Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月30日

意外に焼き魚も定番!島の夕ご飯

osakananohimono.jpg


タイと日本の夕食に共通するもの──それは焼き魚です。タイの家庭の夕食には、日本で見るのと同じようなお魚の干物がよく登場します。ちょっと違うのは盛り付け方。日本ではそれぞれのお皿に大根おろしを添えて盛り付けてあったりするのが通常ですが、タイではカレーやスープなどと同様、大皿にたくさん盛ってあるのが通常です。ここから自分のごはんの皿にそれぞれが自由にとって食べます。

味は辛味などはなく、まるで日本のアジの干物を食べているような気分になります。大きな魚の干物もありますが、焼き魚として食べるのはアジなど小さめな魚がポピュラーです。大きめな魚は焼いてからカレーの具として使用することもあります。


himono2.JPG
塩味がかなり濃いものも


yakizakana.jpg
もちろん開いていないタイプも


お魚にあうおかずは、辛くない透き通ったスープカレー「ゲーンチュー」。「ゲーン」とはタイ語でカレーの意味ですが、タイではカレーとスープの区別がほとんどありません。水気の多いおかずはすべて「ゲーン」と考えておけばOK。スープの具はチキンやキャベツ、白菜、ねぎなどの野菜などさまざまにアレンジできます。スープと白米と焼き魚の黄金トリオはタイでも健在です。

ゲーンチュー.jpg
ゲーンチューはまろやかでお腹に優しい一品

また、ココナッツミルクを入れないレッドカレーもこれまた◎。魚独特の臭みをレッドカレーのスパイスが絶妙に中和してくれます。そして白いご飯も欠かせない一品です。

redcurry.JPG
スパイシーなレッドカレー

なかなかタイ料理レストランで焼き魚が出ることはないので、タイの家庭の夕食は毎日グリーンカレーやパッタイなのではないかと思われる方も多いのかもしれません。日本人が日常の食卓で寿司やすき焼き、照り焼きばかりを食べているのではないのと同様、日本のタイレストランでのメジャーなメニューと家庭の食卓でのメジャーなメニューとはあまり一致しないのかもしれません。


タイの食事は意外に日本との共通点があったりします。島にいらしたら夕方の6時頃、家のまえのサラ(タイ式のあずまや)でご飯を食べている家族をちょっとのぞいてみてください。「サワディッカー」と挨拶すれば、夕食をご馳走してくれるかもしれませんよ!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 21:23 | コメント (0)

2008年09月27日

南国スタイルのムエタイを観戦!

muay thai 1.jpg


タイのエンターテインメントといえばムエタイとニューハーフショー。残念ながらパンガン島にニューハーフショーはありません(フルムーンパーティではセクシーに着飾った彼女たちを見ることができますが!)が、白熱のファイトが間近で見られるムエタイのスタジアムはリン・ビーチとトンサラに数箇所あります。

バンコクのムエタイスタジアムと大きく異なるのは屋外で行われることと、間近で観戦できること。アイランドスタイルにアレンジされたスタジアムは簡素ですが、南国の夜を余計に盛り上げてくれます。

ファイトが行われるのはフルムーンパーティの前と後に1回ずつと不定期に週1回程度。ファイトの前日には宣伝カーが島中を回り、どんな選手が戦うのかなど試合の見どころを拡声器で告げます。時間は21時30分頃からで、一度に5~7試合程度が行われるのが普通です。

kanban1.jpg
スタジアムの入り口にはこのような看板がかかげられます


今回はトンサラのスタジアムで21時30分にスタート、のはずでしたが時間になっても試合は始まりません。集まった人々は半分が観光客、半分が地元の人々といった様子。スケジュールどおりに始まらなくても誰一人文句を言わず思い思いのときをすごしているのがパンガン島らしいところです。


muay thai 2.jpg
手作り感が漂う素朴なスタジアム

料金は1人500B。タイの物価を考えるとあまり安いとはいえませんが、集められたお金は選手へのファイティングマネーとなるほか、寺などに寄贈するチャリティーの役割もなしているそうです。

選手が待機するバックステージも簡素なオープンエアのサラ(タイ式の小屋)なので、試合前の選手の様子も手にとるように見ることができます。試合用のユニフォームに着替えた選手をスタッフが懸命にマッサージ。基本はタイ式のマッサージで、メンソールの香りがするローションを体中に塗り、ときおり腹部などを強く叩いたりして激しいファイトに備えています。

1試合目はサムイ島出身の選手とパンガン島出身の選手。まだ十台で未熟さが残る選手ですが、その分気合は十分で、サポーターも叫ぶようにして選手を応援しています。顔にパンチやキックが決まると人々の歓声もひとしお。結局最終の5ランドまで両者引き下がらず、判定で引き分けとなりました。

muay thai 4.jpg
間近で観戦できるのが魅力


2試合目、3試合目と時を経るにつれ、選手のグレードが上がり、難しい技が決まったりと見所も増えます。3試合目には一人の選手が目の上を大きく切ってしまい、レフェリーの判断でファイトは途中で終了となりました。

最終試合のひとつ前に最も強い選手のファイトが行われるのが通常で、今回は地元パンガン島のリン・ビーチ出身の選手対バンコク出身の選手の戦いが4試合目にありました。5試合目はノルウェイ出身の選手とパンガン島出身の選手のファイトで、ノルウェイの選手はこれが始めての公の場でのファイトとあって、少々緊張している様子です。スタジアムに集まったたくさんの欧米人観光客は乗り出すようにして彼を応援、3ラウンド目にパンガン島出身の選手がノックダウンされて今夜のファイトは幕を閉じました。

全ファイトが終わると観客まで選手のように疲れ果て、それぞれの家路へと向かいます。スタジアム周辺には乗り合いのタクシーが複数待機しており、同じ行き先の客が集まったら出発します。もちろん元気な方はリンビーチへ直行!ちょうどクラブが盛り上がる時間帯です。リン・ビーチなら1台に5人以上集まれば1人50B程度からが目安、それ以下の人数で出発する場合は割増料金となります。タイならではのエキサイティングなムエタイをぜひ一度体験してみてください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 23:45 | コメント (0)

2008年09月22日

リニューアル&増設&不思議と場所が変わったパンガンのポスト

phangan-post.JPG
84280の数字はパンガン島の郵便番号。島中同一の番号です


パンガン島にも郵便局があり、ポストもあります。日本と同じ赤い色のこのポスト君、最近新しい形になって、「ここに?」というような場所に作られたり、なぜか数メートル移動したりしました。以前は赤い色がさびてぼろぼろで、大切な手紙を入れるのがためらわれましたが、今度のポストなら大丈夫そうです!

島は海風がふくせいか、金属ものの痛みが激しく感じます。いままでのポストはなんとも頼りない、忘れられた存在でしたが、これからはポストらしい役割を果たしてくれるでしょう。以前は駐在所の前にあったものが付近のセブンイレブンの前の目立つ位置に移動されるなど、場所も改善されたようです。


度々日本に帰ると電車のつり革の形が変わっていたり、ごみの分別やリサイクルの方法が変わったり、「改善」の努力が細かいところまでされていて、さすがだなぁと感じますが、タイの田舎のここパンガン島でもたまには生活に役立つ工夫があったりするもんだ、とちょっとうれしくなりました。


投稿者 aya : 16:10 | コメント (0)

2008年09月20日

とっておきのモデルプラン×4

leela beach222.jpg

あなたが旅に求めるものは何でしょう? パーティ、ダイビング、ヨガ、タイマッサージ、ビーチでの安らぎのひと時……。多彩な魅力のあるパンガン島は好みや気分により楽しみ方はさまざまです。島のメジャーなパーティを制覇したり、タイマッサージやヨガで美容と健康を取り戻したり、ご滞在を満喫するためのモデルプランをご紹介いたします。

modelplan1.JPG
①フルムーンパーティとビーチライフを満喫 4泊5日
午後便で深夜にバンコクに到着し、翌朝飛行機でサムイ経由でパンガンへ。2日目はビーチでゆったり、3日目にフルムーンパーティへ。4日目は午後から島内の気になるビーチをめぐり5日目に帰国。空港でマッサージやショッピング、仮眠などで数時間過ごすことがOKなら、バンコクエアウェイズの早朝プロモーション(2000B)の便が使えるのでお得です。

halfmoonmay06 (4).jpg
②フルムーン、ハーフムーン、ブラックムーン3大パーティを制覇 2週間~
フルムーンパーティの前日にパンガン入りし、1週間後にハーフムーンパーティ、その1週間後にブラックムーンパーティへ。ビーチパーティとジャングルパーティの両方を制覇できます。


modelplan32.jpg
③ヨガ&タイマッサージ三昧のヘルシーバカンス 1週間
午前中に1時間半のヨガのレッスンを受け、ランチの後は海でシュノーケリングを楽しんだりのんびりくつろいだり。北西部のヨガ・リトリートでは壮大なやしの林を眺めながらアットホームなレッスンが受けられます。またインストラクターを目指す生徒も多い国際的なヨガ機構によるアナンダ・ヨガ・リゾートはハーバルスチームサウナやヨギ-ショップなども備えています。詳細はこちら
疲れたら2時間のタイマッサージ(400~600B程度)を受けてからだの芯から癒される体験を。タイマッサージとヨガには密接な関係があります。バンコクのワットポーなどでマッサージのライセンス取得をお考えの方にも、アドバンスのライセンスに進む前にヨガを体験されることをおすすめいたします。


modelplan42.jpg
④ダイビングとムエタイに挑戦するアクティブな休日 2週間
最初の1週間はダイビング、次の1週間はタイの国技であるムエタイにチャレンジするコース。どちらもレッスンは英語ですが、リーズナブルな料金でハイクオリティな講習を受けることができます。ダイビングは最低3日間でオープンウォーターのライセンスを取ることができます。またハードやオダイバーズでは時期により日本人インストラクターによるレッスンを実施していることもあります。詳細はお問い合わせください。ムエタイは初心者ならぜひ1週間は続けて習いたいもの。ダイエットの効果も抜群です。


そのほか、「こんなことがしたいのだけどパンガン島の事情はどうかな?」「このフライトスケジュールで当日のパンガン入りは可能?」など、お気軽にご相談ください。また、パーティのスケジュールはこちらをご参照ください。


ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 21:24 | コメント (0)

2008年09月17日

ワイルドな北東部のビーチ パーフェクトガイド

panviman (4).jpg
トンナイパン・ビーチの中心部には岩場に造られた木の散策路が

手付かずの自然が多く残るエリアで、海岸沿いには切り立った崖になっているところが多く、その狭間に数か所の静かなビーチがたたずんでいます。特にサデット・ビーチへと流れ込む川の途中には、歴代の王に愛された美しい滝があります。南西部のバンタイから向かう車道が唯一の陸路ですが、舗装されていない部分も多くでこぼこしているので、バイクでのアクセスは避けたほうが無難。天気がよければシャロックラムまたはリン・ビーチから海路でアクセスするのも楽しい経験です。

クアド・ビーチ(ボトル・ビーチ)   Khuad Beach(Bottle Beach)

隔離されたビーチで自然に還るひととき

車道でつながれていないこのビーチへは、ボートまたは山道を歩いてアクセスします。まるで別世界のような静けさに包まれてリラックスしたいなら迷わずここへ。シャロックラム・ビーチからロングテイルボートで約5分行くと、映画「ザ・ビーチ」のような景色が広がっています。ボトル・ビーチという名の由来は、電気がないためビールのボトルをたいまつとして使っていたから、初めて発見された時にビーチにボトルが流れ着いていたから、など諸説あります。長期滞在者や古くからのパンガン島ファンに人気が高いビーチです。

bottle beach11.JPG

bottle beach (2)2.JPG

bottle beach (4)3.JPG


トンナイパンノイ・ビーチ   Thonnaipan Noi Beach

ジャングルを越えてたどりつく秘境

二つにわかれたトンナイパン・ビーチの北側で、10軒ほどのリゾートのうち数軒はラグジュアリータイプ。小さな村があり、雑貨屋やインターネットカフェ、バーも数件そろっています。北端にはビューポイントがあり、湾状のトンナイパンを一望にできます。

tnp noi tnpbr.JPG


トンナイパンヤイ・ビーチ    Thonnaipan Yai Beach

ホワイトサンドと澄み切った海の楽園

緩やかなカーブを描く約1kmの長いビーチにバンガローが点在。上級者向けのロッククライミングスポットもあります。周辺は手付かずの自然が残るジャングルで、タイ語で「タクアド」と呼ばれる大きなトカゲなど多様な生物が生息しています。

tnp yai pens.JPG


サデット・ビーチ    Sadet Beach

ラマ5世に愛されたロイヤルビーチ

タンサデット川が海に流れ込む場所にあるビーチで、クリスタルのように輝く美しい海と自然を堪能することができる静かな場所です。付近にはラマ5世に愛されたタンサデット滝や、ラマ5世の石碑などがあり、澄んだ空気の山道を散策することができます。

haadsadet1.jpg

トンレン・ビーチ   Thong Reng Beach

風と波の音に包まれた理想の空間

サデット・ビーチのタンサデット川を挟んで南側に位置します。100mほどの小さなビーチで、風のせせらぎとかすかな波の音だけがこだまする、スピリチュアルな世界が広がっています。ビーチの両端に素朴なバンガローがたたずんでいます。サデット・ビーチからは徒歩5分ほどでアクセスでき、ナムトッゥク・ビーチ方面に南下する約2kmの山道もつながっています。


マップはこちら


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 22:47 | コメント (0)

2008年09月16日

どうやって使う? タイの極楽三角枕

sandy bay AC (6).jpg

タイのレストランやリゾートで、三角形のクッションのような座布団のような枕のようなものに出会ったことははありませんか? 最初は使い方が分からないという方も多いのではないでしょうか。実はテレビを見るときも昼寝をするときも、大活躍してくれる万能枕です。

sari-makura.JPG
サリカンタンのヴィラにおかれた三角枕

背もたれの三角の部分から座布団のような四角いマットがつながっており、三角の部分の大きさ、座布団部分の長さともにいろいろな種類があります。柄はタイらしい象さんなどで、色もさまざま。中身には弾力のあるパンヤやイネワラなどの植物がぎっしり詰め込まれており、ちょっと固めの絶妙な触感を作り出しています。

この三角枕が島では至るところに置いてあります。人の集まるところには必ずあるといっても過言ではないくらいです。何か用事がお店やリゾートを訪ねると、「まぁまぁまず、そこに座って」と言って冷たいお水を出してくれたりします。要件だけ済ませてささっと済ますのではなく、世間話から始めようというのが島のスタイル。本当に急いでるのに!とイライラしてしまうこともありますが、枕に横たわってのんびりしていると、あせっていた自分がバカらしく思えてきたりします。アイランドマジック!

sankakumakura.jpg
ココハット・ヴィレッジのレストランにも

正座の苦手な方もこの三角枕によりかかると楽に座ることができます。欧米人の旅行者は普段フロアに座ってテーブルを囲むという習慣がないので、かなり重宝しているようです。

この三角枕のおすすめの使い方です。
1 寄りかかってテレビや映画を見る
→斜めによっかかったり、座ったり、背中に当てて寝たり、長時間でも色々な体勢で快適!

2 三角の部分を枕にして寝転びお昼寝
→南国バカンスの夢が見られるかも

3 フロアに座るときに片方に寄りかかって食事
→ちょっと寄りかかるだけで、普通に座るのより10倍楽チン

4 木のベンチやビーチに置いて快適に座る
→座る面が悪いとき、程よい硬さ三角枕でお尻快適度満点

5 小さめのタイプはインテリアにもGOOD!
→アジアンテイストの癒しの雰囲気でお部屋が大変身!

さらに寝転がって使用するとき、足元にもうひとつの三角枕を置いて足置きにするという裏技もあります。これでつらいむくみも解消!


お土産にも人気のこの枕ですが、持ち帰る際に注意したいのがその素材。中身にイネワラを使っていると日本の空港で没収されてしまいます。パンヤ綿を使っているものを選んでください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 16:36 | コメント (0)

2008年09月14日

島のメイン港トンサラ

thonsalatown (11).JPG


定期船が就航する港は西部のトンサラと南部のハードリンのふたつ。ハードリンはサムイ島のビッグ・ブッダ港とを結ぶハードリンクイーンのみが発着する港で、そのほかの船はすべてトンサラから運行しています。サムイ島やタオ島のほか本土のドンサック、スラタニへ多種のフェリー会社がさまざまな大きさのフェリーを出しています。

thonsalatown (12).JPG
桟橋は3箇所にあり、利用するフェリー会社により乗船場所が異なります。桟橋の袂にあるチケットカウンターでチケットを購入し、長い桟橋の先から乗船します。


thonsalatown (13).JPG
定員100名程度のフェリーから
車やバイクも運べる大型船までさまざま


thonsalatown (14).JPG
港に面したパンガン・チャイ・ホテルの先には豊かな自然が

thonsalatown (15).JPG
すぐ沖には二つの小島が浮かんでいます


フェリースケジュールはこちらをご参照ください。


map_thongsala11.gif


そのほかのパンガン島マップはこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:45 | コメント (0)

2008年09月11日

特性サルサソースが自慢!トンサラのメキシコ料理「アンドゥー・ロコ」

ANDO-CUCTUS.JPG

Ando Loco
アンドゥー・ロコ

トンサラ メキシコ料理 
パンガン島でちょっと一味違うものが食べたいな~と思ったときにおすすめなのが本格メキシカン料理の「アンドゥー・ロコ」。メキシコ料理といえばタコスやナチョスなどが思い浮かびますよね!メキシコ料理は小麦粉やとうもろこしの粉から作った薄い皮にチーズやお肉、サルサソースなどを包んで食べるのが基本。包んで食べる皮は柔らかいもの、硬いもの、暖かいもの、冷たいめたいものなどいろいろあり、中に包む具やトッピングを自分の好みで自由自在にできるのが魅力です。

ANDO=BARCOUNTER.JPG
ワイルドなオープンエアのバーカウンター

味の決め手はなんといってもフレッシュなトマトを使ったサルサソース。これがクリームチーズとベストマッチなのです。そしてビールやカクテルとも抜群の相性。メキシコというとカウボーイハットをかぶった渋い男性が砂漠のなかのバーでサボテンを眺めながら気持ちよくお酒を飲んでいるイメージはありませんか? ここはそんな陽気なメキシカンの雰囲気を堪能できる場所。マナーなどは一切気にせずにわいわい楽しめる、お酒好きの方におすすめのレストランともいえます。


ando-logo.JPG
オーナーはお店のロゴにそっくりなアメリカ人のアンドリューさん。
あだ名はもちろんアンドゥーです。


ANDO-SEATANDHANMOC.JPG
店内にはのーんびりできるハンモックも。
パーティ前の腹ごしらえ&くつろぎタイムにぴったり


さて、メキシコ料理の料理名はなんとなく聞いたことがあるけれどいまいちどんなものかが分からない、という方も多いはず。ここでは基本的なメキシコ料理ワードを解説いたします。オーダーの際にご参考ください。

エンチラーダ;サルサにつけて食べるものの総称。ひき肉などの具をまいたトルティーヤにサルサやチーズをかけたもの
ケサディーヤ;トルティーヤにチーズをはさんで焼いたもの。サルサにつけて食べる。
サルサ(ソース);サルサとはスペイン語でソースの意味。トマトやチリ、玉ねぎなどから作られるものが基本
タコス;トルティーヤに具をはさんだり巻いたりして食べる料理
トルティーヤ;小麦粉またはとうもろこしの粉から作る皮、これを揚げたものがかりっとしたトルティーヤチップス
ナチョス;揚げたトルティーヤチップスにとろけるチーズをのせた料理
ファヒータ;温かいトルティーヤで具を包んだもの


アクセス;トンサラとハードリンを結ぶメイン通り沿い。トンサラから約1km、ビーチ側

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)


主なメニュー


Appetizers

チップス&サラダ  65B
 塩味のトルティーヤとフレッシュサルサソース
ザ・ボス・オブ・コ・パンガンズ・ナチョス  160B
 トルティーヤチップスの牛ひき肉、グリーンオニオン、トマト、サワークリーム、スライスハラペーニョ、ナチョチーズソース添え
 (ステーキ肉のトッピングはプラス30B)

Bites

ケサディーヤ 69B~
 ジャンボトルティーヤのチーズ包み
 (フレッシュサルサとサワークリームのトッピングはプラス20B)
タコス  45B
 好みのお肉(ステーキ、チキン、マリネポーク、またはチーズとサワークリーム添えの野菜)とソフトトルティーヤ、フレッシュトマト、オニオン、チリサルサ添え
サンドイッチ・メキシカーノ  80/90B
 ホワイトブレッドロールに好みの具(ステーキ、チキン、マリネポーク、野菜)と豆、チポレマヨ、きゅうり、ピコサルサ添え
 

Meals

チキンエンチラーダ・ディナー  180/200B
 ローストハーブチキンのコーントルティーヤ包み(2ピース)のとろけるチーズとレッドチリソース添え、ロースとコーンのチラントロライスとアンドゥーズ・リファインドビーンズつき
ドランケン・ファヒータ・フィースト  230B
 チャーンビールとスパイシーマリネチキンブレスト、オニオン&ブラックペッパー添え、オリジナルグリーンライス、サワークリーム、ピコサルサ、チーズ&トルティーヤ3枚つき


Combinaciones
(それぞれ好みのお肉をチョイス)

ザ・2タコプラッター  160B
 ミートタコス2ピース、チーズ、ライス&ビーンズ、サワークリーム、ピコサルサ添え
ザ・タコ&ケサディーヤプラッター  200B
 タコス1ピース、チーズ、ケサディーヤ、ライス&ビーンズ、サワークリーム、ピコサルサ添え
ザ・フィエスタ(エブリシング・バット・ザ・ピニャータ)  350B
 ハウスマルガリータ、スモールチップス&サルサ、ケサディーヤ1ピースのディナープレート、チミチャンガ1ピース、タコス1ピース、ベジーアンドゥーカップ、サワークリーム&ピコサルサ添え


Sides

フレンチフライ  59B
チーズフライ  99B
アンドゥーズリファインドビーンズ  59B

Tel;086-7807200

投稿者 aya : 23:00 | コメント (0)

2008年09月06日

パンガン島で見逃せないセレクトショップ詳細レポート!

scuba (42)gaikan.JPG

パーティ&ビーチで待ったりがお約束のパンガン島でショッピング、といってもあまりピンと来ない方も多いのでは?

実際パンガン島はプーケット島のように大きなショッピングセンターがある高級品のお買い物天国ではありませんが、ところどころにユニークな品、手作りのアクセサリーやハンモックを販売する、見逃せないショップがあったりします。


scuba (10)funky-glasses.JPG
このサングラスグラス部分が通常の2倍以上はある超巨大バージョン!
でも耳にかける部分は通常通りできていて、実際にかけることができます

チャイナタウンにオープンしたスキューバもその中のひとつ。ひとくせありながらもワードローブに取り入れやすい、しかもリーズナブルなアイテムがそろっています。今日は実際にいまお店に並んでいるおすすめアイテムをご紹介です!

scuba (12)brown.JPG
ブラウンのトップスは650B

scuba (20)yoga&shoes.JPG
ヨガ好きオーナーこだわりのヨガセクションもあり

scuba (18)yoga.JPG
丈夫なヨガマットケースは280B。生成とデニムの2パターン。
ヨガマットにはこだわっていても以外にケースはいいのが…という方は多いはず。
私もそのひとりなので、早速ゲット!

scuba (26)gebara.JPG
ゲバラ風のイラストがちりばめられた超ショートパンツ。パーティにもってこい!


scuba (24)map.JPG
マップ柄のトップス。派手ですが、なんかさわやか!!


scuba (34)onepi.JPG
セクシーなワンピだってあります


scuba (29)inazuma.JPG
キラキラの稲妻シャツ 490B


scuba (3)laser-back.JPG
程よい光沢が◎のバッグ。荷物がたくさん入ります


scuba (37)mens-pants.JPG
メンズも裏原系のファンキーなアイテムがいっぱい。ショートパンツ980B


scuba (39)mens-pants-back.JPG
後ろはこんな感じ


scuba (40)mens-pants-up.JPG
近づいてみると…小さい骸骨がいっぱい!!かわいい~


scuba (50)caps.JPG
キャップやサンダルも各種そろいます


scuba (52)bag-sholl.JPG
バッグやショールはプチプライスなので、自分用と友達へのお土産用にも!


ローカルの中でいま一番評判のこのショップ。「あれー久しぶり!あなたも見に来たの?」なんて、ご無沙汰の友人にここで会えたりもします。親切な日本人オーナーのお店なので、ご旅行の際はお気軽にお立ち寄りください。


scuba
スキューバ

Address: 32/3 Moo 1 Thonsala
tel: 084-443-0506
Opening hours:10:00~20:00
Access:トンサラ港南端のチャイナタウン入り口から徒歩約2分。バンタイ・ハードリン方面へ向かうバンタイロードの始まる信号のある交差点の30mほど手前

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 01:08 | コメント (0)

2008年09月01日

パンガン島の中華街にクール&キッチュなセレクトショップがオープン!

scuba.JPG

トンサラのチャイナタウンにとってもクールなセレクトショップがオープンしました。ここのオーナーはなんと日本人女性。正直どよ~んとしたチャイナタウンで異彩を放っているこのお店、早速のぞいてみましょう!

scuba2.JPG


ショップの中にはレディス&メンズのカジュアル&キッチュな洋服のほか、ヨガアイテム、帽子やサンダル・ショールなどの小物も満載。Tシャツは300B以下からととってもリーズナブル。島のローカルのお土産やさんとそう変わらない価格でクールなアイテムが入手できるので、在住者にとっても貴重なショップです。

次回はおすすめの品々をご紹介します。お楽しみに!

scuba
スキューバ

Address: 32/3 Moo 1 Thonsala
tel: 084-443-0506
Opening hours:10:00~20:00
Access:トンサラ港南端のチャイナタウン入り口から徒歩約2分。バンタイ・ハードリン方面へ向かうバンタイロードの始まる信号のある交差点の30mほど手前

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

Apple Store(Japan)


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 01:53 | コメント (0)