Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月28日

超早起き!バンタイ・ビーチの早朝マーケット

bantai market (6).jpg

タイ人は涼しい朝と夕方に活動するのが大好き。「昼間は暑いから働くもんじゃない!昼寝してるのが一番」と考えている人が多数なので、昼にタイ人を見ると怠け者に見えるのかもしれません。今日は早起きをしてバンタイ・ビーチにある早朝マーケットへ出かけました。マーケットといってもビーチ沿いの大通りを脇に入った小道に15件ほどのお店が並んでいる簡単なものです。

bantai market (2).jpg
新鮮な野菜を売る八百屋さん

bantai market (3).jpg
野菜やナッツ類を売るお店の脇にはバナナの皮でもち米を包んだタイのお菓子を売る女の子も

夜明け前の4時半ごろにオープンし、朝の8時頃にはだんだん品物が少なくなり、徐々に店がたたまれていきます。扱う商品は肉や魚、野菜などの食品で、今の季節はスズキ科のくせのないやわらかな白身魚ホワイトスナッパーやレッドスナッパー、イカなどが豊富です。漁師さんは夜に漁に出て朝に帰ってくるのが普通なので、新鮮なシーフードを手に入れないなら早朝にゲットしましょう。


bantai market (4).jpg
鮮魚店には生の魚と干したものが

bantai market (5).jpg
大きな肉のかたまりをカットして販売


値札などはついておらず、買いたいものを指差すと、野菜なら量りにかけて値段を伝えられます。雑貨などと違い食品は値切ることはしないのが普通ですが、たくさん買うとおまけしてくれたりします。タイの丸いナスを5個とニンジン2本、キャベツ1個を買ったら値段は15B。日本円で約45円という驚きの安さで新鮮な野菜を入手できます。

キッチン付きのレンタルハウスで自炊したり、リゾートに持ち帰って料理してもらったり。早く目が覚めたり、夜通しパーティで朝を迎えたら、ぜひ一度訪れてみてください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 13:15 | コメント (0)

2009年02月22日

ローマ発!島の元祖本格イタリアン

chiaraimg_big.jpg.jpg

ピッツァ・チアーラ
Pizza Chiara

南西部  トンサラ

島のローカルにとってピザといえば、ローマ出身のラファエルさんとタイ人の奥様キエットさんの本格派イタリアンレストラン。2000年にパンガン島で最初のイタリアンレストランとしてオープンして以来、旅行者のほか在住の欧米人にもあつく支持されています。

☆このレストランの魅力☆
・本場イタリアの食材を使用したピッツァやパスタは絶品!
・トンサラ港から至近でアクセスも抜群
・愛娘の名前を冠したピッッアが好評です
・在住者に支持率の高い実力派レストランで、ディナーにもランチにもおすすめ
・イタリアンワインも各種そろえています


P_01.jpg.jpg
看板メニューのピッツァ・チアーラ


chiarap_03.jpg.jpg
とても親切なオーナー夫妻


店名の「チアーラ」は娘さんのお名前。看板メニュー「ピッツァ・チアーラ」はパルマハムとサラミ、グリーンオリーブをイタリア直輸入のチーズとともに焼き上げた大人気の品です。そのほか下の娘さんの名前を関した「ピッツァ・エステル」「ピッツァ・セッコ」なども好評。店内の釜で焼きあげた出来立てをほおばると、自然と笑みがこぼれてしまうようなおいしさです。

ホームメイドブレッドやフォッカチャも絶妙なパリパリ感とモチモチ感が好評。メニュー数が豊富なのでいつ来ても新しい味に出会えます。もちろんパスタ類も各種取り揃えており、ラビオリやペンネなどがおすすめです。


chiarap_04.jpg.jpg
自慢の焼き立てホームメイドブレッド

そしてイタリアンを味わうときに欠かせないのがワイン。ここではチーズやスパイスなどと同様ワインもイタリア産にこだわっています。


chiarap_02.jpg.jpg
カジュアルな雰囲気の店内

ピッツァ・チアーラ
Pizza Chiara

住所:Thonsala
電話:077-377-626,06-596-8500
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
アクセス:トンサラ港から徒歩3分
席数:32席
予約:可
オープン年:2000年
使用できるクレジット:Master,VISA

●おすすめフードメニュー
ピッツァ・チアーラ(パルマハム、サラミ、グリーンオリーブ) 270B
ピッツァ・エステル 270B
ピッツァ・セッコ(マッシュルーム、ブルーチーズ、オニオン) 270B
ラビオリ・リコッタ・エ・スピナッチ・ブロ・エ・サルビナ(チーズ&ホウレンソウ、バター風味のラビオリ) 250B
マンマ・カルメラ 170B
セット1(ピッツァ1枚、ガーリックブレッド) 220B
セット2(ラザーニャ、ミックスサラダ、ソフトドリンク) 270B

●おすすめドリンクメニュー
イタリアンハウスワイン グラス110B カラフェ(0.25ℓ)200B
イタリアンワイン ボトル ラングラスコ880B、バルドリーノ960Bなど
エスプレッソ 60B


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 15:20 | コメント (0)

2009年02月20日

スラタニってどんな街?

surat-town.JPG


パンガン島はタイの中でスラタニという県に位置しています。通常スラタニといえば、スラタニ県中心部の街のこと。パンガンに陸路でアクセスする際の要所でもあります。今日はパンガンから最も近い本土の街、スラタニについてご紹介いたします。

「スラタニ(Surat Thani)」はタイ語で「City of the good people」つまり「良い人々の町」を意味します。ラマ6世により1915年に名づけられたものだそうです。人気の観光地であるサムイ島、タオ島、パンガン島のほかアントン国立海洋公園、カオソック国立公園もこの県に位置しています。


surat-temple.JPG
市街のお寺。小さなソンテウ(短距離で10B程度)が往来しています

市街には大型スーパーのテスコ・ロータスや大きなマーケット、パソコンなど電気製品の大型店があったり、タイ南部の中でも大きな町です。英語の通じる旅行会社やインターネットも点在しています。農村部ではココナッツやゴムの生産が盛んです。また牡蠣の養殖も行われており、ビッグサイズの牡蠣が食べられます。

ここの名物はアヒルの卵の塩漬け「カイケム・チャイヤ」。カニや魚の骨などを食べてすくすくと育っているため、スラタニの卵はとても上質。これを塩漬けにした卵はご飯のお供に最高です。また、ライチに似た食感のさわやかな果物「ランブータン」、独特なにおいで有名な「ドリアン」など数核の果物も栽培されています。


fruitshopthosala (16).JPG
ランブータンはタイ語で「ンゴ」。もじゃもじゃした皮が特徴です


バンコクからの鉄道が発着するスラタニ駅は市街から約15kmの場所にあります。パンガン島やサムイ島へのフェリーが発着するドンサックはスラタニ市街から東に来るまで約1時間ほどの場所に位置しています。スラタニ空港に到着した場合は市街を経由してドンサックへ向かうバス(所要約2時間)、鉄道駅からはバスやソンテウ(乗り合いタクシー)で市街まで出てそこからドンサック行きのバスを利用します。、港とスラタニ空港・市街を結ぶバスは片道120B程度です。

surat-bustophangan.JPG
ドンサック港行きのエアコンバス

ドンサック港からパンガン島まではフェリーで所要約2時間40分です。料金は片道200Bです。詳細はこちらをご覧ください。


スラタニ県基本データ
位置;バンコクの南約685km
アクセス;バンコクから飛行機で約1時間(タイ航空、エアアジア、ワンツーゴーが運航)、鉄道で約11時間
面積;約12891km²(タイの県で6番目の広さ)
人口;約950000人
空港;スラタニ国際空港(プンピン)、サムイ国際空港(サムイ島)
(TAT参照)

TAT(タイ国観光庁)のウェブサイトのスラタニ紹介ページはこちら(英語)です。寺院などの観光地、ホテルなども紹介されています。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:20 | コメント (0)

2009年02月08日

初物ロンコン&ミニオレンジ

lonkon09.JPG

マンゴスチンは果物の王様として有名ですが、それと同じくらい日本人の味覚にどんぴしゃ!誰に勧めても評判のよいフルーツ「ロンコン」。ぶどうのような形の房になっており、直径1.5cm程度。白い半島目の果実は甘酸っぱくてすっきりとした味わいです。今年初めてロンコンをフルーツ屋さんで見つけたので購入しました。

small-orange.JPG


ロンコンの隣にあるのは、最近島のローカルに人気の小さなオレンジ。お店の人は「ソム・チン(中国みかん」と呼んでいました。日本のみかんに味が似ていて、小さいですが味が濃くおいしい果物です。昨年までは見たことがありませんでしたが、最近登場して大人気になっています。これも直径1.5cm程度なので、皮をむいて一口で全部口に入れられるくらいです。


両方とも値段は1kg30B(85円程度)。ロンコンはピークシーズンには20Bほどになった記憶があります。おいしいフルーツを懐具合を気にせずおなかいっぱい食べられるのがタイのいいところです。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 01:54 | コメント (0)

2009年02月02日

宝塚も真っ青なメークで子供たちが踊る踊る!@お寺のお祭り

thonsala-temple-festival (36)stage-hiki.JPG
21時から幼稚園の子供たちのステージが始まります

幼稚園児のイベントが21時からなんて日本ではあまりないことですが、タイではお寺のお祭りの日はメークアップして夜更かしするのが普通。キラキラの衣装に身を包み、宝塚も真っ青なばっちりメークをほどこしてステージに上がります。びっくりするのは男の子も例外ではないこと。アイシャドーにチーク、リップも真っ赤な男の子たちもなんだかうれしそう。女の子はエクステンションでながーいウェービーな髪の毛になっている子も!

thonsala-temple-festival (37)dance.JPG
のりのりで爆音にあわせて踊る3~5歳くらいの子供たち。司会はパンガンラジオのDJをしているおばさんでした


1月24日から2月2日までトンサラの大きなお寺でお祭りが行われていました。ステージでのショーの後は、親をはじめとする観客が自由に舞台脇で販売されている造花を買って舞台に上がり、1本1本子供たちに手渡します。ステージの出来をほめられ、両手にいっぱいお花をもらった子供たちは上機嫌。さらにこの造花の収益金はお寺への寄付となるなかなかよいシステムです。

thonsala-temple-festival (20)jet-coaster.JPG
子供用ジェットコースターは起伏がない円を描くだけのシンプルなものですが大人気

ゴロゴロと音を立てて走るジェットコースターのほか、ビニールの空気を入れて膨らますタイプの大きな滑り台などの遊具がありました。子供たちにとっては天国!

thonsala-temple-festival (6)roten.JPG
車道沿いにびっしりと並んだ露天。お寺の境内にもたくさんのお店が


thonsala-temple-festival (7)mushi.JPG
なぜかいつも写真だけとりたくなる虫の屋台。
タイ人のなかには普段は食べなくてもお祭りでなら買うという人もいます。
イサーン(東北)地方が発祥だそう


thonsala-temple-festival (21)wataame.JPG
カラフルな綿飴もあります


thonsala-temple-festival (22)husen.JPG
ミッキー、トゥウィーティー、ドラエモン…ぜーんぶパチもの!の風船


お祭りの屋台はタイならではのものもありますが、ポップコーンなど日本人にもなじみのあるものも数多し。ヨーヨー釣りなんかもありました。料金はほとんどが10B~20B(30~60円程度)とお財布にやさしいのがいいところです。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 19:10 | コメント (0)