Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月30日

シークレットベイ、海と風と自分だけの場所ヒンガム

hingam-secret bay.jpg

シュノーケリングスポットのメーハードと漁師町シャロックラムの間に小さな小さなヒンガムという湾があります。海沿いが砂ではなくごつごつした岩と石なのでビーチではありません。大通りから小道を300mほど海側に入るとさわさわと波の音が聞こえてきます。最近この小道が舗装されたのでバイクで簡単にアクセスできるようになりました。

hingam-sala.jpg
小道の突き当たりに小屋があります。ここからはまだ緑が茂って海のほうまで見渡せません

hingam-oku.jpg
小屋の脇から細い山道を歩いて


hingam-kaidan.jpg
急な階段を50段ほど下がると海岸に到着


たどりつくまでドキドキして、カップルの方にもとてもロマンティックな場所です。秘密にしたいくらい素敵な海、どうぞ足を延ばしてみてください。シャロックラム側からはメーハード方面へ約1km先のHINGAM HOUSE FOR RENTの看板を海側へ右折、メーハードからは1kmほど先を左折。電気の通っていないコーラルベイよりももっと静かな場所を見てみたい方にお勧めです。


投稿者 aya : 17:04 | コメント (0)

2013年01月29日

海に仙人!?ナイウォクビーチの昼下がり

kayak or surf.jpg

白髪の老人が竿のようなものを持って海に浮かんでいる!と思ってしまいました。今日ナイウォクビーチにソフトオープンしたクプクプパンガン・ビーチヴィラズ&スパを内覧しに行くと、素晴らしい色彩の海に浮かぶ老人の姿が。遠くからではカヤックに立っているようにも見えましたが、後で写真を確認するとサーフボードのようです。美しい海をすーっと音も立てずに横切っていく姿、かっこよかった!

granpa-on surfboard.jpg


後ろの海から突き出る岩もいい背景を作りだしています。サーフィンはやったことがなく、パンガンは波がほとんどないのでサーフィンをしている姿さえも見たことがありませんが、ロングボードに立って海を散歩するのはどのくらいの難易度なんでしょう?

投稿者 aya : 16:34 | コメント (0)

2013年01月28日

雲があって味がある北西部メーハードの夕陽

maehaad-sunset-jan13.jpg


なにもない空にどーんと沈む、画に描いたようなサンセットはなかなか見られないもの。雲の中から少し姿を現しては消え、丸く顔を出したと思ったらすぐに沈んでいく、こんな夕陽はまるで人生のようです。

フルムーンの翌日友達からの電話で知らされたのが、シルバーアクセ職人のタイ人男子Yが飲んで帰る途中バイクで事故に遭ったとのこと。この友達からはYはサムイの病院で昏睡状態と聞き、びっくりしてYの親友に電話をかけると、バイクどうしてぶつかり、Yは腕の怪我程度だけれど相手が昏睡状態だとのこと。Yは昨年アイルランド人の奥さんPとの間にかわいい男の子が生まれたばかり。Yも大変だけど、乳飲み子を連れてサムイまでお見舞いに行く奥さんもたいへんです。

外国人であれば、たいてい高級病院のバンコク・サムイホスピタルに行く人が多いですが、ここは保険を適用することが大前提のような高額の医療費で、ICUに入ろうものなら日に日に10万バーツ単位で請求額が増していきます。Yがいるのはサムイの公共の病院で、パンガンの公共病院と同様の値段ですが設備やスタッフがしっかりしているので、こちらに入院しているようです。


Yと奥さんPは、恋人としてかれこれ10年以上の付き合いで昨年やっと子宝に恵まれました。2人とも穏やかな性格で、だから関係が長続きするのかな、と誰もが感じるような好感度満点カップル。ところがアイルランドで出産して戻ってきてからというもの、いままでの2人だけの気ままな生活ではなくなったからか、離れていたときになにかがあったのか、Yは外で飲むことが多くなり、Pも悩んでいるようで、友達の家に行って悩み相談をしながら泣いてしまうということも少なくなかったよう。そしてYが飲みすぎてしまったことが引き金となったのが今回の事故です。


ドラマやお話しの中では赤ちゃんが生まれるとBGMのテンポはゆっくりになってお花畑のようなパス絵てるカラーののんびりとした幸せの毎日のように描かれていることが多いもの。でも実際は赤ちゃんのお世話という24時間365日休みのない仕事が始まり、私自身の経験でも夫との喧嘩が10倍に増え、「私はこんなに夜も昼もなく大変なのに、夫はのんきに飲みに行ってる!」とか、ママとして心も体も試練の毎日でした。YとPのなかでもいろいろ問題があって、お互いに爆発したり妥協したり、子供のためを思ったり、ぐちゃぐちゃになりながらの生活のはず。でも雲の影から現れては消える夕陽のように、一筋縄にはいかないから面白いのが人生!またいろいろを乗り越えた二人のグレードアップした笑顔が見られるはずです。

投稿者 aya : 16:04 | コメント (0)

2013年01月24日

急こう配を登ってパノラマビューを堪能!ドムシラビューポイント

domsira view point 2013jan.jpg


タンサデット国立公園のトレッキングコースを歩いて、ドムシラビューポイントへ行ってきました。国立公園の売店がある入口からなだらかな道を5分ほど歩くとペーン滝に到着。そこから急にぐんとこう配がきつくなり、子供と老人は自動的にドロップアウトするような道を15分ほど登るとたどりつく岩ごつごつのビューポイントです。

ここからはトンサラからシャロックラムの間がぐーっと見渡せます。コンクリートの道を走っていると、「ああまた新しい店ができたな」とか1年の間でもいろいろ変化がありますが、ここから見る景色は何年たっても同じ、ほぼ一面のココナッツ林です。

投稿者 aya : 15:14 | コメント (0)

2013年01月17日

本気でクロールしてストレス解消!メーハードベイリゾートのプール

MAEHAAD BAY.jpg
クロールでガシガシ泳げる広さ!メーハードベイリゾートのプール


サラドブリリゾートの3段の大きなスイミングプールとメーハードベイリゾートの平面の大スイミングプール、パンガンの2大プールです。定番人気の4つ星サラドブリのほうは深さの違う3段に分かれていて、本当はやってはいけないかもしれませんが、子供と子供の心を持った大人の皆さまは下の段にざぶーんと飛び込んだりして遊べます。カップルにとっては、1段占領して大きなプライベートプールのような雰囲気に浸れるのが魅力です。

2012年にオープンした新しい4つ星メーハードのほうは平面でほぼリゾートの端から端までずーっとプール。子供のころ通った水泳教室の25メートルまではいきませんが、推定15~20メートルほどはありそう。ヴィラ6,7軒位にまたがるプールです。浅いゾーンで子供たちを遊ばせ、ここで大人真剣クロールをきめるとスカッとします。水中眼鏡ご持参でぜひ!

投稿者 aya : 18:23 | コメント (0)

2013年01月15日

さわやかな風カイトボーディングと凧に吹く!

曇り時々晴れ、さわやかな風が吹いています。トンサラのおんぼろソンサムフェリー港のほうの空き地から無人島を見渡すとナイウォクでカイトボーディングをしている大人たち&蛍光ピンクの飛行機型の凧を飛ばす男の子の姿が見えました。そういえばこの季節はときおり強い風が吹く凧にぴったりの季節。年末年始には見なかった20Bから買える凧を売る露天商の姿がちらほら。

投稿者 aya : 16:44 | コメント (0)

2013年01月12日

パンガン島の懲りない面々3 三角関係不倫騒動

新年タイ人の噂話の主役を飾ったのがタイ人の中年カップルの三角関係不倫騒動。女性はバツ一の40台、男性は妻子のある50台。かれこれ5年以上は続いている不倫関係は島のだれもが知るところ。本妻も知っていていさかいがちょくちょくありながらお互いを認めているような不思議な関係でした。男性はけしてハンサムでも特別お金持ちでもありませんが、田舎にも最初の奥さんと二人の子供が、島に妻と愛人がいて、ときおり3人目を作って愛人とトラブルになったりしている女好き。

ある日男性が愛人の家に泊っていると夜中にドンドンドンとドアをたたく本妻。深夜1時ころ1時間位粘り強くたたき続けたそうです。根負けしたのか家から男性が出てきてもちろん口論に。お金を妻が握っているのか最初は妻優勢だったのが、最後に男性がプチンと切れ、妻の息ができなくなるほど暴力をふるったそう。お酒も入っていてあわててとめる愛人を投げ飛ばし、最後は近所の男性陣が起きだしてきて止めるという騒動になったそう。

女性の目から見て、どこに魅力があるのか分からない中肉中背肌が黒い中年おやじ。自分に確固たる自信を持っていて、酔うと自分がどれだけヒーローかを語り出すそう。さらに驚くことに彼には30歳くらいの彼女なしの弟子的男子がいて、「俺についてこい。おまえも愛人を抱えるような男になれるぞ」と言っている恋愛教師なのだそうです。やれやれ。

投稿者 aya : 10:29 | コメント (0)

2013年01月01日

パンガン島から明けましておめでとうございます

昨日は午前中はお天気雨、夕方から降ったりやんだりするもののどしゃ降りになりはらはらしましたが、22時以降滑り込みセーフですっかりやみ、カウントダウンパーティに間に合いました。今年はいつにも増して花火が派手で、星型のものまでありました。今日はバックヤードでのデイパーティ、明日はサマノラウォーターフォールと人気DJのNETSKYをフューチャーしたリズム&サンド。今年からフルムーン前に毎月2回開催予定だという最近上がり調子のパーティです。


パンガンのお正月は1月1日になった瞬間の真夜中がピークで日中はお祝いモードというよりお休みモード。デッキチェアやハンモックでパーティ疲れをいやす日です。

投稿者 aya : 14:43 | コメント (0)