Phangan Traveker パンガントラベラー

« 2013年01月 | メイン | 2013年03月 »

2013年02月15日

タイのバレンタインはバラの花で

タイでは女性が男性にチョコレートをプレゼント、という風習はありませんが、最近は日本の習慣をまねたのか、セブンイレブンにハート型のチョコレートを販売しています。一口サイズのハート型のチョコレートが簡単なギフト包装をされて数十バーツと超リーズナブル。厳密に言うとチョコレートではなく、チョコレート風味製品で味は…ですが、見た目は値段よりも高そうで以下にもタイ人が好きそうな容貌です。


ネットで調べるとバレンタインデーは元々古代ローマのルペルクス神をまつるお祭りで、かつてはフルムーンパーティも兼ねていたといわれているそうです。当時のお祭りは未婚女性が自分の名前を書いた紙をボックスに入れ、男性たちがそこから紙を引き、その年に付き合う相手を探す、というものだったようです。

valentine rose.JPG
愛する人にバラの花を渡すのがタイの風習です

タイではバレンタインに男性が女性にバラの花を送るのがお決まり。告白も女性から男性ではなく、アプローチするとすれば男性からです。島にはトンサラに生花店が3箇所、今の時期は露天の花屋さんも出ていたりします。よりきれいにラッピングしてもらうなら生花店へ。トンサラにある島で唯一の信号つき交差点からすぐの場所と、ベックスビアバーの並びにも2軒の生花店があります。


指を刺して入れたい花を伝えれば、リボンやふわふわの包装紙なども用意しているのでかわいくアレンジしてくれます。タイでお花はとてもリーズナブルなので、たくさんのお花を買って抱えるほどの花束を作っても200~300B程度です。ただしこの日タイ人は世界で一番割高なバラを買っているともいわれていて、バレンタインの日だけは母の日のカーネーションのように普段の価格よりずっと高くなります。


orchid100.JPG
日常生活に溶け込んでいるカジュアル顔の蘭も


タイの花といえば蘭、また蘭といえば高級品というイメージですが、タイには1本5B以内で買えるリーズナブルな品種もあります。島ではよくカクテルなどに添えられていたりします。とはいえやはりタイ人の感覚でも蘭は高貴なイメージがあります。よりカジュアルで身近な花といえばプルメリア。南国の香りあふれる純白の花弁が島のあちこちで空に向かってのびのびと花を咲かせています。


plumeria100.JPG
ビーチリゾートの雰囲気あふれるプルメリア

☆美しいガーデンをもつおすすめリゾート☆

サラド・ビーチ・リゾート   北西部 サラド・ビーチ
ガーデン内にはさまざまな花々だけでなく、キュートなタイスタイルの彫像がたたずんでいます。立体感のあるガーデンのなかには生のハーブを炊くハーバルスチームサウナも備えています。


サンセット・コーヴ   北西部 チャオパオ・ビーチ
美しいサンセット、色とりどりの魚たちとサンゴ礁に囲まれたパーフェクトなロケーション。ウッドデッキと竹のひさしの散歩道でつながれたガーデンはとてもユニークで散策を楽しめます。タイスタイルのデザインヴィラは、オーナーの祖母の家をモチーフに丹精込めて造り上げられたものです。


サンティヤ・リゾート&スパ  北東部 トンナイパン・ビーチ
トンナイパン・ビーチのパノラマビューを堪能できる、モダンタイスタイルの高級チーク造りのヴィラリゾート。プライベートプール付きのヴィラや、2室のベッドルームを備えた112㎡のヴィラ、オープンエアのサラ(タイ式の東屋)でトリートメントが受けられるスパなどを備えています。ワイルドで広大な庭園内には立体感のある巨大プールもあり、どれをとっても島内ナンバーワンのリゾート


ロング・ベイ・リゾート  北西部 ヤオ・ビーチ
広々とした白砂のプライベートビーチに面し、島内最大級の敷地を擁しています。美しい庭園内にバリを思わせるキュートなヴィラがたたずんでいます。リゾートの中には大小二つのプール、天井の高いシーサイドレストラン、タイマッサージハウス、インターネットなどなんでもそろうので、リゾートでののんびりおこもりバカンスをお考えの方にピッタリ!


投稿者 aya : 07:48 | コメント (0)

2013年02月10日

タイの違法宝くじディーラーと200万バーツ賭け逃げ女

タイでは毎月1日と16日に国の宝くじ抽選があります。闘鶏、闘牛、トランプ、サッカーくじと賭けごとが大好きなタイ人は毎月2回休まずにくじを買い続けている人もいます。印刷された正規のくじを買うのが正当ですが、多くの人が違法の私営ディーラーに電話で末尾2ケタ、3ケタの番号を伝えて後でお金を支払うという方法でくじを楽しんでいます。


夫の実家チュンポンで話題だったのが、この違法くじディーラーに200万バーツを賭けて姿を消したタイ人女性の話。以前からディーラーに10万バーツ、20万バーツ単位で賭けていたというこの女性、日に日にかける金額は上がりますが毎回後日振り込みがあったのでディーラーが油断し、先日2月1日のくじに200万バーツを後払いで賭けたそう。このディーラーは4人のグループで、高額の後払い客の場合はディーラー4人が相談してOKを出すそうです。ところが抽せん日の後何日まっても振り込みがない、電話もつながらない。そこであらためてこの女性の家や家族を誰も知らないことに気づき、ディーラーがうわさをたどって女性の家を探し回ったそう。

ディーラー4人の中には村長(プーヤイバーン)、地元警察も含まれていて、公的権力者が指摘にも幅をきかせるタイでは、逆らいたくない相手なのですが、きっとその女性もセミプロの詐欺師。10日ほどたった今も見つかったという話は聞いていません。このディーラーグループも上にマフィア的存在の親玉ディーラーがいて、このままでは親ディーラーにポケットマネーで弁償しなければいけないはず。親玉ディーラーも高額の賭け金の場合は、一部の金額をリスク分散のためにほかの違法ディーラーに回す形で賭けるのが定石だそうです。詐欺といってもこのディーラー自体が違法なので警察も公には捜索などできません。


余談ですが、タイの田舎では人が亡くなるとその人の年齢や誕生日、亡くなった日付など、車が事故ったのを見ればそのナンバーなどなど賭けたりするわけですが、ときおり占い師かなにかが予測した番号などがうわさで流れ、その番号に人々が殺到したりします。根拠のないことを信じるのが好きな国民性です。

投稿者 aya : 10:07 | コメント (0)

2013年02月09日

スラタニ、チュンポン…タイ南部本土も好景気

パンガンから大きなカーフェリーで2時間半、タイの本土に来ています。5年ほど前は走っている車はほとんどピックアップトラックでそれもぼこぼこになっている古い車がほとんどだったような気がします。今はベンツやBMなどの高級車を見ても珍しいと思わなくなり、ピッカピカの新車で仮登録の赤いナンバーがついているものがブーンと鼻高々で走っています。代替燃料などに使われるパームヤシやゴム、香港・台湾向け輸出のドリアンなどが好調で、農園の土地の価格も毎年上がり調子。これが発展途上国の勢いだ!と感じます。

スラタニの市街からほど近い幹線道路沿いにはセントラルというバンコク仕様のショッピングセンターが昨年登場。タイヤ屋さんに入ったら、店員さんがスターバックスのコーヒーを飲んでいたりしてちょっとびっくりです。

投稿者 aya : 08:14 | コメント (0)

スラタニ、チュンポン…タイ南部本土も好景気

パンガンから大きなカーフェリーで2時間半、タイの本土に来ています。5年ほど前は走っている車はほとんどピックアップトラックでそれもぼこぼこになっている古い車がほとんどだったような気がします。今はベンツやBMなどの高級車を見ても珍しいと思わなくなり、ピッカピカの新車で仮登録の赤いナンバーがついているものがブーンと鼻高々で走っています。代替燃料などに使われるパームヤシやゴム、香港・台湾向け輸出のドリアンなどが好調で、農園の土地の価格も毎年上がり調子。これが発展途上国の勢いだ!と感じます。

スラタニの市街からほど近い幹線道路沿いにはセントラルというバンコク仕様のショッピングセンターが昨年登場。タイヤ屋さんに入ったら、店員さんがスターバックスのコーヒーを飲んでいたりしてちょっとびっくりです。

投稿者 aya : 08:14 | コメント (0)

2013年02月01日

優雅な12人乗りカタマランボートでクルーズ

catamaran red star.jpg


バンタイの桟橋に停泊している、真っ白でラグジュアリーな2階建て双胴船を見かけた方も多いのでは。昨年からパンガンで島の一周クルーズやアントンへのツアー、サンセットクルーズなどを運航しているベルギー人マシューのボートです。スピードボートもかっこいいですが、これはダイビングでよく使う大型船よりは速く、スピードボートよりは速度が遅いですが優雅に快適に進む船。デッキでのんびりくつろいでいる姿はまさにセレブ!あこがれてしまいます。船の前側にトランポリンもついていて遊び心満点です。


ramporin.jpg
海の上でトランポリン!

2nd deck.jpg
さわやかな海風を感じる2階席


乗り合いは1500B/人からとリーズナブルで、定員12名。普通の乗り合いツアーに比べサービスが行き届き、リラックスできるのが特長。オーナーでキャプテンのマシューはとてもさわやかで気がきく素敵な方。マニュアル通りに進めるよりもお客様それぞれの満足を考えてくれ忘れられないよい思い出ができたと言ってくださるお客様がいっぱいです。乗り合いツアーは最低催行人数4名です。


catamaran- ac seat.jpg
お子様や年配の方も安心の快適なエアコンシートも広々


first seat.jpg
1階の屋根付きオープンエアーシート


catamaran kitchen.jpg
キッチンも完備


surfboards.jpg
サーフボードやシュノーケルが無料で遊べます


catamaran toilet.jpg
トイレが清潔で使いやすいのもポイントです

●アントン国立海洋公園  3500B/人
8時30分~18時
ソフトドリンク
ビールお一人様4本
フィンガーフード
ランチ
フレッシュフルーツ
シュノーケル
サーフボード
タオル


●一日クルーズ  2500B/人
10時~17時(島を1周、ボトルビーチ、タンサデットにお立ち寄り)
ソフトドリンク
ビールお一人様4本
フィンガーフード
ランチ
フレッシュフルーツ
シュノーケル
サーフボード
タオル

●半日クルーズ  1800B/人
13時~17時
ソフトドリンク
ビールお一人様3本
フレッシュフルーツ
シュノーケル
サーフボード
タオル

●サンセットクルーズ  1500B/人
16時30分~18時30分
ソフトドリンク
ビールお一人様3本
タオル


チャーター
アントン 25000B
一日 20000B
半日 15000B

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

投稿者 aya : 16:47 | コメント (0)