Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月29日

ローカルのお手軽ランチスポット「コーナーレストラン」

corner-view.JPG


ローカルなら一度はランチや待ち合わせに利用したことがある「コーナーレストラン」。意外に一度もブログで紹介したことがなかったようです。トンサラの港から街側を見て右側にずーっと進むと道なりに左に曲がって、小さな中華街(旧市場通りともいいます)にはいる角に位置するこのお店。トンサラ付近で働く庶民の胃袋であると同時にツーリストも訪れる場所です。メニューはタイバジル炒め(パッガパオ)やチャーハン(カオパット)など定番のタイ料理が安価にそろっています。

corner-gaikan.JPG
トンサラの港から中華街に入るコーナーに位置


これぞシービュー、という眺めではありませんが外側に座ると海も見えます。いかにもタイ語しか通じなそうな年配のおじさん、おばさんが働いていますが、簡単な英語が通じます。


corner-in.JPG
一人でもグループでも気軽にお食事。
フルーツシェークなどもあります


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 16:44 | コメント (0)

2009年08月27日

ハードリンの夕暮れ

hadrin-evening-aug09.JPG


フルムーンパーティでもハーフムーンでもない、なんでもない日の夕暮れ、ハードリン・サンライズを散歩してみました。眠らないこのビーチは夕暮れ時が明け方といった雰囲気。バーのスタッフが寝起きの顔で準備をしていたりします。

hadrin-evening-light.JPG
ビーチ沿いに徐々に光がともり始めます


haadrin-evening-cactus.JPG
大人気のバー「カクタス」もまだ始動していません


haadrin-amazonus.JPG
南国で使えるかわいいアイテムがそろう「アマゾナス」
このあたりにもかわいいブティックが増えましたがここは老舗


all-arena.JPG
ドロップイン・バーの裏にあるイタリアンレストラン
光の加減かヨーロッパの石畳の小道のよう??

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ



投稿者 aya : 17:38 | コメント (0)

2009年08月24日

隠れたパンガン名物!プリプリのイカたっぷり和え物

yam-plamuk.JPG


パンガン島はタイ人の中でも有名なイカの産地。パンガン以外の頃に住むタイ人へのおみやげはイカのスルメがいつも喜ばれます。写真はとれたてプリプリのいかがこれでもかというくらいわんさか入った「ヤム・プラームック」。英語に訳したメニューにはSquid Saladとしてのっています。日本語ではサラダというより「あえもの」という訳のほうがしっくりきます。

まだ生きてピクピク動いているイカをさっとゆでて、パクチーやねぎ、唐辛子、レモン、ナンプラーなどであえるこの料理。ご飯にもビールにもあう品です。このくらい新鮮だと子供でも噛み切れるので、子供用に唐辛子を入れないものを少し小皿に分けてつくってもらってください。


yam-up.JPG


バンコクや本土へ行くと決まってなつかしくなるのがこのメニュー。春雨を入れてチュルチュル食べる「ヤムウンセンプラームック」もまた美味。イカのプリプリ感は島ならではの贅沢。一皿40B(約120円)くらいです。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 12:30 | コメント (0)

2009年08月22日

幾何学的デザインのブティックリゾートが3泊で1泊分無料に!

hotelbuilding-see.JPG
パンガンではあまり見たことのないタイプのリゾートです

ここは約1km続く白砂のヤオビーチに面する、幾何学的なデザインのブティックリゾート。「シースルー」というリゾートの名前からしてかなりユニークです。数10mもの長いスイミングプールもあるんです。さて、このリゾートが5泊のステイで2泊分無料、3泊のステイで1泊分が無料という太っ腹なプロモーションを開始します。2009年9月10日から11月30日のご滞在限定。秋のたびにパンガンの青い海でも休日はいかがですか?


see-gaikang.JPG
ドライブしていて「はっ」と振り向くような斬新な外観

客室棟は細長いプールに沿って建っていて、コンクリート打ちっぱなしの2階建て。中身もけっこうおしゃれです。


balcony-see.JPG
1階のお部屋はバルコニーからプールへ直結


see-roomg.JPG
客室は「豪華さ」ではなく、「洗練されたリラックス感」を感じさせるデザイン


徒歩5分圏内にさまざまなレストランやミニスーパー、マッサージ店などがあり便利。島のメインタウン、トンサラから至近なうえ、リゾートの目の前の海にはサンゴ礁が広がり、南国の木々に囲まれたすばらしい環境を誇っています。

see-hammok.JPG
私が気に入ったのはレストランのハンモック。しっかりしていて寝やすいし清潔です
景色ももちろん◎


レストランはキッチンもガラス張りでまるでテレビのセットのよう。ビリヤードをしている人もバーのスタッフもおしゃれな雰囲気で、ここにいる自分もなんだか洗練されていくような気分。


sea-sankakumakura.JPG
リゾートの前はよく絵葉書などにも登場する美しいヤオビーチですが
人影は少なくリラックスできます

シースルー・ブティック・リゾート
See Through Boutique Resort


北西部     ヤオ・ビーチ
1200B~

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 00:01 | コメント (0)

2009年08月21日

昨日は大盛り上がりのブラックムーンパーティ!

blackmoon-deco-sug09.JPG


昨日はバンタイのビーチでブラックムーンパーティがありました。潮の満ちひきは月とも関係があるといわれていますが、昨日は西岸のビーチがかなりひいていました。フルムーンのときもかなり満ちているなぁと感じるときとかなりひいているなぁと感じることがあります。月と潮との関係ってどうなんでしょう…

ところで昨日のブラックムーンはかなりの盛り上がり。数年前は比較的シンプルなビーチパーティでしたが年々デコやパフォーマンスが派手になってきます。それでは早速ご覧ください。

blackmoon-2am.JPG
深夜2時頃。まだまだ序の口。酔っ払いもあまりいません


black-moon5am2.JPG
5時頃になってくるとみんなはじけだしてみているだけでも楽しい!


blackmoon-dj.JPG
DJはヨーロピアン&タイ


black-moon-fire-aug09.JPG
ファイヤーショーも大迫力

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 12:14 | コメント (0)

2009年08月18日

驚きのポーズ連続!最強ヨガマスターがやってきた!

kaikyaku.JPG

久しぶりにサラド・ビーチのヨガ・リトリートに出かけると、今はインストラクター用の特別プログラムを行っているとのこと。通常9時と16時からハタヨガのクラスがありますが、現在は11時からの1本のみ。16時に行った私は飛び込みでインストラクター用のアシュタンガクラスに混ぜてもらうことになりました。アシュタンガの入門クラスは何度か経験したことがあるものの、昨日のクラスで繰り出されるアーサナ(ポーズ)にはびっくり。イギリス人らしき190cmほどの長身の先生はインド人も驚く凄技。ヨガ・リトリートのオーナー&インストラクターのテレサも一生徒として参加しています。

left-handstand.JPG


出産後はもっぱら家でビデオを見ながら一人ヨガだった私にとっては、とても刺激でした。一部のアクロバティックなポーズはだめでも、ほとんどのポーズが難しいけれど何度かチャレンジするとできそう、といった感じ。体の普段使っていないところをフルに稼動させられ、体も目覚めました。


left-handstand2.JPG

難しいポーズのときはまずは先生がお手本を見せてくれますが、イギリスなどヨーロッパから集まったつわもののインストラクターたちも、「ワーォ」「フーゥ」と驚きを隠せません。16時から17時半のつもりがレッスンが終わって気づいてみるともう18時半。集中していると時間がたつのは早いものです。これから総勢15人ほどのインストラクター軍団は1時間の瞑想に入るということでした。


straight.JPG


この先生はShivaji Miznerさんで、インターナショナル・インスティテュート・オブ・ヨガ&アユールベーダ(IIYA)の創設者でもあるとのこと。ティーンエージャーの頃からヨガに親しみ、タイでお坊さんの修行をしたり、インドでヨガの修行をしてきたとのこと。IIYAのページに詳しいプロフィールがあります。


9月26日まではこの特別プログラムが行われています。ご興味のある方はたずねてみて下さい。数年のヨガの経験があればきっと参加できるはず!ちなみに料金は300Bでした。インストラクター養成のプログラムについてはこちらをどうぞ。「GURU」と呼ばれる導師に指導してもらえるチャンスです。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 13:09 | コメント (0)

2009年08月14日

漁師町のスモールヒップリゾートで貸しきりウェディング

mandalai-wedding.JPG


北部の小さな漁師町のビーチで真っ白なドレスの花嫁さんに出会いました。白亜のヒップリゾートマンダライを数日貸切でウェディングパーティをしているそう。12室のみのリゾートなので家族や大切な友人とパーティするのにぴったりの大きさです。花嫁さんを見るとなんだか幸せな気分になりました。ここ数日雨もまったく降らずまさに南国!のギラギラのお天気。花嫁さんを祝福するかのようです。

manjac.bmp


「マンダライ」は、いわゆる瀟洒な高級ホテルとは異なる、ユニークなデザインとサービスが魅力の新しいタイプのリゾート。ここではフルムーンパーティではなく、このリゾートに泊まることを目的に訪れる方がほとんど。タイのTVチャンネル11でも取り上げられ(オーナーのインタビューがこちらでご覧いただけます)、タイの新聞「バンコクポスト」、「ネーション」、バンコクエアウェイズの機内誌でも紹介されています。 


mandalai-wedding2.JPG
白亜の衣装がビーチに映えます。お幸せに!


ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


manpoolnight.bmp

man1001.bmp


manbed.bmp


マンダライ
Mandalai

北部 シャロックラム・ビーチ 高級

mandarai^top.JPG

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:18 | コメント (0)

2009年08月07日

バンコクウアウェイズ社長からのお悔やみの言葉

8月4日クラビー発のバンコクエアウァイズ機がサムイ空港で着陸時に旧管制塔に衝突するという事故が起こりました。パイロット1名が亡くなるという悲しい事故で、翌日の14時まで前便が欠航していました。8月5日にバンコクエアウェイズのメンバー宛に社長さんからお悔やみのメールが届きました。

肩書きのキャプテンから、自らもパイロットで社長であることがうかがえます。事故後速やかにバンコクからスラタニ空港への便とスラタニのドンサックからサムイに向かうフェリーの特別便をアレンジした対応にもうかがえるように、エアラインの真摯な姿勢を感じました。


バンコクの英字紙Bangkok Postなどによると、事故の原因解明についても速やかに進めるよう指示しているようです。今後このような悲しい自己が起こらないことを祈るとともに、以下にメールの前文を掲載いたします。


Letter of condolence

Due to the recent accident on Bangkok Airways’ flight PG 266 at Samui Airport on August 4th,
I, on behalf of Bangkok Airways, would like to express my sympathy towards our passengers
and crew members who have been affected from this accident. We have put all our efforts
to assist all our passengers during this unfortunate event.

Please be informed that today, Samui Airport reopened for flight operation with the first departure
on PG 100 leaving Samui at 14.00 hrs and arriving at Bangkok’s Suvarnabhumi Airport at 15.00 hrs.
The first departure from Suvarnabhumi Airport is PG 153 at 14.00 hrs with an arrival in Samui at
15.00 hrs. For more flight information, please visit our website (www.bangkokair.com).

Lastly, Bangkok Airways’ management would like to reassure that we continue to take safety
as priority in all aspects of our operations for your confidence every time you fly with us.



Sincerely yours,


Captain Puttipong Prasarttong-Osoth
President

Bangkok Airways

投稿者 aya : 14:04 | コメント (0)

2009年08月02日

大波のようなフルーツシーズン!今はなんといってもロンコン

lonkon1.JPG
左は通常サイズ1.5から2cmほど。右は巨大でびっくり!

6月頃から大波のように寄せてくるタイのフルーツ。一年の中でもおいしいフルーツがたくさん実る時期なんです。マンゴー、マンゴスチン、チョンプー、ドリアン、ライチ、ランブータン、そして今真っ盛りなのがロンコン!1週間ずつ旬の果物が変わっていくような気分です。というのも、タイのフルーツは産地直送のトラックで売りにくるので、道端に何のトラックが停まっているかで旬の果物がわかります。

lonkon2.JPG
トマトほどの大きさのマンゴスチンと比べてみました


ロンコンは手で柔らかい皮をむくとライチのような食感の白い半透明の果肉が顔を出します。中にはいつくか種が入っています。収穫して数日で皮が黒くなり、しなってくるためあまり長持ちはしません。そのせいか輸出はしていないようです。日本では食べられない果物、パンガン島旅行の際にぜひトライしてみてください。フルーツショップよりも直売のトラックが新鮮でおすすめです。1kg30B(90円)程度です。ぶどうのようにさくっと一房食べられてしまいますよ!


lonkon3.JPG
あまり背の高くないロンコンの木。手が届くところにも実がたわわになっています

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 12:10 | コメント (0)