Phangan Traveker パンガントラベラー

2011年10月05日

象さんが船に乗って!

しばしパンガン島を離れ、主人の実家ドリアン農園のある本土のチュンポンにきています。パンガンから本土へのカーフェリーは1社のみ、日本のリサイクル船を使うラジャフェリーで2時間半。なんと船内の駐車場で象さんを発見!「けがか病気で本土に移送されるのかな?」「トラックの荷台でじっとしてられるの?」「船酔いはしないの?」大好きな象さんをみつけ大フィーバーの子供たちと近くまで見に行ってみました。

近くで缶ビールを飲んでいるおじさんが「ぞうさん、カエル」と日本語で話しかけてきます。「えっ?」「象さんだけどカエル(蛙)じゃないよ~」なんて思いながら話しだすと、そのおじさんが象さんのオーナーで、日本にも熊本の動物園に象をつれて4年ほど働きにいっていたことがあったそう。


「象って飛行機乗れるんですか?お金かかりそう!!」
「乗れるよ、高いけど。もうこいつは50歳を過ぎて年だからスリンに帰るの」
「パンガンのサファリで働いていたんですか?」
「そうそう、もう引退してお国でのんびり」
しばしあって
「僕も日本人の奥さんがいるんだ」
「えっ、子供は?」
「子供はいないけど、奥さんがどうしてもタイに来てくれないんだ…」
「……」
「動物園で働いていてなついてる動物たちと離れられないんだよ」
ほ~。やさしい顔の中年タイ人おじさん、南のほうの顔だちではないのできっと象使いの村スリン出身なのでしょう。


そんな話をしている横で大型トラックの運転手さんはトラックの荷台の上でへそ出し爆睡中。どうやって上ったんだろう??はしごがあるのか??段ボール敷いて寝てるけど、揺れて滑って落ちることはないの?

そんなことをしているうちに船は定刻5分遅れでスラタニのドンサック港に到着。数年前は所要2時間半のはずが3時間半くらいかかることもあったのに、最近はいつも時間どおりに運行しています。

投稿者 aya : 18:11 | コメント (0)

2009年02月20日

スラタニってどんな街?

surat-town.JPG


パンガン島はタイの中でスラタニという県に位置しています。通常スラタニといえば、スラタニ県中心部の街のこと。パンガンに陸路でアクセスする際の要所でもあります。今日はパンガンから最も近い本土の街、スラタニについてご紹介いたします。

「スラタニ(Surat Thani)」はタイ語で「City of the good people」つまり「良い人々の町」を意味します。ラマ6世により1915年に名づけられたものだそうです。人気の観光地であるサムイ島、タオ島、パンガン島のほかアントン国立海洋公園、カオソック国立公園もこの県に位置しています。


surat-temple.JPG
市街のお寺。小さなソンテウ(短距離で10B程度)が往来しています

市街には大型スーパーのテスコ・ロータスや大きなマーケット、パソコンなど電気製品の大型店があったり、タイ南部の中でも大きな町です。英語の通じる旅行会社やインターネットも点在しています。農村部ではココナッツやゴムの生産が盛んです。また牡蠣の養殖も行われており、ビッグサイズの牡蠣が食べられます。

ここの名物はアヒルの卵の塩漬け「カイケム・チャイヤ」。カニや魚の骨などを食べてすくすくと育っているため、スラタニの卵はとても上質。これを塩漬けにした卵はご飯のお供に最高です。また、ライチに似た食感のさわやかな果物「ランブータン」、独特なにおいで有名な「ドリアン」など数核の果物も栽培されています。


fruitshopthosala (16).JPG
ランブータンはタイ語で「ンゴ」。もじゃもじゃした皮が特徴です


バンコクからの鉄道が発着するスラタニ駅は市街から約15kmの場所にあります。パンガン島やサムイ島へのフェリーが発着するドンサックはスラタニ市街から東に来るまで約1時間ほどの場所に位置しています。スラタニ空港に到着した場合は市街を経由してドンサックへ向かうバス(所要約2時間)、鉄道駅からはバスやソンテウ(乗り合いタクシー)で市街まで出てそこからドンサック行きのバスを利用します。、港とスラタニ空港・市街を結ぶバスは片道120B程度です。

surat-bustophangan.JPG
ドンサック港行きのエアコンバス

ドンサック港からパンガン島まではフェリーで所要約2時間40分です。料金は片道200Bです。詳細はこちらをご覧ください。


スラタニ県基本データ
位置;バンコクの南約685km
アクセス;バンコクから飛行機で約1時間(タイ航空、エアアジア、ワンツーゴーが運航)、鉄道で約11時間
面積;約12891km²(タイの県で6番目の広さ)
人口;約950000人
空港;スラタニ国際空港(プンピン)、サムイ国際空港(サムイ島)
(TAT参照)

TAT(タイ国観光庁)のウェブサイトのスラタニ紹介ページはこちら(英語)です。寺院などの観光地、ホテルなども紹介されています。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 11:20 | コメント (0)

2008年03月08日

味も形もちょっと違う!タイのニンニク&トウガラシをズームup

ninnikumarket.JPG

本日のパンガン島のお天気は曇り。現在9時前はさわやかな風が吹いていてクーラーがいらない心地よさですが、日中は暑くなりそうな予感がします。さて、タイは野菜とフルーツの宝庫。炒めたり、カレーに入れたり、生でもよく食されます。パンガン島にはパック詰めした野菜が売っているようなスーパーがないので、料理をするときには市場で食材を調達します。今日はタイ料理に欠かせないニンニクとトウガラシをご紹介します。種類もいっぱいあり、日本で見るものとはちょっと違うんですよ。

写真右のニンニクはタイ語で「ガティアム」。大きさが約2~3cmと日本のニンニクよりも小さめなもの(写真右から2番目)が昔から最もよく用いられています。日本でよく見るものより香りと辛味が強いのが特徴です。

写真左は「ホームデーン」。日本語ではあかわけぎと呼ばれる野菜です。エシャロットの仲間で、約2cmと小粒。ぴりっとした香りを持ち、ヤムウンセンなどの和え物によく用いられます。日本の赤たまねぎのような甘さはありません。


トウガラシの総称はプリックですが、タイには大小さまざまなものがあり人々は毎日の料理でそれぞれを使い分けています。激辛なものからピーマンのように食べられるものまでそれぞれ特徴があります。ほとんどの野菜は本土からの深夜便フェリーで届けられますが、波の状況により一年に数回島にトウガラシが届かないことがあります。トウガラシが買えないとタイ料理にとっては大ピンチ! お店で変えないときは自家栽培しているお家にわけてもらいます。トウガラシはかわいい小さな花が咲く植物で、庭先なんかでも意外と簡単に育つんです。


パンガン島はまだまだ田舎なので、ご近所の助け合い精神がとっても豊か。何かがなければ買いに行くというのが都会の常識ですが、ここでは何かなければご近所で調達というのがなかば常識。物流が不安定な島だからというのもひとつの理由かもしれません。なにかおいしいものを作ったらご近所に配るというのも日常自然に行われています。人にあげるからかっこよく作らなきゃ、などというもったいぶったところはなく、単純に「いっぱいあるし、おいしいし、みんなで食べるしかないでしょ!」というシンプルでさっぱりした心意気です。


chillimarket.JPG


さて、写真右は「プリック・キーヌー」。世界のトウガラシのなかでも指折り辛味が強く、辛さが口の中に長時間残るのが特徴。ナンプラーの中に漬け込むのもこれです。色は赤または緑。


写真の左下は「プリック・チー・ファー」。プリック・キーヌーよりも一回り大きい赤トウガラシで、辛みは控えめです。


写真左奥は「プリック・ユワック」と呼ばれるししとうのような野菜。炒め物に入っていたら食べても口の中は火事になりません。日本のししとうより色がうすく味も少し辛いのが特徴です。


辛さの目安はお分かりの通り、小さいものほど辛味が強くなっています。辛いのが苦手な方はご注意ください。激辛好きの方は勇気を出してチャレンジしてみてくださいね。

ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 10:50 | コメント (0)

2008年01月22日

ほのぼのローカルスタイルのソンサムフェリー

sonserpier.JPG


パンガンとサムイを200Bで結ぶ「ソンサム」はローカル色の濃い小さなフェリー。パンガンのトンサラ港には3箇所に桟橋がありますが、最も北側に位置する、最も目立たない桟橋がソンサムの乗り場です。

sonserm-resp.JPG
カウンターでチケットを購入。片道200B、空港までの送迎つきはプラス100Bで
8人乗りくらいのバンで送ってくれます

トンサラ港からサムイ島のナトン港まで所要時間は45分程度。ナトン港から空港までは車で約30分程度です。座席は硬いシートですが乗り心地は上々。空港に行かれる場合はメナム港に着くロンパヤなどのほうが近いので便利ですが、朝一番の7時にパンガン島を出発するので早い時間にサムイに到着されたい場合に便利です。


ナトン港は昔から地元の人が住んでいた港町で、今ではタイマッサージやアクセサリーや洋服のショップ、銀行、レストラン、インターネットなどがたくさん並んでいます。夕方は美しい夕日が見れるので、港近くのレストランでサンセットディナーをされるのもおすすめです。


sonserpier&boat.JPG
船体(?車体?)の低いボートです


sonser-inside.JPG
テレビもあり、なかなか新しい映画が見られることも


sonserinside2.JPG
乗客はローカルな人々かバックパッカーが中心です


このフェリーは乗客の数により大きい(といっても200人乗りくらいですが)なフェリーと小さいフェリーを使い分けており、年末年始などの繁忙期は2階建ての大きなほうを運航しています。2階はVIPシートとなっていますが、パンガン~サムイ間たったの15Bと超激安。1階席よりエンジンからの振動が少なく、シートのすわり心地もアップします。


スケジュール

サムイ     →     パンガン
ナトン港 11:00    トンサラ港 11:45
ナトン港 17:30    トンサラ港 18:15

パンガン    →     サムイ
トンサラ港 7:00    ナトン港 7:45
トンサラ港 12:00   ナトン港 12:45

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 22:42 | コメント (0)

2007年09月09日

港でフェリーを待つときのお楽しみ

thonsala-stand.jpg


サムイ島やタオ島、本土へのフェリーが発着するトンサラ港には、フェリーの到着時刻に合わせて移動式のスナック屋台が顔を出します。フェリーを待っている間、海を眺めながらアイスクリームやポテトチップを食べるのは、世界共通のお楽しみです。

thosala-snacks.jpg

この屋台で販売しているのは、ワールドスタンダードのお菓子たち。チョコレートチップクッキーやメントス、タバコなども販売しています。凍り水の中でつめたーく冷えたお水は10B。甘いお菓子を食べるときには欠かせません。

seatran-ferry101.jpg
シートランがやってきました

アイスは大きさや種類によって10~25B程度。タイならではのココナッツ風味やとうもろこしの粒が入った香ばしいものもあります。

lomprayaferry101.jpg
タオ島からパンガン経由でサムイ島へ向かうロンパヤ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 14:30 | コメント (1)

2007年04月04日

サムイ空港にもデューティーフリーがあります

bkkair-duty.JPG

パンガン島からの帰路は、サムイ島からバンコクエアウェイズでバンコク、乗り継ぎ便で日本まで、というパターンがもっともスムーズ。チェックインの際に国際線乗り継ぎの手続きをすると荷物をスルーで日本まで送ることができ、イミグレーションはサムイ空港で通過することになります。その場合は国際線のほうの待合ロビーを使うため、サムイ空港内のデューティーフリーをのぞくことができます。

地元の個人商店くらいの大きさのミニ店舗ですが、ちゃんと免税品のお買い物ができます。誰もが国王ラブなタイらしく、国王の肖像画がかげてありました。もっとも、バンコクの空港で乗り継ぎ時間に余裕のある方は新スワンナプーム空港で真新しい超ビッグな免税店があるのでそちらでのお買い物がおすすめですが……。


courthesy-samui.JPG
無料の軽食&ドリンクも用意


サムイ空港を入って左側が国内線、右側が国際線ゾーンです。どちらもターミナルとは呼べない、どちらかといえばウッディな小屋という印象の建物です。国内線ゾーンのほうが到着も出発もスペースが広く、無料のドリンクやスイーツが用意されたラウンジも国内線のほうが充実しています。


そのほか誰でも利用できるレストランや本屋、お土産ショップもあります。レストランにはココナッツアイランドといわれるサムイらしくたくさんの殻に入ったフレッシュココナッツジュースが用意されているので、飲みそびれてしまった方はここでどうぞ。本屋には日本語の本は今のところありませんが、洋書やタイフード・タイカルチャーに関する写真の美しい本などが豊富です。

パンガン島へのエアーでのアクセスについてはこちらをご参照ください。

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


P マイクロソフト株式会社

投稿者 aya : 16:49 | コメント (0)

2007年02月25日

バンコクエアウェイズのマイレージプログラム

bangkokair inside.jpg
タイならではのホスピタリティで迎えてくれるバンコクエアウェイズ

パンガン島への最もポピュラーなアクセス方法は、飛行機でバンコクからサムイ島まで向かい、そこからフェリーで島へ向かうという方法。バンコク~サムイ島間の航空便は現在バンコクエアウェイズ1社のみが運行しており、アイランドスタイルのかわいいサムイ空港はバンコクエアウェイズのプライベート・エアポートなのです。そんなバンコクエアウェイズにも2005年から独自のマイレージプログラムが登場しました。フライヤーボーナスという名のシステムで、単位はマイルではなく独自に定められた「ポイント」になっています。

例えばバンコク~サムイ島往復で20ポイント、100ポイントでバンコク~サムイ島片道、200ポイントで往復の航空券と交換できます。5回の搭乗(往復)で、すぐに特典交換が魅力的です! ポイントはフライトだけではなく、ホテルやレンタカーなどでもためることができます。また、広島~バンコク、福岡~広島間も就航しているので、国際線でマイルを稼ぐという方法もあります。

【獲得ポイント数】
バンコク~(片道)
サムイ島、チェンマイ、プーケット島、トラート、スコータイ   10ポイント
グリン、ルアンプラバン、プノンペン、シェムリアップ、ヤンゴン   15ポイント
広島、杭州(Hangzhou)、深せん(Shenzhen)、西安(Xi’an)、鄭州(Zhengzhou)  20ポイント
※詳細はこちら


【引き換えポイント数】
片道
タイ国内便 100ポイント
国際便 150ポイント~
詳細はこちら

入会金や年会費などはもちろん無料、申し込みはオンラインでこちらから行えます(公式サイト申し込みページ・英語)。オンラインでの入会が完了すると画面上に仮の会員カードが発行されるので、そちらをプリントアウトしてバンコクエアウェイズのカウンターにお持ちください。

フルムーンパーティの前後は数ヶ月前から満席になることもあります。オンラインでの申し込みはすべてオープンチケットで、申し込み後に変更が可能なので、ご旅行が決まったらすぐにチケットを確保することをおすすめいたします。もちろんパンガントラベラーでもご予約の代行をいたしますのでお気軽にお問い合わせください。


※そのほかパンガン島へのアクセスについてはこちらをご参照ください。


bkkair norikomi.JPG
タラップから乗り込みます

bkkair samui.jpg
機体にはポップなアートが


バンコク~サムイ間のフライトではパンガン島上空を通り過ぎます。バンコク→サムイの場合パンガン島南側のリンビーチ付近、サムイ→バンコクの場合北側のシャロックラム付近がよく見えます。


phangan from air.jpg
上空から見たパンガン島北西部シャロックラム付近


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 13:15 | コメント (0)

2006年10月20日

新空港の巨大ショッピングフロアで買い物三昧!

newapshop (2).JPG


スワンナプーム新空港の国際線ロビーショッピングフロアは、行き止まりが見えないほど巨大。各種越すメティクブランドやラグジュアリーブランド、ジムトンプソンなどタイならではのお店も充実しています。空港には早めに着いてショッピングを楽しむのもおすすめです。

newapshop.JPG
ジェリービーンズの量り売りショップ


newapshop (1).JPG
カラフルでポップな品々に目移りしてしまいます


newapshop (3).JPG
生演奏に出会えることも


newapshop (4).JPG
幅の広い通路の真ん中にはバーやカフェ、レストランが位置しています。
ムード満点のバーのほか寿司バーも!


newapshop (5).JPG
タイ伝統のオブジェの前は記念写真をとる人々でいっぱい


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 09:51 | コメント (0)

2006年06月09日

ロイヤル・タイ・エアフォース参上!

thaiairforce1.jpg

サムイ空港の待合室にいたときのこと……。「ただいまVIPの到着が遅れておりますので、出発までしばらくお待ちください」というアナウンスが。VIPって誰だろう?ハリウッドスター?ロイヤルファミリー!?とドキドキしていると、普段はかわいい空港のトローリーが通る通路を先導車に連れられてピカピカのベンツのような車が悠々と走り抜けていきました。

実はこのVIPはタイのロイヤル・エア・フォース、つまり空軍でした。かっこいい空軍の飛行機が小さなサムイ空港におでましです!

thaiairforcename.jpg
機体にはロイヤル・タイ・エア・フォースのサインが


タイでは「ロイヤル」がつくと、それはもう特別。人々からあがめられる対象です。ロイヤル・タイ・エアフォースの皆様はサムイ島に何をしに来たのでしょうか。意外にバカンスだったらおもしろいですね!

thaiairforce2.jpg
後翼のエンブレム


6月12日は国王陛下の御即位60周年を記念してロイヤル・バージという国王御座船パレードがバンコクで開催されます。日本の天皇皇后両陛下も御即位60周年記念式典にご出席されるため、6月11日から15日までタイを訪問される予定です。バンコクでは今週末、美しい花火も打ち上げられるようです。式典の期間中はバンコク市内で交通規制があったり、空港でセキュリティが強化されたり、VIP機の離着陸のため通常のフライトが遅延などが予想されますのでご注意ください。

即位60周年記念式典の公式ウェブサイトはこちら(タイ語・英語)です。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


アメリカン・エキスプレス・カード


投稿者 aya : 08:49 | コメント (0)

2006年04月05日

サムイ島のライブカメラでタイの今をチェック!

サムイの街角.jpg
サムイ島の街角

お隣のサムイ島には誰もが無料で見られるライブカメラがあります。
サムイ島の東岸のビーチや島の道路の様子をつぶさに見ることができる楽しいサイトです。

パンガン島にはライブカメラがありませんが、サムイ島のメインビーチであるチャウエンに波が寄せては返し、水着の旅人たちがくつろぐ様子をどこからでもお手軽に楽しめます。もう1箇所はITコンプレックスという建物の前で、バイクがほのぼのと行きかう島の日常を見ることができます。


phangan fromsamui1.JPG
サムイ島からパンガン島を臨む

タイと日本の時差は約2時間なので、たとえばお昼の12時にカメラを除くと、サムイ島の朝10時の映像が映し出されます。常夏タイの雰囲気をご自宅で、オフィスでぜひお楽しみください。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 10:00 | コメント (0)