Phangan Traveker パンガントラベラー

2012年12月13日

トンサラの長い夕暮れ

thonsala-taklo.jpg
夕方トンサラの公園でタイ人男子がタクロー


4月ころの暑い時期は夕方5時はまだ炎天下、やっと6時を過ぎて公園で遊べるようになるもののすぐに汗だく。12月1月は一年の中で最も涼しい時なので、夕方子どもが遊んだり、大人がランニングやセパタクローのエクササイズをできる時間が長く、皆長い夕暮をエンジョイしています。

thonsala-yugure-sanbashi.jpg
公園から桟橋のほうを見ればサンセットでオレンジ色に染まっています


投稿者 aya : 17:29 | コメント (0)

2012年11月13日

2004年穴ぼこだらけだったころのシャロックラムの道

thonsala-chaloklum.JPG


2004年この写真を撮ったときは穴ぼこだらけで進むのに時間がかかりました

港町トンサラから北端の漁師町シャロックラムへは車で約10分。途中大きな山を上りきるとwelcome to Chaloklumの看板があり、山のてっぺんから山を挟んで青い海が一望できます。舗装されていたものの、数年前までは穴ぼこだらけだったこの道。少し遠回りですが、トンサラからサラドビーチのほうの海沿いの道を通るほうが、道の具合が良くて所要時間は短かったのです。当時穴ぼこの個所と大きさを覚えている地元のドライバーで約15分、初めての方だと20分くらいかかりました。

chaloklum-woods.JPG
ふと横を見れば、何もない林。海だけでなくこの風景も島の財産。
メダワンを過ぎシャロックラムへ向かう静かなこのあたりは2004年から8年たった今もほとんど変わりません

夜間は街灯もないので慣れていないとバイクではかなり危険だったこの道。いまは前より質の良いコンクリートに変わり、便利になりました。新しい道の後、シャロックラムの子供たちの中にもトンサラの学校まで行く人が増えました。東京にいると水や空気と一緒に平らな道はタダのように感じますが、パンガンでは平らな道は貴重なもの。そういえば、昔はほとんど見なかったベンツやBMWなどの高級車も最近ちらほらみかけるようになったか…これも平らな道のおかげです。

昔はこの道で私も「パンガンタトゥー」=バイクで転んでできる傷跡を作ったもの。いまでも隠れパンガン名物といわれる擦り傷タトゥー、皆さんは作らないでくださいね。

投稿者 aya : 14:50 | コメント (0)

2012年10月23日

5年でここが変わった、ここが生き残った!ハードリンの栄枯盛衰

hadrin-bookshop.JPG
パンガンベイショア前やセブン付近にあった本屋さんは姿を消しました

ワイファイとスマートフォンの普及によってハードリンからインターネットカフェが消え、レストランの上が軒並みホステルになり、街はこの5年間でもだいぶ変わりました。レオナルドディカプリオの「ザ・ビーチ」や「シンプソンズ」「シンシティ」を毎日のように流していたレストランで映画をみながらのんびりしたり、「ザ・ビーチ」のハードカバーをバンガローのバルコニーで読んでいた時代は終わったのか!?200年の写真を振り返りながらハードリンの街の変遷に思いをはせてみました。

casablanca.JPG
イタリアン&メキシカンのお店だったカサブランカ。
メキシカンはサンセットサイド、港の近くのバンブーズルが現在も稼働中です

chicken-mamas snizel.JPG
ここは今も健在、チキンコーナーのママズシュナイツェル

チキンコーナーのセブンイレブン側は新しいビルを建設中ですが、この炭火焼きチキンサンドとこの通りの水はけの悪さはいまも当時のままです。

hadrin-seven.JPG
セブンイレブンを除き総入れ替えになっているこの付近ですが
反対側のゲストハウスともう少し奥のイスラエル料理店パプリカは健在。

outbuck-to pier.JPG
南国系アイリッシュパブ「アウトバック」を右手に、まっすぐ歩けばハードリン港

アウトバックのオーナーは変わりましたが今も昼間から人が集まる人気店。港のそばのジャングルジムもそのままです。

投稿者 aya : 14:25 | コメント (0)

2011年07月26日

ピーカンのパンガン・ロードをドライブ!

sunnydayin phangan.JPG
北西部のウォクタム・ビーチ付近


まだまだ車の往来が少ないパンガン島。からっと晴れた島の道をドライブするのは最高に気持ちがいいのです! 

chaopaobeach1 (2).JPG
ドライブの合間に島の各所のビーチでほっと一息休憩


大きな道は舗装が整ってきたパンガン島ですが、車がびゅんびゅん行きかっているわけではありません。もっとも交通量の多いのは島の最大港トンサラとリン・ビーチを結ぶビーチ沿いのメインロード。乗り合いタクシーが運行しているのも今のところここだけです。


sunset.JPG
雄大なサンセットにも注目!

とはいっても夜になると車の通行はぐっと少なくなり、静かな夏の夜の空間が広がっています。ときどき島の各ビーチからリン・ビーチへと繰り出す車が通っていくくらい。島の車はピックアップトラックが多く、荷台にもいっぱい乗って、わいわい騒ぎながら、ビールを片手に走っていることも。バイクでも2,3人のりはまだまだ甘い! 4,5人が鈴なりになってブーンと当たり前のように通り過ぎて行きます。お尻が小さくて、骨格が細いタイ人ならではの技ですね!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 14:14 | コメント (0)

2011年05月11日

オンザビーチで無料エクササイズ@トンサラ港

exerciseonthebeach.JPG

トンサラ港前にある公園のビーチ沿いにシンプルなジム器具が10個あまり設置され、シービュー&オープンエアの気持ちよいジムのようになりました。日中は暑いので人々は朝方と夕方にエクササイズに訪れます。


自転車形式でぐるぐるこぐ器具や、胸筋を鍛える器具、腰をツイストするものなど、ごくシンプルですがなかなか運動になります。小学生くらいの身長があれば背伸びして使える簡単なものです。自転車を試してみると、負荷が軽くてくるくるまわってしまいましたが、負荷を調整することはできません。「まぁいいや、それなら軽い運動を長くやろう」というような南国気質になって楽しんでいただければと思います。

bicycle-onthebeach.JPG

公園では土曜を除く毎日、19時からエアロビクスも行われています。お立ち台の先生+20名くらいが毎日汗を流しています。スピーカーを使う電気代などとして寄付を入れる箱が備えてあり、皆さん10から20Bを入れているようです。簡単な動きなので1日~参加OK。タイ人女性が中心ですが、数名欧米人やお釜ちゃんの姿も!


本格的にエクササイズしたい方は、トンサラからバンタイへと向かうビーチロードのビーチ側にあるザ・ボディへ。エアコン室内でさまざまなマシンのほか、エアロビやダンス、ヨガなどのレッスンも受けられます。

投稿者 aya : 18:32 | コメント (0)

2011年05月01日

シャロックラム港でオープンウォーター・フェスティバル!無料BBQあり!!

約1ヶ月の日本滞在から帰ってみるとパンガンの暑いこと!これぞ南国という日差しです。今日と明日は北部シャロックラムの桟橋付近でオープンウォーター・フェスティバルが開かれています。無料のBBQやジャズバンドの演奏でローカルな雰囲気ながら盛り上がっています。タイの田舎のお祭りを体験したい方はぜひ!


風邪を引いている息子と留守番組だった私は昨晩音しか聞いていませんが、いろいろなバンドが歌っているようで、タイの歌謡曲っぽいものからヒップホップ系までさまざま。お祭りの垂れ幕にはジャズバンドって書いてあったんだけどな…22時くらいに寝てしまいジャズは聞こえませんでした。

この祭りの趣旨は網を使った漁が禁止される期間が開けたことを祝して行われるものとのこと。漁師さんは海に出ていたので知りませんでしたが、網を使わない漁は禁漁期間もOKのようです。


というわけで今日は写真なしのブログとなってしまいましたが、パンガンに帰って海の美しさに感動しています!特に母と祖母が宿泊しているサラドビーチは超美しい!明日はその写真をお届けします。

投稿者 aya : 13:18 | コメント (0)

2010年10月05日

夕方タイ人男性が輪になってボールをけっているのは何のスポーツ?

yugata-takuro.JPG


夕方17時すぎくらいから、島のあちこちの空き地でタイ人男性が5,6人集まって輪になり、ボールをけって遊んでいるのを見かけたことはありませんか?これはタイで昔から楽しまれているローカルなスポーツ「タクロー」。サッカーボールより小さい籐の軽いボールを蹴ったり、ヘディングして地面につかずにどれだけ長くできるかトライします。空中高くにバスケットボールのネットのようなものをつるして、そこに入るように蹴るという遊び方もあります。

なにより、こうしてちょっとしたスポーツを楽しむ空き地がそこらじゅうにあるのがパンガンのいいところ。東京だったら、こんなスペースもお金を払って借りなくてはいけないかも知れません。

そしてタクローの良いところは走ったりジャンプしたりといったハードな動きがないので、けっこうな年配の方も楽しめます。仲間との調和やコミュニケーションが大事なので、人間関係をつくるのにも良いツールだそう。なぜか男性ばかりがプレーしていますが、たまに女性も混じっていることもあります。


タイフェスティバルにタイからタクローの選手を招聘したようで、タクローのさまざまな技法や歴史が紹介されています。http://www.thaifestival.jp/jp/index.php?option=com_content&view=article&id=98&catid=37&Itemid=55をご参照ください。

投稿者 aya : 11:57 | コメント (0)

2010年08月07日

脂ののったおいし~いアジがあがりました@シャロックラム港

pratu1.JPG


漁師さんが漁から帰ってくる早朝、パンガン島北部の漁港シャロックラムではおいしいアジに出会えます。市場に流すだけでなく、個人客にも販売しているので島の人々は早起きして生きのいい魚を求めに来ます。

pier-morning.JPG
桟橋の先にどんなシーフードが待っているのか楽しみ!


時季や天候により水揚げされる魚は異なるので、もちろんその日に港へ行ってみないとどんな魚にあえるのか分かりません。島の主婦は家族のために早起きして港へ向かい、新鮮なシーフードをゲットして今日の献立を決めるのです。

busy-pier.JPG
漁師さんたちがせっせと働いている姿は見ていてとてもすがすがしいもの


今日あがった魚はタイ語で「プラトゥー」と呼ばれる大衆魚で日本語でいうアジに近い種類のよう。ココナッツミルクと一緒に煮てレッドカレーにしたり、素上げにしたり、身をほぐし石臼でスパイスと一緒に混ぜてディップにしたり、日常的に食卓に並ぶ魚です。通常市場などでは1キロ30B(120円程度)ですが、港ではその半額ほどでゲットできます。


pratubig.JPG
新鮮なくりくりお目目のアジ


ryoshi-hune.JPG
意外と小さな船ですが収穫はいっぱい!


readingonthbeach.JPG
早朝と夕方はビーチでの読書も◎


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 17:30 | コメント (0)

2010年07月10日

漁師さんの船が着いた!魚を買いにレッツゴー

chaloklum-pier-boat-arriving.JPG


「漁船が帰ってきたよ」近所のおばちゃんから声をかけられ、北部シャロックラムの桟橋へ行ってみると、漁船が魚を陸に揚げているところ。夕方5時頃の桟橋はとったばかりの新鮮な魚がゲットできる場所です。

chaloklum-pier-man-kid.JPG
何々の魚があがったみたいだけどどうする?と奥さんらしき人に電話する人も。
パンガンでは特別高いお金を払わなくても、新鮮なシーフードが食卓に並びます

魚を食べるのが好きな私ですが、魚の種類についてはよくわからないので、タイ人の夫を呼んで蒸しておいしい魚をゲット。1匹110Bでした。はくさいやレモングラスやいろいろ入れて蒸していただきました。食べるのに忙しく、写真がなくてごめんなさい。

chaloklum-beach-evening.JPG
ビーチにはいかのするめを干すための棚が。
いかは夕方もう引き上げられた後でした。また朝持ってきて干します

漁船の中はけしてきれいとはいえず、足の踏み場もないほどネットやら魚のくずなんかが散乱しています。買った魚も、ビニール袋にぽいっと入れてくれるだけなので生臭くてべちゃべちゃ。日本のスーパーと比べればなんとも荒々しいお買い物ですが、新鮮さは抜群です。


chaloklum-cloudy-evening.JPG
そうこうしているうちに小さな港町の一日が幕をとじます


ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 19:12 | コメント (0)

2010年04月27日

リン・ビーチのワイルドビューを堪能!

hadrinview (4).jpg
バンカイ・ビーチ付近から見たリン・ビーチ

島の南西部のバンカイ・ビーチから南端のリン・ビーチへと続く道はたった1本。ビーチ沿いの崖を何度も上ったり降りたりする急傾斜です。この道からはサムイ島や細長く続くリン・ビーチを見渡すことができます。


hadrinview (2).jpg
小さなヘリを飛ばして遊んでいるグループに出会いました


旅行者もローカルも毎日好きなように遊んでいるのがパンガン島。「自分のやりたいことを好きなだけやらないと損!」という空気が島を制覇しています。在住の欧米人やタイ人から見ると日本人旅行者はたとえバックパッカーであっても控えめでシャイにうつるよう。もっともっと肩の力を抜いて、リラックスして、のんびりしてもはしゃいでも大丈夫ですよ!


hadrinview (1).jpg
大空に舞うヘリコプター


タイ人だけでなく、この島に住んでいる人はみんなマイペース。日本ではよく、「あのひとマイペースだね」なんて言ったりしますが、パンガンでは全員がマイペースなので、性格を表現するときにマイペースというような言葉は使いません。考えてみれば自分のペースがあるのはある意味当たり前。仕事のため、周囲のためにマイペースを抑えているいつもの暮らしにサヨナラ!パンガンでは周りにとらわれない、少しも取り繕わない自分に出会えるかもしれません。


hadrinview (3).jpg
遠くに見えるのがサムイ島

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJIFILMネットプリントサービス18円キャンペーン


投稿者 aya : 15:00 | コメント (0)

2009年04月25日

ハードリンの警察署はほのぼの系一軒家

haadrinpolice.JPG

ハードリン(リンビーチ)の入り口にたたずむほのぼのとした一軒家、これはれっきとしたポリスステーションです。これじゃあ仕事中にビールも飲むのも納得できるというくらいのほのぼの加減。でも困ったときは頼りになるのでハードリンスクールとタクシーコーナーの間にあるこのポリスステーションに相談してください。

タイの警察というと勝手に罰金を取って自分の懐に入れたり、自分の縄張りでタダ酒を飲んだり、などあまりよいうわさは聞きませんが、すべてがそのような警察官ではありません。地元のみんなから兄さんと呼ばれて慕われる人もいれば、フルムーン時のチェックをビール飲み飲みやっていても笑って済まされるナイスなキャラの人もいます。


ビーチで遊ぶときはなるべく貴重品は持たず、必要な現金だけポケットに入れておきたいものです。日本のように忘れ物・落し物が警察署に届くような国ではないので要注意。なくしたものは戻ってこない、というのを大前提に賢くパーティを楽しんでください。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:13 | コメント (0)

2009年04月18日

おいしいシーフードとダイビングの拠点シャロックラム港

chaloklumpier (3).JPG
シャロックラム・ビーチはなめらかな曲線を描き、
海側から陸側を眺めると一面の美しい森と山が目に入ってきます


パンガンは雨が少なく晴天が続いています。雨や風で海水がかき回されないためどこのビーチもとってもクリア。島の北部の漁師町&ダイビングの出発地であるシャロックラムも最高の姿を見せてくれています。


シャロックラムはトンサラから車で約20分、島の北端に位置する港町です。町といってもスーパーマーケットがひとつ、セブンイレブンがひとつ、そのほかローカルの雑貨屋さんやレストラン、ダイビングショップがある静かでほのぼのとした町。外国人オーナーのバーも数軒ありますが、ギラギラした雰囲気ではなくローカルに溶け込むほのぼのしたものです。屋台フードを食べたりローカルな雰囲気を味わいたい方はぜひ一度訪れてみてください。


chaloklumpier (1).JPG
ダイビングボートが出航する桟橋は、夜になると釣りを楽しむ人がちらほら訪れます。イカやさまざまな魚がとれるそうです。


chaloklumpier.JPG
桟橋の脇にはローカルなシーフードレストランが


chaloklumpier (2).JPG
車ではアクセスできないボトル・ビーチなどへはここからロングテイルボートで約7分、片道100~150B/人

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:24 | コメント (0)

2008年11月04日

マーケットに並ぶプリプリのシーフード

bigfishes1.JPG


パンガン島は島!島に期待するのは「ビーチバケーション」となんといっても「シーフード」!!本日はパンガン島のマーケットの情報をお届けいたします。パック詰めされた切り身ではなく丸ごとの旬の魚たちが並んでいるので迫力満点です。

squid1.JPG
イカはスープにもカレーにも炒め物にも◎


パンガン島の隠れた名物ともいえるのがイカ。北部の漁師町シャロックラムではビーチでイカのするめを作るために干している風景が見られます。ちょうど今頃がするめ干しシーズンのはじまりのとき。たまに来るスコールを察知して漁師さんファミリーは早めにビーチからイカを引き上げます。漁師さんの天気予報力には本当に感心!朝は晴れていても漁師さんが午後嵐が来るといったらほぼ100%嵐が来ます。


squid2.JPG
大小さまざまなイカが並んでいます


島では日本のスーパーのように年中イカが並んでいるわけではありません。先月まではイカを食べることも見ることもなく、ほとんどイカのことなど忘れていた生活でしたが、今頃からはどこもイカのオンパレード。不便といえばちょっと不便ですが、旬のものを最もおいしい時期に食べるヘルシーな生活です。


marketshrimp.JPG
エビは養殖ものと天然ものの2種類が置いてあるのが普通。
当然天然ものをセレクトしたいところ!

redfishes.JPG
赤いタイのような白身魚。日本では煮物に…と考えそうな魚ですが、
タイではココナッツミルクを入れないカレー「ゲーンソム」の具として活躍します

marketcrab.JPG
カニも大小さまざま。上物はトウガラシやにんにく、ライムをすりつぶして作る
たれにつけて食べるとかにそのもののおいしさを実感できます


bluefishes.JPG
大きな魚は半分だけでも購入できます


threebigfishes.JPG
魚のカマだけを購入するのも可能。カマは油がのって目の周りはDHAがたっぷり!


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 13:30 | コメント (0)

2008年09月14日

島のメイン港トンサラ

thonsalatown (11).JPG


定期船が就航する港は西部のトンサラと南部のハードリンのふたつ。ハードリンはサムイ島のビッグ・ブッダ港とを結ぶハードリンクイーンのみが発着する港で、そのほかの船はすべてトンサラから運行しています。サムイ島やタオ島のほか本土のドンサック、スラタニへ多種のフェリー会社がさまざまな大きさのフェリーを出しています。

thonsalatown (12).JPG
桟橋は3箇所にあり、利用するフェリー会社により乗船場所が異なります。桟橋の袂にあるチケットカウンターでチケットを購入し、長い桟橋の先から乗船します。


thonsalatown (13).JPG
定員100名程度のフェリーから
車やバイクも運べる大型船までさまざま


thonsalatown (14).JPG
港に面したパンガン・チャイ・ホテルの先には豊かな自然が

thonsalatown (15).JPG
すぐ沖には二つの小島が浮かんでいます


フェリースケジュールはこちらをご参照ください。


map_thongsala11.gif


そのほかのパンガン島マップはこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:45 | コメント (0)

2008年07月06日

パンガン島にオープンしたテスコロータスに行ってきました!

tesco-opening (3)crowd.JPG


突然ですがテスコロータスとは日本のジャスコやイトーヨーカドーのようなスーパーのことです。タイでは全国の主要都市にあり、大人から子供までとても人気。7月4日とうとうパンガン島にも小さなテスコが登場しました! オープン当日にはなにかプレゼントがあるという噂でしたが15時頃に行ったらもうなくなってしまったのか、何もありませんでした。くすん

テスコはサムイ島のチャウエン近くの内陸部に大型のものが一店、西部のナトン港前に小型のものが一店、計二店あります。大型のほうはフードコートやホームセンター、子供用の遊び場、映画館までなんでもそろいます。小型のほうはいわゆる街角のスーパー。パンガンにできたのは小型タイプのものです。

mobile-shop.JPG
タイ人の大好きな携帯電話ショップが入り口の目の前に


場所はトンサラ港から銀行やセブンイレブンがあるメイン通りを5分ほど歩いたところ。以前は確か材木置き場だったような記憶があります。このあたりはトンサラの港町のはずれで、比較的静かなエリアでしたが、7月4日からは一躍島の中心部の様相です。ちなみに営業時間は9時から22時、年中無休です。


tesco-opening (8)gaikan.JPG
店頭にはATMもあり、駐車スペースもたっぷり

パンガン島は「みんながみんなを知っている」といってもいいほど小さなコミュニティ。当然人気スーパーに行けば5分間に数人の知り合いと顔を合わせることになります。これからはご無沙汰の友達ともここで会えそうです。

tesco-opening (20)coke.JPG
コカコーラの大きなペットボトルが2本で48B(約150円)、左となりはタイで超メジャーなコーヒーに入れる粉状のクリーム。これは2箱で205B(約620円)。目玉商品はやっぱり安いです

apples.JPG
さまざまな種類のリンゴがそろっていました


tesco-opening (7)veges.JPG
ずらりと並んだ野菜。輸入品や島では見たことのない種類のきのこなども


tesco-opening (6)okazu.JPG
おかずは1品19B(約60円)と激安!オープニングプロモーションではなくずっとこの価格だとうれしいところです


tesco-opening (17)chicken.JPG
鳥の丸焼きもあります。ぐるぐる回っていい色に焼かれ食欲をそそります


tesco-opening (19)salmon-crab.JPG
サーモンや大きなカニも。カニは市場より少々割高でしたが大ぶり。新鮮ならばOKな価格です


tesco-opening (22)babymily.JPG
ベビー用品や歯ブラシ・シャンプーなどの生活雑貨、掃除・洗濯用品なども充実


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 20:21 | コメント (0)

2008年05月27日

ハードリン港付近のストリート探検!

haadrin sunset.JPG
フェリーから見たリン・ビーチ・サンセット

サムイ島からのフェリーでハードリン港に到着して、初めて触れるパンガンはハードリン(リン・ビーチ)の繁華街です。島の中では‘繁華街’ですが、まだまだ素朴な南の島の街並みです。今日は港から続く目抜き通りを探検してみましょう!

map_haadrin_pier.gif
リン・ビーチの全体図はこちら


haad rin pier & town (16).jpg
ハードリン港はリン・ビーチのサンセットサイドにあります。
フルムーンパーティがあるのは徒歩5分ほどでアクセスできる反対側のリン・ビーチ・サンライズです。
ここは公共の港であるトンサラとは違いオーナーのいるプライベートポートです。
港脇にはチケットカウンターと小さなスーパーマーケットがあります


haad rin pier & town (17).jpg
港を降りてすぐ右手にあるジム「ジャングル・ジム」。
トレーニングマシーンのほかムエタイやヨガのレッスンも開催


haad rin pier & town (18).jpg
両替やインターネット、フェリーや鉄道、飛行機のチケットの手配もできる
便利なショップがジムのお隣に


haad rin pier & town (19).jpg
さらに進むとクルンタイ・バンクの両替所&ATMが。
PLUSマークのついているクレジットカードやキャッシュカードが使えます


haad rin pier & town (20).jpg
クルンタイ・バンク向かいのレストランではいつも映画を上映しています


haad rin pier & town (22).jpg
さらに進んだ右手には書店と写真の現像屋さんが


haad rin pier & town (23).jpg
サイアム・シティ・バンクの両替所とATMも


haad rin pier & town (24).jpg
サイアム・シティ・バンクの隣は人気のブティック「フュージョン」。
カジュアルなアイテムが勢ぞろいです


haad rin pier & town (25)nature art gallery.jpg
ネイチャー・アート・ギャラリーにはシルバーやビーズなどの夏系アクセサリーがいっぱい。
1点100B程度~とリーズナブルなのでいくつも買いたくなってしまいます


haad rin pier & town (26)nopporn pharma.jpg
「ニッポン」ではなく「ノッポーン・ファーマシー」。
女性向けのアイテムが豊富なドラッグストアです。
日焼け止めやマニキュア、マスカラなどのコスメからダイエットサプリまでそろいます


haad rin pier & town (27).jpg
お土産用のTシャツや激安の水着、スナックやドリンクなどがそろう「なんでも屋さん」です


haad rin pier & town (28).jpg
サイアム・コマーシャル・バンク


haad rin pier & town (29).jpg
ホームメイドのイタリアンアイスクリームが食べられるカフェ


haad rin pier & town (30).jpg
カフェ向かいのタイ料理レストラン


haad rin pier & town (31).jpg
ゲストハウス「バーン・タレー」前。
ここを右折すると人気のリゾート、サリカンタンココハットのあるリーラ・ビーチへ


haad rin pier & town (33).jpg
長屋のような建物にいろいろなお店が入っています
1階は食料品から衣料品、お土産までなんでもそろう便利系ショップ


haad rin pier & town (34).jpg
セブンイレブンに到着したらもうフルムーン・パーティで有名なハードリン・サンライズはすぐそこ。
このセブンイレブンはタイの中で深夜最も忙しいコンビニなのではないでしょうか

haad rin pier & town (37).jpg
中はこんな感じです。夜になるとまたがらっと印象が変わります


19chicken corner4.jpg
パーティに行く前の腹ごしらえ&待ち合わせスポットとして有名なMr.K’sチキン・コーナー。もうひとつのメインストリートとの交差点にあります。チキンやポーク、チーズ、オムレツなどの各種サンドイッチは50~70B程度


リンビーチへの道22.jpg
チキン・コーナーの交差点をさらに直進するとリン・ビーチ・サンライズ(リンノク・ビーチ)へ

パンガン島ガイド、基本情報、島内交通はこちら


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Music Store(Japan)

投稿者 aya : 20:14 | コメント (0)

2008年02月07日

猫もニワトリも牛もフリースタイル!パンガン島の動物たち

cat-family2.JPG


島の動物たちはみんなとっても幸せそう。毎日南国のパラダイスでの~んびりしています。犬も猫もニワトリも象も牛もみんなつながれておらず、お互いにけんかもせず仲良く暮らしています。

cat-family1.JPG
猫の家族。おいしそうにおっぱいを飲んでいます


cat-family-eating.JPG
みんなで餌を食べます


chicken10.JPG
島にはいろいろな種類のニワトリが。闘鶏もたくさんいます


犬や猫が歩いているのはまだしも、島ではニワトリさんたちも自由に歩いているので初めていらした方はきっと驚かれることでしょう。お母さんを先頭にひよこがピョコピョコ歩いている姿はなかなかほほえましいものです。家の庭には隣のニワトリがときどき卵のおみやげを置いていってくれたりします。朝はもちろんコケコッコーが聞こえるのですが、日中もときどき鳴いています。ニワトリが朝以外にも鳴くことはパンガンにきて初めて知りました。そうそう、けして夜には鳴きません。


catandchicken.JPG
お互いを認め合っているご様子です

闘鶏は島のどこかでローカルに行われているらしいのですが、いまだ目にしたことはありません。魚同士が戦う闘魚!?もあると地元のおじさんに聞きました。ピラニア?は共食いはしないですよね…いったいどんな魚が闘うんでしょう??


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 23:36 | コメント (0)

2007年11月13日

パンガン島トンサラ港のほのぼのローカル祭り●掘り出し物があるかも!洋服編●

799399levis.JPG
799Bのリーバイスが399Bに!


ローカルフェスティバルシリーズも本日でおしまいです。お祭りの期間は11日でおしまいのはず。ところが今日も片付けをしている店の合間で営業している店舗もあります。なんだか祭りの後はいつもさびしい雰囲気で、営業しているところがあってもあまり見る気がしません。でもこのダラダラ感がいかにもタイ、パンガン。だらしないともいえますが、融通が利くと捉えることもできるかも!さてさて本日は洋服特集。今年はビンテージもどきのTシャツがはやっている模様。もちろんレディース&キッズものは品揃え豊富です。掘り出し物を見つけに行ってみましょう!

vintage-bike-buta.JPG
ビンテージっぽく作ったTシャツ。豚が怖かわいい!


vintage-t.JPG
今年はこれ系のショップが3、4店舗ありました。はやっているのか!?


vintage-t-crua.JPG
1枚250~400B程度とほかのTシャツ屋さんに比べて高め

49-tanktop.JPG
タンクトップがずらーり


shorts.JPG
タイガールはスリムな人が多いので下着のサイズは小さめです


bra-white-black.JPG
ブラジャーはお祭りのはじめ150B程度でしたが終盤には100Bになっていました。
遅めにいったほうがお得ですね!


洋服の生地は概してやわらかでスムーズな綿の感触ではなく、ちょっとざらついて汗の吸収が悪そうな化学繊維な感じです。でも見た目はオリジナルと変わらないアバクロンビーのTシャツなんかを見るとついつい買いたくなってしまいます。ものによっては生地も縫い方もしっかりしているものもあるので、よく端々をチェックしてみてください。

babyclothes.JPG
赤ちゃん&子供服がたくさんそろうのは子だくさんのタイならでは


barbie-jean.JPG
バービープリントの子供用デニムはキュート!


kitty-kids-jean.JPG
キティちゃんもあります。ちょっと顔がゆがんでいますが


girls-shirt-sandal.JPG
女性ものの洋服やサンダルがいっぱい


print-pants.JPG
これもある意味定番、ださださプリントのキュロット。
島では素で着用している大人がぞろぞろ


rastashop.JPG
ラスタ系ショップも

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 21:09 | コメント (0)

2007年11月12日

パンガン島トンサラ港のほのぼのローカル祭り●珍品目白押しの雑貨編●

wakimiti-shop.JPG


サムイ島の北の小さな島パンガン島にも定期的に本土からお祭り軍団がやってきます。日本で言うと的屋とか香具師というのでしょうか。ちょっと怪しいけれどなんだか無性に見てみたくて、不思議と財布の紐がゆるんでしまいますよね! タイの的屋は日本よりさらに珍品度が増します。さぁてゆっくり見てみましょう!

100bwatch.JPG
100B均一の腕時計。かなり軽くてかなりちゃっちいですがちょっとかわいい!

buddha-omamori.JPG
ブッダのペンダントヘッド

タイ人はなんだかみな重そうなネックレスをしているな、とお気づきになった方も多いはず。熱心な仏教徒の多いタイでは、赤ちゃんからおじいちゃんまで首にブッダをつけています。どこ産のものがいいとか、高僧から譲り受けたものがいいとか、なかなか色々なこだわりがあります。高価なものは日本円で数百万、数千万の値段で取引されるとか。どうやってその価値を見極めるのかが謎…

cushon-cover.JPG
クッションカバーはださださ&こてこてのプリントもの多し!


draemon-ultra-sandal.JPG
ウルトラマンやドラえもんのサンダル。両者ともに超人気のキャラクターです


kitty-bag.JPG
女の子に人気なのはキティちゃん。大人も大好きです


fake-brand.JPG
おなじみフェイクブランドの品々


hair-acce-25.JPG
25B(80円程度)で色々なへアアクセが買えます。
こういうものはタイで買うとお得です


hair-butterfly.JPG
ちょうちょの形のクリップ


pierce-fes.JPG
激安ピアスがいっぱい


many-glasses.JPG
南の島の必需品サングラス

フルムーンパーティの夜明けはリンビーチでサンライズを見るのがお決まり。結構強い光なのでサングラスがあると便利。ローカルは必ずといっていいほどもっています。ただしパーティ中に壊れやすいので、激安品をタイで購入されるのがおすすめです。くれぐれもグッチやレイバンを持っていかないようにしましょう!


minicar-guitar.JPG
ミニカーやギターなどおもちゃもいっぱい

robot-shabon.JPG
今年の流行はこのキャラクターシャボン玉のよう。
島のキッズはこれを今週持っている率高しです


sticker.JPG
けっこうかわいいステッカー


5B均一のピアス&へアアクセショップや、大きなものでは家具屋、たらいや洗濯用品店など、まだまだたくさんあってご紹介し切れません!次回は掘り出し物がいっぱいの洋服編をお届けいたします。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 10:33 | コメント (0)

2007年11月11日

パンガン島トンサラ港のほのぼのローカル祭り●グルメ編●

colour-wataame.JPG
カラフルな移動式わたあめ屋台に子供たちは釘付け!

11月2~11日は島内最大の港町トンサラでフェスティバルが開催されていました。港前に洋服や雑貨、わたあめや虫、バナナフライや串焼きなど屋台グルメの露店がたくさん出ており、島中の人々が遊びに出かけます。TVで人気の芸能人によるコメディ&トークショーもありました。今日はお祭りレポートグルメ編。ここで食べられるB級グルメたちをご紹介いいたします。

thonsala-fes07nov.JPG
港前にたくさんのショップが並んでいます

chicken-corn-shake20.JPG
鳥のから揚げや焼きとうもろこしが香ばしい!

南国ならではのフレッシュフルーツで作るシェークは20B(約60円)。すっきり系ならパイナップル、スイカ、ちょっとまったり系ならココナッツ、マンゴー、バナナ、独特の香りが嫌いでなければパパイヤなどもトライしてみてください。日本ではここまでフレッシュで安価なものは味わえません!

amaguri.JPG
甘栗の屋台も人気です。甘く香ばしい香りがぷんぷん


powder-drink.JPG
さまざまな味のパウダーで作るドリンクにブラックタピオカを浮かべるドリンク20B


メロン、スイカ、ストロベリー,タロ芋、グリーンティー、チョコレート、ココアとさまざまな味がそろいます。ストロベリーやメロンはいかにも人工的な味がします。オーバルティンというのはココアとチョコのミックスのようなミロ系の味のドリンク。スイス生まれで、ビタミンやミネラルも配合され、水にも溶けやすく子供の好きそうな味です。けっこうタイではメジャーなんです。セブンイレブンでパック入りドリンク、その元となるパウダー、氷とともにセルフサービスで作るドリンクバーと3種そろっておいてあります。甘いですがこれがなかなかおいしいんです。


soft-crepe.JPG
ソフトなパンケーキっぽいお菓子。パンダンリーフで色と香り付けされた緑のクリームや
タイ風のオレンジ色っぽいカスタードが入ったものも


teiban-kushiage.JPG
タイの屋台では定番中の定番、串揚げ


串揚げは魚や豚、鳥のすり身、ウインナーなどいろいろなものがあります。そのものにも味が付いていますが、付属の甘辛いタレと一緒に食べても◎。


mushi.JPG
そうです。虫です。食べるんです! 


お祭りの屋台では結構メジャーな虫の屋台。虫の料理はタイ北部、北東部が中心らしく、南部では日常目にすることはありません。さなぎ系、コオロギ系、さまざまな虫が揚げてあるようです。味は……勇気のある方はトライしてみてください。けしてレストランではオーダーできない料理ですので、お祭り出あえたらラッキー!

agemono-zurari.JPG
バナナやお芋などの揚げ物が勢ぞろいの屋台

次回は珍品が目白押しの雑貨&洋服編をお送りいたします。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 11:33 | コメント (0)

2007年10月23日

タクシー・両替・インターネット!なんでもそろうトンサラ港

THONSALA-P1 (1).JPG


パンガン島のメイン港トンサラに到着したら、まずはアイスクリームやお菓子の屋台があなたを大歓迎! まずはちょっとタイのおやつをトライ?はたまたリゾートへのタクシー?それとも両替?インターネット? 港の周りには便利な施設がそろっているので安心です。

THONSALA-P1.JPG
1日2便のロンパヤが到着。映画も上映していて座席も快適なのでおすすめです
サムイ~パンガン~タオ~チュンポン~(バス)~バンコクと結んでいます


THONSALA-P1 (4).JPG
港の向かいにはインターネットカフェやレストランが並びます。
インターネットは1分1Bが相場


THONSALA-P1 (5).JPG
眼鏡屋さんではコンタクトも販売。度数を伝えるだけで購入可能で価格や品揃えは日本とほぼ同様。
アキュビューなどの定番製品がそろいます


THONSALA-P1 (7).JPG
国王の肖像が飾られたロータリーの脇にタクシーコーナーが。


乗り合いタクシーはフェリー乗り場で客待ちをしてはいけないルールなので、桟橋を歩きタクシーコーナーまで向かうか、乗り場付近で「TAXI」「HAAD RIN」などと書いたプレートをもって客引きをしている人と料金を交渉してください。料金の相場はトンサラからハードリンとバンタイは50B、北西部サラドビーチ、チャオパオビーチなど100B、北東部トンナイパンビーチなど200B程度です。

THONSALA-P1 (6).JPG
港向かいのタクシーコーナーから続くメインロード


THONSALA-P1 (8).JPG
サイアム・コマーシャル、サイアム・シティ、クルンタイ、バンコクなど各銀行の支店と両替所が。
銀行業務は9時から15時~16時半頃まで(各銀行により異なる)、両替は9時頃から18時半頃まで可能


トンサラ港付近map
map_thongsala1.gif

周辺mapはこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 12:57 | コメント (0)

2007年10月15日

フルムーンパーティのリンビーチへと続く道

roadtohaadrin11.JPG


島の南端に位置するハードリン(リンビーチ)へと向かう道は、絶景が見られることで有名。島内最大の港のあるトンサラから南下し、バンタイ・ビーチ、バンカイ・ビーチを通り過ぎるとこのパノラマビューが飛び込んできます。島の南部は細くウエストのようにくびれて岬状になっています。細くなったウエスト部分の左岸がフルムーンパーティのハードリン・サンライズ、右がハードリン港のあるハードリン・サンセットです。

この付近のビューポイントにたたずんでいるリゾートがあります。バンコクの新進気鋭の若手建築家が設計したブルー・ヒル・リゾートは2006年オープンのデザイナーズリゾート。全室サムイ島まで見渡せるシービューです。


bluehill&view.JPG
南西部のベストビューリゾートです


フルムーンパーティのビーチまで車で約5分という好立地ながら、静寂のビーチでリゾート気分を十分にご堪能いただけます。また、ナイスビューなレストランも好評。宿泊客以外にもわざわざこの眺めを楽しみに食事に来るお客様も多いようです。ランチでは180度広がる青い海のパノラマビューが、ディナーではサムイの夜景が見渡せます。


dining-b.jpg
夕焼けを見ながらのダイニングは最高!


ブルーヒル・リゾートの詳細はこちら


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 16:31 | コメント (0)

2007年09月27日

会えたらラッキー!動く古着屋台

USEDCLOTH (4).JPG


フルムーンパーティから一夜明けた今日、なんだか街が静かだなと思えば、今日はタイのお彼岸にあたる日だそう。みんなお店を閉めて朝からご先祖様のためにお寺に参り、タンブンと呼ばれる寄付をします。家の仏壇にとびきり美しい蘭をお供えしたり、もち米や卵で特別なお菓子を作ったり一家が盛り上がる楽しい一日です。

さてトンサラの街に日が暮れたころ、ときおりジーンズやぬいぐるみ、Tシャツなどさまざまなものを並べた古着屋さんがオープンしました。タイ本土からトラックごと船に乗りやってきた古着屋さんの巡業です。いつ来るのか、いつ去っていくのか、それは気の向くまま。掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

USEDCLOTH (5).JPG
ジーンズのなかには約100年前のビンテージものもあるとか
値段はリーバイスのビンテージで1000B(3000円)程度


USEDCLOTH.JPG
なかには修繕したものなどもあるのでよくみて買うことが大切です。
タグや縫い目などを見て価値のわかる方はぜひ!


USEDCLOTH (1).JPG
リメイクのバッグもキュート


USEDCLOTH (3).JPG
大きなぬいぐるみは子供たちに大人気


USEDCLOTH (2).JPG
大小さまざまな靴も販売


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 19:10 | コメント (0)

2007年08月15日

セブンゼロでお買い物!

sevenzero.jpg


島でもっともにぎやかなビーチ、リン・ビーチ・サンライズにあるローカルコンビニ「セブンゼロ」。ロゴは「7 0」。あれれ? どこかで聞いたことのある名前です!

そう、セブンイレブンではなく、セブンゼロ。セブンイレブンより夜遅くまで空いているのでもっと便利?? パチものの多いタイならではのパチコンビニです。 店内はコンビニというよりも、もっとローカルな感じの雑貨屋という印象です。


ドリンクやタバコ、お菓子など品揃えは豊富ですが、「ロープライス」と銘打っている割には、「あそこって割高だよね」というのが地元の評判です。割高といっても30円のはずが35円になっているくらいのレベルなので、ビーチ沿いにあって便利ならまぁいいか、という意見もあります。


ちなみに本家セブンイレブンはビーチから徒歩2分ほどの街の中にあります。 ここではタイ全土のセブンイレブンのなかで売り上げナンバーワンだそうです。日本で言えば六本木のコンビニのような集客力で、消して広くはないスペースながら、24時間アルコールやタバコをバシバシ売り上げています。バンコクの一等地などに比べ、家賃は安いはずですので、一坪あたりの売り上げはきっとすさまじいはず。もちろんここでは、全国共通お決まり「サブンサワディッカー」の挨拶で店員さんが迎えてくれます。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 13:30 | コメント (0)

2007年06月29日

ハードリンの臨時ポリスボックス

haad rin pier & town (9).jpg

トンサラ、バンタイ方面からハードリン(リン・ビーチ)に入る交差点にあるこの簡易な小屋。フルムーンパーティのときに稼動するポリスボックスです。車の出入りを制限したり街の安全を守っているのですが、近くのバーでビールを飲み飲みお仕事をしているのがなんともパンガンスタイルです。

ハードリンの道幅は軒並み狭く、ほとんどが車一台がやっとという具合。フルムーンパーティ開催時はバイクも街の中に乗り入れることができません。ただしハードリンの街の中に家のある住人などやむをえない事情の人には乗り入れを許可します。このポリスボックスの脇の道には仕切りがしてありますが、警察官の判断でOKになったら仕切りをあけてもらえます。


rinnok.JPG
フルムーンパーティの行われるリンノク・ビーチ(ハードリン・サンライズ)


昼間はレンタルバイクで移動している旅行者もパーティには乗り合いタクシーでくるのがスタンダード。フルムーンの際にバイクで来るのはほかのビーチに住むタイ人がほとんどです。ということは、同じタイ人でもリン・ビーチに住んでいる人とそうでない人を警察官が見分けているということ!? 小さい島なので警察官は住んでいる人の顔を大体覚えているのかもしれません。


rinsunrisenoon.jpg
昼間のリンノク・ビーチは日焼けをしたりビーチバレーボールなどを楽しむ人でにぎわいます


rin-cuctus.jpg
ビーチ沿いにオープンエアーのクラブが軒を連ねるリンノク・ビーチ


パンガンではみんなが誰かの友達の友達、といった印象。初めて会う人でも友達を2,3人つなげば「あ~、あの子の友達ね!」といった具合になります。欧米からの移住者を含め、みんなで仲良くしようよ!楽しもうよ!というのがパンガンスタイルです。


リン・ビーチからボートでアクセスするヤオ・ビーチ(西岸と東岸にふたつのヤオ・ビーチがありますが、こちらは東のほうです)で3日間にわたり行われた、フルムーンパーティ発祥20周年記念ブルームーンパーティに続き、本日はリン・ビーチで恒例のフルムーンパーティ開催です!

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 11:34 | コメント (0)

2007年05月05日

トンサラってどんなところ?

thonsalatown (16).jpg
旅行会社やインターネット、レストランなどが並びます

島のメイン港があるトンサラは地元の人々の生活の中心地。レストランやバーのほか、レンタルビデオや薬局、スーパーマーケット、病院などがそろっています。夜遊びのハイライトはもちろんリン・ビーチですが、今日はローカルの感覚が味わえるトンサラを探検してみましょう!

thonsalatown (1).jpg
ホテル&ショッピングセンター「パンガン・センター・ポイント」入り口


thonsalatown (2).jpg
パンガン・センター・ポイントにはコスメや靴、洋服、雑貨
ランジェリーなどのショップが集まっています。
小規模ですがパンガン初のショッピングセンターです


thonsalatown (3).jpg
移動式屋台が来るとどこからともなく人が集まります
アイスクリームや青いパパイヤのサラダソムタムなどお気に入りを見つけたら逃さないように!


thonsalatown (5).jpg
新鮮なかにやえびが食べられるシーフードレストラン


thonsalatown.jpg
一軒家スタイルでかわいいTMBバンク


thonsalatown (4).jpg
2006年に誕生したアユタヤ銀行の支店


thonsalatown (6).jpg
リン・ビーチへとつながるメイン・ロード


thonsalatown (8).jpg
携帯電話屋さん。修理もしてくれます


thonsalatown (9).jpg
不動産屋さん、KPプロパティと建設会社VGDのオフィス


thonsalatown (17).jpg
ムエタイスタジアム


thonsalatown (18).jpg
こぢんまりとした郵便局


thonsalatown (19).jpg
ふたつの市場があります


thonsalatown (10).jpg
町外れの大きな木には2色の花が咲いています


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

アメリカン・エキスプレス・カード

投稿者 aya : 15:54 | コメント (0)

2007年04月29日

リン・ビーチ・サンライズ沿いのストリート散策

hadrinnewmassage (4).JPG
2006年末にオープンしたF&Mマッサージ

フルムーン・パーティの行われる島で最もにぎやかなリンノク・ビーチ。レストランから旅行会社、書店、インターネットカフェまでいろいろな店が集まっています。大きな通りは2本あり、ひとつはリンノク・ビーチ沿いを南北に走る通り、もうひとつは東側のリンノク・ビーチから西側のリンナイ・ビーチのハードリン港を結ぶ通りです。本日はリンノク・ビーチ沿いのストリートにあるショップを北側から順番にご紹介いたします。

hadrinnewmassage.JPG
タイ古式マッサージ(200B/h)のほか、スウェディッシュオイルマッサージなども


02Laundry netxt to book corner.jpg
ランドリー。旅行者向けに1kg40B程度で洗濯サービスを行っています。通常は翌日渡しですが追加料金でエクスプレスサービスを頼めば当日中に受け取り可能


03beauty shop.jpg
シャンプー&カットからカラーリング、パーマまで何でもできる美容院。主に女性向けです。そのほかスクラブなどのスパメニューも


04moon stone.jpg
人気のアクセサリーショップ「ムーン・ストーン」。貝殻などを使ったアクセサリーのほか、ビーズや刺繍などのこまやかな細工がキュートなバッグも販売


05clothes.jpg
サンダルからTシャツ、水着、絵葉書までそろうショップ


06雑貨.jpg
日焼け止めなどの日用品やスナック、ドリンクなどがそろう雑貨屋さん。つまりは何でも屋です


07 D's books.jpg
古本屋「D’sブックス」。世界中からの旅人が集まる場所ならではの本屋さんです


08meeting house.jpg
インターネット化で併設の旅行会社「ミーティングハウス」。隣国行きの航空券なども入手できます


09le conaisseur2.jpg
レストラン「ル・コネサー」。タイ料理と洋食がいただけます


10fair house.jpg
午後から23時頃まで店内のテレビでさまざまな映画を上映しているレストラン「フェア・ハウス」。このスタイルのレストランは付近に多数あります。レオナルド・ディ・カプリオ主演の「ザ・ビーチ」や「トレイン・スポッティング」「シンプソンズ」などが定番で、そのほか最新のタイトルも上映しています


11travel agency.jpg
名無しのトラベル・エージェンシー。島には名前の無いレストランやショップがよくあります。また、旅行会社にはインターネット(通常2B/分)併設率高し


12travel a &internet.jpg
旅行会社「ザ・リーフ」。このお店のようにプリント(カラーもOK)やスキャンができるところも増えてきました。ちなみにリン・ビーチ・エリアのインターネットは通常ADSLです


13drop in travel.jpg
ドロップ・イン・トラベルは系列のバーやリゾートをもつ島の有力企業。さすがに店舗も大きい!


14delight resort & restaurant.jpg
エリアで最も大きなショップをもつ「ディライト・リゾート&レストラン」。ショップとレストランは通りに面しており、リゾートは奥まったところにあります


15green peace restaurant.jpg
グリーン・ピース・レストランではタイ料理のほかイタリアンを得意としています


16green peace travel.jpg
隣のレストランの系列の旅行会社。ちいさくてかわいらしい店舗です


17phangan divers.jpg
ダイビングショップ「パンガン・ダイバーズ」。パンガン島周辺のほかセイル・ロックやアントン・ナショナル・マリンパークへのダイビングトリップも人気です。ちなみに日本語OKのインストラクターはいません


18J.Mon restaurant.jpg
Jモン・レストランは朝食から深夜の夜食まで営業


19chicken corner4.jpg
パーティに行く前の腹ごしらえ&待ち合わせスポットとして有名なMr.K’sチキン・コーナー。もうひとつのメインストリートとの交差点にあります。チキンやポーク、チーズ、オムレツなどの各種サンドイッチは50~70B


チキンコーナーの上.jpg
チキン・コーナーの上にはタイで人気のソフトドリンク「シャーク」の大きな看板が。リン・ビーチのパーティはこのシャーク協賛のものがよくあります


チキンコーナーの隣.jpg
もうひとつのメインストリートとの交差地点。この道を右に曲がるとセブンイレブンがあり、突き当たるとハードリン港です。左に曲がるとフルムーン・パーティのビーチ


リンビーチへの道22.jpg
チキン・コーナーの交差点から左折してリンナイ・ビーチへ

リンナイ・ビーチは別名「ハードリン・サンライズ」と呼ばれています。「ハード」とはタイ語で「ビーチ」の意味、そしてリン・ビーチは西側と東側に分かれており、東側はサンライズの名所であるためです。昼過ぎに起きてブランチ、ショッピングや映画鑑賞、ビーチで寝転んだりして日没を待ち、パーティへを楽しんだ後サンライズまで鑑賞するフルコースなんていかがでしょうか。

このエリアの宿泊施設はこちら

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便


投稿者 aya : 13:26 | コメント (0)

2007年04月26日

ずらりブラジャー、ずらりシューズ

ZURARI-BURA.JPG

タイにはありとあらゆる屋台・露天がありますが、「こういうものも並べちゃうのか!?」と驚くようなものも。トラックに荷物を積んでやってきて、あっという間に店が出来上がってしまいますが、ブラジャーだって見てのとおりです。

ブラジャーやショーツは20B・30B(70・100円程度)から、たくさん買えばさらに値引きしてくれることもしばしばです。1回使って捨てても元が取れてしまうくらいのお値段です。タイ人は一般的に骨格が小さく細身なのであまり大きなサイズはありません。

ZURARI-SHOES.JPG


所狭しと並べられた靴。タイ人は「マイペンライ」気質で適当・いいかげん・おおらかなどといわれますが、この並べ方を見るとけっこう几帳面なのでは……。男物も女物も、子供用もあり、やはり気候上サンダルが中心です。

上の2軒は新品ですが、島にはユーズドアイテムの屋台も出没します。クラシックなリーバイスのデニムなど、価値がありそうなアイテムも見かけます。Tシャツやアーミーアイテム、おもちゃ、バッグなどの中古品も一般的ですが、ちょっと日本人には受け入れにくいのが靴の中古ショップ。そのほかのお店は日本では大変高価な掘り出し物を発見できる可能性もありますのでぜひのぞいてみてください。トンサラの街に不定期で出没し、日が暮れてからオープンするお店もあります。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


FUJICOLORプリントおとどけ便

投稿者 aya : 10:08 | コメント (0)

2007年03月03日

国王の肖像が鎮座するトンサラ港のロータリー

thonsala-king.JPG

パンガン島の玄関口トンサラ港のロータリーには大きな国王の肖像が飾られています。タイではレストランでも一般家庭でも皆こぞって国王の写真や肖像画をかざっています。島の正面玄関、いわば顔となる場所に国王を配したいのはタイ国民の国王を尊敬する心の現われともいえます。

トンサラ港にはフェリー会社により3箇所の桟橋に分かれていますが、このロータリーはラジャ・フェリーの桟橋の正面に位置しています。


king-up.JPG
タイ国民の尊敬を集める国王


タイの現在の王朝は「チャクリー王朝」といい、国王の名前はプミポン・アドゥンヤデート(ラマ9世)です。バンコクのドゥシット宮殿にお住まいになっており、宮殿内には水田や野菜畑、果樹園、家畜場、魚の池、精米所、酪農場等があるそうです。


プミポン国王は歴代の国王の中でも即位以来60年と在位期間が長く、国民に愛されている素敵な国王です。なんと出生地は米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、スイス・ローザンヌ大学で政治学と法学を学ばれています。またサックスの名手としても有名です。いまは体調が優れずあまり外出はされないようですが、これまでタイの地方の貧困地域へご訪問され、 1952年以来3000 を超える王室プロジェクトが実施されています。


国王が唱えている概念に「足るを知る経済( Sufficiency Economy )」哲学というものがあります。これは経済開発・成長の適度さを重視し、自立的・持続的な経済成長をめざすという考え方。国王陛下のプロジェクトは、開発は地理的・社会的条件に合わせて行われなければならないという原則に基づいて行われています。この理論はアフガニスタン復興支援指針において、持続可能な農業支援の手段として利用されているようです。

2007年は日タイ修好120周年。1887年に日タイ修好宣言が調印されてから120年を経たことを祝し、タイ日本両国でさまざまな行事化開催されます。記念事業・イベント情報の詳細は外務省のHPをご参照ください。

thonsala-taxeco.JPG
ロータリーの脇にはタクシーコーナーが


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


 iTunes Store(Japan)

投稿者 aya : 16:02 | コメント (0)

2006年12月14日

トンサラの新旧マーケットをチェック

thonsala old market.jpg
古くから地元の人々に親しまれている港付近のマーケット

島の人々の生活の中心地トンサラには新旧2つのマーケットがあります。古くからあるマーケットは港付近の200mほどの路地の両脇に店が並んでおり、2005年8月にできた新しいほうは50m四方ほどの広い敷地に天井の高い屋根がついたつくりで、トンサラからハードリンへ続くメインロード沿いにあります。

thonsala markt (3)fruit.JPG
新マーケットのフルーツ店。今の季節はパイナップルやマンゴー、バナナなどが旬です


新マーケットはまだ空き店舗も多く発展途上といった雰囲気ですが、屋台レストランもあり地元の人々がのんびりと食事をしています。肉やフルーツ、お菓子に加え、観光客向けのお土産店などがあります。


thonsala markt (5)gaikan.JPG
立派なつくりですが奥のほうはまだ店が入っていないのでまだまだ静かです

thonsala markt (7)food store.JPG
唐辛子や多種多様な調味料がそろいます

thonsala markt (9)sweets.JPG
クッキーやチョコレート、インスタントコーヒーのお店


古くからある港付近のマーケットは幅3mほどの車道沿いに店が並んでいるタイプで、広い敷地に整然と区画された新マーケットとは趣向が異なります。服から魚、フルーツ、野菜、雑貨までさまざまな店がそろい、地元の人向けの値段で買えるのが魅力です。カレーなどの惣菜を売っている店もあり、その場で食べたり、ビニール袋に入れてテイクアウトすることもできます。


thonsala old market (3).jpg
好きな惣菜を指差して盛り付けてもらいます。ご飯といっしょに食べるのがタイ流です

thonsala old market (4)fruit.jpg
スイカなどはカットしたものも売っています。ランブータンなど旬が過ぎたものも多少おいてありますが、やっぱり季節の果物が一番!

thonsala old market (5)fish.jpg
魚はとにかく新鮮。スズキなどの白身魚やカニ、エビなどが豊富です

両マーケットともに営業時間は休業日は店により異なりますが、たいていの店が年中無休で、朝9時頃から夜7時頃まで営業しています。フルーツやシーフードなどは㎏単位で値段が決まっており、「20B/㎏」のように表示されていることもあります。ほとんどのものは値札がついていません。


「いくらですか?」はタイ語で「タウライ・カップ?」。女性は語尾を「カ」に変えて「タウライ・カ?」と言うと丁寧です。フルーツも魚も1㎏以上買わなければいけないのではなく、1個ずつから買うことができます。必要なだけ差し出せば計量してその分の値段を教えてくれます。野菜の名前に関しては特集記事プチタイ語レッスン 野菜編をご覧ください。

キッチン付きのレンタルハウスを借りて料理をするのも楽しいですし、リゾートに宿泊する場合もフルーツ程度ならスタッフに頼めばカットしてくれます。Tシャツなどは200B程度(約600円)と格安なので、お土産探しにも最適です。ぜひ一度ローカルの雰囲気のなかで買い物をしてみてください。


お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 11:37 | コメント (0)

2006年04月24日

一休さんのインターネット

一休さんのインターネット (2).JPG


シャロックラムのセブンイレブンの脇にあるインターネットカフェには、かわいい一休さんがいます。美人のお母さんと島のポリスのやさしいお父さんをもつ一休さんは、インターネットに来るお客さんの間でも人気者です。

タイではドラえもんや一休さんなど日本のアニメが大人気。彼の名前は偶然の一致ではなく、アニメの一休さんにちなんで名づけたのだそうで、タイではとても珍しい名前です。


一休さんのインターネット (3).JPG
インターネットカフェを営むお母さんと
お隣のタイマッサージのお姉さん


日に日に成長していく一休は最近言葉もよくしゃべるようになりました。「タムアライ?(なにしてるの?)」とたずねると、いろいろおしゃべりしてくれます。

一休さんのインターネット.JPG
いつもくりくりの目でお客さんを見つめています


ここのインターネットは観光客だけでなく、地元の子供にも人気。みんな手馴れた様子でゲームやメッセーンジャーを楽しんでいます。おいしいコーンのアイスクリームも販売しているので、アイスクリームを食べに来る子供も多数です。バスや電車、バンコクやプーケットなど各地へのフェリーとバスのジョイントチケットなども手配してくれます。そしてなにより一休のお母さんがとても優しくてフレンドリーなので、ぜひ一度訪れてみてください。

料金は1分2B。朝7時頃から夜は8時頃まで営業しています。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 10:37 | コメント (0)

2006年04月11日

リン・ビーチ・マップでお散歩

リン・ビーチのリゾートやレストラン、クラブのほか、マッサージ店や両替所なども掲載された地図をアップいたしました。滞在中のお出かけにどうぞご活用ください。

map_hardrin.gif
リン・ビーチの詳細図拡大版はこちら

サムイ島からのハードリン・クイーン号が着くのはマップの南西部(左下)にあるハードリン港。ここから東岸のリンノク・ビーチへと続く道沿いにはレストランやバー、マッサージ店、コンビニ、両替所などが連なっています。

リンノク・ビーチ沿いの大通りと交わる交差点には、パーティ前の腹ごしらえや待ち合わせに人気の、Mr.K'sチキン・コーナーというサンドイッチ店があります。この付近にもアクセサリーやCD/DVDなどのショップがたくさんあります。

そのほか、島の全域のマップもございますので、どうぞご活用ください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 19:46 | コメント (0)

2006年02月12日

表参道ヒルズ&パンガン・センター・ポイント

center point (26).jpg
パンガン版ヒルズ?のパンガン・センター・ポイント

表参道の顔でもあったレトロな同潤会青山アパート跡地に、2月11日いよいよ表参道ヒルズがお目見えしました。パリユネスコ本部「瞑想空間」なども手がけている建築家の安藤忠雄氏が設計を担当。93の店舗と38戸の住宅が入っているそうです。

表参道ヒルズの近所に住む知人によれば、オープン日は朝から大行列で、おみこしも出るなどにぎやかなオープニングだったとのこと。でも買い物に行こうとしても道は大混雑だし、何ヶ月かして落ち着いたら雨の日かなんかに行こうかな、と思っているそうです。

表参道ヒルズのすぐ裏には区立の神宮前小学校があり、ヒルズ建設時の騒音やトラックの行きかいによる危険性を心配して、転校した子供もいるそうです。騒音対策のためヒルズ建設サイドから教室にクーラーの提供を受けるなどケアもあったそうで、オープン前の12月に小学校の生徒と保護者だけのための内覧会も行ったとのこと。一組一組の親子に森ビルの関係者らがついてヒルズ内を案内。知人にはなんと偶然、安藤忠雄さんがついてくれたそうです。「普通のおじさんなんだけど、目が少年なの!」と感想を聞かせてくれました。

階段の手すりの柱には、同潤会アパートに使われていたものを使うという小粋な演出がほどこされています。高層で近未来っぽい六本木ヒルズとはまたちょっと違う表参道らしさがありますね。ところで、パンガンにも小粒ながら複合施設が最近オープンしました(もちろん行列などはありません)。

トンサラの港から市場を越えてリン・ビーチ方面に3分ほどの場所にできた「パンガン・センター・ポイント」。昨年末にフロントのカフェがオープン、徐々に1階のショッピングセンターもできあがってきました。

バンコクの大ショッピングセンターがオープンする際にもおきまりのようになっているのが、予定のオープン日に建設が間に合わず、部分的にオープンしていくこと。小さいことを気にしないおおらかなマイペンライ・カルチャーがよく現れているな、と感じます。首都でさえそのような状況なのですから、リラックスムードが満ち溢れるパンガン島ではなおさらのこと。当然のように部分的なオープンで幕を開けました。そもそも何月何日オープン、という垂れ幕もなく、気がついたらカフェが営業していたよ、というくらいゆるやかなものでした。

カフェはパンガンには珍しいヨーロピアンスタイル。豊富なコーヒーやデザートメニューをそろえ、バンコクのカフェのようなおしゃれなテーブルとイスが並んでいます。生クリーム系デザートにあまりなじみのない島の人が見たらびっくりしそうなデザートがいっぱいあります。また、島のカフェやレストランはオープンエアが基本ですが、ここはばっちりエアコンが効いています。


center point (1).jpg
ゴージャスなパフェとブレッド。


center point (5).jpg
カフェの入り口。9時から夜の11時まで営業


center point (2).jpg
島に初登場のシティクオリティのカフェです


center point (10).jpg
豊富なメニューはテイクアウトも可能


center point (11).jpg
ショッピングエリアの吹き抜けになった休憩スペース


ショッピングエリアの2階はゲストハウスになっており、ダブルベッドは1100B、ツインベッドは900B。シンプルモダンなすっきりとしたデザインで清潔感は抜群、そのうえこのロケーションでこの価格はお得です。


center point (15).jpg
ゲストハウスのリセプション


center point (28).jpg
ダブルベッドルーム


center point (21).jpg
ツインベッドルーム


center point (30).jpg
全室にテレビを完備

center point (9).jpg
エントランス付近。ジャングル・ジムの向かいです

投稿者 aya : 12:50 | コメント (0)