Phangan Traveker パンガントラベラー

2012年08月05日

2012年8月4日フルムーンパーティ最速レポート


パーティの序盤21時半頃、パラダイスバンガロー付近でかかっていた"If you're sexy and you know it clap your hands"のリミックスがクールでした


8月の今回フルムーンは同じ夏休みの7月のフルムーンより人出が多く、ザ・夏休みという感じで盛り上がっています。早い時間からお立ち台に上がる人も多し!

投稿者 aya : 01:34 | コメント (0)

2012年07月04日

7月3日フルムーンパーティ最速レポート

フルムーンの前日10時ころハードリン界隈を通ると絶好調でパーティからリゾートへ帰るパーティトラベラーがいっぱい。この時点で今回のフルムーンは特に盛り上がる気配がしました。欧米が寒い12から3月ころにロングステイヤーの多いパンガン島は5・6月は中休み期間で旅行者が少なくなります。先月のフルムーンより3・4割増したような人手で昨夜のフルムーンは盛り上がりました。

投稿者 aya : 14:48 | コメント (0)

2012年05月09日

2012年5月5日フルムーンパーティレポート

fullmoon-2012may.JPG


「フルムーンパーティってなにするところですか?」というご質問がよくあります。飲んだり、踊ったり、ファイヤーショーを見たり、何でもご自由に楽しんでください。大人のディズニーランドです!ここでは日常を忘れ、パーティの国の住人になってください。見慣れているつもりでも毎月フルムーンになるとドキドキしてしまうものなんです。やっぱり人間は月の周期に逆らえないのでしょうか!?

fullmoon-2012may-dropin.JPG
定番人気のドロップイン前。なかなか前に進めないほどの人手

トミー前でDJグラハム・ゴールドに遭遇。DJ赤坂のようなマシンガントークが地の彼はほとんどお酒を飲まず体を鍛えるのが好きなヘルシーガイです。

数ヶ月前リンビーチでフルムーンの2週間後に行われたLOVE ISというパーティの裏話というか愚痴がスタート。ほんとうは毎月開催の予定だったのに、結局はお客さんの入りが悪く、著名DJのギャラや大掛かりなサウンドシステムをペイできなかったのです。オランダの人気DJマルコのギャラが一晩で80万バーツ(約200万円)と以前に聞いていたので、500Bの入場料をとってもかなりたくさんの人が入らなければきついはず。

fullmoon-2012may-yakei.JPG


「島の全部のリゾートにフライヤーを置いて、さらにサムイでも宣伝しないとダメだっていったのに。僕はファランだからハードリンの大物に大きな口聞けないけど、タイ人は宣伝の大切さをわかってない……」うんうん、確かに。行き当たりばったり、どうにかなるよ、座って待ってようよ体質の島民への気持ちはわかるわかる!ハードリンの怖い人たちの威圧感わかるわかる!


fullmoon-2012may-drop-zoom.JPG
ひときわ激しい音がバンバン響くズームは意外と日本人が多いスポットでもあります

でもそんなこんなもすべて音で洗い流してしまうのがフルムーンパーティ。はしゃいでいるうちにイライラも怒りも悩みも忘れてしまいます。子供に帰って遊べるフルムーン、リンビーチは大人の遊園地です。

fullmoon-2012-may-hulahoop.JPG
トミー付近では欧米人の女の子たちによる炎のフラフープショーもありました

投稿者 aya : 11:36 | コメント (0)

2012年01月09日

昨夜のフルムーンパーティ最速レポート

23時30分ころの時点では人手が通常より少なめな様子。あるいは潮が引いていてビーチが普段の2倍ほどあったのでスペースが広くすいているように見えたのかも知れません。ニューイヤーのフルムーンということもあって、クリスマス頃からパーティ漬けのパーティートラベラーも多く、ボディペインティングも入念。顔じゅう塗りたくり蛍光のお兄さんは記念撮影スポットになっていました。いつも通り日の大縄跳びとウォータースライダーは大盛況。女の子もたくさんトライしていました。朝からパーティ派も加わり、バーンサバイのアフターが盛り上がりそうです。

投稿者 aya : 09:07 | コメント (0)

2011年09月16日

9月12日のフルムーンパーティレポート

View image
トミーは年々かっこよく進化!


今回のフルムーンはビーチで日本人旅行者と遭遇しやすかったジャパニーズデイ!なぜか夏休みの7・8月よりもたくさんの日本人の方がいらした印象でした。パンガントラベラーのフルムーンガイドツアー、お食事会に参加していただいた方もいつにもまして特にノリノリで楽しい方ばかりで、私たちも楽しませていただきました。

View image
船の形になったトミーのDJブース


近々動画もアップします!

投稿者 aya : 12:00 | コメント (0)

2011年08月15日

2011年8月14日フルムーンパーティ最速レポート!

fullmoon-aug2011.JPG

夏休みということもあり、昨日のフルムーンパーティは大盛況!リゾートもゲストハウスもレンタルハウスも軒並み満室でパーティトラベラーのパワーは炸裂状態。ビーチは海水のぎりぎりまで人がいっぱい踊っていて早い時間からかなりの盛り上がりようでした。

fullmoon-aug2011-fire-slider.JPG
パラダイスバンガロー付近のウォータースライダーと大縄跳びは相変わらず大人気


トンナイパンのラグジュアリーリゾートからスピードボートでアクセスのセレブあり、サムイ島からもたくさんのボートが押し寄せ、島の各地からひっきりなしに忙しくやってくるタクシー、世界各地の数え切れない国籍・宗教の人々が同じパーティで楽しめるっていいことですね。


投稿者 aya : 13:13 | コメント (0)

2011年06月17日

最速6月パンガン島フルムーンパーティレポート

fulmoon-june-jumpingrope.JPG

昨日はフルムーンパーティ。光るもの、燃えるものに盛り上がるのは人の常らしく、ビーチでは燃える大縄跳びがはやっていました。燃え盛る大縄に勇敢に飛び込むのは誰??自由参加のこの遊び場に勇敢なパーティトラベラーが続々登場、10回以上飛ぶつわものもいました。


fullmoon-waterslider.JPG
ウォータースライダーは着地が至難の業!
でもビールの勢いも手伝ってか、みんな滑るすべる!!


fullmoon-june-pirates.JPG
パイレーツオブカリビアン風味のバケツカクテルショップ。
すごくフレンドリーなご夫婦のお店は人気クラブZOOM脇に
オレンジジュース、スミノフ、レッドブルMIXのバケツ250Bから今夜ははじまり…


今日は皆寝不足気味でマッサージ三昧の日。バックヤードでフルムーンの後もばりばりはじけた人もそろそろ就寝モードです。


fullmoon party phangan 2011 june 16

写真や動画はこちらのウェブアルバムをご覧ください。

投稿者 aya : 20:39 | コメント (0)

2008年08月06日

海賊船でフルムーンパーティへ!

jonque-gaikan.jpg


フルムーンパーティ会場沖にかっこいい船が泊まっているのを見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。これは、サムイ島ボプッド港からフルムーンパーティのビーチに直接乗り付ける海賊の船のような帆船「フォーチュン・ジャンク」。22時にサムイを出発し、船上でブッフェディナーを楽しんだ後、ハードリンサンライズ沖からロングテイルボートに乗り換えてフルムーン会場に直行、朝はこれまたビッグなブレックファストを船で味わい9時頃に帰島するフルムーンクルーズがあるのです。

この船はサムイ、パンガン、タオ島付近で最もゴージャス&クールな帆船。2階建ての構造になっており、広々としたチークのサンデッキ、ベッドルーム、シャワー、バー、レストランを備えています。テレビやホットシャワーのついたバスルーム完備のキャビンルームが4室あり、オーバーナイトのクルーズも10名までOKの快適船です。


deck_night.jpg
44㎡の広々としたデッキは贅沢なチーク製


miss_soleil.jpg
サムイ島からアントン諸島などへのクルージングもアレンジ可能


料金は2500Bでサムイ島内の往復送迎とディナー&ブレックファストつき。ソフトドリンクも無料で、ワインやカクテルなどのアルコールは船内のバーでオーダーすることができます。パーティに疲れたらいつでもロングテイルボートで船に戻ることができ、シャワーを浴びるのも無料でず。


junk_gaikan-mae-tate.jpg
悠々と帆を張って進む姿は注目の的


stern_sunny.jpg
友達と、家族とクールな船で素敵な思い出を


cabin_master_a.jpg
マスターキャビン

cabin_bathroom_a.jpg
快適なバスルームも


cabin_bed_a.jpg
キャビンのベッド


lobster_chef.jpg
フレンチ&タイ料理のシェフ同乗のランチ&ディナークルーズは最高

lunch_board.jpg
大海原で優雅なランチタイム


フルムーントリップ 大人2500B
22:00 サムイ島ボプッド港発、船上でブッフェディナー(ソフトドリンク込み)
ワインやカクテルなどのアルコールは別途船内にて購入可能
23:30 パンガン島リンビーチ・サンライズ(フルムーンパーティのビーチ)沖着、小さなロングテイルボートに乗り換えてパーティへ
7:30頃 リンビーチ発、船上でご朝食(コーヒー・紅茶、パン、フルーツなど)
9:00 ボプッド港着、送迎車にてリゾートへ


プライベートディナートリップ 40000B
※20名様まで、追加1名様につき1200B

プライベートサンセットトリップ 30000B
※20名様まで、追加1名様につき800B

プライベートワンデイチャーター 50000B
※20名様まで、追加1名様につき1000B


すべてのクルージングに含まれるもの
リゾートからの無料往復送迎
ソフトドリンク、ミネラルウォーター
シャワー、無料のタオル

※天候などによりクルーズのスケジュールが変更・中止になる場合もございますのであらかじめご了承ください

フォーチュン・ジャンクHP:http://www.jonque-fortune.com/


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 01:35 | コメント (0)

2008年03月21日

フルムーンパーティを楽しむ秘訣大公開!

rincuctus night.jpg


ただいまの気温は28度、フルムーンパーティに向けここ1週間ほど絶好調の天気です。今日はフルムーンパーティを120%楽しむための秘訣をお送りします。初めてフルムーンパーティに参加する方ここさえおさえておけば安心です!

①遅めに行くのがツウ
フルムーンパーティの盛り上がる時間帯は翌朝2時3時を過ぎた頃から。ディナーの後にすぐにリンビーチに出かけてしまうとピークの花形DJ登場時にはもうへとへとという状態になってしまいがちです。フルムーンパーティが終わった翌朝9時頃からはリンビーチの丘の上のバックヤードやバンタイビーチのバーンサバイでアフターパーティもあります。特にバックヤードはDJの質が高く人気があり、ローカルの中では日が昇ってからバックヤードにだけ遊びに行くという人もいます。

②所持品はミニマムに
パーティでは酔っ払う上、たくさんの人のなかで過ごす場所。特にフルムーンパーティ名物のバケツカクテルは栄養ドリンク屋台のウイスキーなどが入って、甘いですがかなり効くお酒なので要注意です。パスポートや多額の現金、クレジットカードはリゾートのセイフティーボックスに預け、使う分だけの現金をパーティに持ってくるのが一番です。

③バイクでのアクセスはご法度
昼間の移動でバイクの運転に慣れたからといってパーティにバイクで行くのは危険。夜道は昼間と感覚が異なる上、バンカイからリンビーチにかけてはアップダウンの激しい崖沿いの一本道でパーティの夜は酔っ払い運転による事故が毎回起こっています。乗り合いタクシーはトンサラからリンビーチまで一人50B、リゾートで手配してもらったり、リゾートの送迎車を使うのも手です。お帰りも24時間リンビーチにタクシーが待機しているので安心です。


bodypaint07.JPG
ビーチではボディペイントをしている人がいっぱい。
人ごみにまぎれてペイントのインクがつくことがあるのでお気に入りのTシャツは着ていかないで!


④サンダルをなくさないように!
パーティで踊っているうちに盛り上がってサンダルを脱いでしまう人もいますが、これはちょっと危険。砂の感触は素足に気持ちよいものですが、タバコの吸殻や割れたガラスなどで足を怪我する可能性があります。また、ちょっと脱いでまたはこうと思っていると夜の闇の中でなくしてしまいがちなので注意してください。

sleepingspace.JPG
疲れてしまった人、酔っ払ってしまった人はスリーピングエリアで休憩を


⑤サングラスを!
日の出は6時40分ごろ。晴れていればパーティの終盤に美しいサンライズが望めるので、サングラスを用意していきましょう。ただしパーティで盛り上がるとなくしたり壊したりする危険があるので、高価なものではなく、現地調達のチープなものがおすすめ。島の雑貨屋さんや洋服やさんで200B程度~入手できます。


fullmoonrock.JPG
フルムーン発祥の地を示す石碑で記念撮影もしたいもの


⑥トイレはどうするの?
ビーチ沿いの小道には1回10Bの有料トイレがあります。紙もくれるところがほとんどで、バーのトイレよりも清潔です。

noodleyatai.jpg
さあ準備ができたらリン・ビーチのヌードル屋台で腹ごしらえはいかが?

Apple Store(Japan)

投稿者 aya : 00:25 | コメント (0)

2007年08月29日

8月のフルムーンパーティ最速レポート!!

tommy07-2.JPG


昨晩は欧米の夏休み期間とあって、予想通り大大大盛り上がりのフルムーンパーティ。アフターパーティに流れた人はまだまだ踊っている最中ですが、早速パーティレポートをお届けいたします。パラダイスアイランドのスーパーパーティをご堪能ください!

bucket-c.JPG
バケツカクテルを回し飲みして踊るのがパーティの基本。
中身はタイのウイスキーやウォッカベースのカクテルです。
甘くてのみ安い味ですがアルコール度数はかなり高いので要注意!


beach-chillout.JPG
フルムーンパーティの夜は長丁場。チルアウトする時間も必要です

cactus-07aug.JPG
ビーチのセンターに位置するクラブ「カクタス」は親しみやすいサウンドでいつも大人気


benches.JPG
カクタスの前にはたくさんのベンチとビーチテーブルが


tommy07.JPG
ビーチの北側にあるトミーズはパンガン島リピーターや在住の外国人に人気


tsuno-megane.JPG
蛍光のめがねやヘアアクセサリーなど日本の縁日で売っていそうなパーティグッズをつけておおはしゃぎ!


tsuno-shop.JPG
ビーチに座り込んで角のカチューシャを販売。
このお店が大人気でした!


zoomdrop.JPG
激しいトランスのズームとR&B中心のドロップイン


sunrisebeachclub.JPG
新しくできたトランス系クラブ「サンライズビーチ」も人気が出てきました


fullmoon-food.JPG
ビーチ沿いにはスナックの屋台もいっぱい。
小腹が減ったらソーセージやクレープ、春巻き、魚のすり身上げなどでパワーアップを!

bodypaint07.JPG
ボディペイントも相変わらずの人気


bidypaint-stick.JPG
おじさんの持っている棒で好きな柄を指さすか、お好みの言葉も可能


sleepingspace.JPG
疲れてしまった人、酔っ払ってしまった人はスリーピングエリアで休憩を


seven0aug.JPG
ビーチ沿いのローカルコンビニ「セブンゼロ」はどう見ても「セブンイレブン」のぱちもの!
本家セブンイレブンはビーチから歩いて3分ほどの街中にあります。
セブンゼロは多少本家より高めなのでローカルにはちょっと不人気…


original-paradise.JPG
20年前にフルムーンパーティを始めたバー「パラダイス」前


fullmoonrock.JPG
フルムーン発祥の地を示す石碑


full-yoake.JPG
そろそろ夜が明けてきました


fullmoonmorning.JPG
パーティの後の朝はビーチがとても特別な雰囲気。
大仕事を果たした後の達成感のようなものが漂っています

P マイクロソフト株式会社

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 19:24 | コメント (0)

2007年08月07日

パーティの後はバックヤードでとことんパーティ!!

backyard.JPG
リンビーチサンライズからリーラビーチ方面へ向かう途中に案内看板が


8月のフルムーンパーティは28日。夏休みの締めくくりに南国で月夜のオールナイトビーチパーティはいかがでしょうか?フルムーンパーティが終わった後もまだまだはしゃぎ足りなかったら、リンビーチの丘の上にあるバックヤードへ。 フルムーンの熱気の余韻に包まれながらチルアウトしたり、美しいリンビーチサンセットを眺めたり、もちろんここでも踊り狂ってください!

backyard (3).JPG
フルムーンパーティが終わる朝9時ころから盛り上がります

backyard (2).JPG
2階建てのクラブでリンビーチサンセットを望む最高のロケーション


backyard (1).JPG
まだまだ踊り足りない屈強なパーティトラベラーでいっぱい


backyard (4).JPG
入場料金は100B。再入場する場合は手にスタンプを押してもらいます


backyard (5).JPG
2階で踊る人々ときれいな海をボーっと眺めるのも◎


今後のパーティスケジュールはこちら


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 13:21 | コメント (0)

2007年01月04日

新年初のフルムーンパーティレポート

fullmoonjan-zenkei.JPG

1月1日のカウントダウンパーティの興奮冷めやらない昨日3日、新年最初のフルムーンパーティが開催されました。潮の満ちひきの具合でいつもより広くなったリン・ビーチ・サンライズに各国からのパーティトラベラーとローカルが集い、パーティを盛り上げました。

kikyu1.JPG
タイスタイルの小さな熱気球を飛ばして新年を祝います


kikyu2.JPG
大空へと飛び立ちました


fullmoonstonne.JPG
フルムーンパーティ発祥の地、パラダイス前にある石碑


fullmoonsign1.JPG
パラダイス前にはフルムーンの電飾も


paradisefull.JPG
早い時間から元気に踊る人々でいっぱい


therockfulloon.JPG
リンビーチ・サンライズの南端の岩の上にあり、パーティ全体を見渡せる「ザ・ロック」
深夜1時頃までの早い時間帯はゆったりしたDJなのでパーティを見ながらくつろぐのに最適


tommyfullmoon.JPG
海外からのDJもプレイするトミーズは日本人の音感覚にもぴったり


tommyfullmoon2.JPG
深夜2時を過ぎると人々の興奮も絶調に


fulhanabijan.JPG
2007年初のフルムーンを祝う花火が上がりました


sleeparea.JPG
踊りつかれたり酔いつぶれた人専用のスリーピングスペース。
ライフガードが目を光らせており、無防備に寝てしまった人や具合の悪そうな人を担架で運んだりもします

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 16:50 | コメント (0)

2006年09月08日

9月のフルムーンパーティ最速レポート

fullmoon-06sep (11).JPG

フルムーンパーティの楽しみ方は人それぞれ。最近はボディペイントやマスク、自前の衣装などを着て楽しむファンキーなパーティーピープルが増えてきました。あなたも周りとは一味違うアピールでパーティの人気者になってみませんか!!?

[SAME SAME BUT DIFFERENT]とは「同じように見えるけどホントはちょっと違う!この違いあなたもわかる??」というようなニュアンスを持つ言葉で、タイではTシャツの人気の柄でもあるほどよく知られている言葉。ブランド品などの偽者が多いタイの国柄を皮肉った意味も込められているのかもしれません。


fullmoon-06sep (6).JPG
この3人はおそろいのペインティング中。胸に「SAME SAME 」、背中に「BUT DIFFERENT!」の文字が


fullmoon-06sep (7).JPG
暗闇ではこのように光ります


fullmoon-06sep (13).JPG
緑に塗りたくってグリーンジャイアント風!?
「友達とはぐれちゃったけどオレは見つけやすいから問題なーし」とのこと


fullmoon-06sep (1).JPG
おどろおどろしげなマスクも街角で販売


fullmoon-06sep (3).JPG
毎度人気の老舗ドロップイン


fullmoon-06sep (2).JPG
丸く大きな月がビーチを照らします


fullmoon-06sep.JPG
リンビーチ北端のチルアウトスポット、メローマウンテン


fullmoon-06sep (5).JPG
カクタス前ではファイヤーショーが


fullmoon-06sep (8).JPG
トミーズ付近のファイヤーアート。24時頃はAMAZNING THAILANDの文字と象さんが浮かび上がりました


fullmoon-06sep (9).JPG
光るものを見ると興奮するのが人の常。ファイヤーアートの周りはかなり盛り上がっています


fullmoon-06sep (12).JPG
午前2時頃にはFULLMOON PARTY HAAD RIN KOH PHANGANの文字が


fullmoon-06sep (4).JPG
フルムーンパーティにはプロレスキュー部隊も待機


fullmoon-06sep (14).JPG
夜明け前リンビーチの北部。
いつもより少し人手の少ない今回のパーティ、トミーズ以北はチルアウトできる雰囲気でした


fullmoon-06sep (15).JPG
午前2時頃からパーティ終了まではサムイへと向かうスピードボートを待つ人だかりができます。
往復でチケットを買っても乗り切れずに待たされることが多いので注意してください。

今回はイタリアのバカンスシーズンらしくイタリアからの旅行者が多く見られました。パーティファッションも素敵な人が多く、色とりどりのドレス、露出の大きいセクシーなカットがビーチを彩りました。

fullmoon-06sep (16).JPG
サンライズはちょっと雲がかかっていました


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 19:37 | コメント (0)

2006年08月11日

8月のフルムーンパーティを最速レポート!

fullmoon06aug (7).JPG


フルムーンパーティは月に一度のスペシャルフェスティバル。月が満ち世がふけるとともにリンビーチの海も満ち、パーティトラベラーの興奮も絶頂となりました。今回一番人手が多かったのはR&Bとヒップホップ中心のカクタス。それに続き老舗のドロップインクラブが賑わいを見せていました。

fullmoon06aug (11).JPG
翌日の9時までパーティは続きます!

fullmoon06aug (2).JPG
大きな月がビーチを照らします


fullmoon06aug.JPG
ビーチに備えられたお立ち台やスピーカーなどあらゆる場所でダンスダンス!


fullmoon06aug (1).JPG
ドロップインクラブ前


fullmoon06aug (3).JPG
フルムーンパーティ発祥の地パラダイスバンガロー前


fullmoon06aug (6).JPG
日が暮れる前から始まり夜中の2時から4時ころにピークを迎えます


fullmoon06aug (9).JPG
クラブ「トミーズ」前にはファイヤーーアートでフルムーンの文字が


fullmoon06aug (13).JPG
リンビーチのサンライズもパーティの目玉の一つ。今回は残念ながら少し曇っていました

fullmoon06aug (12).JPG
明け方は根っからのパーティピープルが多いのでとってもパワフル

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

投稿者 aya : 15:00 | コメント (0)

2006年04月14日

ソンクラン&フルムーン最速レポート!

songkran06 025.jpg

みんなが待ちに待ったソンクラン。朝からトンサラの街は水掛合戦の車のパレードが始まりました。島の各地からピックアップトラックの荷台に大きなバケツいっぱいの水と水鉄砲やバケツを持った人々を乗せた車がトンサラに大集合。バーやショップの前にいるチームと往来する車のチーム、時にはすれ違う車同士で水を掛け合います。

songkran06 026.jpg
地元の人も旅行者も老若男女が大盛り上がり!

songkran06 031.jpg
バイクに乗っていても何をしていても容赦なく水をかけられます

songkran06 033.jpg
白いベビーパウダーを水に溶かしたペーストを塗りたくられることも!


ちょっと油断していると頭からばしゃーっと水を掛けられたりします。同じバケツの水を使っている人がなんとなく同じチームのようになっていきますが、最終的には誰彼かまわず水を掛けまくり。かけられればかけられるほどみんなが笑顔になっていきます。

songkran06 037.jpg
ソンクランはリン・ビーチよりトンサラがお祭りの中心です

songkran06 yugure.jpg
夕暮れまで水掛合戦は収まりません

19時ころ徐々に人々がフルムーンパーティのビーチへ移動。息つくまもなくフルムーンパーティが始まりました。朝からはしゃいでいるせいか、夜中の3時ころにはいつもよりたくさんの人がビーチで赤ちゃんのように寝ていました。

fullmoonapril 004.jpg
ドロップイン裏のバーでパンガンリピーターに遭遇。
イギリス人の彼女たちは完全に島中毒で、一年に何度もパンガンを訪れています


fullmoonapril 013.jpg
人々であふれかえるドロップインバー。中に入れません!!


fullmoonapril 020.jpg
一時は人気が薄れていたカクタスも最近は人気が盛りかえしています

fullmoonapril 027.jpg
R&Bが中心のカクタス


fullmoonapril 030.jpg
パンガン名物バケツカクテルはウイスキーやウォッカがベース。
好みのものを選ぶとバケツの中に入ったボトルでカクテルを作ってくれます

ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ


投稿者 aya : 13:32 | コメント (0)

2005年12月14日

12月16日(金)は今年最後のフルムーンパーティです

the rock.JPG
ザ・ロックからの眺め

今週の金曜日は2005年最後のフルムーンパーティです。トンサラに新しいマーケットが誕生したり、リン・ビーチ~トンサラ港間の道路舗装が完了したり、新しいリゾートやレストラン、ショップもたくさんできた一年でした。

最近のフルムーンパーティのトレンドは蛍光塗料のボディペイントです。露天の数が増え、アートの種類も格段に増えました。ファイヤーショーのグレードもあがってきた印象もあります。今回はおすすめのクラブホッピングコースをご紹介!

まずは、フルムーンパーティを楽しむための3つのコツをおさえておきましょう
①ヒールやお気に入りの靴は避け、汚れてもOKな動きやすい靴で行きましょう
②パスポートなど貴重品はリゾートのセイフティボックスに預けましょう。コピーを携帯すればなお安心です
③ドリンク代、帰りのタクシー代を考え、余分なお金はもっていかないほうが無難です。ドリンクはビール小瓶やカップのカクテルで80B程度ですが、カクテルバケツは150~400B程度です。


おすすめのクラブホッピングコースをご紹介します

18:00 ウォーム・アップ・バー
ハードリン港近くのバーで、女性ハウスDJが好評。その名の通り、パーティの前にウォーミングアップするのにぴったりです。バーは小ぢんまりとしていますが、階下に広々としたビリヤードスペースも。

21:00 チキン・コーナー
ビーチへ向かう小道の過度に位置するサンドイッチ店。待ち合わせ場所としてもおなじみです。小腹がすいていたらサンドイッチやフレッシュフルーツジュースを。

22:00 カクタス
ビーチの中心部に位置する老舗クラス。チャート入りしているヒットソングなど親しみやすい音が中心です

24:00 ザ・ロック
リン・ビーチの南端の小高い場所にあり、落ち着いた音楽が特徴。イス席がたくさんあります。眺望が抜群!ネオンやファイヤーショーで盛り上がるビーチを眺めながらちょっと休憩、、、

翌2:00 ドロップ・イン・クラブ
R&Bやヒップホップ中心の大きなハコ。いつも人々でごった返しています。どうせならその混雑感をエンジョイしちゃいましょう

翌4:00 ヴィニル・クラブ
最高のサウンドシステムでサイトランスをかけるクラブ。普段はトランスなんて、という方でもこの時間になればアドレナリン絶好調!ハードなサウンドも自然に受け入れられるのが不思議です。

夜明け
お気に入りの場所でサンライズを鑑賞。ビーチにはたくさんのベンチが出ているので、疲れたら座って音楽だけを楽しんでも◎

翌8:30
いっせいにどこのクラブもファイナルサウンドに。まだまだ元気ならバンタイ・ビーチのアフターパーティへGO!


着々と進化し続けるフルムーンパーティを思いっきり楽しんでください。

投稿者 aya : 13:43 | コメント (0)

2005年09月19日

中秋の名月とフルムーンパーティ

MOON.jpg


旧暦8月15日は中秋の名月と呼ばれ、昔から日本ではお団子とススキを供えお月見をする習慣があります。今年は、昨日の9月18日がその日にあたり、秋の夜空に輝く美しい満月をたくさんの人が愛でたことでしょう。東京で中秋の名月が雨や雲に邪魔されずに見えたのは、過去10年のうち4度目だったようです。


1年に何度もある満月のうち、この満月だけが特別扱いされるのは、実りの季節である秋に収穫を祝う行事であったという説が有力です。中秋の名月は「十五夜」「芋名月」とも呼ばれており、奈良時代にはお団子ではなく芋をお供えしていたと伝えられています。秋の澄んだ空に浮かぶ月の美しさは、古くから日本人の美意識をくすぐっていたようです。

パンガンで初めてのフルムーンパーティが行われたのは1987年ごろとされています。月明かりの元に数人が集まって楽しんだフルムーンパーティは、いまや約1万人規模へと発展しました。初めてパーティを行われたとされるリン・ビーチのパラダイス・バンガロー前には「FULLMOON PARTY」と金の文字でかかれた石碑が建っています。最初のフルムーンパーティがなぜ、どのように行われたのかは今や誰も知りません。満月が人を惹きつける力には不思議がつき物のなのですね。


FULLMO~rock2.JPG
パラダイスバンガロー前の石碑


今回のフルムーンパーティは、日本の祝日に重なったこともあり、足を運んだ方も多かったようです。気温は26,7℃のはずですが、会場のリン・ビーチは盛り上がった人々の熱気でいっぱい。リン・ビーチの満月が日本で見る満月よりも大きく見えるのは気のせいでしょうか。


FULLM~cuctus-tate.JPG
毎回一番人気のクラブ、カクタス。この日は最近日本でも人気の「ロマロマイェ♪」のフレーズでおなじみ「恋のマイアヒ」などが流れていました


FULLM~vinyl.JPG
トランス系サウンドのヴィ二ル


FULLM~orchidclub.JPG
たくさんの人でにぎわうオーキッド・クラブ


BODYPAINT.jpg
最近ビーチで流行っているボディペイント。好みの柄をペイントしてもらえます


FULLMO~bucket.JPG
フルムーンパーティ名物のバケツカクテル。バケツに入ったボトルのお酒やジュースをミックスして作ってもらいます。ストローをたくさんさして皆で回し飲みするのがおきまり


次回のフルムーンは10月18日。ハーフムーンパーティは9月26日、ブラックムーンパーティは10月3日です。


投稿者 aya : 11:07 | コメント (0)

2005年07月22日

明日はフルムーンパーティ!

フルムーンパーティを前にして、ここ数日島はにぎわいを増してきました。島の二大港であるトンサラ港とハードリン港には、毎日大きなバッグを持った旅行者が続々とやってきます。

本来は今日が文字通り満月の日、フルムーンですが、今日は仏教の休日に当たるため、パーティは1日後に設定されています。

タイを訪れる旅行者が必ずといっていいほど感じるのが、地元の人々の仏教の信仰心の厚さ。また王室に対する敬愛もとても深く、各家庭やレストランには花などで飾られたタイ式の仏壇と王様の肖像画が掲げられています。

そのため、仏教と王室の行事はどんなときも最優先に考えられており、フルムーンパーティといえど例外ではありません。昨日はアサハブーチャ(三宝節)、今日はカオパンサー(入安居)という仏教の祝日で、お酒を扱うバーなどは原則として営業することができません。ただ食事を提供するレストランは営業可能なので、実際はレストランでお酒を注文することができてしまいます。

夜には警察が違反している店がないか見回りに来ますが、警察の目の届かない田舎にあるバーや、島のマフィアとつながっていたり警察官に賄賂を渡しているバーは堂々と営業しています。そのあたりがタイの面白いところです。

さて、パーティを前にした町の様子ですが、人々はうきうきする心を抑えられないでいるといった表情です。明日のリン・ビーチはフルムーンを心待ちにしている数千の人々でにぎわうことでしょう。

次回はフルムーンパーティのレポートです。

投稿者 aya : 07:41 | コメント (0)