Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月23日

絶品お粥屋台&桟橋カフェinダイビングの港シャロックラムの

chaloklum okayu (3).jpg


タイの朝食ってどんな感じ?普通に旅行していてもなかなか地元の人の朝食風景に出会うことはないので、こんな疑問もっている方も多いのではないでしょうか。

島の定番朝食メニューはお粥。日が昇るかどうかというくらいの早朝から、北西部シャロックラムの漁師町のおかゆ屋台は開店します。基本的には売切れるまで営業していますが、人気の店は7時半頃、そのほかでも9時頃には残り少なくなっているので、早起きして、もしくは朝帰りで直行するのがおすすめです。

お粥屋台はビーチ沿いのタノン・タラートという通りにあります。「タノン」とは通り、「タラート」とは市場の意味で、つまりは「市場のある通り」という意味です。この通りには市場のほか雑貨店、インターネット、タイマッサージなどさまざまな店が軒を連ね、商店街のようになっていますが、早朝から営業しているのはこのお粥屋台のほかフライドチキンや甘口の炭火焼き鶏「ガイヤーン」などの屋台、移動式屋台があります。そう、フライドチキンもパンガンの定番朝食メニューなのです。


chaloklum okayu (4).jpg
シャロックラムの入り口にある摩訶不思議な看板。
「ウエルカム・トゥー・シャロックラム」の文字と不思議な絵が、、、


ここのお粥の特徴はレバーなどいろいろな種類のモツがごろごろ入っていること。味は中華料理店のお粥-ごま油+お肉&モツの旨み+ナンプラー&ショウガ、といった感じです。一口食べると、舌に、おなかに、そして心にも優しいやわらか~な甘みが広がり、なんともいえない幸せな気分になります。二日酔いの朝にももちろん最適です。値段は10~15B、卵をトッピングすると+5B。テイクアウトを頼むとビニールの袋に入れてくれます。


chaloklum okayu (2).jpg
とっても親切なお粥屋台のおばちゃん。左下の揚げパンはオプションで1個1B


タイ人は骨格が細く、女性も男性も痩せ型で華奢な人が多いという印象がありますが、飲んだ後にこのお粥やスープ、カオマンガイなどのマイルドなメニューを食べることも多いようです。リン・ビーチでのパーティの後、朝の4時か5時頃にリン・ビーチからトンサラまでの大通りを通ると、早朝(深夜?)からパーティ帰りのタイ人が食事をしている姿をよく見かけます。タイ人の友人によればこれは伝統的な二日酔い防止策。日本人から見ると飲んだ後に食べるなんて肥満の食生活という印象ですが、タイ人はこれをしてもどうやら太らないようです……不思議。


chaloklum okayu (1).jpg
夜明けのシャロックラムのタノン・タラート(市場通り)


ちなみに、シャロックラムにはダイビングのボートが出発する港があるため、ダイビングショップが複数店を構えています。ここで働いている欧米人スタッフもかなりこの屋台の常連です。


worldsend-view.jpg
桟橋を見渡すブレックファストレストラン「ワールズエンド」


2009年から港の目の前にあるワールズ・エンドというレストランが、オーナーが変わりブレックファストレストランになりました。7時頃に開店し昼頃には閉まるお店です。新しいオーナーはイギリス人女性&スウェーデン人女性のパートナーで、ヨーグルトソースのピタやきのことベーコンのキッシュなど、女性らしい繊細なアイデアのものがそろっています。コーヒーもインスタントではなく、フィルターで入れたフレッシュなものなのでおいしいです。


worldsend.jpg
赤を基調としたワールズエンドの店内

chaloklum okayu.jpg
腹ごしらえをしたダイバーたちが桟橋から出発!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 15:57 | コメント (0)

2010年02月22日

寒い季節にもおいしい南国デザート☆タピオカココナッツミルク☆

タピオカはタイ語で「サークー」。キャッサバのでんぷんから作られており、独自のもちもち&プチプチとした食感が人気です。南国の香りたっぷりのココナッツミルクとタピオカだけでできる、簡単デザートをご紹介。日本でもスーパーで売っている食材でできるのでお手軽です。

tapioka 015.jpg

作り方はとっても簡単です。

1 鍋でココナッツミルクを熱し、好みの甘さになるまで砂糖を加えます。ちょっとだけお塩を加えても甘味が引き立ち◎。寒い日本ではそのままがおいしそうですが、冷たいのがお好きな場合は冷やします。

2 お湯を沸かしてタピオカを透明になるまで数分ゆでます〈10〜15分が目安)。

3 タピオカをざるに取り出し、冷水で冷まし、1のココナッツミルクに加えて出来上がり。

2人前の材料はココナッツミルク150g、タピオカ50〜80g程度が目安です。

通常は冷たいデザートですが、クルワイボッチー(バナナのココナッツミルク煮)風に温かくして食べるのも実は美味なのです。寒い季節には温かいバージョンにトライしてみるのもおすすめです。

できあがったらすぐ食べると、タピオカのプチプチ感を堪能できます。パスタのようにちょっと固めのアルデンテが好みの方も多いんです。

島のレストランなどで食べるとだいたい30〜50Bくらい。スーパーで材料を買って作ればよりリーズナブルです。屋台だと1袋10Bで緑色の蜜に入っていたりします。パンダンリーフの色でしょうか。屋台のものはココナッツミルクに塩味がきいていて私は好きです。甘味とまったり感がひきたつ感じがします。


クルワイボッチー(バナナのココナッツミルク煮)に比べるとメニューにあるレストランは少なめです。日本ではタピオカのほうがメジャーは印象がありますが、パンガンではバナナのほうが一般的。こちらもなかなかの味ですので、ぜひ食べ比べてみてください。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 18:21 | コメント (0)

2010年02月20日

小船でディナー!地元の漁師さん家族のレストランでシーフード三昧

fishermans-restaurant.JPG


近頃新しいレストランのヒットがないなぁと思っていた矢先、バンタイのフィッシャマンズレストランで絶品に出い舌が感動しました!ここのお店はバンタイで古くから小船で魚を取っている漁師さんファミリーとそのアイルランド人の若奥様のお店。元漁師のシェフ、レックさんは主人の知り合いで、去年オープンしたと聞いて一度行ってみたいなぁと思っていたところでした。

fishermans-sign.JPG
大通り沿いの看板。ビーチ側にあります

トンサラとハードリンを結ぶメインロード沿いのバンタイの桟橋近くにあり、外観は「Fisherman's Restaurant」という簡単なペンキで手書きの看板があるだけできわめてシンプルそうな感じです。でも中に入るとびっくり。竹のなかにさまざまな色の電気をつけてあったり、実際に漁に使っていたロングテイルボートをビーチ沿いに停めて、そこに席がつくってあったり…。美しいアイルランド人の奥様のセンスがうかがえるかわいらしいレストランでした。


料理の味は通常欧米人旅行者にも食べやすい、スパイスの香りや辛さを抑えた味付けになっていますが、私たちはゲンソム・フアプラー(魚のカマのすっぱ辛いカレー」をローカルな味付けで、と注文。思ったとおりのタイの南部らしい香り豊かでスパイシーな品が運ばれてきました。


そのほか丸ごとのホワイトスナッパーをスイート&サワーソースでいただいて250B。プーパッポンカレー(カニの卵カレーいため)は140B。丸ごとの魚とカニは一番値が張るものですが、それでもこのくらい。トムヤムクンは80B、パッタイは50Bとお値段もお手ごろです。

fishermans-crab.JPG
超フレッシュなカニが食べられます

シェフは30代後半の主人の友達レックさん&そのお母様なので、味はタイ料理初心者にも食べやすくというアイルランド人の奥様の監修のもとに調理されていますが、本場の容赦ないタイ料理がお好みならそのようにオーダー可能なのが◎。私は初来店から2日後、日本からおばが来たときにも連れて行き、辛いもの初心者のおばにも、タイ人の夫&タイ人のような味覚の私も大満足のディナーとなりました。


fishermans2.JPG
小上がりのような席もテーブル席もあります。バンタイの桟橋&サムイ島の夜景を眺めながらのディナー


昼も営業しているそうですが、お客さんは少ないとのこと。夜のほうが夜景が見られてきれいです。バーカウンターもあり、お酒だけの利用ももちろん可。南国カクテルがそろっていて、グラスは大ぶりでお得感ありです。タクシーの運転手さんにはバンタイの歯医者さんの前の「フィッシャマンズ・レストラン」とお伝えください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 15:20 | コメント (0)

2010年02月18日

お魚さんと泳げるビーチにステイ

saladbeachfeb2.jpg
北西部 サラド・ビーチ

シュノーケリングで熱帯魚と一緒に泳ぎたい、ひたすら美しいビーチにステイしたい、そんな旅人の願いをかなえてくれるビーチがあります。

島の北西部にあるサラド・ビーチは大昔に海賊もお気に入りだったという魅力的なビーチ。島のメイン港トンサラからは車で約15分、フルムーンパーティのリン・ビーチからは約30分ほどの場所にあります。

salan beach feb.jpg


フルムーンパーティにいらっしゃる旅行者にとって、共通の悩みはリン・ビーチ付近のリゾートがフルムーン期間中、最低宿泊日数などの制限をもっていることです。ほとんどのリゾートが最低宿泊日数を4~7日と設定しており、さらにハードリン付近の人気リゾートになるとチェックイン日がフルムーンの5~7日前という規約などもあります。逆に2、3日でステイできるゲストハウスなどは衛生面や安全面で問題があり、旅行者に敬遠されているので要注意なんです。


2~3日の滞在でピンポイントにパーティを楽しみたい方は、リン・ビーチにステイするのは難しいということになってしまいます。リンビーチから最短距離だと乗り合いタクシーで15分、50Bのトンサラの港町にホテルがありますが、港町の中のホテルでビーチ沿いではありません。


パンガントラベラーがおすすめする旅は、北西部のビーチにステイし、パーティととびきり美しい海でのシュノーケリングの両方を楽しんでしまうというプラン。ここからも乗り合いタクシーで30分程度でパーティにアクセスでき、お帰りもハードリンには24時間乗り合いタクシーが待機しているので安心です。


saladbeachfeb3.jpg


短いバカンスならめいっぱい島での時間を使ったほうがお得。さらにサラド・ビーチから北に車で5分ほどの場所にはシャロックラムの港町があり、屋台グルメやリーズナブルなタイマッサージ、地元の雑貨屋でのショッピングも楽しむことができます。サラド・ビーチの隣のメーハード・ビーチにはマー島という砂の道でつながった島のある特徴的なビーチもあり、ここでシュノーケリングやシーカヤックを楽しむのも人気です。トンサラへも至近なので、ムエタイを観戦したり、レストランのセレクションも広がります。


fish salad1.jpg


このエリアのおすすめリゾート

サラド・ビーチ・リゾート
タイマッサージが250Bとリーズナブルなスパをそなえ、レストランのメニューも豊富。定番人気のコストパフォーマンス抜群のリゾートです。おおらかなタイ人オーナーのリゾートで、スタッフがフレンドリーなのも好評です。


ハードラド・プレスティージ・リゾート&スパ
シュノーケリングに最適なサラドビーチに2008年5月にオープンしたリゾート。広大な敷地に大きなスイミングプールやプライベートジャクージつきのヴィラが並び、リーズナブルなホテルルームも快適。ビーチフロントでのサンセットBBQ(BBQは開催しない日もございます)や、海を臨む専用キッチンでのタイ料理教室もあります。地元サラド・ビーチ出身のオーナーならではのあたたかいホスピタリティも魅力のひとつ。スパでは元ムエタイチャンピオンで島内で凄腕のタイマッサージ師として有名なMr.Macのゴッドハンドが体験できます。


サラド・ブリ・リゾート&スパ
2009年にグランドオープンのラグジュアリーリゾート。美しい家具で有名な北部タイスタイルに南国のエッセンスを加えた珠玉のヴィラでくつろげる広大なリゾートです。ビーチフロントの大きなプールとさらにスケールの大きな水の癒しの空間ラグーンを擁しているのが特徴。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 17:43 | コメント (0)

2010年02月16日

2月28日はマカブーチャ(万仏祭)です

wat-khaotam100.JPG
バンタイの瞑想寺ワット・カオタム寺院。
バンタイからトンサラのパノラマビューが望めるビューポイントです


2月28日の仏教の祝日マカブーチャ(万仏祭)は、お釈迦様の説法を聞くために、1,250名の使途が集まってきたことを記念した日だそうです。熱心な仏教徒の多いタイでは一般の人々が寺に集まり、手に火をともしたろうそくを持ち本堂の周りを3巡して祈りをささげるのが伝統です。本来満月はこの日ですが、この祝日のためフルムーンパーティは翌日3月1日の開催予定となっています。

タイの仏教は上座部(小乗)仏教で、日本で一般的に信仰されている大乗仏教とはさまざまな点で異なります。たとえば出家した僧侶は結婚することが許されていません。女性は僧侶に直接話しかけたりできないというのも大きな特徴です。また僧侶の服装もオレンジ色の布をまとうような形のものでタイを旅していると度々目にする機会があります。


buttou-watkhaotam.JPG


そのほか日本の仏教との大きな違いは、僧侶が運転したり、料理をしてはいけないこと。毎朝夜明けとともに托鉢に周り、おかずやご飯を受け取り、念仏を唱えて次の家へと進みます。ご飯はこうして集まったものを朝と昼の2回食べるだけ。夜はお水などを飲むだけで、お酒も飲みません。ベンツを運転して恒久料亭で食事をしている日本のお坊さんとはイメージが違いますね!


この間タバコをすっているタイの僧侶を見かけ、見てはいけないものを見てしまったように感じていましたが、タイ人の夫に話したところ、喫煙は許されているようで、有名な高僧のなかにもヘビースモーカーがいるそうです。


またタイでは一定期間だけ出家する人も多くいます。肉親の死がきっかけだったり、より信仰を深めるためだったりとその理由はさまざまです。期間も自由に設定でき、3ヶ月程度の人が多いようです。出家してお寺にいる間は僧侶と同じ規律を守って生活します。多くの人が結果的にダイエットになり、心身ともに引き締まって家に帰ってくるようです。

spiritual house.jpg


2007年タイの祝日
1月1日(月) お正月
※2月14日(日) 春節祭(中国旧正月)
2月28日(日) マカブーチャ(万仏祭)*
3月1日(月) マカブーチャ(万仏祭) 振り替え休日*
4月6日(火) チャックリー記念日
4月13~15日(火~木) ソンクラーン (水掛祭り:タイ旧正月)
5月1日(火) レイバーデー(一般企業のみ休み)
5月5日(水) 戴冠記念日
5月13日(木) 農耕祭(官公庁のみ休み)*
5月28日(金) ヴィサカブーチャ(仏誕節)*
7月26日(月) アサハブーチャ(三宝節)*
7月27日(火) カオパンサー(入安居)*(官公庁のみ休み)
8月12日(木) 王妃誕生日
10月23日(土) チュラロンコン大王記念日
10月25日(月) チュラロンコン大王記念日 振り替え休日
※11月21日((日) ロイクラトン
12月5日(日) 国王陛下誕生日
12月6日(月) 国王陛下誕生日 振り替え休日
12月10日(金) 憲法記念日
12月31日(金) 大晦日


※旧正月とロイクラトンは祝日ではありません
*印は毎年日付が変わります
ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 17:38 | コメント (0)

2010年02月09日

美味!イカのシーズン到来

squid-dry=up.JPG
う~ん、お酒のつまみに最高ですね!

パンガン島に毎年恒例イカのベストシーズンがやってきました。イカの漁は夜に行われ、朝になると港で盛んにイカの取引が行われます。一年を通して北部シャロックラムには以下の水揚げがありますが、この季節は最高の大漁。海沿いでは名物のイカのスルメ干しが見られます。

夕方18時頃にイカ漁船は港を離れ、沖合いの漁場へと向かいます。夕日が沈むと沖合いに強い照明をつけた船が何隻も並んでいるのがビーチからも良く見えます。とても強いライトを照らすのは明るいところに寄って来るイカの習性のため。明るい光にイカは集まってくるのです。


squid-keiryo.JPG
朝5時頃に戻った漁船は収穫をビーチへとおろし、大きさのチェックや計量が行われます


swuid-onebig.JPG
1匹だけ大きいのが混ざっていました


パンガン島におろされるイカのなかで最も多いのが体長15センチ程度のもの。日本のスーパーでよく目にする白い身の長細いイカとは様相が違うため、なーんだちっちゃいんだ、とがっかりするかたもいらっしゃるかもしれません。ところが、この小さなボディのイカさんは実がプリプリっとしていて甘味&旨みのバランスがよく、するめにしたときの香りもたまりません。


manysquid.JPG
新鮮なイカの目はキラキラしています


イカにはビタミンEやタウリン、DHAなどが含まれており、おいしく食べて元気で健康になれる食品です。タイの家庭ではイカの旨みを生かした辛味のないシンプルなスープにしたり、黒胡椒とニンニクをきかせて炒めたりするのが一般的。もちろんそのまま炭火で焼くイカ焼きも屋台で楽しむことができます。なかにはおなかにたっぷり卵を蓄えたメスもあり、食べていて卵に出会うとなんだか得した気分にさせてくれます。


fish-mornig.JPG
新鮮な魚も並んでいます


squid-dry.JPG
日中は南国の日差しでイカを干します


パンガン島では気軽にイカ釣りを楽しむことができます。トンサラやシャロックラムなどの港の桟橋で釣り糸をたれると、日によって初心者でもおもしろいくらいイカが釣れることがあります。難しい知識や技術は特に必要なく、えさは魚の形の擬似餌が一般的。島では子供たちがペットボトルに釣り糸を巻きつけた手作りの釣り竿(!?)でひょいひょいとイカを釣っていたりします。釣り上げるとイカはぴゅーっと黒い墨を吐くので汚れないように気をつけてください。


squid-sitasyori.JPG
ものすごいスピードでイカの下処理をするプロフェッショナルなおばさん


イカのベストシーズンは今から約4ヶ月ほど続きます。ぜひ島を訪れた際にはフレッシュなプリプリイカを味わってみてください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 15:00 | コメント (0)

2010年02月04日

誰にも教えたくない!小さなヒンガム湾の景色

hin-viewfrom.JPG


北西部のメーハード・ビーチとシャロックラム・ビーチの間に知る人ぞ知るビューポイントがあります。ビューポイントといってもレストランなどは無く、簡素な小屋が建っているだけ。バイクで舗装されていない泥道を進んだ先にある穴場スポットです。

コンクリートの道から「ヒンガム湾(Aow Hingam)」の標識に従って海側へと進みます。途中バンガローへ向かう道とビューポイントに向かう道に分かれるので「view point」の標識側へ向かってください。

hin-onthewaytoview.JPG
コンクリートの道路から約200mほどの場所に分岐点が


hin-viewpointsign.JPG
この先がついにビューポイント!わくわく&ドキドキがつのります


hin-viewpoint.JPG
トイレがあるだけのシンプルなビューポイントの東屋


ヒンガム湾は全長10m程度の小さな湾です。いわゆる砂のあるビーチではなく、ごろごろとした石が連なっています。ここの海の色はほんのりグリーンがかかった薄い水色で、他のビーチと比べると個性的。海水はどこまでも透き通っています。ここまで降りていくには道もかなり細く険しくなりますが、自分だけの秘密のスポットとして裸で泳げてしまいそうな雰囲気です。


hin-chalok.JPG
ビューポイントから西側のシャロックラム方面を望む


hin-water.JPG
真下に見えるヒンガム湾


アクセス;トンサラから北部シャロックラム方面にビーチ沿いの道を車で約18分、メーハード・ビーチ、ビューポイントのユートピアを過ぎてから約2分ほどの地点にある「ヒンガム湾(Aow Hingam)」の標識を左折、約1分


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 20:39 | コメント (0)