Phangan Traveker パンガントラベラー

2012年09月19日

川のほとりで食べるタイ飯と手作りアイスのパンガンパレス・ホームメードアイスクリーム

homemade-seats.jpg


広い敷地の中に川が流れ、そのほとりに屋根つきのお食事テーブルが並ぶ通称ホームメード。ココナッツやジャックフルーツ、カボチャ、ノイナーなど10種類以上の南国フレーバーのアイスクリームが看板メニューですが、地元の人にはご飯がおいしいことでも有名。昼間はたくさんの車が停まっていてゆっくりお食事を楽しみ、最後にアイスクリームを選びに行く楽しいランチタイムを過ごす人でにぎわいます。夕方7時ころにクローズしてしまうのでディナーには利用できないのが残念ですが、その理由は「毎日皆でアイスクリームを朝から作っているので夜は疲れてしまうから」とのこと。あのおいしいアイスのためなら仕方ないか、と思えます。

homemade-kawa.jpg

ここで楽しいのは、川の生き物観察。ナマズなどの川魚はもちろん、体長1メートルほどのトカゲもごそごそ動いていたりします。透き通った川のせせらぎといった癒し系の美しい風景ではありませんが、にごったあまり流れのない沼のような川にいろいろな生き物がいて、アイスクリームのコーンを投げたりして遊ぶのが子どもたちのおきまりです。


homemada-gensom.jpg
魚のすっぱ辛いカレー、ゲーンソム。スープ物は火のついたお鍋で出てきます


あまりほかのレストランでは食べられない、カオクルックガピ(アミのペーストで痛めたご飯に卵焼きや豚、チリ、赤玉ねぎ、酸っぱいマンゴーなどの薬味を混ぜて食べる一品)やソムタムにカニやシーフードが入ったものなどがおすすめです。ハードラドプレスティージリゾートのシービューキッチンでタイ料理を教えるアメリカン人のタミーシェフも南部料理をここのシェフにならったそう。味はお墨付きです。

場所はトンサラからペーン滝(タンサデット国立公園入り口)に向かう一直線の道を信号から約2km、左手にパンガン郡役所、警察署を越えて約1分右側に大きな看板があります。ツーリング途中でアイスクリーム休憩による人も多いですよ!

投稿者 aya : 10:42 | コメント (0)

2012年09月12日

絶品高級イタリアンの味!外はカリカリ中はモチモチのピッツァ

FABIO'S SPAGHETTHI.jpg
フォッカチャにカルボナーラがのったファビオススパゲッティ

日本人はもちろん、世界中の人々に愛されるイタリアン料理。島にも各地にイタリアンレストランがありますが、パンガン在住の欧米人の舌をうならすレストラン「ファビオス」のご紹介です。ピッツァ1枚の料金は安いところでは150B程度から食べられますが、ここは250B程度からと少し島にしては高めの料金設定ですが、その価値ありの確かなお味です。

ここの味を知るまでシャロックラムのカーサ・ファミリアやトンサラのピッツァ・チアーラでも十分おいしいなと思っていた私ですが、一回食べれば目からうろこ!確かにほかの2店もおいしいのですが、こちらはカジュアルなイタリアン食堂のレベル、ファビオスは東京の人気店にひけをとらないきめ細かでリッチな味わいです。フィットネス仲間のイタリア人の友人が絶賛していたのもうなずける!と納得。


fabios gaikan.jpg
アルファベットが逆さになった巨大な看板をバンタイロードで見かけた方も多いのでは?


看板は赤と金でカジュアルな印象ですが店内はロマンティックな照明の落ち着いた雰囲気。テーブル4席のほかソファ席もあります。エアコンのなかで食べられるので暑い季節にも安心です。

シェフはファビオさんがほとんど一人で、忙しい季節にはもう一人スタッフがいます。ウェイターは奥様でとても親切で美しい女性です。19時ころ入店した時は誰もいなかった店内が20時までには照らすまですべて満席に。込んでくると30分近く一品目を待つことになるかもしれませんが、ガラス越しにファビオさんが一生懸命作っているのを見ていると納得。ワインを飲みながら気長に待とうかなという気になります。


タイ料理ではバンタイのフィッシャマンズ・シーフードとノンビュー・レストランがおすすめですが、イタリアンでパンガンNo.1を挙げるとしたらここです!ぜひ一度お試しください。


店舗詳細はこちらです。

投稿者 aya : 17:01 | コメント (0)

2012年09月04日

バンタイのナイトスポット★バンガーズンマッシュ


24時間ハンバーガーでおなじみ、バンタイのファーストフード店「フードファクトリー」の隣に同じオーナーのバー、Bangers n Mashがあります。毎週金曜はDJグラハム・ゴールドの恒例イベントが行われ、普段はビリヤードやサッカー観戦を楽しめるナイトスポットとして人気です。ソーセージとマッシュポテトのヘビーでポピュラーなイギリス料理が店名。バンタイのメインロードに面していて入りやすい雰囲気です。フードファクトリーもここもスタッフがオリジナルの制服を着ていて、チェーン店風のパンガンにはあまりない感じ。暑い夏の夜にぴったりな明るいムードで人気です。

先週は少し涼しく風が強かったのですが、9月に入ってからまたギンギラの日差しになってきました。雨は一滴も降らず、ペーン滝もすっかり枯れてしまいました。暑いとなぜか夜遊びしたくなるもの。パーティに、バーに、そして今シーズンのイカの夜釣りに、盛りだくさんです。

投稿者 aya : 18:37 | コメント (0)

2007年04月10日

わがままな願いも叶えてくれるとっておきレストラン

MenuPhanganDining2.jpg
特別な夜に利用したいニューオープンのフュージョンレストラン「メニュー」


パンガントラベラーのレストランページでは、島のレストランを料理ジャンル別、エリア別にご覧いただけます。旅の前に島のグルメをチェックしてみてください。本日は、「地元の人が通う評判のよい店に行きたいなぁ」「眺めのいいレストランで昼間からビールを!」など、島で楽しみたいさまざまな願いをかなえるとっておきのレストランをご紹介いたします。

願い1 西洋料理とアジアのアイデアが融合した極上の創作料理を味わいたい
メニュー

bluebar100.jpg

願い2 ニューオープンのユニークなギャラリー&バーで素敵なひとときを過ごしたい
ブルー・バー・ギャララリー

sheshap_05.jpg
願い3 ビーチサイドのスタイリッシュな空間で南国を満喫したい
シーシャ・バー

願い4 サンセットや夜景を見ながらタイならではのグルメを堪能したいな
トムヤムクン

願い5 リンビーチで新鮮なシーフードをお腹いっぱい食べたい!
ラッキー・クラブ・レストラン

願い6 辛いものはちょっと苦手。マイルドな料理ってある?
ピッツァ・チアーラ

願い7 地元の人に人気の店に行ってみたい
バンサンパオ

願い8 フルムーンパーティの前にウォーミングアップしたい
アウトバック・バー

願い9 タイ料理にちょっと飽きちゃった。一味違った料理が食べたいな
オム・ガネシュ

nirazp_03.jpg
願い10 夜中に小腹がすいたときに行ける24時間のお店ってある?
ニラズ

願い11 やっぱり和食が恋しい
エモーション・オブ・スシ


島内には個性豊かなレストランがいっぱい。値段もとてもリーズナブルです。たくさん遊んでお腹をすかせ、とっておきのグルメを心ゆくまでお楽しみください。


ブログ村人気ランキングに参加しています
にほんブログ村 旅行ブログへ

アメリカン・エキスプレス

投稿者 aya : 09:03 | コメント (0)

2006年12月01日

眺望レストランでサンセット&サムイの夜景を鑑賞

sunsettomtop.JPG


トムヤムクン
Tom Yum Kun

南東部   ヒンロー・ビーチ   タイ料理


島で一番のナイスビューレストランといえば「トムヤムクン」。サムイ島を望む西岸のビーチをいの崖の上に位置し、昼間の海の美しさはもちろん、心が洗われるようなサンセット、ロマンティックな夜景を極上の料理とともに楽しむことができます。

一番人気のタイ料理の名前のレストランで、バンカイ・ビーチとリン・ビーチの間の起伏の激しい道沿いにあります。リン・ビーチ~トンサラ間を車やバイクで移動されたなら、見たことのある方も多いはず。建物としてもとてもかっこいい一軒家レストランです。

viewtom.JPG
壮大な景色を一望にできる大きなテラス席

このレストランを経営している家族は奥さんがドイツ人でドイツ在住経験もあるため、島では珍しい本格ドイツ料理と背の高いドイツビールを味わうこともできます。仲良くなるとオリジナルのデザートをサービスしてくれることもある、フレンドリーで太っ腹な家族です。


bennynicky1.JPG
看板息子のベニー&ニッキー。二人ともハンサム!
ドイツ語・タイ語・英語の3ヶ国語を操ります


sunsettom1.JPG
18時頃大きな空から夕日が沈み始めました


sunsettom2.JPG
サンセットは18時40分頃にフィニッシュ


おすすめはもちろんトムヤムクンをはじめとする新鮮なシーフードを使ったタイ料理の数々。毎日地元のマーケットでフレッシュで質の良い物だけを仕入れています。エビやカニ、イカ、大きな魚を豪快に炭火で焼くバーベキューも好評(要予約)。エビにはたっぷりのバターとガーリック、ナムプラーや胡椒などで下味をつけてあり、エビの旨みが逃げないように工夫されています。


tomyamuyakei.JPG
夜景を眺めながらのディナーもまた格別


tomyumhouse.JPG
オープンエアのタイ式の東屋(サラ)形式の素敵なシートも


tomyumpond.JPG
店内にはかわいい水場も


トムヤムクン
Tom Yum Kun

南東部   ヒンロー・ビーチ   タイ料理
営業時間 ;9:00~23:00
オープン年 ;2005年
定休日; 不定休
使用できるクレジット; 使用不可
アクセス; ハードリン港から車で10分(リン・ビーチとトンサラを結ぶ西海岸のビーチに沿った大通り沿い)
※リゾートからの送迎アリ(有料・要予約)


ご予約、お問い合わせはパンガントラベラー
phangan-traveler@phangan-traveler.com までどうぞ


ブログ村人気ランキングに参加しています

にほんブログ村 旅行ブログへ


ANA 国際線航空券

投稿者 aya : 13:19 | コメント (0)