Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月26日

2012年1月21日新パーティLove:ISがハードリンでスタート

来年1月ニューパーティがフルムーンパーティのリンビーチ・サンライズで幕開けです。「Love:IS」と題されたパーティはフルムーンパーティの13日後に行われる予定。世界中で活躍するオランダのMARCO Vやパンガンのグラハム・ゴールドのほか以下の面々が参加予定です。そのほかトミーのレジデントDJも顔を出す予定ということは、トミー系のイベントなのでしょうか!?来年が待ち遠しいです!
DJ Absolud (The Netherlands/Moov Koh Tao/ Beach Republik Samui)
Emanuel Skinner (U....S.A./Bed Supper Club BKK/UB Radio)
Darragh Casey (Ireland/Antiqua Recordings/Glow BKK/Tommy Resort FMP)
Bosso Gulyas (Hungary/Fusion Samui).

投稿者 aya : 21:46 | コメント (0)

2011年10月17日

船の待ち時間に美味カフェ&パン&おもちゃありニラズベーカリー

nira's balery thonsala.JPG

おいしいパンを見つけるのが難しいパンガン島で貴重なベーカリーカフェ、ニラズ。創業25周年の老舗で、昔はハードリン1店でしたが、現在はバンタイとトンサラにもオープン。トンサラは港の前にあり、唯一エアコンつき、暑い昼間の船の待ち時間にぴったりです。おもちゃや子供用の椅子もあり、ファミリーにもおすすめです。

1歳と4歳の子持ちの私は上の子が幼稚園の間下の子をおもちゃで少し遊ばせ、眠くなったらベビーカーに寝かせパソコンタイム。ワイヤレス接続は無料で、おいしいコーヒーはもちろん、ヘルシーな野菜&フルーツ、ハーブ、ジンジャーのミックスジュースを片手に仕事がはかどります。

リンビーチのお店はセブンイレブンからリンビーチサンライズ側に50mほどのところにあり、24時間営業(トンサラとバンタイは8時から20時頃までだったような…)。パーティの後パンを買って帰り翌日とか、パーティの合間のほっとひといきにも使えます。

バンタイのお店はバンタイのメインロードに面したビーチ側、バンタイ桟橋の近くに位置。パンガンに30年ほど前にご自分で家を作って住んでいらっしゃるミュージシャンのサムさんはここのオーナー、ニラの親友でもあり、バンタイのカフェで弾き語りを行っていることも。ふらっと立ち寄るプライベートのサムさんに会えることもあります。私はトンサラのほうのお店で英字新聞を読みにいらっしゃるサムさんに遭遇することが多いです。

パンは40~60B程度、セブンイレブンで買えば10~20B程度なので、お値段は安くないですがその価値あり。雑穀のヘルシーパンやベーグル、クッキー、グリッシーニのほか、ケーキも常時10種類くらいあります。

投稿者 aya : 14:17 | コメント (0)

2011年10月06日

ヨガ&タイマッサージレッスンにも便利ビーチフロントのデザイナーズヴィラ3万5000B

Coconut n noom house for rent

島の老舗タイマッサージ&ヨガスクールのサイアムヒーリングセンターわきのビーチに2階建てのユニークなヴィラができました。トンサラの港街からバンタイ方面へ徒歩5,6分、バンシャルビーチという静かなビーチに位置しています。コンクリート打ちっぱなしのさっぱりとした2階建てヴィラのまわりをカラーボールの浮く池が囲む何とも遊び心満点のヴィラ。けして瀟洒でなく、かといってシンプルすぎない、お手頃なヴィラです。


投稿者 aya : 15:06 | コメント (0)

2011年10月05日

象さんが船に乗って!

しばしパンガン島を離れ、主人の実家ドリアン農園のある本土のチュンポンにきています。パンガンから本土へのカーフェリーは1社のみ、日本のリサイクル船を使うラジャフェリーで2時間半。なんと船内の駐車場で象さんを発見!「けがか病気で本土に移送されるのかな?」「トラックの荷台でじっとしてられるの?」「船酔いはしないの?」大好きな象さんをみつけ大フィーバーの子供たちと近くまで見に行ってみました。

近くで缶ビールを飲んでいるおじさんが「ぞうさん、カエル」と日本語で話しかけてきます。「えっ?」「象さんだけどカエル(蛙)じゃないよ~」なんて思いながら話しだすと、そのおじさんが象さんのオーナーで、日本にも熊本の動物園に象をつれて4年ほど働きにいっていたことがあったそう。


「象って飛行機乗れるんですか?お金かかりそう!!」
「乗れるよ、高いけど。もうこいつは50歳を過ぎて年だからスリンに帰るの」
「パンガンのサファリで働いていたんですか?」
「そうそう、もう引退してお国でのんびり」
しばしあって
「僕も日本人の奥さんがいるんだ」
「えっ、子供は?」
「子供はいないけど、奥さんがどうしてもタイに来てくれないんだ…」
「……」
「動物園で働いていてなついてる動物たちと離れられないんだよ」
ほ~。やさしい顔の中年タイ人おじさん、南のほうの顔だちではないのできっと象使いの村スリン出身なのでしょう。

投稿者 aya : 18:11 | コメント (0)

象さんが船に乗って!

しばしパンガン島を離れ、主人の実家ドリアン農園のある本土のチュンポンにきています。パンガンから本土へのカーフェリーは1社のみ、日本のリサイクル船を使うラジャフェリーで2時間半。なんと船内の駐車場で象さんを発見!「けがか病気で本土に移送されるのかな?」「トラックの荷台でじっとしてられるの?」「船酔いはしないの?」大好きな象さんをみつけ大フィーバーの子供たちと近くまで見に行ってみました。

近くで缶ビールを飲んでいるおじさんが「ぞうさん、カエル」と日本語で話しかけてきます。「えっ?」「象さんだけどカエル(蛙)じゃないよ~」なんて思いながら話しだすと、そのおじさんが象さんのオーナーで、日本にも熊本の動物園に象をつれて4年ほど働きにいっていたことがあったそう。


「象って飛行機乗れるんですか?お金かかりそう!!」
「乗れるよ、高いけど。もうこいつは50歳を過ぎて年だからスリンに帰るの」
「パンガンのサファリで働いていたんですか?」
「そうそう、もう引退してお国でのんびり」
しばしあって
「僕も日本人の奥さんがいるんだ」
「えっ、子供は?」
「子供はいないけど、奥さんがどうしてもタイに来てくれないんだ…」
「……」
「動物園で働いていてなついてる動物たちと離れられないんだよ」
ほ~。やさしい顔の中年タイ人おじさん、南のほうの顔だちではないのできっと象使いの村スリン出身なのでしょう。


そんな話をしている横で大型トラックの運転手さんはトラックの荷台の上でへそ出し爆睡中。どうやって上ったんだろう??はしごがあるのか??段ボール敷いて寝てるけど、揺れて滑って落ちることはないの?

そんなことをしているうちに船は定刻5分遅れでスラタニのドンサック港に到着。数年前は所要2時間半のはずが3時間半くらいかかることもあったのに、最近はいつも時間どおりに運行しています。

投稿者 aya : 18:11 | コメント (0)

2011年10月01日

今日は朝7時と16時に2回のスコール

つい先ほどパンガン島北部のシャロックラムは2回目のスコールが止みました。16時から20分程度で、雨が止んだと思ったらすぐにピーカンの南国晴れ。まぶしい太陽が顔を見せています。今日サムイから来た友人によると朝の船は揺れたそう。windfinder.comの予報では10月3日まで風が強く、4日から風が収まってくるよう。一日の中では朝と夜中風が強く、昼間は弱まるような傾向があります。

投稿者 aya : 18:20 | コメント (0)

雨季に少し足を踏み入れた様子!

パンガン島はここ一週間ほど、毎日のように早朝か夕方にスコールがあります。快晴かと思ったらスコール、また快晴、曇り、また快晴…のように変わりやすいお天気です。モンスーンという嵐の来る本格的な雨季は例年10月下旬から11月ですが、一日の中で15分ほどのスコールのある時季になったようです。6・7・8月はいつ最後に雨が降ったかな?と思うほど何週間も一滴も降らないことが多かったので、とうとう9月初旬滝の水も枯れてしまいました。こうしてまた雨が降り、毎年滝に戻るのだなぁと自然のサイクルに感心です。

投稿者 aya : 15:47 | コメント (0)