルームとキッチン、8人テーブルのダイニング、デラックスなソファの置かれたリビングスペース、2階にはふたつのベッドルームとDVDが楽しめる広々としたリビングスペースを備えています。


bathroom-main.JPG
1階メインベッドルームのシンク。バスタブも完備しています


seondfl-bedroom-tate.JPG
2階の海に面したベッドルームには大きなバルコニーも


chinese-bedroom-x.JPG
まるで映画のワンシーンのようなチャイニーズベッドルーム


小さな島の静かなビーチにありながらも、このヴィラは各国の大使やセレブリティが訪れる場所。単純に瀟洒なヴィラではなく、オーナーのこだわりに満ちたユニークなこのヴィラは世界の旅行通を虜にしています。


chinese-sink.JPG
チャイニーズベッドルームのシンク


chinese-bathroom.JPG
バスルームも隅々まで各部屋のテーマで統一されています


キッチンにはオーブンやレンジもそろい、本格的な料理が作りたくなるくらいの使い心地です。


p_29frontbeach.JPG
フロントビーチ


ヴィラヴァディ
Vilavadee

北西部    シャロックラム・ビーチ

住 所 :8/1 Moo 7 Chaloklum
オープン年 :2005年
チェックイン・チェックアウト :随時(事前にお知らせください)
アクセス :トンサラ港から車で約20分、ハードリン港から車で約40分 (パンガン島内港およびサムイ島からの有料送迎あり)
料金 :ローシーズン(3~11月)US$450/日、ハイシーズン(12~2月)US$600/日 ※週単位、月単位でディスカウント可

詳細はこちら


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 14:31 | コメント (0)

2008年02月24日

トンサラ港目の前の名物カフェ

yellow-outside.JPG

22日に予定されていたフルムーンパーティが24日に延期になり、22日を目指してパンガン入りしていた多くのトラベラーはパワーがありあまり気味。22日はアルコール販売禁止でビーチ沿いのクラブが営業できないため、リンビーチのドロップイン・リゾート&スパコーラル・バンガローズで(警察に)秘密のスイミングプールパーティが開催され、人気を呼んでいました。まあ秘密とはいえ島中の人も警察も暗黙の了解で分かってはいることなのですが…。

さて、パンガン島のゲートウェイであるトンサラ港の目の前に旅人にもローカルにも愛される定番カフェがあります。フェリーを待っている間の待ち時間に便利に使える、黄色い看板がトレードマークのイエロー・カフェをのぞいてみましょう。

メニューはホームメードの柔らかい100%輸入ビーフを使用したバーガーやピザバゲット、ベイクドポテトやアップルパイなどのスイーツまでいろいろ。サンドイッチやバゲット類はトッピングを好きなように選べるオーダーメード製エッグマヨネーズのサンドイッチ65B、チェダーチーズとハムのバゲット115B、BLTバゲット95Bなど野菜もチーズもお肉も何でも組み合わせることができます。トーストサンドイッチ「ジャッフル」もパンのおいしさがより引き立っておすすめです。

yellowmenu.JPG
メニューはキュートな黄色いうちわ


ここには残念ながらタイフードはありません。以前は左隣のタイレストランでオーダーし持ち込みオッケーという島らしい太っ腹ルールがありましたが、そのレストランは閉店してしまいました。パッタイやグリーンカレーも食べたい!という人は右隣のパンガン・チャイ・ホテルのカフェでオーダーしてください。


yellow-inside.JPG
みんなでわいわいできる雰囲気


オープンエアの店内にはインターネットのワイヤレスコネクションが敷かれています。ノートパソコンを持参すれば無料でネットに接続できるというのも在住の外国人に人気の秘密です。


yellow-terrace.JPG
緑に囲まれたテラス席


トンサラの港は北側からソンサム、ラジャ・フェリー、ロンパヤ&シートランと3箇所に桟橋が分かれていますが、イエロー・カフェはちょうど真ん中のラジャ・フェリーの乗り場の真向かい、国王の肖像が飾られたロータリー目の前に位置しています。


yellow-sign.JPG
黄色い文字の看板が目印


Yellow Cafe
イエロー・カフェ

トンサラ  レストラン&カフェ

おもなメニュー

Pizza Baguettes
ホームメードピザソースとろけるモッツアレラチーズのせ(ホワイトまたはブラウンブレッド)   90B
 追加トッピング
  マッシュルーム、パイナップル、オニオン、オリーブ、ほうれん草、チキン 25B
  サラミ、ベーコン、ハム  30B

Burgers
ホームメード100%輸入ビーフバーガー(サラダつき)  95B
 追加トッピング
  マッシュルーム、パイナップル、オニオン、卵、チーズ  25B
  ベーコン  30B

Classix
ソーセージオニオングレービー&マッシュ  180B
ハムエッグ&チップス  210B
パイマッシュピーズ&グレービー  215B
※チキン&マッシュルーム、チーズ&ポテト、牛ひき肉またはチキン&ブルーチーズからセレクト

Sandwiches,Baguettes,Croissants + Jaffles
ホワイトまたはブラウンブレッド
バター、マヨネーズ、サラダ(野菜)
チェダーチーズ、モッツァレラチーズ、ブッチャーハム、ソーセージ、エッグマヨネーズ、ツナマヨネーズ、チキン、サラミ、ベーコン、BLT
65B~


Salads
新鮮なカットベジタブルのアイスバーグレタス添え(ビネグレット、マスタード、またはサウザンアイランドドレッシング)
レギュラー 60B   ラージ  100B
 追加トッピング
  チキン、サラミ、チーズ、ツナ、ハム、卵  30B


Baked Potatoes
焼き立てベークドポテト  90B
 追加トッピング
  卵、チーズ、コールスロー、ほうれん草  25B
  ベーコン、ツナ、ベークドビーンズ  30B

Sweet Things
バナナケーキ  30B
チョコレートブラウニー  30B
アップルパイ&アイスクリーム  95B
アイスクリーム(バニラ、レモン、ココナッツ、チョコレート、チョコレートチップ、ストロベリー)  20B/スクープ
フロート  45B


電話;077-238-615


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 09:45 | コメント (0)

2008年02月19日

ココナッツミルクを使わないヘルシーな酸っぱいカレーにトライ!

geensom.JPG

タイカレーといえばまろやかなココナッツミルクとピリッとした唐辛子の辛さがおいしいゲーンキオワン(グリーンカレー)やゲーンペッ(レッドカレー)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。日本のレストランではあまり見かけないメニューですが、タイ南部の家庭の定番メニューが酸っぱ辛いカレー「ゲーンソム」。ココナッツミルクを入れずタマリンドの酸味が利いたヘルシーなカレーです。

ゲーンソムの「ソム」とはタイ語で「酸っぱい」の意味。その名の通り酸味と辛味がうまくからみあったスパイシー好きの人におすすめのカレーで、「サワーカレー」と訳されることも多くあります。具は魚や根菜類が多く、タケノコなども人気の具です。写真は魚と瓜のゲーンソム。瓜の果肉にカレーがしみこみ、2日目はさらにおいしいこと間違い無しです!


ココナッツミルクは意外と高カロリーなので、カロリーを気にするダイエット中の方にもとってもおすすめ。ビールとよく合うのも見逃せない魅力です。


酸味の元となるタマリンド(マカム)は10cmほどのサヤの中に種とジューシーな果肉がついている野菜。タイのコンビにではよくドライフルーツとしても売られています。そのまま食べるものは甘味が強い種類、カレーに入れるものは酸っぱい種類のものを使います。


暑い季節に酸っぱい刺激でスカッとした気分になれる優れものです。タイの八百屋さんでは殻をむいてあるものが売られていますが、日本で作る場合はタマリンドはなかなか手に入らないので、ゲーンソムペーストを使うととっても簡単です。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 11:37 | コメント (0)

2008年02月14日

初回無料!本格ヘルスリゾートのヨガレッスン

アナンダ・ヨガ・リゾート
Ananda Yoga Resort


ananda resort (23).JPG


2006年に島の北西部ヒンコン・ビーチにオープンしたアガマ・ヨガ系列の本格派ヨガリゾート「アナンダ」。ヨガスタジオやヨギーショップ、ハーバルスチームサウナ、スイミングプールを備え、ヘルシーなバカンスで体と心をリセットしたい方にはもってこいです。月曜から土曜までヨガのレッスンを行っており、初回は無料、2回目からは250Bなので気軽にトライできます。

宿泊のご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

リゾート詳細ページ

ananda resort (22).JPG


チャオパオ・ビーチにあるヨガスタジオ、タントラの姉妹リゾートで、欧州でも有名なアガマ・ヨガ系列のため、レッスンのクオリティは抜群。オープン当初からヨーロピアンのヨギー、ヨギーニでにぎわっています。インストラクターになるための本格的なコースもありますが、初心者でも丁寧に教えてもらえるので安心です(レッスンは英語)。


デイリープログラム(月~土曜)
8;30-10;30  モーニングセッション;アーサナ(ヨガのポーズ)とティーチングスキル
16;00-18;00 アフタヌーンセッション;サンサルテーション(太陽礼拝)とアーサナ
18;00-19;00 イブニングレクチャー;セオレティカルティーチング(理論的ティーチングスキル)と質疑応答
20;00-22;00 レイトナイトレクチャー;映画またはドキュメンタリー、メディテーション、バジャン(ヒンドゥー教の賛歌)など


ヨガのほかタントラやベリーダンスなど季節によりさまざまなプログラムを開催しています。現在はウエスト周りのダイエットにも最適なベリーダンスのレッスンが開催されています。


ベリーダンス(月、水、金、土曜)
14;00-15;30

ananda resort (9).JPG


ananda resort (10).JPG

ハーバルスチームサウナは誰でも50Bで利用可能。14時から18時までのハッピーアワーはハーバルスチームサウナとスイミングプール、つめたーいシェークのセットが70B。ちょっと体にいいことをしたくなったらぜひ一度訪れてみてください。

ananda resort (11).JPG


ananda resort (7).JPG


アナンダ・ヨガ・リゾート
Ananda Yoga Resort

室数 16室
料金 バンガロー 1300B(フルムーン期間は1600B))
   ホテルルーム 700B(フルムーン期間800B)
※フルムーン期間は最低宿泊日数3日

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

客室設備
エアコン(バンガローのみ)
ホットシャワー
電話
冷蔵庫(バンガローのみ)

ファシリティ
レストラン(タイ&インターナショナル)
タイマッサージサラ
ヨギーショップ
インターネット
ハーバルスチームサウナ
フロント内セイフティーボックス
ランドリー

ananda resort (12).JPG

ananda resort (15).JPG


ananda resort (19).JPG


ananda resort (21).JPG

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 23:59 | コメント (0)

2008年02月13日

バレンタインはパンガン島で!ハーフムーンパーティもあります

candyshop heart.JPG


明日2月14日はバレンタインデー。ハーフムーンパーティがあるので、きっとバレンタイン用にスペシャルなデコレーションやイベントなどサプライズが用意されているはずです。

恋人の日「バレンタイン」はテレビでもバレンタインの話題で持ちきりです。バレンタインデーは元々古代ローマのルペルクス神をまつるお祭りで、かつてはフルムーンパーティも兼ねていたといわれているそうです。当時のお祭りは未婚女性が自分の名前を書いた紙をボックスに入れ、男性たちがそこから紙を引き、その年に付き合う相手を探す、というものだったようです。

タイでは女性が男性にチョコレートをプレゼント、という風習はありませんが、最近は日本の習慣をまねたのか、セブンイレブンにハート型のチョコレートを販売しています。一口サイズのハート型のチョコレートが簡単なギフト包装をされて数十バーツと超リーズナブル。折りたたむ形のカードの内側に8センチ程度のハート型チョコレートが内蔵されている郵送用チョコもありました。これも日本文化の影響なのでしょうか?


valentine rose.JPG
愛する人にバラの花を渡すのがタイの風習です

タイではバレンタインに男性が女性にバラの花を送るのがお決まり。告白も女性から男性ではなく、アプローチするとすれば男性からです。島にはトンサラに生花店が3箇所、今の時期は露天の花屋さんも出ていたりします。よりきれいにラッピングしてもらうなら生花店へ。トンサラにある島で唯一の信号つき交差点からすぐの場所と、ベックスビアバーの並びにも2軒の生花店があります。


指を刺して入れたい花を伝えれば、リボンやふわふわの包装紙なども用意しているのでかわいくアレンジしてくれます。タイでお花はとてもリーズナブルなので、たくさんのお花を買って抱えるほどの花束を作っても200~300B程度です。


orchid100.JPG
日常生活に溶け込んでいるカジュアル顔の蘭も


タイの花といえば蘭、また蘭といえば高級品というイメージですが、タイには1本5B以内で買えるリーズナブルな品種もあります。島ではよくカクテルなどに添えられていたりします。とはいえやはりタイ人の感覚でも蘭は高貴なイメージがあります。よりカジュアルで身近な花といえばプルメリア。南国の香りあふれる純白の花弁が島のあちこちで空に向かってのびのびと花を咲かせています。


plumeria100.JPG
ビーチリゾートの雰囲気あふれるプルメリア

☆美しいガーデンをもつおすすめリゾート☆

サラド・ビーチ・リゾート   北西部 サラド・ビーチ
ガーデン内にはさまざまな花々だけでなく、キュートなタイスタイルの彫像がたたずんでいます。立体感のあるガーデンのなかには生のハーブを炊くハーバルスチームサウナも備えています。


サンセット・コーヴ   北西部 チャオパオ・ビーチ
美しいサンセット、色とりどりの魚たちとサンゴ礁に囲まれたパーフェクトなロケーション。ウッドデッキと竹のひさしの散歩道でつながれたガーデンはとてもユニークで散策を楽しめます。タイスタイルのデザインヴィラは、オーナーの祖母の家をモチーフに丹精込めて造り上げられたものです。


サンティヤ・リゾート&スパ  北東部 トンナイパン・ビーチ
トンナイパン・ビーチのパノラマビューを堪能できる、モダンタイスタイルの高級チーク造りのヴィラリゾート。2006年6月にオープンしたばかりで、 プライベートプール付きのヴィラや、2室のベッドルームを備えた112㎡のヴィラ、オープンエアのサラ(タイ式の東屋)でトリートメントが受けられるスパなどを備えています。ワイルドで広大な庭園内には立体感のある巨大プールもあり、どれをとっても島内ナンバーワンのリゾートです。

ガーデン・ロッジ  南西部  バンタイ・ビーチ
広々としたリビングスペースを確保した別荘感覚の客室が人気。その名の通り自慢のガーデン内にプライベート感あふれるヴィラがたたずんでいます。客室数が少なくリピーターが多いため、3ヶ月以上前から満室になることの多い人気のスモールリゾートです。


ロング・ベイ・リゾート  北西部 ヤオ・ビーチ
広々とした白砂のプライベートビーチに面し、島内最大級の敷地を擁しています。美しい庭園内にバリを思わせるキュートなヴィラがたたずんでいます。リゾートの中には大小二つのプール、天井の高いシーサイドレストラン、タイマッサージハウス、インターネットなどなんでもそろうので、リゾートでののんびりおこもりバカンスをお考えの方にピッタリ!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 00:35

2008年02月09日

パンガン島の西岸で大きなサンセットを

bankaisunset1.JPG
バンカイ・ビーチから眺めるサンセット

島の南西部の海岸からはどこのビーチからも大きなサムイ島とサンセットを見ることができます。夕暮れ時の6時頃から日が沈む6時40分頃までの間はぜひ島のウエストコーストでサンセットをご鑑賞ください。

bnataibeach2.JPG
5時頃のバンタイビーチはまだ暖かく明るい光景


bantaisunset2.JPG
6時すぎ頃日が沈み始めたバンタイビーチ


banaisunset1.JPG
6時30分頃サンセットも終盤に近づきます

バンカイビーチを過ぎてハードリンへと向かう道の崖の上にあったビューポイントレストラン「トムヤムクン」は残念ながら2008年1月で閉店となってしまいました。ここは新しくリゾートとして生まれ変わる予定です。数は多くありませんがこのあたりにはいくつかローカルなレストランもあります。思いっきり地元の雰囲気を味わってみたい気分なときはこのあたりで、少しゆったりサンセットディナーを楽しみたい気分なときはバンタイビーチのリゾートがおすすめです。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 19:18 | コメント (0)

2008年02月07日

猫もニワトリも牛もフリースタイル!パンガン島の動物たち

cat-family2.JPG


島の動物たちはみんなとっても幸せそう。毎日南国のパラダイスでの~んびりしています。犬も猫もニワトリも象も牛もみんなつながれておらず、お互いにけんかもせず仲良く暮らしています。

cat-family1.JPG
猫の家族。おいしそうにおっぱいを飲んでいます


cat-family-eating.JPG
みんなで餌を食べます


chicken10.JPG
島にはいろいろな種類のニワトリが。闘鶏もたくさんいます


犬や猫が歩いているのはまだしも、島ではニワトリさんたちも自由に歩いているので初めていらした方はきっと驚かれることでしょう。お母さんを先頭にひよこがピョコピョコ歩いている姿はなかなかほほえましいものです。家の庭には隣のニワトリがときどき卵のおみやげを置いていってくれたりします。朝はもちろんコケコッコーが聞こえるのですが、日中もときどき鳴いています。ニワトリが朝以外にも鳴くことはパンガンにきて初めて知りました。そうそう、けして夜には鳴きません。


catandchicken.JPG
お互いを認め合っているご様子です

闘鶏は島のどこかでローカルに行われているらしいのですが、いまだ目にしたことはありません。魚同士が戦う闘魚!?もあると地元のおじさんに聞きました。ピラニア?は共食いはしないですよね…いったいどんな魚が闘うんでしょう??


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 23:36 | コメント (0)

2008年02月03日

タイ風豚足とろとろ煮込みご飯「カオカームー」

kaokaamuu.JPG


有名な鶏のかけご飯カオマンガイと同じくらい島のローカルに人気の「カオカームー」。鶏スープで炊いたご飯に煮込んだ豚足をのせたかけご飯です。じっくりと煮込んであるのでお肉が口の中でとろけるほど柔らか。韓国料理や焼肉屋で食べる歯ごたえのある豚足を想像しているとそのギャップに驚かされます。

chicken sp.JPG


この料理を注文するとどこのお店でもほぼ必ずスープと味付け卵が一緒についてきます。その店によりスープは豚肉と高菜のような野菜パッカドンだったり、鶏だしだったり、卵の味付けもさまざまですので、メイン料理だけでなくこのスープの味比べをするのもなかなか楽しいものです。


タイ米はさらさらとして消化も早いので、成人男性なら大盛り(ピッセート)を頼むのも良いかも知れません。また通常この料理は豚の上に油たっぷりのソースがかかってきます。脂っこいものが苦手な方は「マイサイマン」と注文してください。


パンガンでこの料理を食べるならトンサラへ。港からビーチ沿いにバンタイ、ハードリン方面へと続く道、小さなチャイナタウン沿いに数件のレストランがあります(下の地図ピンクの斜線付近)。この料理は華僑の人が得意とする中華&タイ折衷の料理のようです。ほとんどのお店がカオマンガイとのかけもち、お店に看板などはない超ローカルスタイルの屋台のような簡単なお店です。店先に鳥が吊るしてあるお店を探してください。お値段は30B程度。100円以内でおいしいものを心行くまで楽しめるのもパンガンの魅力のひとつです!

map_thongsala12.gif


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

Apple Store(Japan)


投稿者 aya : 14:10 | コメント (0)

2008年02月01日

バイクでお魚屋さんがやってきた!

bike-fish.JPG


パンガン島で最も大きな漁港は北部のシャロックラム。毎日船から上がったばかりのピチピチのシーフードが届きます。ここからピューっとバイクを飛ばしてお魚屋さんがやってきました。どれどれ今日の収穫は?ちょっと見てみましょう!


このお魚屋さん、シャロックラムの小さな町をくるっと一周するだけ(バイクなら止まらなければ3分程度)なので、氷や保冷剤は一切使用していません。冷やすことが必要ないくらい新鮮なうちにみんなの家に届いてしまうのです!


bike-fish-box.JPG
小さな白身魚でした。袋いっぱい2kg程度で40B(約120円)と激安。
ここでは1kg100B(約300円)以上すればもう「高級魚」です


このタイプの魚はあまりメジャーなものは少なく、「何かと一緒にとれちゃった」ような小さな魚や珍しい魚が多いのです。


日本ではスーパーで名前のシールの張られた魚を買うのが普通ですが、パンガンに住んでから名も知らぬ魚を見た目だけで購入という技が身についてきました。名前を聞いてもタイ語で帰ってくるので不明+魚の種類が多すぎて覚え切れないので仕方がないのですが、目玉のクリア度やうろこの具合、太り具合などからなんとなく判断します。大丈夫!大丈夫!近所の人もみんな食べてるので!


bike-fish1.JPG
ほいほいほいとビニール袋に入れるだけ。遠い場所に持って帰る場合は二重にしてもらいましょう

シャロックラムではいまはバンガローやら八百屋さんやらを営んでいるけれど、昔は漁師さんだった、というファミリーがたくさんいます。また仕事とは関係なくても釣りを趣味とする人もいっぱいです。桟橋で釣り糸をたっるだけでなく、友人2、3人と連れ立って日が暮れてからボートで本格的なフィッシングトリップに出かけるグループも。超大漁のときはご近所に分けてくれるだけでなく、市場に売りに出したりもするくらいです。


そうそう、先日桟橋で島のローカルのファミリーが仕掛けた網にかかった魚を収穫していました。ただ仕掛けを放置するだけの超サバイサバイ楽ちんシャロックラム式漁。小さな魚ですがたくさんとれていました。島ではお金持ちの地主さんなんかも道端で10Bのお菓子を売っていたり、こうしてタダで食材をゲットしたりしているのが普通です。ボロボロのTシャツを着て、10年はのっていそうなバイクに乗っている激リッチさんなんかもいて、本当にほのぼのです。


sanbashi-sakana.JPG
桟橋の仕掛けにかかった魚を小さい子供たちも興味深げに見つめます

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 22:31 | コメント (0)