Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月27日

パンガン島のフェリーに飾られた日本画

seatran-ferry-seat.JPG


パンガン島とお隣の大きな島サムイを結ぶカーフェリーは1日1本のみ。所要時間が約1時間と遅く、サムイでは空港やリゾートから遠いナトン港着のため、旅行者の方の利用はほんの少しですが、パンガン島民にとっては車でサムイへ行ける大切な唯一の手段。サムイ島で家具や電化製品なんかを買うときになくてはならないものです。実はこのフェリー、日本で使われていたもののおさがり。いたるところに日本語があるのはもちろん、「阿蘇」という名の絵も飾られています。

このフェリーは3階建てで、1階が駐車場、2階がオープンエアーのシート、3階がエアコンつきで売店などのあるメインの客室となっています。注目の「阿蘇」のあるのは3階の客室。かなりレトロな雰囲気のオレンジ色のシートが並び、両脇をテレビに挟まれて鎮座しています。

seatran-ferry (3)aso.JPG
1980年に描かれたらしきこの絵。はるばるパンガン島にくることになるとは!


絵の真ん中、上部には時計もかけられてしまい、あんまりな扱い…。でも絵の前には50cmほどの敷居があり、絵に近づいたりさわったりできないようになっています。色彩豊かな絵でないためか、なんだかもの悲しいこの風景。南国タイの島なのに阿蘇の渋い山々を眺めながらの1時間の航海。普通なら青いビーチにやしの木なんかがたっている絵をみていたいものです。


seatran-ferry (2)kinen.JPG
シートには日本語も。そうみなさん客室内はキンエンで!

seatran-ferry (5)dog.JPG
タイらしくドリアン禁止のサインがあります。
犬もNGです


seatran-ferry (6)departure.JPG
パンガン島を出発するのは朝の7時。帰りは寒いから19時の1本ずつのみです


seatran-ferry (7)seat-2.JPG
2階席。


seatran-ferry (11)massage.JPG
マッサージの受けられるリクライニングシートもあります


冗談でも「ぜひ一度乗ってみてください」とはいいがたいこのフェリー。サムイ島からパンガン島へのボートの最終便は18時半のビッグブッダ発ハードリン行きハードリンクイーン号。こちらのフェリーのほうが30分遅いのですが、空港からビッグブッダ港へは約5分、ナトン港へは45分ほどかかるため、実質ハードリンクイーン号が最終のチョイスです。でもナトン港付近にもし万が一いらっしゃった場合はこちらのフェリーをどうぞ!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 00:26 | コメント (1)

2008年10月24日

パンガン島にもあります!日本人オーナーの温かな和食レストラン「海渡」

kaito-gaikan.JPG


タイのはずれの小さな島パンガンにも本当の日本食が食べられるレストランがあります。親切な日本人のご夫妻がトンサラの「海渡」でなつかしい和食を味わってみませんか? 毎週金・土曜日は新鮮なお刺身も食べられるスペシャルデーです!

kaito-sakana.JPG
日本人オーナーだからこその確かな味と気配りが◎

日本人の夫妻による温かい家庭料理が楽しめる和食レストラン&バーです。定番の豚のしょうが焼き定食(120B)や親子丼(70B)のほか、関西風お好み焼き(80B~)や冷奴などのおつまみもあります。アサヒ生ビール(80B)や日本酒も楽しめるのも魅力です。(生ビールが品切れの際はアサヒ瓶ビールを提供)。また生ビールの4杯目無料といううれしいサービスものん兵衛さんにはうれしいところです。

don-kaito.JPG
海外で無性に懐かしくなる丼ものは日本人以外のお客さんにも人気だとか


毎週金、土曜日は新鮮なお刺身が堪能できる日。パンガン島では毎日新鮮なシーフードが水揚げされていますが、タイでは生で食す文化がないため、なかなか味わうことができません。でも新鮮なシーフードと聞けば生で食べたいと思うのが大和魂!ここで思う存分楽しんでください。


kaito-salmon.JPG
タイの南の島で味わう海の幸はまた格別

日本の文庫本の貸し出しも行っています。旅の相談に訪れるのも、ほかの日本人旅行者との情報交換の場としても!

海渡
Kaito

Address:214/6 Moo1 Thongsala Tel: 077-377738
Access:トンサラの銀行やセブンイレブンのあるメイン通りを港からバンタイ方向へ歩いて約10分、道沿い左側。テスコ・ロータスの50mほど手前のガソリンスタンド向かい。クリニックと同じビル。
ラストオーダー21:00(不定休)

投稿者 aya : 15:18 | コメント (0)

2008年10月21日

パンガン島ローシーズンのビーチを貸しきって遊ぶのはローカルキッズ!

salad-kids.JPG


6から9月の夏休みシーズンが終わり、10月11月はパンガン島が一番静かなとき。10月末から11月は風が強く強い雨が振るいわゆる雨季ですが、まだ雨はあまり降りません。人影の少ないビーチで贅沢に羽を伸ばしているのは地元の元気なキッズたち。タイの子供は水着を着たりせず、そのままの格好で泳ぐのが常識。帰りはもちろんびちょびちょですがお母さんに怒られたりはしません。

昨日から11月1日まではトンサラの港前でお祭りが行われています。美しく飾った船に僧侶が乗って繰り出したり、ボートレースも行われる予定。1週間ほど前からボートの練習するチームを見かけましたが、このためだったようです。


salad-kids-up.JPG
海での遊び方はさすがに慣れたもの!おもいっきりエンジョイです

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

 iTunes Store(Japan)

Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 14:42 | コメント (0)

2008年10月18日

甘~い誘惑 タイのドーナッツ

donut-up.JPG


ドーナッツといえば洋風のお菓子。タイにはそぐわないのでは…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。ところがところが、タイでもドーナッツは大人気。島にもドーナッツ屋台があるのです。

お隣のサムイ島にあるディスカウントスーパー「テスコロータス」内には日本では見かけなくなってしまったダンキンドーナッツもあります。そちらではストロベリーチョコがきれいにかかったものやオールドファッションなど多種多少なおしゃれドーナッツがそろいますが、なにしろここは素朴な島の屋台。ドーナッツの種類は3、4種程度です。

donut&pizza.JPG
ドーナッツと同様幅広い世代に人気のピザも販売


基本はやはり真ん中が空洞になった「ザ・ドーナッツ」型のもの。揚げたてをほおばるのが最高です。暑い国でもやはりホフホフしながらアツアツをいただくのはとってもいい気分。お店にもよりますが日本のものより甘味が強い印象があります。


カレーパン型のドーナッツもありますが、実は中身はカレーではなく甘く味付けしたお芋です。タイカレーに少しとろみをつけて包む「タイカレードーナッツ」も食べてみたいものですが一度もお目にかかったことがありません。カレーパンは日本が誇る文化なのですね!


中華系オーナーの店の場合ミニサイズの中華風ドーナッツを販売していることがあります。こちらは一口サイズでたいてい1個1B(約3円)。サクサク感が強いのが特徴で中に具などは入っていません。


タイの人々は男性も女性も骨格が細く、スレンダーな体系の人が多いのですが、みんなおやつを食べるのが大好き。なぜ太らないの?と疑問になるくらいしょっちゅう何かを口にしているような細身の女の子がたくさんいます。その秘密はきっと1回の食事量がミニサイズだから。タイを旅行された方はラーメンを注文してボリュームが小さいことに驚いた方も多いのでは? 幼い頃からちょっとずつ色々なものを1日に何度も食べる文化で育ったタイガールは食べたいものを好きなだけ食べているように見えて体型を見事に維持しています。見習いたいものです。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 22:25 | コメント (0)

2008年10月14日

パンガン島の屋台でタイのB級グルメを制覇!

thonsalayatai1.JPG


パンガン島を旅するならやっぱり外せないのが屋台グルメ。高名なシェフの下で修行した高級レストランの味に対し、こちらはお母さん、おばあちゃんから代々伝わる伝統の味。なんといっても人気抜群のヌードル屋台と、タイの人気料理を格安で味わえる注文式のおかず屋台をご紹介します。

屋台の種類は千差万別で、ソムタム屋台、スイーツ屋台、フライドチキン&炭火焼チキン屋台、タイソーセージ屋台などその数は限りなし! それぞれが専門の料理を毎日毎日作りこんで極めているので、格安ながらその味は抜群。手際よい料理人の手つきを眺めているだけでも惚れ惚れとしてしまいます。


4mennoodle.JPG


タイ人にも日本人にも定番人気といえばやっぱりヌードル。ここでは米の粉から作った麺または日本のラーメンのような黄色い卵麺、インスタントヌードルの麺の3種を選ぶことができます。またスープ麺(ナーム)のほか、油そばのようにタレを麺にあえる汁無し麺(ヘン)もあります。タイではヌードルは軽食程度に考えられているので1杯のボリュームは少なめで日本のラーメンの2分の1~3分の2程度です。


thonsalayatai2.JPG
注文式のおかず屋台。ローカルに大人気なのでいつもとっても大忙し


屋台とはいえ本格的なタイ料理を食べられるのがこちらの注文式屋台。パッタイやパッカナームークロップなど炒め物や揚げ物のベーシックメニューならほとんどなんでもそろっています。おかずを何品か注文し、白いご飯とともにみんなで分けて食べるもよし、最初からご飯の上におかずをかけてもらうもよし。簡単ないすとテーブルですが屋台の脇には通常お召し上がりスペースがあるので、この場で食べるときは「ギン・ティーニー」、持ち帰るときは「サイトゥン」とオーダーしてください。


patpaktalay1.JPG
注文式のおかず屋台で食べられる野菜とシーフードの炒め物「パッパックタレー」


kaikiaomuusap1.JPG
ひき肉入りのタイフウオムレツ「カイキアオ・ムーサップ」

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 09:49 | コメント (0)

2008年10月11日

バンコクエアウェイズのブティックラウンジ@新空港

bkkairboutiquerounge (4).JPG


バンクのスワンナプーム新空港にはバンコクエアウェイズ利用者専用のブティックラウンジがあります。ここはエコノミークラス利用者も全員が利用できる太っ腹な施設。デラックスなソファにフリーのインターネット、もちろんタイスイーツやフルーツ、各種ケーキなどもそろっています。新空港では乗り継ぎに余裕を持ってここで楽しむのもおすすめです!

このブティックラウンジは国内線A2ゲート付近に位置しています。新空港はやはり全体的に広いため、ご搭乗のゲートからは数分歩かなければいけない場合もありますが、わざわざ訪れる価値アリのデラックスなラウンジです。バンコクエアウエイズの搭乗者全員が無料で利用することができます。


bkkairboutiquerounge.JPG
入り口でチケットを提示して入場


bkkairboutiquerounge (1).JPG
カラフルなソファが並んでいます


インターネットは受付で航空券を提示し、パスワードをもらえば無料で利用できます。日本語もOK!セルフサービスの軽食コーナーにはフルーツやスイーツが置いてありますが、品揃えは日によって異なり、訪れるタイミングによってもラッキー、アンラッキーがあります。ココナッツミルクで炊いたまったりのタイのもち米でバナナをくるんだものや、ココナッツミルクのプリン風のタイスイーツなどがおすすめです。バナナの皮に包んであり食べるときちょっと手がべたべたになりますが試してみる価値ありです。


bkkairboutiquerounge (2).JPG
セルフサービスのドリンク&スナックコーナー


bkkairboutiquerounge (3).JPG
この日はバナナやパウンドケーキ、もち米やバナナのタイスイーツが並んでいました

bkkairboutiquerounge (5).JPG
フリーペーパーや英字新聞も豊富

bkkairboutiquerounge (6).JPG
思い思いにくつろげる雰囲気です

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 18:50 | コメント (0)

2008年10月04日

パンガンらしくない!?五感で味わうガーデンレストラン「menu」

MenuPhangan01.jpg


伝統的な西洋料理のテクニックにアジアのアイデアをきかせた創作料理のコンテンポラリーダイニング「menu」。パンガン島にありながら、パンガンらしくないレストランともいえる場所です。味はもちろん盛り付けの美しさも島内随一、ワインの品ぞろえも豊富。特別な夜を過ごすのにぴったりな場所です。すばらしい庭に囲まれたこのレストランは島の西部の静かなエリア、ヒンコン・ビーチにたたずんでいます。特別な気分の日に行ってみたいこのレストラン。ただいまパンガントラベラーにてご予約の方に10%オフのスペシャルクーポンを進呈中です。

MenuPhangan03.jpg
シートは約30席

ヒンコン・ビーチのビーチ沿いのメインロードからプライベートな小道を100mほど奥に入った場所にあり、隠れ家レストランといった雰囲気。ナチュラルテイストの店内にはローカルアーティストの絵画が飾られ、リラクシングながら凛とした品を持つ空間。外を見渡せば手入れの行き届いた南国スタイルのお庭が広がっています。


MenuPhanganBar04.jpg

オーナーシェフのニック・ホールさんはイギリス出身。緑茶でスモークしたやわらかなダックにタイの黒米のもち米と唐辛子のジャム添えた一品など、料理を愛するニックさんだからこそのアイデアメニューをたくさん考案しています。運ばれてくる料理はどれもため息が出るほど美しく、まるで美術品のよう。下だけではなく五感をフルに使って味わいたい品々です。

MenuPhanganChef.jpg
フレンドリーなシェフとの会話も楽しみの一つ


MenuPhangan04.jpg
テラス席も人気


タイ人の奥様との間に8ヶ月の赤ちゃんがいる素敵なパパの顔も持っています。子煩悩なニック産ならではのサービスもあり、小さなお子様をお連れの方には無料でハインツのベビーフードを提供してくれます。


MenuPhanganBar01.jpg
バーカウンターにはレストランメニューよりリーズナブルなおつまみも


12月24日と25日にはクリスマスメニュー、大晦日にも特別メニューの用意があります。ロマンティックなひと時をお過ごしください。


メニュー
menu

住所;19/8 Moo 6 Hin Kong Beach
営業時間;11:00~ 14:30、18:00~22:30
電話;089-2897133
定休日;月曜
アクセス;トンサラのパンティッププラザ(セブンイレブンから約10m)の十字路をウォクタム、ヒンコンビーチ方面へ110mほど進み、突き当りのスアン・イン・バンガローを左折。ビーチ沿いのメインロードを2kmほど直進し、ウォクタムの小さな桟橋のあるY字路はビーチに沿って左側へ。JJ'sリゾートを越えて「menu」の看板がある小道へ右折

メニュー


MenuPhanganDining3.jpg


ファースト・コース

グリーンティー・スモークド・ダック 黒米のもち米と唐辛子のジャム添え  135B
ローステッド・トマト&バジルスープ   90B
ビーフカルパッチョ、パルメザン、ロケット菜&オリーブオイル  140B
カニとアボガド、グリーンビーンズのサラダ&トマトゼリー   150B


MenuPhanganDining7.jpg


メイン・コース

ビーフフィレ、ホースラディッシュのマッシュ&ワイルドマッシュルームグラタン  370B
ポークベリーのブレイズ、赤キャベツ&タイシャロット  マディラソース   285B
キングフィッシュ(ヒラマサ)のオーブンロースト、ロスティポテト 赤ワインとベーコンのソース   270B
パンフライド・ダックブレスト、ココナッツライスケーキのグリル オレンジとブラックキュラント(カシス)のソース   310B

デザート

糖みつタルト、バニラアイスクリーム添え   140B
暖かいチョコレートブラウニー、オレンジアイスクリーム添え   130B
パッションフルーツ&ライムチーズケーキ   125B
バノフィーパイ(コンデンスミルクのタフィーのバナナのせパイ)  120B



クリスマスメニュー

ダック、チキン、スモークドベーコンテリーヌ、ポテトのサラダ
オレンジ&ミントのソルベ
ローステッドターキーブレストとつけあわせ
クリスマスプディング ブランデーソース

500B


クリスマスメニュー・ベジタリアン
ワイルドマッシュルームのフリカッセ(蒸し焼き)
オレンジ&ミントのソルベ
ローステッドベジタブルたると、パンプキン&フェタのサラダ
クリスマスプディング(牛・羊など不使用) ブランデーソース

450B

大晦日の特別メニュー
ブルースイマークラブのトルテリーニ トマトエッセンス
レモン&ライムのソルベ
パンフライド・レッドスナッパー、アボガドと唐辛子のリゾット、バルサミコリダクション
うずらのロースト&ベビービートルート、ポテトのソテー ポートワインとブラックキュラント(カシス)のソース
糖蜜のタルト、ホワイトチョコレートアイスクリーム

750B


大晦日の特別メニュー ベジタリアン
パンフライド・セサミコーテッド・ゴートチーズ
レモン&ライムのソルベ
ローステッドパンプキンと松の実のリゾット
糖蜜のタルト、ホワイトチョコレートアイスクリーム

750B

ワインリスト

MenuPhanganWine01.jpg



2004 Village Farm Chenin Blanc    850B
2005 Fabiano Soave 990B
2004 Chateau Lapeyrouse AC 1100B
2002 Willowglen Chardonnay 1100B
1999 Santa Monica Late Harvest Semillon 1000B
2002 Klipfel Riesling AC 1350B


MenuPhanganWine02.jpg



2005 Trivento Malbec       900B/ 160B(glass)
2001 Chateau Philao La Gravelle     1050B
2003 Three Ponds Shiraz 1100B
2003 Angus The Bull Shiraz 1400B
2004 Laboure Roi Bourgogne 1450B
2001 Gulf Station Pinot Noir 1500B


シャンパン&スパークリング&ロゼ
Chateau de Loei Rose     950B
n/v Veuve Cliquot     3500B


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 00:52 | コメント (0)

2008年10月03日

メディアでも話題のヒップリゾート マンダライが3泊で1泊分無料、5泊で2泊分無料に!

manjac.bmp


「マンダライ」は、いわゆる瀟洒な高級ホテルとは異なる、ユニークなデザインとサービスが魅力の新しいタイプのリゾート。ここではフルムーンパーティではなく、このリゾートに泊まることを目的に訪れる方がほとんど。タイのTVチャンネル11でも取り上げられ(オーナーのインタビューがこちらでご覧いただけます)、タイの新聞「バンコクポスト」、「ネーション」、バンコクエアウェイズの機内誌でも紹介されています。 

昨年5月にオープンしたこのマンダライが2008年12月10日までのご宿泊限定で、3泊のステイで1泊無料、5泊のステイで2泊無料、14泊のステイで5泊分無料に!
ローシーズンだからこそ、喧騒を離れくつろぎのバカンスをお得にお楽しみいただけます。

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


manpoolnight.bmp

man1001.bmp


manbed.bmp


マンダライ
Mandalai

北部 シャロックラム・ビーチ 高級

mandarai^top.JPG

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

【Rate】

客室タイプ ローシーズンハイシーズン備 考
ビーチフロントスイート 4600B 5600B キングベッド、1階、シービュー、2人用ジャクージ、7.65×3.95m
プールサイドルーム 4000B 4500B キングベッド、1階、プールビュー、5.9×3.9m
プールビュースイート 3250B3500B キングベッド、1・2階、プールビュー、1人用ジャクージ、7.38×3.55m
マウンテンビュースイート3750B 4000B キングベッド、2階、プールビュー、1人用ジャクージ、7.38×3.55m
ガーデンビュールーム2250B 2750B クイーンベッド、1階、4.85×3.8m
ローシーズン:5/1~10/30   ハイシーズン:1/16~4/30、11/1~12/19

※アメリカンブレックファストつき
※チェックアウト12:00


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 01:42 | コメント (0)

2008年10月01日

大興奮のアクティビティ ペイントボール

paint ball 049.jpg


チームに分かれ、ガンで当たると破裂して色がつく玉を打ち合うエキサイティングなゲーム「ペイントボール」。サムイ島では基本料金が1000B以上する人気アクティビティが、パンガンでは500Bから堪能できます。

基本料金500Bにはガン、マスク、専用のウェア、ペイントボール30玉が含まれています。服の上からウェアを着たらダミーの人形がある練習スペースへ。感覚がつかめたらフィールドへ向かいます。フィールド内には身を隠せる障害物が設置してあるので、うまく利用して相手チームの玉をよけてください。


paint ball 033.jpg
自然を生かしたフィールド内で行います


paint ball 041.jpg
専用のウェアを着るので服は汚れません

paint ball 044.jpg
初回はウェアとマスク、ボール30玉、ガンのセットで500B


paint%20ball%20042.jpg
あたると破裂して色がつくボールを装着


paint ball 063.jpg
いざフィールドへ


paint ball 034.jpg
障害物をうまく使うのがコツ


paint ball 047.jpg
フレンドリーなスタッフが迎えてくれます


paint ball 060.jpg
レストラン&バー「ビッグ・マンゴー」を併設

paint ball 055.jpg
その名のとおり大きなマンゴーの木があります


paint ball 046.jpg
シンハーの生ビールも

paint ball 059.jpg
床に施されたタイルの細工

paint ball 064.jpg
カクテルの種類も豊富


paint ball 061.jpg
キュートなマスコットドッグ

Address:Moo 1 Thonsala
Tel:01-1804-6059
営業時間:10:00~18:00(レストラン&バーは~翌2:00)
休業日:不定休
料金:500B(30玉、時間無制限)
交通:トンサラ港から車で1分


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:10 | コメント (0)