Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月31日

島で大人気の屋台メニュー「ソムタム」

イサ-ン料理 005.jpg
イサーン料理の数々。手前がソムタム・イサーン


パンガン島のローカルに根強い人気のあるイサーン(タイ東北部)屋台。トンサラのほか、ハードリンやシャロックラムに常設の屋台があります。スカッとする辛さで塩味が強く、メニュー数も豊富。パパイヤのサラダ、ソムタム・イサーンなど、イサーン地方特有の料理は同じタイ人でも南部の人々には自分で作ることが難しいため、島の人々は「やっぱり本場の味が一番!」と、イサーン屋台にやってきます。

イサ-ン料理 002.jpg
ヘルシーで女性におすすめのソムタム・イサーン


イサーン屋台の代表的なメニューは、ソムタム・イサーン。細長く削ぎ切りにした若いパパイヤやトマト、カニの塩漬けなどを石臼に入れて棒でたたくようにして混ぜてつくる激辛サラダです。ピーナッツが入って甘味が強いソムタム・タイは観光客向けのレストランでも見かけますが、激辛タイプのソムタム・イサーンのほうが地元の人々には人気があります。


ソムタムはタイ人女性にとってダイエットの定番メニュー。ちょっと太ってきた女性を見ると「明日からソムタムだねー」なんて言ったりします。基本がパパイヤでノンオイル、さらにカプサイシン効果の唐辛子が加わって心強い一品。ソムタム・タイは多少砂糖の甘みが強く、ピーナッツが入っているので、ストイックにダイエットしたい方はソムタム・イサーンが◎です。


ほんとうは激辛の料理ですが、辛さはオーダーするときに自分好みに調整できます。たいていタイ人以外の人が買いに行くと、気を利かせて自動的に辛味を抑えて作っているようです。辛いのが好きな人は「ペッ」、辛味を抑えたい人は「マイペッ」と言ってみてください。


涙が出るほど辛いソムタムに出合ってしまった場合、塩をちょっとなめると辛さが収まります。屋台のおばちゃんが教えてくれたタイの知恵ですが、確かに半信半疑で試してみると、水やジュースなどなによりも効果がありました。


そのほかにもイサーン屋台にはいろいろなメニューがあり、1品でも注文すると付け合せの生野菜をサービスしてくれるのが普通です。スパイシーなことで有名なイサーン料理ですが、辛くないメニューもバラエティ豊かにそろっています。その場で食べたい場合はお皿に持ってもらえますし、テイクアウトするならビニール袋に入れてくれます。


ko-mu-ya-nn.jpg
コームーヤーン
豚ののど肉の炭火グリル。チリソースにつけて食べます


イサーン料理はみんなダイエット向きかというと答えはNO。かなりこってりした肉もイサーン料理の人気メニューです。ソムタムの屋台では必ずといっていいほどコームーヤーンやガイヤーン(骨付きの炭火焼き鳥)を一緒に売っていて、カオニャオ(タイ米のもち米)とともに食べるのも定番です。これをするとダイエットどころか…、油が多く高カロリーですが、「太ってもいいかも」とついつい思ってしまうほどの美味。サラダともち米の相性って??と最初は戸惑いますが、ソムタム&カオニャオは時がたつほどにはまる組み合わせです。


ラープムー.jpg
ラープムー。
豚の内臓と皮、煎ったお米のパウダーを和えたもの。甘辛い味付け


スプノーマイ.jpg
スプノーマイ
マイルドな若いタケノコ(ノーマイ)のスープ。シャキシャキとした歯ごたえが◎!


野菜.jpg
付け合せの野菜盛り合わせ、パックノ。キュウリやマクマ(タイの丸いナス)などが定番


いろいろ注文してイサーン料理のフルコースを味わってみるのもおすすめです。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 21:04 | コメント (0)

2009年01月25日

早朝のイカを載せる手押し車@北部の漁師町シャロックラム

dry-squid-car.JPG

パンガン島のローカルはとっても早起き。日が昇るか上らないかという早朝からお店は開き、屋台はよいにおいを醸し出し、人々の往来も活発になります。本日朝6時半ころ、シャロックラム名物イカののスルメを干す網の台を運ぶ手押し車が通りました。波が穏やかになり、漁師さんたちは生き生きと漁に出かけていきます。今年一番のするめが出来上がるのも間近!


投稿者 aya : 19:12 | コメント (0)

2009年01月23日

激辛屋台フードのお供に◎不老長寿の菊花茶

CHRYSAN-DRINK.JPG


島の屋台などでも気軽に注文できるあま~い菊の花のお茶。色はジャスミンティーのような薄い茶色でビンや缶で出されるものを氷の入ったグラスに注ぎキーンと冷やしていただきます。ビンや缶の製品になる時点でとても甘くなっており、暑い気候の中で疲れをとるのにぴったりです。お茶というより香りのあるシロップを飲むという気持ちでトライしてみてください。

タイではコーヒーやお茶類は甘くしてのむのが常識になっているため、初めてタイに来てお茶を注文したりコンビニでペットボトルのお茶を注文して甘いことにびっくりされる方も多いはず。このお茶も例外ではなくかなり甘い味です。

ほのかに菊の香りが漂い、気分が穏やかになるような味わいで、眼精疲労に効果があるとされています。また頭痛やめまいをやわらげたり、解熱やリラックス作用もあるとか。中国でも漢方薬剤として昔から使用されていることから、甘さを除けばなんだか体によさそうな気がしてきます。


ただしこの甘さも激辛タイフードを食べるときにはとっても重宝します。水を飲んでもまだ口の中が火事になっているようなときにもぜひお試しください。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 19:18 | コメント (0)

2009年01月22日

屋根を突き抜けて空高くのびるココナッツ

thonlan-villa (4).JPG

ここ2、3日ギンギラのサンシャインが戻ってきたパンガン島。ココナッツの木も気持ちよく青空へのびています。屋根を突き抜けて大きく育ったかのようなこの木。自然を愛する建築家さんにより元々あった木を切らずにヴィラを建てたためにこのような様子になっています。ちなみにココナッツの身は人間の頭に落ちたら死んでしまうほど重く、何度も屋根のかわらを壊しています。

このヴィラはリゾートではなくいわゆる別荘。敷地内に二つのベッドルームとシービューバスのある棟とキッチンやリビング&ダイニング、TVルームのある棟の2棟がある贅沢なヴィラです。家具や調度品はすべてアンティークで中に入るとなんだか特別な気分になるような、そんなヴィラです。2008年に完成してからオーナーが一度泊まったきりまだ誰もステイしたことがありません。毎日メイドさんが来てお掃除やメンテナンスだけ行っています。


パンガンに住んでいれば、一年のうち数回はココナッツの実が落ちる瞬間を目にするはず。どすん!!という大きな音とともに落ちる実には冷や冷や。「あぁあそこにいなくてラッキー」と胸をなでおろします。


thonlan-villa (48).JPG
ヴィラのプールと眼下に広がる透き通ったトンラン・ベイ。その先にはマー島も見えます


トンランはメーハードとシャロックラムの間にある小さな湾。いわゆる砂のビーチではなく、砂利や石のロッキーな場所。透明度は抜群です。ここはいつも本当に静かで人の影を見ることはめったにありません。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 00:33 | コメント (0)

2009年01月20日

ハード・ティエンのヤシの木ブランコ

thian branco.JPG


パンガン島ビーチの名物をあげるとしたら、ハンモック、トップレスの女の子たち、カラフルな魚とサンゴ……そしてヤシの木にかかるブランコ。背の高いヤシの木にロープをさげた超原始的なもので、乗る台の部分はもちろんその辺の木です。

branco up.JPG
ブランコに乗って上を見上げるとこんな感じ!


ブランコは島のいくつかのビーチにありますが、ここは北西部のティエン・ビーチ。同じティエン・ビーチは南東部にもあり、北西部のほうを「ティエン・ビーチ・ウエスト」、南東部のほうを「ティエン・ビーチ・イースト」と呼んで区別しています。


ブランコのロープはヤシの木の高さの分だけ長く、豪快にスイングできます。ただし最初は勢いをつけたりするのがちょっと難しいこともあります。腹筋のトレーニングにもなりそうです。なかには不良品もあり、右と左のロープの長さがアンバランスだったり、木がもろかったりするので要注意。乗る前に壊れそうな部分はないか確かめてみてください。


haadthian boat.JPG
人気の少ない小さなビーチです

ティエン・ビーチではシュノーケリングを楽しむこともできます。だれもいない、何もないビーチでプライベートなときを過ごすのも、魚たちと戯れてみるのもおすすめです。


thian road.JPG
メインロードから海を見渡す


周辺地図はこちら


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Music Store(Japan)

投稿者 aya : 15:02 | コメント (0)

2009年01月15日

愛らしい彫像たちに会いに行こう!

さり2.JPG
サリカンタン

相変わらず風が強く涼しい日が続いているパンガン島。寒さに慣れていないローカルは風邪をひく人が続出。日中日傘をささなくても歩けるのですごしやすいのですが、海で泳ごうという気にはならない天気です。さて、こんな日は島のリゾートのお庭に暮らすかわいい彫像をご紹介します。タイではさまざまな石造を作るのが盛んなため、リゾートだけでなく個人の家の庭などにもかわいらしい彫像が置かれています。

cocohut resort.jpg
ココハット・ヴィレッジ

sari1.JPG
サリカンタン

salad beach outside (6).jpg
サラド・ビーチ・リゾート

saladchristmas.jpg
サラド・ビーチ・リゾート

milkybay (29)1.jpg
ミルキー・ベイ

green.jpg
@グリーン・パパイヤ

green21.jpg
@グリーン・パパイヤ

grand sea pool2.jpg
グランド・シー・リゾート

baanpan1.JPG
バーン・パンブリ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 13:00 | コメント (0)

2009年01月09日

本日のサラドビーチは晴れ時々曇り、赤ちゃんがいっぱいです

salad-ny.JPG

年末年始のサラドビーチは毎年赤ちゃん連れが多くなります。私も1歳7ヶ月の娘と東京から遊びに来た母と一緒です。赤ちゃんの年齢を聞くのが挨拶がわりのようになっていて、2ヶ月、3ヶ月、5ヶ月なんていう小さな子もいっぱいいます。食べ物も習慣も天候も異なる見ず知らずの国に生まれたての赤ちゃんと一緒にやってきておもいっきりエンジョイしてします欧米人旅行者にはいつも感心!日本では行ってハワイといった感じではないでしょうか。子連れでパンガンをエンジョイする秘訣を探ってみましょう!


①ベビーシッターを活用
欧米人旅行者にとって旅先でのベビーシッターの利用は常識。子供と楽しむ時間と大人だけで楽しむ時間をはっきりとわけているところがストレスがたまらない理由のようです。ベビーシッターは高級リゾートで手配してくれるところもありますが、パンガントラベラーにて派遣のシッターさんも手配可能です。


②おむつや日用品を現地調達して荷物軽々
オムツやお尻ふきを旅行日数分トランクに入れてくるとそれだけでもうパンパン。パンガンには各地にセブンイレブンがあるほか、トンサラ港付近のテスコロータスというディスカウントスーパーでは安く手に入れることもできます。タイ人は皆子沢山で子供好き。女性も男性も回りに小さな子供がいることを自然に考えています。コックさんもベビーフードを作るのに慣れているので、メニューになくても味付けの薄いおかゆや野菜をゆでたものなどいろいろリクエストに応じて作ってくれます。

③細かいことにこだわりすぎず力を抜いてホリデーをエンジョイ
ビーチで出会う赤ちゃんのご両親たちは「これじゃないとだめ」「スケジュールどおりにやらないと」といった日常のこだわりを捨てるくらいのおおらかさがあるよう。旅行に来たのだから普段と違ったこと、ときにはトラブルさえも楽しんでしまうくらいの心でいるようです。


④タイには赤ちゃんにうれしい新鮮フルーツがいっぱい
びっくりしないでください!タイではバナナ1房が10B~20B(30~60円程度)と激安。ほかのさまざまなフルーツもフレッシュなものをリーズナブルな価格でいただくことができます。自然の恵みあふれるフルーツで良質のビタミンをいっぱいとってください。生で食べるほか、シェークにしてもおいしいですよ!そうそうタイのバナナはいろいろな種類がありますが、赤ちゃんに適しているのは日本ではあまり見かけない太くて太ったタイプの「クルワイナムワーン」といわれています。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 13:20 | コメント (0)

2009年01月06日

パンガン島のカウントダウン&ニューイヤーパーティ

countdownto09.JPG
2009年の訪れを派手にカウントダウンしたハードリン


明けましておめでとうございます。遅ればせながらパンガン島が一年で一番盛り上がるカウントダウンパーティのレポートです。花火や音楽のほかにも、毎年仮装やボディペイントの凝った人を見るのが楽しみですが、今年は顔に噴出しそうなくらい面白いペイントをしている人をよく見かけました。

fireshow-salad.JPG
サラドビーチのファイヤーショー


カウントダウンの前にはサラド・ブリ・リゾート&スパのカウントダウン・ガラディナーを堪能しました。お料理はブッフェ形式でバーベキューやタイ料理、西洋料理、さまざまなスイーツやフルーツが盛りだくさん。2人に1本ワインもついて豪華なディナーでした。ビーチではファイヤーショーも行われ、大型打ち上げ花火のほか、手で持って楽しめるタイプのものでも遊べました。


galadinner-salad.JPG
サラドブリのガラディナー


salad-partynight.JPG
風船やライトでデコレーションされたリゾートのパーティナイト


カウントダウンが最も盛り上がるのはハードリン。逆に花火を見ながらしっとりカウントダウンしたいなぁ
会話を楽しみたいなぁ、という方はサラドやメーハード(マー島)、シャロックラム、ハードヤオなどがおすすめです。実際多くの人が22時、23時ころまでさまざまなビーチですごし、ハードリンへ繰り出すというパターンが典型的です。例年バンタイ、バンカイエリアからはサムイ島の各地で打ちあがる花火も見られ、私はこのパターンも好きです。


countdown-panda.JPG
パンダ?のペイントをした人も


カウントダウンの瞬間には花火が数え切れないほど打ちあがりました。間近で打ち上げられるので迫力満点。音も最高に盛り上がります。


countdown-pierot.JPG
ピエロもいます!


日本ではとっくに仕事のルーティーンが始まっている今でもパンガン島はパーティラッシュ。パンガンで寝正月はありえない、ありえない!クリスマスから三が日ころまで例年にない悪天候で気温も夜は長袖をきるほどの涼しさだったのですが、ハードリンをはじめパーティ会場は熱気むんむん!パーティアイランドは今年もあつくなりそうです。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 23:22 | コメント (0)