Phangan Traveker パンガントラベラー

2007年02月05日

ユニークなデザインが魅力のココハット・リゾート

ココハット
Cocohut

南東部 リーラ・ビーチ  高級

cocohut (9)swimming.jpg


ココハットは一つ一つのヴィラに異なる趣向のデザインが施されたユニークなリゾートです。フルムーンパーティの行われるリン・ビーチの繁華街から徒歩3分の好ロケーションにあるため、フルムーンパーティのために訪れる旅行者にはとても便利です。


cocohut beach tall tree.jpg
背の高いヤシの木にぶらさがったブランコ

もっともリーズナブルなヴィラは2000B~とお手頃。ビーチとプールに面したエグゼクティブスイートでも5000B~(約15000円)なので、ほかではなかなか泊まれないスイートにステイしてセレブ気分を味わうのもおすすめです。フルムーンパーティ期間は3,4ヶ月前から満室になることが多いのでお早めにご予約ください。

cocohut (6)poolside bar.jpg
ビーチサイドのバーでカクテルを!


cocohut (7)girl.jpg
バーテンダーのタイガールはとても親切


cocohut (1)pooltable.jpg
ビリヤードのテーブルも完備


cocohut (24)miniture.jpg
リゾートのミニチュア模型。広い敷地内にヴィラが点在しています


cocohut beach (1).jpg
静かで美しいリーラ・ビーチに面しています


cocohut beach (4)beach bench.jpg
リン・ビーチの繁華街から徒歩5分と便利なうえ静寂と安らぎ感も確保しています


exective suite.jpg
エグゼクティブスイートのベッド


exective suite (1)ship.jpg
一つ一つのヴィラごとに異なるテイストの装飾が施されています


exective suite (2)tv.jpg
テレビや冷蔵庫も完備したエグゼクティブスイート


exective suite (4).jpg
コートハンガーはとってもファンキー


exective suite (8).jpg
陽光が差し込むエグゼクティブスイートのアウトサイドシャワー


exective suite (10).jpg
セイラーテイストに統一されたエグゼクティブスイート


exective suite (14)deck.jpg
バルコニーで安らぎのひとときを


exective suite (15)balcony.jpg
ハンモックに揺られて昼寝を楽しんだりできます


ココハット
Cocohut

Address:Leela Beach
客室数64室
オープン:1999年
料金:ヒルサイドバンガロー2000B~、ウッドンバンガロー2500B~、
シニアスイート2800B~、フロントビーチ・ウッドンバンガロー3000B~、エグゼクティブスイート5000B~
※シニアスイート、エグゼクティブスイートは朝食つき

詳細はこちら

ご予約・お問い合わせはパンガントラベラー phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


スルガ銀行ANA支店

投稿者 aya : 14:02 | コメント (0)

2005年12月01日

ナチュラルテイストのデザイナーズリゾート「サリカンタン」

サリカンタン
Sarikantang

南東部 リーラ・ビーチ 高級

saribed.JPG


5つ星ホテルでゴージャスなバカンスを過ごしても何か満たされないと思ったり、ハワイやバリのリゾートは素敵だけれどちょっと値段が高すぎるなと感じているなら、あなたの求めるリゾートはきっとこちらにあります。

リン・ビーチから徒歩5分ほど離れた静かなリーラ・ビーチ(別名シーカンタン・ビーチ)に位置する「サリカンタン」は、白を基調としたシンプルなデザインのリゾートです。デザイナーズリゾートというとどこか気取ったイメージがありますが、ここは足を踏み入れたとたんにリラックスできてしまうような場所。島の自然に囲まれた緑豊かな敷地に、すべての建物が平屋造りで並んでいます。


sariroom2.JPG
すみずみまでデザインが行き届いたアーティスティックな客室

タイスタイルの置物が迎えてくれるエントランスをくぐると、こじんまりとしたリセプションが。その奥に進むとビーチフロントのレストラン、隣にはスイミングプールがあります。2000年にオープンして以来、イギリスや北欧からの旅行者に人気があり、リピータも数多くいるそうです。


reception.JPG
リセプションでは親切なスタッフが旅の相談にのってくれます


sarirestaurant.JPG
タイ料理と西洋料理が味わえるオープンエアのレストラン

全38室のうち10室がビーチフロント、25室がシービューなので、ここではベッドやバルコニーから青い海を眺めるのもとっても簡単。客室は6つのタイプに分かれており、最もリーズナブルなウドゥン・バンガローは600B(約1800円)から(料金は季節により異なります)、スーペーリア・ルームは1200B(約3600円)から、ビーチ・フロント・スイートは2500B(約7500円)からとなっています。


sariroom1.JPG
モダンタイスタイルの客室

sariroom3.JPG
海の音と風が通り抜ける造り


whitebeds.JPG
純白のベッド

バスルームは太陽の光が差し込むように造られていたり、屋根のないアウトサイドシャワーが備えてあったり、常に自然を感じながら生活ができるようになっています。ガラス窓が広く取られているので、カーテンを開ければすばらしい眺めがひらけ、まるでパンガン島と一体になったような気分になります。

saribathroom.JPG
太陽のシャワーを浴びることができるバススーム


sarioutshower.JPG
アウトサイドシャワー

ビーチの美しさは島内でも指折りですが、フルムーンパーティの行われる繁華街のリン・ビーチにも歩いて行ける好ロケーションにあります。シーカヤックのレンタルも行っているので、目の前のビーチをのんびり散策することもできます。ボートトリップもアレンジしてくれるので、ほかのビーチをボートで訪れてみるのもおすすめです。


saribeach.JPG
目の前に広がる美しいビーチ

kayak.JPG
サンセットを眺めながらのカヤックは最高の体験です

saripool.JPG
海辺のプールでくつろぎのひとときを

あまりの心地よさに延泊して行く人も多いというこのリゾート。人気があるためフルムーンパーティの際にはパーティの5日前までにチェックインし、7日間以上滞在でなければ原則として宿泊できないというきまりになっています。

新しい感覚のリゾートを体験してみたいという方、とにかく旅で日ごろの疲れを癒したいという方、日本人に会わないような場所でリラックスしたいという方、ぜひ「サリカンタン」を訪れてみてください。


サリカンタン
Sarikantang

Address:129/3 Moo 6 Leela Beach

詳細はこちら

投稿者 aya : 19:57 | コメント (0)