Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月30日

夜遊びの甘~いおとも! Mr.Kのクレープ

crepe haadrin.JPG


ハードリンでの夜遊びは体力勝負。ビールが入るといつまでも踊っていられるという方も、踊りつかれた帰り道にできたて!あま~く香ばしいクレープはいかがですか?値段は30B程度ととってもリーズナブルです。

ハードリンの有名な待ち合わせスポット、チキンコーナーにあるクレープ屋さんは夜通し大忙しです。夜遊び前の腹ごしらえにも、夜遊び後の締めにも、中休みにもぴったりのカンタンおやつですが、具は20種類以上と本格的で、甘いものだけではなく野菜やチキンなどが入ったお食事クレープも用意しています。


おすすめの味はオーストラリア生まれのチョコレート風味スプレッド「ヌテラ」。ココアパウダーにへーゼルナッツとミルクが加わり、クレープにぴったりの香りと食感を醸し出しています。


cactusfirshow103.JPG
人気のクラブ「カクタス」につながる道の角に位置しています


カクタスでは大スクリーンでフットボールの中継などを上映しています。クレープを食べながらまずはビーチでまったり、というのもおすすめです。


fireshow103.JPG
もちろんファイヤーショーも楽しめます


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 06:31 | コメント (0)

2009年10月25日

大きな3連プールのスモールラグジュアリーリゾート

shasap_08.jpg

パンガントラベラーではサムイ島のリゾートはパンガンへのアクセスがよいリゾートのほか、「ここは!」と実際に見て感動したリゾートのみをご紹介しています。最近はブティックリゾート系がはやりですが、今日のリゾートシャーサ・カサヴェラは目の肥えた旅人も満足させてくれるクオリティ。静かなビーチにたたずむ30室あまりの隠れ家リゾートですが、スモールラグジュアリーな心地よさもありながら、大きな3つに分かれたスイミングプールや充実のキッズクラブがあるなど、多方面で優れています。

shasap_18.jpg

1から3ベッドルームまでそろうスイートはすべてシービュー。こちらはホテルタイプの客室です。ヴィラはリゾートでたった一つ、ビーチフロントにたたずんでいます。全室にリビング&ダイニングエリアを備え、もっとも小さな客室でも120㎡とゆったり。仮にたて10m、横12mの空間をご想像ください。広いですよね!最大の客室になると221㎡。部屋というよりはちょっとした広場。お子様ものびのび遊んでいただけます。


ただいま5泊の滞在で1泊分無料(4泊分の料金で5泊ステイ)、10泊で2泊分無料、15泊で3泊分無料のプロモーション実施中です。無料ご滞在分のアメリカンブレックファスト込み。(2009年11月1日~12月20日、2010年5月16日~6月30日、10月1日~31日限定)

写真など詳細はこちらをご覧ください。

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 10:58 | コメント (0)

2009年10月20日

パンガン島流ゴーヤのタイカレー

geenmala.JPG


パンガン島での夕暮れ時の挨拶は「今日のカレー何?(ワンニー・ゲーンアライ)」。親しい友達やご近所さんの間では、今日はどんなカレー作るの?と聞くのがおきまりなんです。


さて、日本の南国沖縄でよくとれるゴーヤ(別名にがうり)。タイにもあるんです! 少し大ぶりででこぼこがゆるやかなんですが、味は苦くてまさにゴーヤ。 いつも八百屋さんで見かけるけれどなんだか分からず一度も買えなかったこのアイテムを本日タイカレーに料理してみました。

タイでゴーヤや「マラ」と呼ばれています。定番のカレーはもちろん、ゆでて魚のみを混ぜた少し臭みのあるタイ風のディップにつけたり、生の小エビと一緒に食べたりします。小エビの甘味とゴーヤの苦味がまた合うんです!ちなみにゴーヤにもいろいろ種類があるようで、苦味や味が異なるので、タイ人は大きさや形により種類を見分け、好みとメニューにあったものを調達するそうです。


ところでカレーの味はというと、カレーのスープに苦味が溶けだし、レッドカレーペーストとあいまって辛苦い風味。ちょっとくせがあるので好き嫌いが分かれる味です。カレーの色は黄色ですが、カレーペーストは赤のもので作りました。ココナッツミルクと混ざると黄色くなるんです。


ゴーヤはビタミンやミネラルがたっぷりの野菜。以外ですがビタミンCはトマトの約5倍も含まれており、食物繊維やカロテン、ビタミンEなども豊富です。苦味をつくりだしている独特の成分モモルデシンは、血糖値を下げたりコレステロールを低下させる働きもあるそうです。

日本の野菜と同じなのにちょっと違うという野菜はタイに実はいっぱいあります。キュウリは日本のものの2倍ほどの太さで色は薄い黄緑、トマトは小ぶりで水分が少なめです。所変われば同じ野菜も違った味形になるのですね。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 17:17 | コメント (0)

2009年10月16日

3泊分の料金で4泊ステイ!フェミニンなデザインで女性に人気のホテル@リンビーチ


vimarn img_big.jpg


フェミニンなデザインのスモールホテルのお得なプロモーション!3泊分の料金で4泊ステイ、5泊分の料金で7泊ステイ(12/20~1/5、フルムーン期間をのぞく)いただけます。

広々とした庭園にたたずむ、島内では珍しいホテルタイプのモダンなリゾート。リン・ビーチの繁華街から徒歩10分という便利な立地ながら、周辺は静かなビーチで、ゆったりとしたリゾートライフも満喫できます。

ヴィマン・サムト・リゾート
Vimarn Samut Resort


南東部 リンナイ・ビーチ 中級

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

このリゾートの魅力
●リン・ビーチの繁華街から徒歩10分で、リンビーチサンライズのクラブホッピングを毎日楽しめます
●フェミニンでモダンなデザインのベッドが女性に大人気
●広々としたビーチサイドのレストランはタイ料理も洋食もバラエティ豊かです


p_01.jpg.jpg
静かなリンナイ・ビーチでのんびりできます


p_02.jpg.jpg
プレミアム・ルーム


p_03.jpg.jpg
プレミアム・ルームのバルコニー


p_04.jpg.jpg
バルコニーからは美しい海が望めます


p_05.jpg.jpg
プレミアム・ルームのくつろぎスペース


p_06.jpg.jpg
ビーチサイドのバーカウンター


p_07.jpg.jpg
スタンダードにもチェア&テーブルを完備


p_08.jpg.jpg
スタンダードルームのベッド


p_09.jpg.jpg
スイートルームには2つのベッドルームが


p_10.jpg.jpg
スイートルームにはリビングスペースも充実


p_11.jpg.jpg
スイートルームのテーブル


p_12.jpg.jpg
スイートルームのセカンドベッドルーム


p_13.jpg.jpg
スイートルームのテレビ


p_14.jpg.jpg
スイートルームのバルコニー


p_15.jpg.jpg
レストランにはタイ式の三角枕の席も


p_16.jpg.jpg
海を眺めながらの朝食は格別!


p_17.jpg.jpg
タイのデザートメニューも豊富なレストラン


p_18.jpg.jpg
リゾート内には花々が各所に


p_19.jpg.jpg
鮮やかな花と緑の庭園を擁しています

ヴィマン・サムト・リゾート
Vimarn Samut Resort

Address:117/11 Moo6 Rinnai Beach
客室数:20室
オープン:2003年
チェックアウト:12:00
使用できるカード:VISA
アクセス:ハードリン港から車で約3分(到着時ハードリン港からの無料送迎あり)、トンサラ港から車で約30分

詳細はこちら


ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

投稿者 aya : 16:51 | コメント (0)

2009年10月15日

最高の眺望に癒される瞑想寺院ワット・カオタム

wat-koutham (26)view.JPG
すがすがしい眺めに心も清らかになるよう


バンタイの丘の上に建つ寺院「ワットカオタム」はパンガンで唯一の瞑想のためのお寺です。タイなどアジアの国々で瞑想について学んだ欧米人の先生について瞑想(メディテーション)を行うことができます。通常10日間、1ヶ月と寺の宿舎にステイし、お寺の掃除などの雑役も行いながら、すべての生活を通じて瞑想を深めていきます。

wat-koutham (23)buddha-viewpoint.JPG
ビューポイントに立つ小さな建物の中の像


通常のお寺とは異なり、ここはメーチーと呼ばれる尼さんのいる、「瞑想」のためのお寺。入り口を入るとステイしている人のための食堂があります。タイのお寺を訪れる際にはキャミソールにミニスカートといった肌を露出する服装を避け、身なりを正して行く事が基本ですが、ここではさらに瞑想をしている人のために静かにすることがとても大切です。


wat-koutham (29)nehanbutsu.JPG
大きな涅槃仏もあります。隣には国王の肖像が

入り口前の食堂からそのまま奥のほうに進むとビューポイントへ到達します。食堂から右に折れる坂を上っていくと涅槃仏や塔が見られます。

wat-koutham-onthetop.JPG
涅槃物の安置されている建物


wat-koutham (12)elephant-monkey.JPG
タイらしい象とサルの像も


wat-koutham (13)kin-tou.JPG
人の背より少し大きいくらいの小さな金の塔

ここの建造物はけして歴史を感じされるとか、趣がある、というものではありません。質素な尼さん寺に、寄付が集まったらひとつずつ塔や建物を建てていったという感じがうかがえます。


瞑想のコースなど詳細はHP(英語)をご参照ください。
http://www.watkowtahm.org/

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:23 | コメント (0)

2009年10月13日

タイのシャンプーってどんな感じ?

shampoo-corner.JPG

毎日使うものでそれぞれの好みが分かれる商品、シャンプー&リンス。日用雑貨とはいえ女性も男性もひとりひとりがこだわりをもって選んでいるものではないでしょうか。タイにはどんなシャンプーがあるの?香りは?値段は?クオリティーは? 本日はそんな疑問にお答えいたします。

タイのシャンプーの特徴はふけ防止の商品が多いこと。気候的にふけに悩む人が多いのでしょうか。テレビのコマーシャルでも「このシャンプーをつかったらふけが一発解決!」のように訴えるものが多くあります。


herbal-ess.JPG
香りのよさでおなじみのハーバルエッセンス
日本でもはやり終わった雰囲気がありますがタイでも最近少し落ち目かも…


ハーバルエッセンスは日本でもファンの多い香りにこだわったシャンプー。確かにバスタイムがアロマセラピーのように心地よくなるような商品です。タイ人もかなり香りにこだわる人が多いので、シャンプーの香りもバラエティ豊か。フローラル系、フルーツ系、シャボン系、ハーブ系のほか、なかには南国らしいアボガド&ココナッツの香りなんていうものもあります。


sunsilk.JPG
きれいなお姉さん系テレビコマーシャルでもおなじみのサンシルク


サンシルクはパッケージがあまりスタイリッシュとはいえず、タイの製品かと思いきや世界的なメーカー「ユニリーバ」の商品。ここは日本でもラックスやダブ、ワセリンなどを売っている、アノ会社です。ハーバルエッセンスが通常400mlの大ボトルで120B(約400円)程度なのに対しサンシルクは100Bをきる価格設定で庶民の味方です。


feather.JPG
コンビニにも必ず置いてある定番商品フェザー。左のボトルははちみつの香り


タイのシャンプー売り場で何か足りないものといえば……日本ではどこのお店にも必ずといっていいほどおいてあるポンプ式の大型シャンプー。1000mlくらいのビッグサイズで割安に販売したら人気が出るのではと思うのですが、大きなスーパーでも見たことがありません。ボディーソープはポンプ式が当たり前のように売っているのになぜ? 最高で500mlほどのボトルなのでしょっちゅうシャンプーを飼いに言っている気分ですが、その代わり毎回新しい香りをチェックしたり楽しみも多いのです。


rejoice.JPG
緑のパッケージがトレードマークのリジョイス


各使い心地は日本の製品と同様に快適。好みのしっとり感、さらさら感、香りに出会えればハッピーなバスタイムを過ごしていただけます。パッケージには多少の英語が記されていますので、香りを実際に試しながらお選びください。またこのほか日本でもメジャーなパンテーン、ダブなどもあります。


ご旅行の際に便利なのは50ml程度の使いきりサイズ。パンガン島のコンビニでもサンシルクをはじめ各種ミニボトルが販売されているので便利です。ラックスのボディーシャンプーのみにボトルもありますよ!


ちなみにちょっと用心深いタイ人からの話ですが、街角の小さなショップで売っているようなシャンプーはにせものもあるとか。シャネルやグッチの偽者があるならシャンプーだって…。なんでもありのタイだからこそ心配になります。あくまでも噂ですが、ご心配な方はセブンイレブンで買えば大丈夫とのことです。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 14:21 | コメント (0)

2009年10月07日

サソリ出現!

sasori.JPG


島の夕暮れ、地元の子供たちがなにやらワイワイ楽しそうにしているのでのぞいてみました。するとそこには体長約15cmほどの黒々としたサソリが!タイに来て以来二度目のサソリ目撃です。

タイ語ではサソリは「メーンポン」と呼ばれています。昆虫のような印象がありますが、分類では「節足動物門鋏角亜門クモ綱サソリ目」に属しているので動物の仲間です。サソリといえば毒があることで有名。子供たちは慣れた様子で棒でつついたりしていましたが、きっとこのサソリにもしっぽにおそろし~い毒があるのでしょう。大人のほうがびくびくしてしまいます。


中国では素揚げにして食べることもあるそうですが、タイではサソリ料理のうわさを耳にしたことはありません。が、サソリは漢方薬の材料にもなっており、婦人病や滋養強壮に効果があるそうなので食べてる人もいるかも知れません。なんせ何が起こっても不思議ではないタイランド。南部ではあまり一般的ではありませんが北部では虫も食べます。サソリ料理もどこかの農村にはありそうな気配…。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 13:55 | コメント (0)

2009年10月02日

トロピカルガーデンで味わう陽気なイタリアン

loasi-ent.JPG


L’oasi   Musical - Grill - Pub
ロエシ

島の北部にある楽園という名の滝「パラダイス・ウォーターフォール」の麓に、ユニークなイタリアンレストラン&バーがあります。モヒカンや金髪など面白い髪型でいつもローカルを楽しませてくれるイタリア人オーナーのお店で、トロピカルガーデンに囲まれた気持ちの良いスペースが自慢です。本格イタリアンのほか、バーガー&ビール150Bの格安セットも人気。本日はこだわりが詰まったレストランをご紹介いたします。

店名の「ロエシ」とはイタリア語でオアシスの意味。ギラギラの太陽が照りつける島の中の清涼スポット、パラダイスウォーターフォールのように、訪れるお客様が心と体を開放してくつろいでいただけるようにというオーナーの思いが込められています。


loasi-bar.JPG
各種カクテルやもぎたてのフレッシュココナッツジュース(50B)を気軽に楽しめるバーカウンター


南国の木々の茂る清々しいシートに腰掛けたら、まずはバラエティ豊かなブルスケッタをお楽しみください。ガーリックを塗って焼き上げたバゲットの上にのせる具はお気の召すまま。ガーリック、トマト、オイルの定番ブルスケッタ・クラシック(70B)やスパイシーサラミ、パルメザンチーズ、フレッシュチリサルサをのせたブルスケッタ・インディアボラータ(120B)などどれもビールやワインが進むだけでなく会話も弾んでしまうおいしさ。シェフのおすすめの8スライス、ジランドーラ・ディ・ブルスケッタ(300B)も◎です。

loasi-bottles.JPG
リキュールの品ぞろえも豊富

目の前でシェフが焼いてくれるグリル料理を楽しんだり、豊富なイタリアンカフェからお好みをチョイスして優雅なティータイムを過ごしたり、トロピカルカクテルやワインを堪能したり、このレストランの使い方はさまざま。パンガンのトロピカルツリーをうまく生かして作られたガーデン内には子供が遊べるスペースも十分にあるので家族連れにもおすすめです。エレファントトレッキングと中華寺院の近くにあるので、観光の合間のおやすみにも◎!


loasi-bbq.JPG
ジュージューという焼き音が食欲をそそるBBQスペース


忘れてはいけないのが、極上のスイーツたち。やっぱりイタリアンといえば甘いものは欠かせません! 南の島ならではのフレッシュなココナッツをふんだんに使ったスペシャルココナッツクリームのデザート、ドルチェ・オエシ(120B)はレーズンのリキュールがかかった大人の味わい。ミニサイズのミルフィーユにチョコレートソースとチェリーが添えられた、スフォグリアンティーネ・マリジョーゼ(90B)も人気です。


loasi-redlight.JPG
メインのダイニングスーペースのほかカップルにおすすめのプライベートなシートも

またイタリアンジェラートも必見。アイスにコーヒーの香りがなんともいえないハーモニーを作り出すアフォガード(100/120B)はニンニクの利いた料理を食べたあとのお口直しにもグッド。チョコレートやフルーツの各種ジェラートがそろうので、ぜひお試しください。


ただいまシャロックラムの漁師町にこのイタリアンオーナーがなにやらブティックリゾートらしきものを建設中。今から楽しみです。

L’oasi
Musical - Grill - Pub

Address;81/4 Moo7(paradise waterfall), koh phangan 84280
Tel;086-470-4253
営業時間;11:00~24:00頃

主なメニュー



Insalate & Cantoni
インサラトーネ・ロエシ  140B
ツナ、エッグ、ケーパー、オニオンのサラダ
インサラタ・コンタディーナ・イタリアーナ  120B
フリット  70B
ポテトフライ
ペティット・ディ・ポロ  80B
フライドチキン
シェレ・ディ・グランチオ  90B
フライドクラブ

Antipasto
アンティパスト・ロエシ   300B
おすすめ前菜の盛り合わせ
タグリエール・アル・イタリアーナ  250B
アンティパスト・デル・パストーレ  250B
チーズの盛り合わせ ローカルハニー&マスタード添え  
サルモーネ・ベラビスタ  240B
サーモンのカルパッチョのクルトンとフレッシュチーズスプレッド添え  240B
アンティパスト・レジェッロ  250B
パルマハム、フレッシュチーズ、トーストブレッドの盛り合わせ


Bruschetteria
ブルスケッタ・クラシック  70B
ガーリック、トマト、オイル
ブルスケッタ・コット・エ・モッツァレラ  100B
ハム、モッツァレラ、チーズ
ブルスケッタ・インディアボラータ  120B
スパイシーサラミ、パルメザンチーズ、フレッシュチリサルサ
ブルスケッタ・デル・マリナイオ  120B
イタリアンアンチョビ、ケーパー、溶かしバター
ブルスケッタ・トリフォラータ  120B
マッシュルーム、溶かしバター
ブルスケッタ・デル・ペスカトーレ  100B
ツナ、オリーブ、マヨネーズ
ジランドーラ・ディ・ブルスケッタ  300B
シェフズスペシャル(8スライス)
プロシュート・デル・ポルト  200B
高級グリルハム、イタリアンスパイス


Grill
フレット・ロエシ  300B
ガレット  150B
サルシッチャ・デル・ディアボロ  150B


Drink
グラスワイン  80B
ソフトドリンク(コーラ、ペプリ、ファンタ、トニックウォーターなど)  50B
バカルディ・ブリーザー(レモン、オレンジ、ライム、チェリー)  160B
カフェ・エスプレッソ  70B
カフェ・デラ・モカ  100B
カフェ・コレット  100B
カフェ・フレッド  70B
カプチーノ  80B
カフェラテ  80B
モンテ・ビアンコ  90B


Dolci, Frutta
クロスタータ・カセレシア・カルダ  120B
(イタリアンチョコレートフランまたはアップルタルト)
ドルチェ・オエシ  120B
スペシャルココナッツクリーム、レーズンのリキュール添え  
ル・ドルチェ・パレ・デロエシ  80B
チョコレートの盛り合わせ
スフォグリアンティーネ・マリジョーゼ  90B
ミルフィーユのチョコレートソース&チェリー添え
コンポスタ・ディ・フラッタ・エソチカ  Small 60B/Big 120B
エキゾチックフルーツの煮込み

Gelateria
アフォガード  100/120B
アイスクリームのモカコーヒーまたはベイリーズ添え
コッパ・チョコラータ  100B
コッパ・ミスタ・フラッタ  100B
ミックスフルーツのジェラート

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 20:12 | コメント (0)