Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月27日

晴れた南国の一日をリーラ・ビーチで過ごそう!

leelabeach200.JPG

年末年始のフィーバーがクールダウンしたかと思いきや、ロシア人ロングステイヤーで盛り上がっているパンガン島。雨が降らない記録何日でしょう…ゆうに10日間は濡れていない記憶があります。寒いヨーロッパを脱けだし、南国でのんびりと過ごすカップルや家族連れがいっぱいです。南部のリン・ビーチの隣にあるリーラ・ビーチは穴場の静寂ビーチ。晴れた空に抜きぬける風が心地よいこんな日はビーチサイドのスパでゆったり体を癒すのにぴったり!

leelabeach201.JPG
海の向こうには大きなサムイ島が見渡せます


リーラ・ビーチはフルムーンパーティのリン・ビーチから徒歩5分程度ですが、ビーチは驚くほどきれいで静か。パーティと美麗な海でのバカンスを両方楽しめるので人気です。


人気リゾートココハット・ヴィレッジサリカンタンが優雅にゆったりとたたずんでいます。サリカンタンには島内でも指折りのロマンチックなスパがあり、今年新設された新カテゴリーの客室も人気です。最高のロケーションとサービスにもかかわらずお値段はとってもリーズナブル。ただし人気のためフルムーン期間は3ヶ月以上前から満室になることが多く、最低宿泊日数の制限が7泊とハードルが高いのです。


街のタイマッサージ屋さんよりちょっと素敵なところでスパを受けてみたいけど、あまり高いのはちょっと…という方におすすめです。


sarai spa 06 005.jpg
ビーチを臨むサリカンタン内サライスパのマッサージサラ


メニューはタイマッサージやオイルマッサージ、フットマッサージ(各400B/1時間)といった定番から、日焼けした肌を整えるアロエベラ・ボディラップ(400B/40分)、ヘアパック(200B/ 30分)、フェイススクラブ(250B/30分)までさまざまなメニューがそろいます。


サライ・スパ
Sarai Spa by Sarikantang

サリカンタン

Address:Sarikantang, Leela Beach
Tel:077-375-055
アクセス:ハードリン港から徒歩5分(リン・ビーチエリアから無料送迎、電話予約をおすすめします)


【主なメニュー】
タイマッサージ  400B/1時間
オイルマッサージ  400B/1時間
フットマッサージ  400B/1時間
フェイスマッサージ  500B/1時間
アロエベラ・ボディラップ  400B/40分
デトクシファイイング・ボディスクラブ  350B/30分
デトクシファイイング・フェイススクラブ  250B/30分
ヘアパック  200B/30分
マニキュア・ペディキュア  300B/50分
スチームサウナ  150B/30分

※トリートメントや料金は予告なしに変更になることがあります

02910184.JPG
リーラビーチにはこのマングローブのようなユニークな木があることで有名


付近の地図はこちら

そのほか島内のビーチガイドはこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 17:53 | コメント (0)

2011年02月22日

サムイ島の注目新リゾートが4月16日~6月30日期間限定割引!

shasap_08.jpg

パンガントラベラーではサムイ島のリゾートはパンガンへのアクセスがよいリゾートのほか、「ここは!」と実際に見て感動したリゾートのみをご紹介しています。最近はブティックリゾート系がはやりですが、今日のリゾートシャーサ・カサヴェラは目の肥えた旅人も満足させてくれるクオリティ。静かなビーチにたたずむ30室あまりの隠れ家リゾートですが、スモールラグジュアリーな心地よさもありながら、大きな3つに分かれたスイミングプールや充実のキッズクラブがあるなど、多方面で優れています。

そのサムイ島の新ブティックリゾート、シャーサが2011年4月16日~6月30日限定で超お得な割引価格になりました!欧米の寒気が終わり、観光客が少なくなるための割引ですが、天候は◎、GWにも使える超目玉プロモーションです。


シービュースイート1ベッドルーム(120㎡)3800B
シービュースイート2ベッドルーム(144㎡)5000B
シービュースイート3ベッドルーム(221㎡)6300B
シャーサ・ビーチフロント・プールヴィラ2ベッドルーム(320㎡)10080B


shasap_18.jpg

1から3ベッドルームまでそろうスイートはすべてシービュー。こちらはホテルタイプの客室です。ヴィラはリゾートでたった一つ、ビーチフロントにたたずんでいます。全室にリビング&ダイニングエリアを備え、もっとも小さな客室でも120㎡とゆったり。仮にたて10m、横12mの空間をご想像ください。広いですよね!最大の客室になると221㎡。部屋というよりはちょっとした広場。お子様ものびのび遊んでいただけます。


写真など詳細はこちらをご覧ください。

ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 12:41 | コメント (0)

2011年02月21日

おしゃべりおばさんとビーチで世間話

chaloklum-yugure.JPG


思い出す限りここ最近ずっと晴れ。先週から1滴も雨が降らなかったので海はとても透き通っています。日中は日差しが暑いので、17時半頃お日様の勢いがなくなってから子供とシャロックラムのビーチ散歩。ヴィヴァ・オンザビーチのおしゃべりなシェフのおばさんにつかまってビーチ沿いで世間話です。「子供の舌が白いから拭きなさい」「風邪を引いたらレモン食べなさい」子育てアドバイス満載のご機嫌なおばちゃんです。


viva-chef.JPG


シャロックラムのビーチに昨年オープンしたイタリアンオーナーのホテルで働いているこのおばさん。バンコク生まれで、南アフリカのタイ料理レストランで働いていたそう。島のタイ人のシェフのおばさんで英語を話せる人は少ないですが、彼女はペラペラ。でも外人がタイ語を話せると分かるとうれしくてタイ語でしゃべっちゃうかわいいおばさんです。


chaloklum-ken.JPG


ここのアイスクリームはタイでよく売っているメーカーのものではなく、イタリアンジェラート。チョコレート味なんか濃くて最高です。アイス3スクープとフルーツが盛り合わさったプレートで150Bほど。おばさんの手料理じゃなくてごめんね!おばさん

投稿者 aya : 18:41 | コメント (0)

2011年02月17日

毎週金曜の15時~19時はマナリリゾートでキッズパーティ

kids-place-manali.JPG


毎週金曜の15時~19時はナイウォクビーチのマナリリゾートでキッズパーティが行われています。トンサラから車で北西(スリタヌ方面)に3分のニューブティックリゾートのビーチサイドで、粘土や人形の色付け、さまざまなおもちゃ遊びや読み聞かせなどのアクティビティがあります。

参加費はお子様お一人100Bで、アクティビティにより有料のものもあります。たとえば石膏の人形は大きさにより価格が異なり、20から100Bほどで筆や絵の具料金も含まれています。

manali-nendo.JPG
カラフルな手作り粘土。直前に粉と油でスタッフが作るので万が一子供が口に入れてしまっても安心

リゾートにはターザンのようにロープにつかまってワイヤーを滑りぬけるロープがあったり、リゾートのレストランにも子供の遊べるスペースがあります。子供たちは目を輝かせて遊んでいて、まさに子供天国といった感じです。


manali-tsunawatari.JPG
ロープの上を歩いて遊びます

トマトソースのパスタ80Bやチキンフィンガー75B、フレッシュフルーツシェイク40B、手作りバタークッキー30Bといったキッズメニューもあります。お子様の野菜嫌いに悩んでいるお母様にはサムイ&パンガンだけのオリジナルメニューのノーネームベジタブル50Bを。細かく切ったいろいろな野菜をかき揚げのように揚げたものですが、衣が柔らかく、味付けもしてあり、食べやすい味です。


manali-colouring.JPG
お母さんも人形を購入して、女の子と二人でペインティング中

ベビー&キッズのための小さなシーサイドスパも。ベビーマッサージは80B,マニキュア・ペディキュアは各50Bです。


楽しめる年齢は2歳~10歳くらい。0・1歳の子はレストラン脇のキッズスペース(柵アリ)やビーチサイドの遊具で遊べます。私は0歳と3歳の子供を連れて行き、上の子はキッズパーティで集まった子供たちと遊び、下の子はキッズスペースでおもちゃで遊んだり、芝生の上をはいはいしたりロープで伝い歩きして、1時間半ほどで疲れ昼寝に入りました。

tarzan-slide.JPG
思わず「アッアアー」といいたくなるターザンロープ


リゾートのオーナーはイスラエル人女性、パーティのほうはロシア人女性が中心になって運営しています。2歳くらいまでの子はやはり親が付き添って、安全を確認したりといったことが必要ですが、3歳以上ならば基本的に親は手放しでOK。子供も楽しく親もサバイサバイなスポットです。


manali-bungalow.JPG
プールはありませんが広い敷地にかわいいヴィラが並ぶ素敵なニューリゾートです。
料金も1000B台から。近々詳細をアップします!


manali-hobbie-cat.JPG
小型ヨットで海上散歩も楽しめます。
オーナーのご主人がインストラクター


小型よっとでのセイリングなどアクティビティに関してはSL2Kのページをご覧ください。

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

投稿者 aya : 14:44 | コメント (1)

2011年02月16日

タイの超人気歌手バード

最近のパンガン島は雨一つない快晴が続いています。フルムーンも近くバイクで島内散策する楽しそうな旅行者がたくさんです。今日はタイで人気ナンバーワンの男性歌手バードについてご紹介します。といっても私も街角で聞き流すだけで多くを知っているわけではないのですが…。この人は50歳すぎなのにプロプーション抜群、ダンスも◎、そしてゲイ。人気No1歌手がゲイというのはなんともタイらしいなぁと思います。

バードさんはチェンマイに大きな農園や魚の養殖場を持っていて、貧しい人たちに職を与えたりといった活動もしているそう。そういったところがタイ人に深い人気をもつ由縁かもしれません。バードはタイの大きな芸能事務所グラミーの経営にも参加して、若い才能も育てているそうです。現在タイ政府官公庁のイメージキャラクターも努めています。


上のyoutubeの曲はメダワンのお寺のお祭りでシャロックラムの幼稚園生が踊るときの曲に使われていました。幼稚園生もノリノリでしたよ!子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで親しみやすいからきっと長く人気があるのですね。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 14:29 | コメント (0)

2011年02月11日

ターザン気分のアクティビティ「キャノピーアドベンチャー」

canopy-wire.JPG
左側にあるのがワイヤー。長さ7から10mほどピューンと滑りぬけるキャノピーアドベンチャー


ここ数日抜けるような日差しのよい天気が続いています。昨日は6名の楽しいグループのお客様を島内プライベートツアーでご案内しました。ジャングルの中ターザンのようにワイヤーを滑りぬけるキャノピーアドベンチャーにも立ち寄りました。フランス人オーナーらしくサムイや美しい海を見渡せるナチュラルなカフェもあります。

バンタイからトンナイパン方面へ5分ほど上った標高330mの丘の上にあります。あたりは見渡す限りの緑でほかになーんにもありません。キャノピーアドベンチャーとは、ジャングルの中の木につながれたワイヤーを滑りぬけるスリル満天のアクティビティ。パンガンではたった一箇所、ここだけで楽しめます。

canopy-map.JPG
ここは8つのワイヤーとそれをつなぐつり橋からなるコースです。

ワイヤーを1本すべると木の中腹にあるタラップのような場所につき、そこからつり橋をわたって次のワイヤーまで。そこでまた自分で器具をワイヤーに取り付けて滑り降ります。自分で器具を操作するという部分で少し戸惑ってしまう方もいるのではないかと思いますが、最初にしっかり教えてもらえ、シンプルな操作なので安心。もちろん分からなくなってしまったら、スタッフが助けてくれます。


canopy-cafe.JPG
ワイヤーやつり橋は高さ6から12メートルくらいの位置にあります。
最初はちょっぴり勇気が要りますが、すぐに慣れるそうです


文字通り大自然の中にあるコースは空気がおいしい!残念ながら今回チャレンジするお客様がいらっしゃらなかったので滑走している写真がありませんが…次回試してみたいと思います。

canopy-owner.JPG
オーナーが親切に装具の装着方法を説明してくれます。
飛行機のシートベルトのようなベルトをズボンをはくように装着して
ワイヤーに金具部分をかけます。すべる金具以外に2本の留め金をワイヤーにとめるので安心。


料金は1コース(8回)大人800B、子供(身長1.4m以上)600B。保険とソフトドリンク込みです。1週景色を楽しみつつ滑り終わると小1時間ほど。その後冷たいドリンク片手にカフェでのんびりできます。

canopy-cafe.JPG
フランス人の方にカフェは必須のアイテムなんですね
ジャングルの中にもちゃんと作ってしまうから見事!

バンタイ、サムイ方面を見渡せるロケーションにあり、晴れている日は本土のドンサック(スラタニ県)まで見渡せるというから驚き!

JUST FOR FUN
CANOPY ADOVENTURE
Tel:087-9088610

投稿者 aya : 19:14 | コメント (0)

2011年02月04日

老舗カフェオーナーのグラスコテージを偵察!

as-bench.JPG

トンサラの老舗カフェA’s coffeeのオーナーが「そろそろうちのラグジュアリーなほうのヴィラにも遊びに来てよ」とのことで、トンサラから車で3分のナイウォク・ビーチにあるA’s beach placeのヴィラを偵察してきました。「グラスコテージ」と呼ばれるそのヴィラは三面がガラス張りとか。しかも広い敷地にたった1軒だけ建っているんです。

as-view.JPG

オーナーはアメリカ人のマイケル。パンガン島の住人にしてはとても常識的で頼れる存在のハンサムさんです。奥様はタイ人で、長年ここに住んでいます。ビーチプレースは2,3年前に作られたサンセットビューポイントにあるカフェで、最近1軒ヴィラを増築しました。カフェはなかなかおしゃれで、トンサラのバックパッカー的なカフェとは趣向が違います。といっても高級な感じではなく、美しい景色の中でくつろげる感じ。トンサラのカフェがガヤガヤおしゃべりっぽいのに対し、ナイウォクのほうはカップルが愛をささやいているといったところです。

glass-cottage.JPG


さて、ヴィラですが、入り口にタイ式のかわいい足を洗う水の甕とかわいいひしゃくがあったり、ドアの横に木のモニュメントがあったり、なかなかこじゃれた感じ。中に入ってみるとヴィラの中は奥行きがあり、外から見るよりかなり広い!


sofa-desk-as.JPGキングベッドとソファ、大きなデスクがあってもまだゆったりスペースがあります。さすが一軒ヴィラ。広い庭のある貸し別荘のようです。

bed-fan.JPG
黒のボディに金色のファンの扇風機。よくみるとリメイクしてファンの色を変えたようでした。アンティーク調の家具とマッチ。

プライベートな空間でゆったりできつつ、レストランも備えていてスタッフも常時待機という安心感が◎。私が新婚さんだったらこんなヴィラいいなぁ。しかも2500Bというお手ごろ価格。日本円で7000円程度の料金で贅沢感が味わえます。ただしスイミングプールがないので、泳ぎたい方には向いていません。

as-bath.JPG
バスルームはシャワーブースとトイレがセパレートされています。バスタブはありません

gotothebeach-as.JPG
高台にあるレストラン&ヴィラから庭を抜けて下るとビーチ


A's ビーチプレースの詳細はこちら


ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

投稿者 aya : 00:11 | コメント (0)

2011年02月02日

トンサラに巨大軍艦がやってきた!

army-ship-2.JPG


トンサラ港の北端に年初現れた巨大なグレーの軍艦。戦争当時使っていた正真正銘の本物で、パンガン島にディスプレイされることになりました。初日にはお坊さんがきてお祈りをささげたりする儀式が行われ、たくさんの人が見物に訪れました。しかし途中船を陸に結ぶロープのうち1本が切れ、パチーンと跳ね返るというハプニングもありました。


army-ship-1.JPG


この軍艦に713のナンバーがあったことから、毎月2回の宝くじでこの番号を買う人が殺到。タイの宝くじは合法のものもありますが、多くの人が非合法のディーラーから買い求めます。島にもたくさんのディーラーがいますが、この番号をリクエストする人が多すぎて、この番号はどのディーラーもクローズ、つまり売らなかったため、バンコクや他の地方のディーラーに電話をかけて購入している人もいました。しかし昨日当選番号が発表され、当選番号は890、先日高僧が89歳でなくなったからよ!と言っている人もいました。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:20 | コメント (0)